Kenji_Eda_Sakado_20141203
    1: どてらを着た名無し 2018/04/07(土) 14:05:20.56 ID:CAP_USER9
    「大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん」などと、森友報道の情報源を「名指し」でツイートして問題になった元民進党代表代行の江田憲司衆院議員が2018年4月6日、「反省」のツイートを投稿した。

    江田氏のリーク元「暴露」発言を巡っては、不用意なのではとの批判の声が出ていた。

    ■「捜査へのエールも込めて」

    事の発端となった4日の江田氏のツイートは、NHKが森友問題で、「ごみの撤去」について財務省側が森友学園側に口裏合わせを求めたとの報道に関連して投稿したもの。このツイートへの批判を受けて、江田氏は6日、次のように弁明した。

    “「大阪地検の件は、各報道機関も『大阪地検特捜部の調べでわかった』と報道している通りです。ただ、特捜部の捜査を指揮し万般の責任を持つのは、トップである『女性特捜部長』であるため、その捜査へのエールも込めて彼女だけを特掲してしまいました。言葉足らずだった点を訂正してお詫びいたします」

    しかし先のツイートで「大阪地検の女性特捜部長のリーク」と明言していたことや、NHK報道が「大阪地検特捜部の調べ」ではなく「関係者への取材」でわかったとしている点などもあり、ツイッターではかえって火に油を注ぐ状態になっている。

    “「言葉足らずじゃなくて、説明しないとダメじゃないですか?」
    「あなた方のいつもの調子だと、大阪地検特捜部長のリークじゃない証拠が必要じゃないんですか?」
    「各報道機関も『大阪地検特捜部の調べでわかった』と江田さんは言ってますがどの報道機関ですか? ソースを提示して下さい」

    江田氏のツイートをめぐっては、夕刊フジ(7日付)が大阪地検に「リークの事実はあるのか」などと質問状を送り、「捜査情報を外部に漏らすことはありません」との回答を受け取ったと報じている。なお、7日12時現在、江田氏の「女性特捜部長のリーク」ツイートは削除されていない。

    @edaofficeさんのツイート
    https://twitter.com/edaoffice/status/982246072494903297
    江田憲司(衆議院議員)
    認証済みアカウント
    @edaoffice
    今4 秒前
    大阪地検の件は、各報道機関も「大阪地検特捜部の調べでわかった」と報道している通りです。
    ただ、特捜部の捜査を指揮し万般の責任を持つのは、トップである「女性特捜部長」であるため、その捜査へのエールも込めて彼女だけを特掲してしまいました。言葉足らずだった点を訂正してお詫びいたします。

    ※★18からソースを変えました

    2018/4/ 7 12:41
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/04/07325621.html

    ★1が立った時間 2018/04/06(金) 18:50:44.61
    前スレ
    【NHK報道】江田憲司がツイッターで「リーク元の大阪地検女性特捜部長」を暴露 江田「訂正。捜査へのエールとして書きました。」★17
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523073186/

    【【NHK報道】江田憲司氏、「大阪地検・女性特捜部長のリークがどんどん」ツイートを謝罪 「言葉足らずだった。捜査へのエール」】の続きを読む

    8
    1: どてらを着た名無し 2018/04/06(金) 22:07:27.77 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011393531000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

    4月6日 17時58分
    評論家の西部邁さんの自殺を手助けしたとして、逮捕された「TOKYOMX」の番組の担当だったディレクターらが、「車で現場に向かう際の道順など下見を入念に行い、防犯カメラに写らないよう幹線道路を避けた」と供述していることが警視庁への取材でわかりました。警視庁は手助けしたことが発覚しないようにしていたと見て調べています。

    東京メトロポリタンテレビジョン=「TOKYOMX」の番組の担当だった子会社のディレクターの窪田哲学容疑者(45)と、会社員の青山忠司容疑者(54)が、ことし1月、東京・大田区の多摩川で、西部邁さんの自殺を手助けしたとして、警視庁に逮捕されました。

    これまでの調べによりますと、窪田容疑者がロープや懐中電灯、重しの鉛などを購入したり、青山容疑者が現場に向かうためのレンタカーを借りたりするなど、2人で手分けして自殺の準備を進めていたということです。

