eu_01
    1: どてらを着た名無し 2016/06/24(金) 15:38:35.00 ID:CAP_USER9
     英BBC放送によると、英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票の開票作業が終了した。
    離脱支持が1741万742票で得票率51・9%、残留支持が1614万1241票で得票率48・1%だった。

    http://www.yomiuri.co.jp/world/20160624-OYT1T50116.html
    2016年06月24日 15時31分

    【イギリスのEU離脱確定か!? 離脱派51・9%で勝利】の続きを読む

    176ce597
    1: どてらを着た名無し 2016/06/24(金) 07:34:58.81 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000004-kobenext-l28

    兵庫県警西宮署は23日、傷害と暴行の疑いで、大阪市に住む
    会社員の男(62)を逮捕した。

    逮捕容疑は、22日午後4時50分ごろ、西宮市石在(いしざい)町の
    公園で、同市の小学6年の男児2人にビニール傘で殴りかかり、
    男児(11)の顔に軽傷を負わせるなどした疑い。「やっていません」
    などと容疑を否認しているという。

    同署によると、男が飲み終えた缶ビールを公園のベンチの下に
    捨てたのを見ていた男児ら数人のグループが「ポイ捨てだめですよ」
    と注意したところ、男が突然2人に殴りかかったという。

    【【悲報】大阪在住のジジイ 小学生に逆ギレする】の続きを読む

    mig
    1: どてらを着た名無し 2016/06/24(金) 07:41:24.63 ID:CAP_USER9
    少しでも目立てば、獰猛な獣のような「彼ら」に目をつけられ、あっという間にプライバシーを暴き立てられる時代。
    世の中の空気はどんどん息苦しくなってゆく。ネットが生み出した怪物の正体とは。

    日本国内で、何らかの形でインターネットを利用している人の数は、今や1億人を突破した。
    その多くが、ツイッター、フェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や、ブログなどで情報を発信している。

    しかし中には、他人の発言の揚げ足を取り、誹謗中傷に明け暮れる者や、有名無名の人々の個人情報を暴くことに熱中する者もいる。
    いわゆる「炎上」の担い手たちだ。

    最近彼らが猛威をふるったのが、4月中旬に熊本で起きた大地震である。
    巨大ネット掲示板「2ちゃんねる」には、こんな宣戦布告ともとれるような書き込みが——。

    〈熊本県民、被災したからって調子に乗りすぎ。俺たちは偽善と売名をこの世から根絶するために戦い続けるからな〉

    地震で熊本が注目を浴び、全国から支援の手が差し伸べられることを「偽善」「売名」と考える。
    にわかには理解しがたい思考だが、彼らはすぐさまターゲットを定め、攻撃を始めたのだった。

    地震発生から数日が経つと、寄付や物資の輸送など、被災地支援に乗り出す有名人が現れた。彼らはそれに目を付けた。

    〈どう見てもイメージアップ宣伝。宣伝費安く済んで良かったな〉
    〈なぜSNSで公表するんだよ。いやらしいな〉
    〈この偽善者〉

    MLBテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手の元妻で、タレントの紗栄子が
    「熊本に500万円の寄付を行った」とSNSで発表したところ、こうした批判が殺到。

    一方、女優の長澤まさみは、地震発生直後の14日夜にSNSに笑顔の写真を投稿しただけで、

    〈不謹慎だ〉
    〈タイミング悪い〉

    と叩かれてしまい、写真をすぐさま削除せざるをえなくなった。

    さらには、モデルの平子理沙が自身のブログで「犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます」と書き込んだところ、

    〈(お前が)自殺しろ〉
    などと、ほとんど意味不明の中傷コメントが数百件も書き込まれる、炎上状態に陥ったという。

    彼らは、まるで自分が社会の「風紀委員」であるかのごとく、他人の言行を一方的に断罪する。
    匿名で、面と向かっては決して言えない罵詈雑言もぶつけてくる。

    いわゆる「ネット右翼」など、ネット上で過激な書き込みや誹謗中傷を繰り返す人々を以前から取材してきた、ジャーナリストの安田浩一氏も言う。

    「私もSNSを使って情報発信をしていますが、今まで何度か炎上したことがあります。たとえばある日、喫茶店でスマホの電池が切れそうなことに気付き、店のコンセントを借りて充電したことがありました。
    そのことをツイッターに書き込んだら、『電気泥棒!』『なんてモラルのない奴だ』と次々に罵られただけでなく、その店にわざわざ電話をかけて、知らせる人まで現れた。
    もちろん、勝手に充電させてもらったのは申し訳なかった、とあとで反省したのですが、あの時は世界中の人が『風紀委員』になってしまったような暗い気持ちになりました」
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48934

