183016834-1392778230_l
1: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:12:10.64 ID:CAP_USER9
ネコは古代エジプトを「征服」するはるか以前に、石器時代の農耕民を魅了していたとする研究論文が19日、発表された。
DNA分析で明らかになったところによると、これ以降にネコの家畜化と愛玩動物化が世界中に広まっていったのだという。

原産地を出て世界に拡散した最初の野生ネコで、今日の飼いネコの祖先となったのは、リビアヤマネコ(学名:Felis silvestris lybica)であることが今回、研究で明らかになった。
小型で縞模様のある中東産の亜種は全世界に生息地を拡大させるまでに上り詰めた。

リビアヤマネコは約6000年前、現代のトルコ周辺のアナトリア地域から船で欧州に渡った可能性が高い。
「リビアヤマネコの世界征服は新石器時代に始まった」と、論文の執筆者らは記している。

石器時代の最終章に当たる新石器時代には、それまで狩猟採集民として各地を放浪していた先史時代の人類が作物の栽培と恒久的な村の構築に初めて着手した時期だ。
そして、農耕の始まりとともに収穫物を食い荒らすネズミが現れ、これにネコが引きつけられた。

米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション」に掲載の論文では、「納屋や村、船上などのネコは古代社会に対して、害獣、特に経済的損失や病気の原因となるげっ歯類の有害動物を駆除する極めて重要な防御手段を提供した」とある。
研究チームは今回、野生のネコ科動物が現在知られているような、ソファで寝そべるかわいらしい飼いネコに姿を変えた背景にあるものについての論争に終止符を打つべく、埋葬やミイラ化された古代のネコ230匹のDNAを分析した。

古代エジプトで、像や絵、死骸のミイラなどによって「不滅化」されたネコ科動物が明白な崇拝の対象となっていたことを根拠に、ネコを初めて家畜化したのは紀元前数世紀ごろの古代エジプト人と考える人は多い。
しかしその一方で、地中海の島国キプロスにある紀元前7500年の子どもの墓で発見されたネコの骨を、「肥沃な三日月地帯」の古代文明がエジプトより早くネコを家畜化した証拠として指摘する説もある。

■古代の「ネコブーム」

今回の詳細なDNA分析の結果によると、家畜化はその両方のおかげであると考えられるようだ。
論文の共同執筆者で、フランス国立科学研究センター(CNRS)のエバ・マリア・ガイグル氏はAFPの取材に、リビアヤマネコは紀元前4400年頃に「最初の農耕民が欧州に移住し始めた時期に広まり始めた」と語った。
「これは(恐らく古代の交易路をたどると思われる)海路か陸路で、リビアヤマネコが人によって移動していったことを示していると考えられる」

それから数千年後、今度は古代エジプトのファラオ王朝時代に、リビアヤマネコのエジプト変種が第2の波で欧州とその先へ拡大して「熱狂的流行」を巻き起こしたと、論文の執筆者らは指摘する。
そして「エジプト種のネコの熱狂的流行は、古代のギリシャとローマの世界全体からさらにそのずっと先へと、非常に速いペースで拡大した」とした。

エジプト種のネコはアナトリア原産の近縁種と外見が非常によく似ていたと思われることを考えると、その成功は、性格の「社交性と従順さにおける変化」が後押しした可能性が高いと推察できる。
野生ネコは縄張りを単独で行動する狩猟動物で、階層的な社会構造を持たないため、家畜化の対象には適さないと考えられるのだ。

また、イヌやウマの場合と異なり、外見目的の交配が少なくとも最初の数千年間は行われていなかったことも今回分かった。
今日に至るまで、飼いネコは体の構造や機能、動きなどに関して野生の近縁種と酷似している。

品種改良が開始された当初は、ネコの毛並みが主な対象となっていた。
ぶち模様の色合いが初めて遺伝子に記録されるのは西暦500~1300年の中世だったことも明らかになっている。