    その後の調べに対し、2人が「去年12月ごろに車で現場に向かう際の道順など下見を入念に行い、防犯カメラに写らないよう幹線道路を避けた」などと供述していることが警視庁への取材でわかりました。

    現場周辺の脇道にある防犯カメラの映像には、3人が乗ったレンタカーが通行する様子が写っていたということです。

    警視庁は手助けしたことが発覚しないようにしていたとみて調べています。

    【【西部邁さんの自殺ほう助】 「下見入念に 防犯カメラ避けた」TOKYOMXディレクターら逮捕 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/04/05(木) 10:50:38.31 ID:CAP_USER9
    ※たまたまスレです

     存在していないとしていた陸上自衛隊のイラク派遣時の活動報告(日報)が見つかった問題をめぐり、新たな事実が明らかになった。陸自内部では昨年3月に見つかっていたが、当時の稲田朋美防衛相ら防衛省幹部に報告されず、1年以上にわたり伏せられていたという。ずさんな文書管理が相次いで発覚したことに政権は戸惑い、文民統制(シビリアンコントロール)が問われる事態だと野党は批判を強めている。

     「大きな問題であり、大変遺憾だ」

     4日夜、東京・市谷の防衛省玄関前。記者団の前に姿を現した小野寺五典防衛相は、日報が昨年3月下旬に陸自内で見つかっていながら、当時の稲田朋美防衛相らに報告されていなかったことなどを語り始めた。

     過去の国会答弁で存在を否定していた、イラクに派遣された陸自部隊の日報が見つかったと公表したのは今月2日。それからわずか2日後に、昨年3月に把握していながら1年以上も隠蔽(いんぺい)していた疑いが浮上し、与党からは厳しい意見が相次いだ。

     公明党の山口那津男代表は4日、BS11の番組で「国民を欺く、その代表である国会を欺くことだ」と批判。自民党執行部の一人も「言語道断。与党も野党も関係なく、厳しくやらないといけない」と語った。安倍晋三首相の周辺は「政権として防衛省がグリップできていない。文民統制ができていないことを露呈している」と漏らした。

     日報が見つかった時に防衛相だった稲田氏は4日夜、朝日新聞の取材に「驚きとともに、怒りを禁じ得ない。上がってきた報告を信じて国会で答弁してきたが、こんなでたらめなことがあってよいのか」とコメントした。

     一方、公文書をめぐり次々とず…残り:1545文字/全文:2223文字

    国会内で記者の質問に答える稲田朋美元防衛相=5日午前8時54分
    https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180405000911_comm.jpg
    陸自イラク派遣とスーダンPKOの日報問題
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180404005313_comm.jpg

    2018年4月5日09時00分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.asahi.com/articles/ASL446H34L44UTFK01F.html

    関連スレ
    【防衛省】特別防衛監察でも発見されなかった「存在しないはず」の別の日報がまた見つかる 陸自 南スーダンPKOなど
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522878304/

    【【防衛省日報問題】1年放置、稲田氏「こんなでたらめなことがあってよいのか」 野党「シビリアンコントロールが問われる事態」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/04/04(水) 15:49:13.91 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180404/k10011390601000.html

    北方領土の色丹島で、ロシア極東のサハリン州がアメリカの企業とともに進めている
    ディーゼル発電所の建設計画について、河野外務大臣は衆議院外務委員会で、
    ロシアだけでなくアメリカ政府にも抗議したことを明らかにしました。

    北方領土の色丹島ではことし9月までに新しいディーゼル発電所が建設される予定で、
    ロシア極東のサハリン州の知事が先月、建設計画にはアメリカに拠点を置く
    大手機械メーカーが参画していることを明らかにしました。

    これについて河野外務大臣は4日の衆議院外務委員会で、「北方四島の中で第三国の企業が
    経済活動に従事することは、北方領土問題に関するわが国の立場に相いれず、極めて遺憾だ」
    と述べたうえで、ロシアだけでなくアメリカ政府にも抗議したことを明らかにしました。

    そのうえで「こういう問題を根本的に解決するためには、北方領土問題自体を解決しなければならない。
    領土問題を解決し、平和条約の締結を目指して頑張っていきたい」と述べ、平和条約締結を目指す
    外交交渉に一層力を入れる考えを示しました。

