un
    1: どてらを着た名無し 2017/09/11(月) 16:53:12.62 ID:CAP_USER9
    対北制裁決議修正案 石油輸出「制限」に
    2017年9月11日 14:29
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/11/10372171.html?cx_recsclick=0

     国連の安全保障理事会の北朝鮮への新たな制裁決議案をめぐり、アメリカが中国などの賛同を得るために作った修正案をNNNが入手した。当初盛り込んでいた石油の全面輸出禁止を大幅に妥協し、「輸出を制限する」との内容にとどまっている。

     制裁決議案は当初、北朝鮮への石油の輸出を全面的に禁止する厳しい内容だった。

     今回、NNNが入手したアメリカの修正案は、石油について北朝鮮への過去1年間の輸出量を超えないようにするとしている。また、石油の中でも北朝鮮の一般市民の生活に影響が出るものは禁止対象から外すという例外規定が設けられた。

     石油輸出の全面禁止については北朝鮮の体制が崩れ、難民も押しよせるとの懸念から中国が当初から後ろ向きだった。さらに当初の案では国外渡航禁止、資産凍結の対象に金正恩委員長が盛り込まれていたが修正案では外された。

     一方で天然ガスの輸出は全面禁止のままとしている。外務省関係者は「中国との協議の結果、採決に賛同を得るためにアメリカが妥協したのだろう」と話している。

     アメリカはこの修正案を10日に安保理の理事国に配布し、11日の採択を目指す考え。

     安保理関係者は「協議は明日の採決ぎりぎりまで続くだろう。修正案に中国、ロシアが賛同するとは聞いていない」と依然不透明な形。

    【【国連】対北制裁決議修正案 石油輸出「制限」に 米国大幅に妥協】の続きを読む

    img_3
    1: どてらを着た名無し 2017/09/10(日) 23:15:32.70 ID:CAP_USER9
    ◆「9条があれば戦争にならない」という言葉

    ■「ならない」と「できない」の違い

    北朝鮮の地政学的リスクが少しは肌で感じられるようになったせいか、与党批判は少し鳴りを潜め、批判の矛先は野党に向かったかのような気がしないでもない。
    しかし、それでも未だに「9条があれば戦争にならない」という意見もよく耳にする。

    この「9条があれば戦争にならない」というのは、「施錠しなければ泥棒は入ってこない」という言葉と同じようものだと揶揄されることがある。
    世間一般の常識から考えると「施錠すれば泥棒は入ってこない」が正しいはずなので、「施錠しなければ泥棒は入ってこない」というのはどこかおかしいことになる。

     ○「施錠すれば泥棒は入ってこない」
     ×「施錠しなければ泥棒は入ってこない」

    「鍵をかければ泥棒は入ってこれない」、これは物理的に正しい。
    では、「9条があれば戦争にならない」はどうだろうか?

    9条というものは物理的なものではなく、観念的なものであるので、目に見えない効力でもない限り機能しない。
    9条が『般若心経』のような経典であれば何かしらの効力があるかもしれないが、そういうものでもない。

    となると、「9条に戦争を抑止する効力がある」という言葉は、どこから出てきたのか?という疑問が生じる。
    現在の日本国憲法がGHQ製であることは広く知られている。

    日本の想定外の戦力(士気)に恐れをなした戦勝国側が、2度と日本に戦争を起こさせないようにするために作られたものが、現在の日本国憲法であり、9条はその中心的な役割を持った条文だった。
    戦勝国側の視点に立てば、「9条があれば戦争にならない」ではなく、「9条があれば戦争できない」というのが、本当の目的だった。

    この「できない」が、いつの間にか「ならない」という言葉に置き換わってしまった。
    戦勝国側ではなく戦敗国側の視点から見た言葉になってしまった。
    戦争することを封じるための言葉が、戦争自体が無くなるという言葉に変化してしまったということになる。

     (戦勝国側)「9条があれば戦争できない」
     (戦敗国側)「9条があれば戦争にならない」

    この2つの言葉には、大いなる言葉の歪曲がある。

    ■護憲派の精神構造

    都会に住んでいる人は出かける時に施錠することは常識であり、自宅の中にいる時でさえ施錠するのが一般的だが、田舎に住んでいる人は、少し近所に出かける程度なら、わざわざ施錠しない人もいる。
    田舎に住んでいる人が都会に出てくると、在宅中の人でも施錠していることにカルチャーショックを覚えることがあるらしい。
    わざわざチャイムを鳴らさないと玄関ドアが開かないことに違和感を感じるらしい。

    ある意味、その感覚が、護憲派と言われる人々の感覚なのかもしれない。
    戦後70年間も牧歌的な田舎(日本)のような空間で暮らしてきたため、都会(他国)のようにコソ泥や詐欺師の被害に遭遇する危険性もなかった。

    しかし現代では、日本にも多くの文化の違う外国人が訪れ、観光地に行けば、日本人よりも外国人の方が多いというような感じになっている。
    外国人が悪いという意味ではないが、いつの間にか、牧歌的な日本は、都会の喧噪の中に呑み込まれてしまう時代を迎えてしまった。
    周りを見れば、人が溢れ、その中にはコソ泥や詐欺師も混じっている。

