illust3
    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/06/12(日) 01:04:48.77 ID:CAP_USER
    http://img.yonhapnews.co.kr/etc/inner/KR/2016/06/10/AKR20160610154200073_01_i.jpg
    ▲10日、東京学士会館で東アジア国際シンポジウムが開かれた。イ・ウォンドク国民大日本学研究所所長(右側から2番目)、パク・チョルヒ、ソウル大日本研究所所長(右側から3番目)、木宮正史、東大教授(右側から5番目)等が参加した。(東京聯合ニュース)

    (東京=聯合ニュース)チョ・ジュンヒョン特派員=韓日両国が歴史認識問題を解くと同時に韓半島統一と東北アジア平和安定のための共助方案を探さなければなければならないと両国の専門家が指摘した。

    両国の専門家は10日、東京学士会館で開かれた東アジア国際シンポジウムでこの様な意見を出した。この席でパク・チョルヒ、ソウル大日本研究所所長は「韓日両国が軍慰安婦合意(昨年12月28日)で歴史認識問題をある程度、管理できるようにしたことは大きな成果」として「歴史に捕われていた両国が少しずつ歴史の輪を緩めながら安保協力を中心とした方向に切り替えていく状況」と診断した。

    パク所長は「歴史問題がすべての問題の前途を防ぐのは韓日両国のどちらにも不幸なこと」と前置きした後「両国は歴史に捕らわれていては両方共損をすることが多いが、歴史問題を放置したまま前に進こともできない」として「歴史(問題)を克服しながら前進しなければならない」と強調した。

    彼は引き続き、韓日両国が「どんな協力をすべきかのビジョンが必要で、それは未来指向的でなければならない。安保・経済・社会・文化の領域で互いに利益になる問題を探して推進しなければならない」と話した。

    イ・ウォンドク国民大日本学研究所所長は「南北関係を見れば、統一プロセスに入っている」として「韓国が主導する韓半島平和統一推進で日本の協力が軽視されるのは心配だ」と指摘した。

    イ所長はそれと共に「統一と関連した'日本変数'は絶対小さくない」として「日本は韓国と一緒に北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対する共通の利害当事国であり、(北日請求権交渉が妥結する場合)100億ドル(約11兆7千億ウォン)水準と推定される日本の対北朝鮮請求権資金提供は北朝鮮インフラ構築に重要な役割を果たす」と話した。

    また「韓半島統一が韓半島の自由民主主義と非核化、人権および法治を保障する統一ならば日本は韓国統一に反対したり阻止しようとはしないだろうと思う」と付け加えた。

    イ所長は「米国と中国の二強構図の東北アジアで韓日両国が平和と共栄を導く役割を担うことができる」として21世紀韓日関係の未来ビジョンを東アジア全体の平和と共栄に連結しなければなければならないと強調した。

    木宮正史、東大教授は「(1965年修交以後)今まで両国関係の重要性を再認識し、それをどのように意味あるように活用するかを考える必要がある」として「それこそ両国の新時代を開く知恵を提供することができる」と話した。

    また、渡辺利夫、拓殖大前総長は「日韓が和解しにくい様々な問題を抱えているのは事実だが、和解を調整して解いていく知恵が両国国民になければならない。日本と韓国が戦略的なパートナーシップ構築することが重要だ」と話した。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 韓日専門家東京シンポジウム…"歴史葛藤克服して統一協力しなければ"
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/10/0200000000AKR20160610154200073.HTML
    【韓日専門家 日本に南北朝鮮の統一のためにと金をせびる】の続きを読む

    助成金~1
    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/06/11(土) 23:27:05.56 ID:CAP_USER
    埼玉で補助金問題を考える公開学習会/「『重大な人権侵害』重く受け止めるべき」

    公開学習会「埼玉県による朝鮮学校への補助金凍結・不支給問題を考える~埼玉弁護士会による埼玉県への『警告」を紐解く~」(主催・外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク埼玉)が5月31日、浦和コミュニティーセンターで行われ、同胞、日本市民ら91人が参加した。

    91人の同胞、日本市民らが参加した。
    http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/06/DSC_0022_R.jpg