    【【北方領土】色丹島の発電所建設に米企業参画。河野外相が「極めて遺憾」と米政府に抗議 】の続きを読む

    small
    1: どてらを着た名無し 2018/04/03(火) 10:10:10.10 ID:CAP_USER9
    「子どもたちは地球の未来を担う存在です。冷たい目でみないでほしいです」――。名古屋市在住の小学5年児童(11)のそんな新聞投書が、ツイッター上で大きな反響を呼んでいる。

    訴えの先は、公共交通機関の中で泣いている赤ちゃんに舌打ちなどをする大人、中でも高齢者である。

    ■舌打ちしたり、にらんできたり...

    投書は、2018年3月29日付の読売新聞(東京本社版)朝刊の投書欄「気流」に掲載された。投書では、「『最近の高齢者は...』の投書(3月20日)を読み、一理あると思いました」と書き出している。

    「最近の高齢者は...」と題する投書は、3月20日付の同紙朝刊の同欄に載っていた。投稿者は、埼玉県蓮田市に住んでいる高校生(16)だ。電車内で泣き出した赤ちゃんに「早く泣きやませろ」と声を上げるなど、「文句を言う」高齢者を時々見かけるとし、

     「年を取ると自己中心的になってしまうのでしょうか」
     「『最近の若者は』と言われるけれど、自分たちからしたら『最近の高齢者は』って感じです」

    と疑問を呈した。

    先の児童はこの投書の主旨に共感したようで、自身の投書で

     「バスや電車内で泣いている赤ちゃんに舌打ちしたり、にらんできたりする人をよく見かけます。全員が高齢者かどうかわかりませんが、そういう人がいるのはとても残念です」

    と書いた。

    「赤ちゃんを抱えた母親があやまっているにもかかわらず、『あやまるなら最初から乗ってくるな!』という声が聞こえてきたこともありました」との実体験も明かし、

     「子どもたちは地球の未来を担う存在です。冷たい目でみないでほしいです」

    と主張した。

    ■高齢者の暴行摘発件数2.7倍に

    この新聞投書は、あるツイッターのユーザーが紹介したことをきっかけに、5400件超「リツイート」されるなど、注目を集めることになった。ツイッターでは

     「おめぇが赤ちゃんの時は1度も泣かなくて1度も人に迷惑をかけなかったか?と言ってやりたい」
     「ストレスがあるのはわかるけど、弱い者にあたるのはどうかと思う。思いやりがない」

    と高齢者に批判的な声が相次いでいるほか、「子供連れなんだから何やってもいいって見てとれる親にはムカつくし、連れてくるなって思う」との声も。

    その他、「まわりにいる人が赤ちゃんをあやすと状況が良くなることもあるのになーって思うことがあります」「色々ありすぎて皆心のゆとりが無くなってるんだな...」とさまざまな意見が寄せられている。

    なお、高齢者が粗暴になったり、攻撃的になったりという傾向は統計にも表れている。

    2017年11月17日放送のニュース番組「おはよう日本」(NHK)によるアンケート調査では、65歳以上の487人中約半数が「最近、日常生活の中で感情が抑えきれずに『キレて』しまうことがありますか」との質問に「よくある」「たまにある」と回答。「年齢とともに感情のコントロールが難しくなっている」と回答した人も、約3割に達したという。

    また、2017年版犯罪白書によると、刑法犯全体の認知件数は減少傾向にあるにもかかわらず、高齢者の刑法犯では、傷害の摘発人数が10年前の約1.7倍(1809人)、暴行の摘発人数が同約2.7倍(4014人)に増加している。

    2018年4月2日 19時24分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14522233/

    画像
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/8/08111_80_1f65dddf_ae45ba16.jpg

    【小5児童、高齢者が泣く赤ちゃんにキレるのは「とても残念」投書に反響 】の続きを読む

    question-mark-2314106_640
    1: どてらを着た名無し 2018/04/02(月) 17:19:59.87 ID:CAP_USER9
    2018年3月25日、琉球新報に掲載された1本の記事がインターネット上で話題を集めました。公式サイトに掲載された訳ではありませんが、新聞記事の写真がツイッターやフェイスブックで拡散され、個人ブログなどで紹介する人も続出し、賛否両論を巻き起こしたのです。