    【「炎上」・・・ネットが生み出した名もなき"風紀委員"たちの正体】の続きを読む

    e0068202_2259771
    1: どてらを着た名無し 2016/06/24(金) 01:00:49.63 ID:CAP_USER
    http://worldimg.kbs.co.kr/src/images/news/201508/150827014739_k60.jpg

    大学生10人に6人は、韓国戦争のような戦争が再び起きる場合、「兵士として戦争に参加する」と答えたことがわかりました。

    国民安全処が今月1日から12日まで、世論調査会社の「コリア・リサーチ」に依頼して、大学生1000人と成人男女1000人を対象に「国民安全保障意識調査」を行って、23日、結果を発表しました。

    それによりますと、「もし韓国戦争のような戦争が再び起きる場合、兵士として戦争に参加するか」という質問に対して、大学生の63.2%、成人の83.7%が「参加する」と答えたということです。

    大学生の場合、去年の56%に比べて7.2ポイント上昇したものです。

    また海外に滞在しているときに、韓国で戦争が勃発した場合は、大学生の19.9%、成人の40.9%が「なるべく早く帰国して、戦争に参加する」と答えました。

    しかし、成人は49.1%が「戦争が起きたら、個人や家庭より国が優先」と答えたのに対して、大学生は68.8%が、「国より個人や家庭が優先」と答えました。

    一方、北韓の挑発については、ほとんどが強い警戒心を持っていました。

    北韓が全面戦争を仕かけてくる可能性については、成人の61.2%が、「高い」と答え、延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件のような局地的挑発の可能性についても、成人の79.5%が「高い」と答えました。

    北韓の核開発など軍事力の増強については、大学生の81.7%、成人の86.3%が「脅威的」と答えました。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=59714

    【「韓国戦争(朝鮮戦争)が再び起きたら参戦する」 大学生の6割以上】の続きを読む

    letherback_turtle_03
    1: どてらを着た名無し 2016/06/23(木) 21:26:32.46 ID:CAP_USER9
    http://news.infoseek.co.jp/article/20160623jcast20162270523?ptadid=

    東京都目黒区の碑文谷公園内の池で、バラバラ遺体が発見された。2016年6月23日10時30分頃、池を通りかかった人が「池の中に足のようなものが見える」と近くの交番に届け出た。警視庁が調べると、人の右足が浮かんでいるのが見つかり、池の中からも頭や胴体なども出てきたという。
    事件現場は東急東横線の学芸大学駅から徒歩5分程度の場所にあり、周りには閑静な住宅地が広がっている。大雑把にいえば、渋谷と自由が丘の間のほぼ真ん中あたりに位置する。発見場所が東京23区内ということもあり、マスコミやネットで注目を集めている。
    一部は白骨化
    池の深さは約1メートル、広さは約8000平方メートルで、公園に管理人は常駐していなかった。新聞やテレビ各社の報道によると、遺体に刃物などの目立った外傷はなく、かなり腐敗して一部は白骨化していた。性別や身元は分かっておらず、衣服なども見つかっていない。警視庁は死体遺棄事件の可能性があるとみて調べるとともに、遺体の身元の確認を進めている。
    日本テレビの「日テレNEWS24」報道などによると、警視庁が遺体を発見した時、遺体の一部を池のカメが口にくわえていた。
    こうした報道が流れると、ツイッターでは
    「ほぼ毎週行ってる公園でこれって。。。。怖いんですけど~~~」
    「碑文谷公園の池でバラバラ遺体とかやめて こわい」
    といった反応が相次いでいた。

    【【衝撃】東京都の公園に棲む亀が捕食していたものとは・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