    1982年度から2009年度まで埼玉朝鮮学園に補助金を支給してきた県は、政治的な理由などを持ち出し、2010年度から同学園への補助金支給を停止。これに対し、埼玉弁護士会(石河秀夫会長)は、昨年11月25日、上田清司県知事に対し「人権侵犯救済申立事件に関する決定(警告)」を出した。朝鮮学校への補助金不支給問題で、弁護士会による最も厳しい意見表明である「警告」という決定が下されるのは全国初。

    学習会では、この「警告」の意義とともに、補助金問題の経緯や「文科省3.29通知」について報告が行われた。

    司会を務めた「ネットワーク埼玉」の嶋田和彦さんは報告に先駆け「埼玉では全国に類を見ない、『警告』という形で通知が出された。その重みというものを埼玉県民に広め、運動を盛り上げていく必要がある」と学習会の趣旨を説明した。

    ◆警告を紐解く

    「埼玉弁護士会決定『警告』の解説」と題して報告した田中重仁弁護士は、埼玉の弁護士が全員加入する公共的な団体である弁護士会から「『拉致問題等の未解決』を理由として申立人への私立学校運営補助金の支給を凍結していること自体が、積極的に差別を助長しかねないきわめて重大な人権侵害と言わざるを得ない」として発せられた「警告」は、会則に従って設置された人権擁護委員会の調査に基づき、弁護士会の総意で出されたものだと強調。同会の調査書において、同学園へ支給される補助金について「私立学校振興助成法および私立学校運営費補助金交付要綱により27年間交付されて、具体化されており、合理的理由なく、はく奪されない」と記されていることに触れ、「補助金を求めることの権利性がしっかりと記されており、これは県の裁量権で左右されるものではない」とその社会的意義を述べた。

    http://chosonsinbo.com/jp/2016/06/0601yr/

    【【悲報】埼玉弁護士会 人権侵害の意味がわかってない】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: 筑前鐵太郎 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/11(土) 23:04:48.74 ID:CAP_USER9
     11日放送のTBS系情報番組「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜・後10時)では、東京都の舛添要一知事(67)が政治資金で購入した“書道用”中国服への疑惑について、“究極の第三者”として、書家の森大衛氏に中国服を着せて実験した。

     舛添氏は、2011年3月に中国・上海の空港内で政治資金を使って約14万円の中国服と書道用品を購入したが、これについて「中国服は書道の際に着用すると筆がスムーズになる。書道を政治活動に生かしている」との調査結果を発表している。

     中国服を着て筆をとった森氏は「袖に墨がつきそうで」と書きづらさを指摘。「そんなことを意識させてしまう袖自体が不自然。書きづらい服と言っていいと思う」と全否定した。これには番組レギュラーのビートたけし(69)も大爆笑だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000233-sph-ent

    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160611-00000233-sph-000-2-view.jpg

    【舛添都知事 ニュース番組で遊ばれる】の続きを読む

    49821956_220x259
    1: 経理の智子 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/11(土) 14:12:09.16 ID:CAP_USER9
    ロンドン、メルボルンに続いて東京にもヌードレストランがオープンする。マッシャブルが報じた。東京のヌードレストラン「アムリタ」は前者2店と異なり、お客様の体や体重を量り、あまりに太った方の入店はお断りする。

    「アムリタ」の開店は7月29日。標準体重を15キロ以上オーバーした人は入れない。
    また年齢制限もあり、入れるのは18-60歳まで。

    店内では紙製の下着が配られるほか、「世界一美しい肉体を持つ男性」たちを集めたというウエイター陣も部分的には体を隠す。

    http://jp.sputniknews.com/japan/20160611/2290444.html
    【【悲報】東京でとんでもないレストランが開店 】の続きを読む

    moneygame_img01
    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/11(土) 12:24:02.73 ID:CAP_USER
    http://diamond.jp/articles/-/92451
    http://diamond.jp/mwimgs/1/1/560/img_11a002bea0741b82012719de57e4c00a127619.jpg
    http://diamond.jp/mwimgs/b/7/520/img_b77904cc4a322d07984d09db1c518ab4102124.jpg


