320
    1: どてらを着た名無し 2017/11/18(土) 18:39:37.39 ID:CAP_USER9
    太地町を舞台に、クジラやイルカの追い込み漁などの捕鯨と反捕鯨の論争を描いたドキュメンタリー映画
    「おクジラさま ふたつの正義の物語」(佐々木芽生(めぐみ)監督)が25日から和歌山市と新宮市の劇場で公開されるのを前に、
    佐々木監督が新宮市内で記者会見し、「地元の和歌山で、ぜひ見ていただきたい」とアピールした。

     佐々木監督は会見で「和歌山の地で、この映画がどう受け入れられるか。うれしい半面、不安もあるが、ぜひご覧いただければ」と語った。
     「なぜ日本から反論が聞こえてこないのか」。

    反捕鯨の立場で追い込み漁を糾弾した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」を見て感じた疑問から「おクジラさま-」を制作したという佐々木監督。
    「小さな漁師町の漁師に対し(一方的に糾弾した)ハリウッドの力。バランスがおかしい、これは暴力だと思った」と振り返る。

     それでも「『ザ・コーヴ』に単に反論するのではなく、いろいろな意見や考え方を紹介してバランスの取れた映画にしたいと思い、それを貫いた。
    その方がインパクトがあり、長い目で見たときにこの映画が大きな力を持ってくる」と自信を示した。

     国内では東京や大阪などで順次公開されているのに対し

    「欧米での上映の壁はまだまだ厚い」(佐々木監督)が、7月の米ニューヨークでの上映では好評だったという。

     「神道と仏教が合わさった日本的な自然観がなかなか理解されない所で、
    『この映画を見て初めて、(鯨類のように)賢い(とされる)動物だけを保護するのはおかしく、
    平等ではないという日本人の考え方が分かった』という声もいただいた」と、好意的に受け止められたことも紹介した。

     「おクジラさま-」は県内では25日~12月8日、ジストシネマ和歌山(和歌山市)とジストシネマ南紀(新宮市)で上映予定。

    http://www.sankei.com/region/news/171115/rgn1711150028-n1.html

    「おクジラさま ふたつの正義の物語」HP
    http://okujirasama.com/

    関連スレ

    【捕鯨】映画ビハインド・ザ・コーヴの八木監督「なぜクジラだけが特別なのか」 京都で外人活動家らと論争
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500812471/
    【文化】捕鯨文化PR映像の「鯨とともに生きる」が独・国際映像祭にノミネートされ入賞
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510228811/

    【社会】欧米人が日本人に「捕鯨は絶対許さない」と言い続ける深い理由★8
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509098796/

    【賢い(とされる)動物だけを保護するのはおかしい「おクジラさま ふたつの正義の物語」上映開始 東京・大阪などで公開 】の続きを読む

    1f2a876e
    1: どてらを着た名無し 2017/11/18(土) 13:56:44.68 ID:CAP_USER9
    洋画の音楽使用料の流れ
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/11/18/20171118dde001010009000p/9.jpg?1

    ■JASRAC 「タイタニック」なら18万円が5億円超に

     JASRAC(日本音楽著作権協会)が、来春から洋画に使われている音楽の使用料について徴収方法を改める方針を示したことが、波紋を広げている。現在は上映時に「1本18万円」の定額制だが、将来的には興行収入(興収)の1~2%にする意向で、事実上の大幅値上げ。興収の2%になれば、「タイタニック」(国内興収262億円)だと音楽使用料が約5億2400万円にもなる。映画館や配給会社の負担が大きく、入場料の値上げにつながる恐れもある。

    「小さな配給元が興収の2%を徴収されればやっていけない。結果的に大資本が配給するハリウッドやディズニーの洋画しか上映されなくなる。音楽使用料の負担を入場料に転嫁する動きが出るかもしれない」。ある配給会社の経営者は不安を漏らす。

     日本で放送やカラオケ、店のBGMとして使われている楽曲の約98%は、JASRACが使用料の徴収を著作権者から任されており、徴収方法は使用者との協議の上でJASRACが決めている。映画音楽の使用料は、配給会社から全国の映画館などで構成する「全国興行生活衛生同業組合連合会」(全興連)を経て、JASRACに渡り、著作権者に分配されている。

     日本では一律18万円の洋画の音楽使用料も、欧州各国では興収の1~6%。例えばフランスは興収の2%で、2014年の徴収総額は約22億7300万円。日本だと同年は約1億6600万円だが、もし2%を徴収されると、洋画だけでも約17億2600万円に達することになり、業界全体が被る負担は増大する。

     国内では洋画の興収が年々、目減りしており、10年の約1025億円から、昨年は約869億円まで落ちている。音楽使用料の負担が増大すれば、規模を問わず配給側の打撃は大きい。

     一方、邦画はJASRACが定めた音楽使用料に公開時のスクリーン数を掛けて徴収するが、公開後の館数の拡大やロングランは反映されず、JASRACは邦画についても将来的な見直しを示唆している。

