1: どてらを着た名無し 2018/09/13(木) 15:56:18.72 ID:CAP_USER9
     【ウラジオストク(ロシア極東)=畑武尊】インターファクス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、プーチン大統領が年内の日露平和条約の締結を安倍首相に提案したことについて、「領土問題の解決は時として数十年を要することがある」と述べ、北方領土問題の解決と平和条約締結を切り離す提案だとの認識を示した。

     ペスコフ氏は、ロシアと中国の国境線画定も長期間かかったと指摘した。その上で、「プーチン大統領主導のまったく新しい提案で、安倍首相が経済協力によってロシアとの関係を良くしようとしている努力を買っている」と評価した。

    2018年09月13日 10時25分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20180913-OYT1T50041.html?from=ytop_ylist

    関連スレ
    【日露】プーチン大統領、日本に対して北方領土問題を棚上げして、年末までに無条件での平和条約締結求める★10
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536798108/

    【【ロシア】大統領報道官、プーチン氏の年内平和条約締結「領土問題を切り離す新しい提案」安倍首相の経済協力「努力を買っている」と評価 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/09/17(月) 09:41:14.09 ID:CAP_USER9
    たまたま
     【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は16日放映のロシア国営テレビのインタビューで、プーチン大統領が12日に前提条件なしの年内の日本との平和条約締結を安倍晋三首相に提案したことに関連し、安倍氏本人からの反応はなかったと語った。

     安倍氏は16日のNHK番組で、プーチン氏の提案があった後に2人でやりとりを交わし、北方領土問題を解決して平和条約を締結するのが日本の原則だと直接反論したと明らかにしたが、ペスコフ氏の説明とは食い違うことになる。

     ペスコフ氏は、プーチン氏の提案後に「実際に安倍氏本人から反応はなかった。東京と外交官から反応があった」と話した。

    https://this.kiji.is/414211991550444641?c=0

    【安倍首相「北方領土の件はプーチン大統領に直接反論した」ロシア報道官「安倍首相本人の反応はなかった」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/09/15(土) 15:03:57.15 ID:CAP_USER9
    日本の河野太郎外相は14日の記者会見でロシアとの平和条約締結に関する質問に、露日両国は1日も早い平和条約締結に意欲を示して、日本はその前提が解決されるならばまとめていきたいと答えた。

    河野外相は平和条約締結について「日露間の懸案であり,締結できるなら一日も早い方がいい」と意欲を示した。

    その上で河野外相は、日本側には「北方四島の帰属問題を解決する必要」があり、ロシア側は「経済発展のために,いかに日本と経済協力ができるか」が念頭にあると指摘し、それぞれが達成したいことを納得する形で解決して早期にまとめたいという点では両国は「同じ方向を向いている」との見解を示した。

    河野外相は、次回の露日首脳会談の調整を加速する可能性についての問いには、11月のブエノスアイレスのG20、シンガポールでの東アジアサミットの場で会談実施の可能性があると答えるのとどまった。

    2018年09月15日 06:04
    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201809145339176/

    【【河野外相】「日本もロシアも1日も早い平和条約締結に意欲」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/09/15(土) 07:06:06.38 ID:CAP_USER9
    日本記者クラブの討論会で、安倍総理大臣は「国難とも呼ぶべき少子高齢化に真っ正面から立ち向かい、教育の無償化を実現し、未来を担う子どもたちの世代や子育て世代に思い切って投資をしていく。そして、経験や知恵が豊富な高齢者がいくつになっても生きがいを持って活躍できる生涯現役社会を実現する。人生100年時代を見据え、すべての世代が安心できる全世代型の社会保障制度へと大きく改革を行っていく。地方では、農業、観光、中小企業、新たな活力が生まれており、さらに弾みをつけていく」と述べました。

    ※抜粋

    ■「トリクルダウン 言ったことはない」

    安倍総理大臣は「先ほど石破元幹事長から『今の安倍政権がとっているのはトリクルダウンの政策だ』という話をいただいたが、私はそんなことを1度も言ったことはない。地方対東京の対立構造ではなく、東京の経済がよくなれば地方で作る農作物の価格も上がるという相関関係にもある。地方の企業に、人々が、有能な人材が行くための制度を作っているということも申し上げておきたい」と述べました。

    2018年9月14日 11時39分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180914/k10011629601000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016

    【【安倍首相】「トリクルダウン 私は言ったことはない」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/09/14(金) 19:40:17.60 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相は14日、東京都内の日本記者クラブであった自民党総裁選の討論会で、年金の受給開始年齢を70歳以降も選択できる制度改正を検討し、「3年で断行したい」と述べた。日本銀行の金融緩和策については「ずっとやっていいとは全く思っていない」と述べ、3選後の任期中をメドとする「出口戦略」に言及した。