    株や投資信託で「億を作っている人」はどんな人なのだろうか。その年齢や職業などの実態のほか、実践している株式投資の心構えから
    儲けワザまでを徹底調査。その結果をまとめた今発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の別冊付録から、一部のデータを大公開。
    億万長者は年収1000万円以下の40~50代が中心!
    1億円まで平均で約17年をかけ地道に増やし到達
     「億を作った人」と聞くと、どんな人を思い浮かべるだろうか。その素顔に迫ってみると、平均年齢はやや高めで57歳だが、20~30代も14%を占め、
    40代が最も多く41%となっている。さらに、投資を始めた平均年齢は、33.6歳。最も早い人は15歳から始めており、50代以降から始めた人も14%いる。
    できるだけ若い時から始めることが成功の秘訣で、投資年数は平均23.5年と長い。

    投資を始めてから1億円になるまでにかかった年数は、1年と短い人もいるが、平均は16.7年。長期でコツコツと資産を築いている人が多いことがうかがえる。
     年収や職業を見ると、年収100万円以上500万円未満が24%で、500万円以上1000万円未満の人は21%。年収がズバ抜けて高い人だけが
    億を作ったワケではないし、職業では会社員も多く、意外と身近にいる人が億万長者ということはありえなくはない話なのだ。
     また、老後資産を築くための投資先として、日本株の大型株を買っている人が約50%、日本株中小型株を買っている人も30%以上となり、
    多くの人が銀行預金などと合わせて日本株で資産を増やしている。次いで、株式型や毎月分配型、債券型の投資信託で増やしている人が約20%となった。

    次に億万長者の銘柄選びのポイントや儲ける秘訣をチェック。
     大型株と中小型株に分けてアンケートを実施。大型株に長期で投資している人が銘柄選びで重視しているポイントは、40%以上と圧倒的に「配当利回り」が多く、
    安定した投資成果を狙う人が多い。次いで、「業績の成長性」、さらに「PERやPBRなど」の割安度が上位に。
    一方で、同じ大型株でも短期売買では、「業績の成長性」や「PERやPBRなど」が上位となった。

    大型株で儲ける秘訣については「いい銘柄を選ぶこと」がトップ。次いで「ベストなタイミングで買う」「自分で売買の判断をする」がほぼ同率で並んだ。
    一方で、中小型株は大型株とは、銘柄選びのポイントや儲ける秘訣が異なっている。
    中小型株の長期投資では、「配当利回り」も2位に入っているが、最も重視するのは「業績の成長性」。短期売買では「業績の成長性」に次いで
    「PERやPBRなど」「チャート分析」が並んだ。中小型株で儲ける秘訣では、差はわずかだが、「いい銘柄を選ぶこと」を押さえて、
    「ベストなタイミングで売る」がトップに。大型株は「ベストなタイミングで買う」が2位なのに対して、こちらは「売る」ほうが上位。
    中小型株は値動きが大きいだけに、売り時を逃がさないのが億を作った人の共通点のようだ

    このように、大型株と中小型株で投資の手法を変えることも大事だ。
     ちなみに、億万長者が持ちたい日本株のベスト10は表のようになっている。?

    【投資で1億円作った人の実態調査 その成功の秘訣とは?】の続きを読む

    c1a07da8
    1: 紅あずま ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/11(土) 12:03:12.81 ID:CAP_USER9
    【編集日誌】中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事、発言なしですか
    産経ニュース:2016.6.11 08:32
    http://www.sankei.com/politics/news/160611/plt1606110019-n1.html

     中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入したことに、沖縄県石垣市の中山義隆市長は「非常に強い危機感を持っている」と述べました。
    尖閣を行政区域に抱える市政トップとして当然の反応でしょう。
    対照的に何もコメントしなかったのが翁長雄志知事でした。

     翁長氏は昨年5月の外国特派員協会での会見で「私も尖閣は日本固有の領土だと思っている」と明言しました。
    ならば即座にメッセージを発してもよかったはずです。
    共産党の志位和夫委員長も「軍艦侵入は軍事的緊張を高めるだけ」と批判したのですから。
    米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を訴える翁長氏として、中国の脅威を強調すると米軍基地の重要性を認めざるを得ないと懸念したのでしょうか。
    それとも翁長氏には危機感がないのでしょうか。
    (編集局次長兼政治部長 有元隆志)
     

    【中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事の欺瞞】の続きを読む

    このページのトップヘ