まだらのぶち模様は今日の飼いネコに多くみられるが、野生ネコには存在せずすべて縞模様だ。ガイグル氏は「ネコの『装飾的な品種』を作るための繁殖計画が始まったのはごく最近の19世紀のことだ」と指摘。
そして、それらでさえも「野生ネコとそれほど違っていない」ことを説明した。

http://i.imgur.com/1qIA6k7.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000034-jij_afp-sctch&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000034-jij_afp-sctch&p=2

4: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:15:27.79 ID:cD+7ZBWy0




31: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:33:27.87 ID:+KzOTJNl0




76: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 20:02:45.05 ID:028oYvys0
>>31
wwwヤメロwww




21: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:23:47.34 ID:m7ETAeLQ0
おまえらのヌコ晒せʢↀ·̫ↀʡ ニャー




22: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:24:27.38 ID:6u5yL2qD0
あーかわいっ




26: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:28:27.09 ID:RvWnmPiE0
日本の縄文時代は1万年以上あるから

そのころ中国は凍り付いていて人類は住んでなかった。

猫は何時頃だろ




74: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 20:00:23.35 ID:3tfqbnN40
>>26
中国の人間社会が猫の支配下に入ったのは、5300-5600年ほど前らしい
大規模農耕を始めた人間たち(農村)を猫が征服して支配下に置く流れは同じだったとか

中国のヤマネコ(リビアヤマネコと同系統のハイイロネコ)は家猫とも混血するから、後に入ってきたリビアヤマネコ起源の家猫と一緒に今の家猫の先祖になったのかも




36: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:35:30.09 ID:51gacIW30
そもそも地球の支配者が猫だと言う事を知らない奴多過ぎだろ。




38: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:39:06.42 ID:odQKwNcR0
>>36
全てはNNNの掌の上に




37: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:38:52.22 ID:gqUfacMZ0
>地中海の島国キプロスにある紀元前7500年の子どもの墓で発見されたネコの骨

>リビアヤマネコは紀元前4400年頃に「最初の農耕民が欧州に移住し始めた時期に広まり始めた」
は矛盾してないか?キプロスの猫は別の猫なのかな




39: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:40:22.33 ID:77vY9f4/0
研究論文?
平和だぬ




45: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:43:48.50 ID:QNKy0WEH0
人間が勝手に飼いネコだの野良ネコって区別してるだけで、ネコにとっちゃ家の中も外も関係ない。大自然の中で暮らしてることに変わりはない。




46: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:47:00.27 ID:odQKwNcR0
>>45
飼い猫=下僕付き
野良猫=下僕なし
かなり違う




54: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:51:37.45 ID:3tfqbnN40
>>45
飼い猫と野良猫は本質的に同じ(どちらも人間の家臣団を持つ王族)だね
ただ、完全に野生化した野猫(家臣を持たず自活する)は、ヤマネコと同質の単独領主




49: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:49:31.46 ID:gqUfacMZ0
江戸時代は鼠を良く捕る猫は引く手あまただった
でも借りてくるとおびえて固まってしまう猫もいたようだ
借りてきた猫のようということわざの由来




59: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:53:19.73 ID:FxS5FVdG0
猫耳娘の起源はエジプトまで遡る
ttp://www.exceedentertainment.co.jp/auction1/egyp7.jpg




78: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 20:03:35.98 ID:cijVfxN60
>>59
エロい




87: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 20:13:24.73 ID:boqXDnjr0
>>59
イけるやん




81: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 20:05:31.76 ID:T5CEFshf0
>石器時代の農耕民を魅了していた

野生の縞模様の時点ですでに超かわEもんな
農耕を始めた村々で「ネズミを駆逐する凶暴な肉食獣」として導入されるも
三日後には愛玩動物になったであろうことは容易に想像できる




9: どてらを着た名無し 2017/06/20(火) 19:19:03.08 ID:1rbnEv7m0
要するに人間ってちょっとも進歩してないんだな。




引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497953530/