     年金の受給開始年齢は原則65歳。現行では、繰り下げ受給すると毎回の受給額は増え、70歳まで遅らせることができる。今年2月に閣議決定された「高齢社会対策大綱」は、これを70歳を超えても選択できるよう検討を求めているが、首相は「生涯現役であれば、70歳を超えても需給開始年齢を選択可能にしていく。そういう仕組みづくりを3年で断行したい」と述べた。

     選択制を広げる理由について首相は「高齢者がいくつになっても生きがいを持って活躍できる生涯現役社会を実現する」と強調した。高齢者になるべく長く働き続けてもらい少子高齢化を乗り切るのが狙いだが、現行制度でも66歳以降に遅らせているのは1%ほど。どこまでニーズがあるかは不透明だ。

     また、首相は「評価や報酬体系を整備して、65歳以上の雇用が継続されることが可能な仕組み」をめざす考えも示した。予防に重点を置いた医療費抑制策などに取り組み「3年間で社会保障のあり方の改革を行っていきたい」とも語った。

     アベノミクスの中核である日銀による異次元の金融緩和については、為替や雇用で効果が出ていると強調した上で「ずっとやっていいとはまったく思っていない」と指摘。金融緩和を縮小する「出口戦略」に向けて「経済が成長してきている中で、なんとか私の任期のうちにやり遂げたい」と語った。

     ただ、具体的な手法については「どのように終えていくか、今、私が言えばただちに市場が反応する」と言及を避け、緩和の判断は日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁に任せるとした。来年10月の消費税率10%への引き上げについては「予定通り」と明言した。

         ◇

     〈年金の受給開始年齢〉 いまは原則65歳で、60歳から70歳の間で選べる。66歳以降に繰り下げを選択した場合は、1カ月ごとに毎回の受給額は0・7%ずつ増え、1年遅くすると8・4%増。70歳からにすると42・0%増える。基礎年金や厚生年金だけを繰り下げる選択もできる。ただ、65歳未満の特別支給の老齢厚生年金は繰り下げできない。

     逆に65歳になる前に繰り上げると、1カ月早めるごとに0・5%減り、1年間で6%減る。60歳から受給した場合は、65歳から受給するより受給額が30%減ることになる。

    2018年9月14日19時19分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL9G4KBFL9GUTFK019.html

    【【安倍首相】年金受給開始70歳超 「3年で断行したい」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/09/12(水) 12:40:36.40 ID:CAP_USER9
    https://www.sankei.com/images/news/180912/plt1809120001-p1.jpg

     【ウラジオストク=小川真由美】ロシア極東ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、ロシア政府主催の「東方経済フォーラム」で演説する。日露関係について、首相はプーチン大統領との信頼醸成をテコに北方領土問題を決着させ、両首脳間で平和条約の締結を目指すことを重ねて強調する。

     北朝鮮問題では、6月の米朝首脳会談を拉致、核・ミサイル問題の解決の一歩として支持した上で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に改めて意欲を示す。

     フォーラムにはプーチン氏のほか、中国の習近平国家主席、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相、モンゴルのバトトルガ大統領も出席する。

     安倍首相は極東の可能性をテーマに演説し、サイバーや液化天然ガス(LNG)、港湾などロシア国内での日露の官民による事業が150以上にのぼるとして、経済協力が着実に進展していることを強調。医療や中小企業の効率化、都市整備を通し、ロシア人の生活の質の向上に日本が貢献していることを訴える。

     北朝鮮情勢では中国やロシアも含めた国際社会が結束し、北朝鮮に対し非核化に向けた具体的な行動を促すことを語りかける。18日から平壌で開かれる南北首脳会談への期待も示す。

     日中関係については、今年が日中平和友好条約40周年であることを踏まえ、関係改善の流れを加速させる決意を表明する。今年中の安倍首相の訪中に続く習氏の訪日に期待を表明する。

    2018.9.12 04:00
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/politics/news/180912/plt1809120001-n1.html

    関連スレ
    【外交】プーチン露大統領「北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い。考えが甘い」日本側に冷水を浴びせる★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536705188/
    【日露首脳会談】安倍総理、北方領土「4島の未来像描く道筋見えてきた」と成果を強調★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536653705/

    【【安倍首相】ロシアで演説 北方領土問題決着に決意表明へ 経済協力でロシア人の生活の質が向上、日本の貢献であることを訴える 】の続きを読む

    このページのトップヘ