     今回の方針変更の背景を、浅石道夫理事長は「海外の著作権者から是正を求める多くの意見を受けており、直接、権利行使されるような事態を恐れている」と語る。

     しかし、こうした方針は配給会社や映画館の経営に打撃を与えかねない。映画専門誌「キネマ旬報」元編集長の掛尾良夫城西国際大教授は「大ヒット作の陰にヒットしない作品が何十本もある。興収に応じた使用料の負担は大きい。映画業界がJASRACと話し合い、値上げ幅を抑えてもらうしかない」と語る。

     音楽の著作権問題に詳しい中谷寛也弁護士は「音楽を使う側は権利者が提示した条件を受けて判断するほかない。定額制よりも興収に応じた使用料のほうが合理的なのは事実」と指摘する。

     全興連は「弁護士と対応を協議しており、コメントできない」としているが、関係者によると、JASRACに対し、上映館数に応じた使用料の支払い方法などを提示し、値上げ幅の抑制を求めている模様だ。【木村光則】

    配信2017年11月18日 11時44分(最終更新 11月18日 13時43分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20171118/k00/00e/040/276000c

    関連スレ
    【著作権使用料】JASRAC、映画音楽の上映使用料値上げ求める 洋画は一作品「18万円」→「興収の1~2%」に
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510135582/

    【【JASRAC】今度は映画業界衝撃 定額制→「興行収入」案 「タイタニック」なら18万円が5億円超に 入場料の値上げも 】の続きを読む

    qWqdH
    1: どてらを着た名無し 2017/11/17(金) 09:55:36.33 ID:CAP_USER9
    高3男子にわいせつ行為、神戸大3年の男を逮捕 行為認めるも
    「その相手に間違いないかは覚えてない」 兵庫県警
    2017.11.17 08:32

    男子高校生と淫らな行為をしたとして、兵庫県警葺合署は16日、県青少年愛護条例違反の疑いで、
    神戸大3年の男(20)=神戸市灘区=を逮捕した。
    「行為は認めるが、その相手に間違いないかは覚えていない」と供述しているという。

    逮捕容疑は5月6日、18歳未満であることを知りながら、
    自宅で神戸市内の高校3年の男子生徒(17)と淫らな行為をしたとしている。

    同署によると、男は今年1月ごろから短文投稿サイト「ツイッター」で、高校生の少年を対象に
    「奉仕されたい人、興味のある人はDM(ダイレクトメール)ください」などと投稿していたという。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/west/news/171117/wst1711170019-n1.html

    【【兵庫】高3男子(17)と淫らな行為をした疑い、神戸大3年の男(20)逮捕 行為認めるも「その相手に間違いないかは覚えてない」と供述 】の続きを読む

    11620163_350_350
    1: どてらを着た名無し 2017/11/16(木) 13:13:24.17 ID:CAP_USER9
    NPO法人が子ども食堂を開設

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20171116/1090000592.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    ひとりで食事をする子どもたちに居場所を作ろうと、小山市では初めての
    「子ども食堂」が、15日オープンしました。

    「子ども食堂」は、経済的に厳しい家庭など、ひとりで食事をする子どもたちに
    格安で食事を提供し、大勢で楽しめる居場所を作ろうという取り組みです。
    15日、小山市の小山城南市民交流センターで、市内では初めてとなる「子ども食堂」が開設されました。

    15日は初日ということもあり、親子連れが大勢訪れ、カレーライスやコールスローなど
    8品の食事を談笑しながら楽しんでいました。
    3人の子どもと訪れた共働きの40代の母親は、
    「ふだんは仕事の帰りが遅くて、栄養バランスを考えて
    食事を作ることがなかなか出来ないので、ありがたいです」
    と話していました。

    運営するNPO法人「笑光」の中山麗美理事長は、
    「楽しくワイワイ言いながら過ごしてもらいたい」
    と話していました。

    この「子ども食堂」は、来月は、毎週水曜日の午後4時から午後7時まで開設される予定で、
    子どもは100円、同伴の大人は300円で食事出来るということです。

    11/16 10:03

    【ひとりで食事をする子どもたちに居場所を作ろうと、小山市に初の「子ども食堂」オープン 多くの親子連れで賑わう 】の続きを読む

    a52bd78e24b8e615bfe39c6e78069752
    1: どてらを着た名無し 2017/11/15(水) 19:19:05.74 ID:CAP_USER9
    北朝鮮の政府機関紙は、日本について「すでに解決した拉致問題に執着し、言いがかりをつけている」とする論評を掲載し、拉致問題の解決に向けアメリカをはじめ、国際社会との連携強化を図る日本を非難しました。

    これは北朝鮮の政府機関紙、「民主朝鮮」が15日付けの論評として伝えたものです。この中で安倍総理大臣を名指ししたうえで、「日本は、すでに解決した拉致問題に執着し、言いがかりをつけている」として、拉致問題は解決済みとする北朝鮮の従来の主張を繰り返しました。