    そんな状況下で、いつまでも「施錠しなければ泥棒は入ってこない」などという暢気なことを言って、本当に施錠せずにいると、気付いた時には、家財用具一式、コソ泥被害に遭うということになってしまう。
    その時になって、「なぜ、施錠していないのに泥棒が入ってきたのだ!」と憤っても後の祭りであり、その泥棒が自宅に侵入した理由は、他ならぬ、自分自身にある。
    そして、その盗人被害は、真面目に施錠している人々にも及ぶということを知らねばならない。

    http://blogos.com/article/245330/?p=1

    【憲法9条に戦争を抑止する“般若心経”のような効力があるという発想は、どこからやってきたのか?】の続きを読む

    2459156bc76ce8e43dadc40bf434e973_400x400
    1: どてらを着た名無し 2017/09/10(日) 07:05:30.93 ID:CAP_USER9
    2017.9.9 23:20

     かつて中国の民主化運動に身を投じた評論家の石平氏(55)が、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

     石平氏は7日に以下のようなツイートを書き込んだ。

     「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

     日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

     この投稿に対し、作家の百田尚樹氏(61)も即座に反応した。

     「全力で拡散したいツイートだ!! 石平さんの言葉は重い!現在もどれほど多くの偉大な人たちが権力と命懸けで闘っているか。

     週刊誌のデタラメ記事を参考に質問したり、政権批判をしたいがために北朝鮮の立場になって発言するような薄っぺらい女が『権力と戦う』など、ちゃんちゃらおかしい!!」

     翌8日に石平氏は再び望月氏に関するツイートを投稿した。

     「私のツイートは1日にして、一万二千以上のRTと一万六千以上の『いいね』をいただいた。東京新聞と望月記者の欺瞞と傲慢は多くの人々に嫌われていることの証拠だ。読者は新聞と新聞記者に期待しているのは事実を客観的に伝えることであって、『権力と戦う』という彼らの自己陶酔ではないのだ」

     石平氏のツイートには様々な声が寄せられた。

     「新聞記者は国民に選ばれてなるものでもないのに、国民の代弁者だと思っている時点で勘違いも甚だしい」「新聞離れがさらに激しくなり、販売店には残紙の山ができる」「中国や北朝鮮で権力と戦うと監禁されたり、殺されたりしますね」「『ペンの暴力』をふりかざすマスコミこそが権力者だ」--。

     一方の望月氏は7日、「防衛省が来年度予算でミサイル開発費として177億円を要望。研究の中身は敵基地攻撃につながるミサイル開発 菅官房長官『防衛省は必要だから要望した』」という投稿を最後に自身のツイートはないが、リツイートは頻繁に繰り返している。

     望月氏に対し、産経新聞WEB編集チームは8月中にインタビュー取材を東京新聞編集局を通じて申し込んだが、「応じたくないと本人が言っています」という編集局の回答のまま、実現していない。

    (WEB編集チーム)

    http://www.sankei.com/premium/news/170909/prm1709090030-n1.html
    http://www.sankei.com/images/news/170909/prm1709090030-p1.jpg

    【【東京新聞】望月記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ」】の続きを読む

    30eba88943ed7e10772f9021783d8525
    1: どてらを着た名無し 2017/09/09(土) 07:45:04.61 ID:CAP_USER9
     【ワシントン=小川聡】米政府が、北朝鮮による核・ミサイルの脅威の増大を受け、日本と韓国に高性能な武器の売却を拡大する検討を進めていることが、米国務省への取材でわかった。

    米保守系紙ワシントン・タイムズによると、トランプ政権は、これまで日本への売却に慎重だった巡航ミサイル「トマホーク」の売却を認めることも視野に入れているという。

     米国務省高官は読売新聞の取材に、「大統領の指示を受け、日韓の正当な防衛の必要性を満たす最適な支援策の策定に、日韓と共に取り組んでいる」と述べ、日韓への武器売却を拡大する方策を検討していることを認めた。

    (ここまで266文字 / 残り238文字)
    http://yomiuri.co.jp/world/20170909-OYT1T50001.html

    【米政府 日韓に武器売却拡大を検討…巡航ミサイル「トマホーク」も】の続きを読む

    img1454919507
    1: どてらを着た名無し 2017/09/08(金) 17:35:14.52 ID:CAP_USER9
    北朝鮮は弾道ミサイルの発射を遅らせる可能性がある。
    太陽表面での強い爆発(太陽フレア)によって電子機器が影響を受ける可能性があるからだ。

    ミサイルは通常、放射エネルギーに対して厳重に保護されているが、金正恩朝鮮労働党委員長は太陽フレア発生中の発射によってデータや装備が失われるのを懸念して発射を控える可能性があると、ネクシアル・リサーチの航空宇宙コンサルタント、ランス・ガトリング氏が述べた。
    日本と米国は太陽フレアの環境下でミサイル防衛システムを試験することができるので北朝鮮が発射することを期待しているかもしれないと付け加えた。
    韓国の李洛淵首相は7日に、北朝鮮が建国記念日に合わせて9日に次回のミサイル発射実験を行う可能性があると述べていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-53317050-bloom_st-bus_all

    【【北朝鮮ミサイル】太陽フレアで9日の発射断念も・・・】の続きを読む

    e97e96c0
    1: どてらを着た名無し 2017/09/07(木) 13:35:46.61 ID:CAP_USER9
    “北に異次元の圧力”日韓首脳、連携で一致

    2017年9月7日 12:16
     ロシアのウラジオストクを訪問している安倍首相は、韓国の文在寅大統領と会談し、北朝鮮に対し連携して圧力をかけていく方針で一致した。現地から佐藤正樹記者が伝える。

     会談は、北朝鮮への対応で連携を確認することに重点がおかれ、慰安婦問題などを巡る対決色はあえて抑えられたものになった。

     安倍首相「これまでにない深刻かつ
     

    以下ソース
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/07/04371862.html

    【安倍首相、「異次元の圧力」をかけるべきと訴える】の続きを読む

    このページのトップヘ