    話題となった記事は、入社2年目の塚崎昇平記者(26)が書いた「ネット右翼でした」というタイトルのコラム。琉球新報の記者が「ネット右翼」だった過去を告白する内容は、ネットでの反応を見る限り大きな関心を呼んだようです。「記者ですが」というコーナーは2017年6月4日から毎週日曜日に掲載している記者のコラムです。記者たちの素顔を垣間見ることができると好評で、開始以来42回を数えます。

    なぜ「ネット右翼」だった彼が琉球新報の記者になったのでしょうか。どのような心境の変化、葛藤があったのでしょうか。「伝えきれなかった思いがまだあるはずだ」と思い、塚崎記者にインタビューしました。
     
    ネットで考えを固めていた高校時代

    ―なぜコラムに「ネット右翼だった」ということを書こうと思ったのですか。

    題材については教育担当(当時)として教科書問題のことなど幾つか候補がありました。その中で自分にしか書けないことは何だろうと考えました。そういえば、琉球新報社内で「自分はネット右翼だった」と公言しているのは私ぐらいだなと思ったんです。であれば、なぜ自分が「ネット右翼」だったのか、そして、考えが変わったのはどうしてなのか、ということを伝えたいと考えました。

    ―「記者ですが」は冒頭、「学生時代、私は『ネット右翼』だった」と書き出しています。なぜ、自分を「ネット右翼」と定義したんですか。

    「ネット右翼」という言葉も定義はきちっと定まっているものではないと思います。ただ私が思う「ネット右翼」の定義としては、現場に行かないで、例えばインターネット上の情報で自分の考えを固め、「右」的な考えをネットで発信するというものではないかと考えました。そういう意味で、自分は「ネット右翼」だったと思っています。例えば、ネット上などでよく言われているように「中国や北朝鮮を抑えるため、沖縄には基地が必要だ」という意見などです。日本政府はそう説明しますが、私も過去、それを無批判に受け入れていました。

    ―影響されたネット上の情報というのはどのような内容ですか。

    ファクトチェックを受けていない根拠のない情報や、個人の考えがそのまま載ってしまっているブログなどです。ある意味、事実と反する情報でもネットではそれなりに影響力を持つ場合があります。ネットだけでなく、本を読む際にも自分に都合のいい情報だけを集めていたように思います。

    元防衛大学校の方が書いた本や防衛省が発行している防衛白書なども読んで、自分の考えをまとめていました。ネットだけで情報を得ていたわけではありませんが、自分の考えを補強するために本なども読んで「私の意見は論文に基づいた考え方だ」と誇示していた、ということに近いかもしれません。
     

    「ミリタリー好き」が入り口に

    ―自分が「ネット右翼」だと感じたのはいつごろからですか。

    小学生のころはイラク戦争に反対していた覚えがあります。明確なきっかけはありません。高校時代までは大分県で暮らしましたが、今考えると高校の後半ぐらいからいわゆる「ネット右翼」のようなことをしていたと思います。自衛隊の航空ショーに出向くなど戦闘機や戦車などミリタリー(軍事)に関するものに興味がありました。いわば「ミリタリーおたく」です。「ミリタリー好き」から安保への興味につながりました。「ネット右翼」になったのも、自分の場合はミリタリー好きが関係していたのかと思います。

    ―「沖縄には基地は必要だ」という考え方を持っていたと言っていましたが、「沖縄に基地は必要ない」という意見があることは知っていましたか。

    それはもちろん把握していました。私が琉球大学に入学するために沖縄に来たのは2010年4月で、現在8年目になります。米軍普天間飛行場の県内移設に反対する県民大会(2010年4月25日)の前後だったと思います。その当時は民主党政権で、いったん白紙にされた米軍普天間飛行場の移設先について、数日ごとに新たな候補地が示されていくような時期でした。

    せっかく自民党政権が苦労して名護市辺野古に移設先を決めたのに、なぜひっくり返すようなことをするんだろうと感じていました。
     


    続きはこちら 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180402-00000003-ryu-000-4-view.png
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000003-ryu-oki

    【「ネット右翼でした」琉球新報記者のコラムがネットで賛否両論を呼ぶ 】の続きを読む

    このページのトップヘ