    そして、「それなくしてわが国に対する圧力を維持する方法がない」として、拉致問題の解決に向けアメリカをはじめ、国際社会との連携強化を図る日本を非難しました。

    拉致問題をめぐっては、ことし4月、北朝鮮のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使が、日本側が両国の合意を破棄したため再調査の中止を余儀なくされたと主張しました。

    一方で、拉致問題を棚上げしつつ、終戦前後の混乱の中で現地に取り残された残留日本人などの問題には取り組む用意があるという姿勢は崩しておらず、引き続き、日本との対話再開の糸口を探っているものと見られます。

    配信11月15日 19時08分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224781000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    関連スレ
    【拉致問題】横田めぐみさん拉致から40年
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510396245/

    【【北朝鮮】「拉致問題はすでに解決 言いがかり」と日本を非難 残留日本人の問題には取り組む姿勢 】の続きを読む

    dokusenus100615-1-thumb-470xauto
    1: どてらを着た名無し 2017/11/14(火) 09:48:30.30 ID:CAP_USER9
    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/11/hunt-300x198.jpg

    北大西洋に浮かぶデンマーク自治領のフェロー諸島でこの夏、伝統のクジラの追い込み漁が行われた。浅瀬に追い込まれ仕留められたクジラやイルカの様子は、動物愛護団体のシーシェパードによって捉えられ、ホームページやFacebookに投稿された。また今月10日には『Fox News』が独占記事で伝え、物議を醸しているようだ。

    人口5万人足らずというフェロー諸島は観光業のほか水産業、野鳥狩り、羊の放牧、酪農、そして捕鯨が盛んなこととして知られている。火山でできた痩せた土地での農業は非常に難しく自然条件が厳しいこの地域では、クジラ(主にゴンドウクジラ)の肉と脂肪は貴重な資源であり、16世紀ごろから追い込み漁が始まったとされている。

    隠すことなく行われるこの追い込み漁は、シーシェパードなど反捕鯨団体の激しい批判に晒されており、7月から9月初旬の10週間で行われた漁ではイギリスやフランスからのボランティア18人が監視を行った。述べ9回にわたる漁は同団体によってフィルムに収められ、少なくとも198頭のタイセイヨウカマイルカと436頭のクジラが捕獲されたことが明らかになった。

    漁は、漁師たちが沖でクジラやイルカを見つけると住民に合図を送りスタートする。群れは合図によって駆け付けた漁船に囲まれるようにして湾に追い込まれ、待ち構えていた住民によって仕留められる。その様子は凄まじく、腰まで海水に浸かった男たちが噴水孔にロープのついた銛を差し込み、パニックに陥った個体を次々と浜辺に引上げていく。こうして捕らえられたクジラやイルカは特殊なナイフで首の主動脈や脊髄を切断されて息絶える。ほぼ即死の状態だが、これによって湾は血の海となり真っ赤に染まっていく。

    監視したシーシェパードのボランティアは「小さな子供がポケットナイフを使ってクジラの歯をえぐり取っているのを見た」「行き場を失ったクジラが岩に頭を打ち付けて苦しんでいた」「内臓が露出した状態で地面に放りだされている。見るに堪えない」「これは野蛮な行為以外のなにものでもない」と口々にその衝撃を語っている。

    シーシェパード・イギリスを率いるロブ・リード氏は「フェロー諸島でのイルカやクジラの残忍な殺戮が現在も引き続き行われていることを、世界に知らしめなければなりません」と語っているが、フェローの政府は「彼らは私たちを精神異常者、悪魔、狂人などと呼び、マイナスのイメージばかり強調している。これではフェローの住民への怒りや憎しみが増すだけだ。しかし追い込み漁は我々の伝統文化であり、捕獲した肉や脂肪は無料で参加者や住民に分配される。これらは住民にとって貴重な食糧であり、漁ができなくなれば輸入に頼るしかなくなる」と憤りを隠さない。

    さらに「今年度はこれまでに1700頭、2016年は295頭、2015年は501頭のゴンドウクジラやイルカを捕獲した。ゴンドウクジラは北大西洋東部には778,000頭、島周辺の海域には100,000頭が生息していると言われ、絶滅危惧種にさえ指定されていない。捕獲量はその年によってまちまちだが、これまでの長期にわたる記録を分析した結果、我々の年平均の捕獲量は800頭ほどである。この漁は持続可能であり、自然資源を有効的に活用しているだけで、島の自給自足率が高いのもこの漁のおかげといえる」と述べ、外部からの価値観を一方的に押し付けられることに反発している。

    動画 Fox News
    https://www.youtube.com/watch?v=8mOEXlX7TPw



    配信2017.11.13 19:13
    techinsight
    http://japan.techinsight.jp/2017/11/ac11121001.html

    関連過去スレ
    【捕鯨】和歌山太地町、フェロー諸島と姉妹都市に イルカ追い込み漁への国際圧力「もはや看過できないレベル」反転攻勢へ★2 [](c)2ch.net
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502372695/

    【【動画あり】海が真っ赤に染まる フェロー諸島のクジラ追い込み漁 物議をかもす】の続きを読む

    このページのトップヘ