2016年04月

    edtoha
    1: ニライカナイφ ★ 2016/04/30(土) 20:22:30.20 ID:CAP_USER*.net
    ◆学歴が自殺リスクに関係―国がん調査

    ◇中卒に比べ大卒でリスク半減

    国内の40~59歳の男女約5万人の調査から、学歴が低い人に比べ高い人では自殺リスクが低いことが分かった。
    男性では中卒者に比べ大卒者で、女性では中卒者に比べ高卒者で自殺リスクが約5割低かったという。
    国立がん研究センターなどの研究グループが4月9日発行の日本疫学会誌「Journal of Epidemiology」( 電子版 )に報告した。

    ◇40代女性では中卒者に比べ高卒者でリスク8割減

    調査対象は、さまざまな生活習慣とがんや脳卒中などの病気との関係について調べるために実施されている「多目的コホート研究(JPHC研究)」の参加者のうち、1990年のアンケート調査で最終学歴について回答があった岩手県、秋田県、長野県、沖縄県の男女4万6,156人。
    同年以降、平均で22年間追跡調査した結果、最終学歴が中卒の男性に比べ、大卒またはそれ以上の男性では自殺リスクが53%低いことが分かったという。
    また、女性でも中卒者に比べ高卒者では同リスクが低く、特に1990年時に40歳代だった女性では中卒者に比べ高卒者で自殺リスクが約8割低いことが示された。

    研究グループによると、以前から欧米では学歴が低い人で高い人に比べ自殺リスクが高いとの報告があり、今回、わが国でも同様の関係が認められたことになる。
    同グループは「学歴は社会経済的状況の主要な指標の1つ。
    学歴と健康について検討することは、健康増進の観点からも必要な教育環境の整備を考える上でも重要」と説明。
    「今後も学歴を含む社会経済要因と自殺のリスクとの関連について、さらに検討していく必要がある」としている。

    ヨミドクター(読売新聞) 2016年4月27日
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160426-OYTET50016/




    【【調査】学歴社会厳しすぎワロタwwwワロタ・・・】の続きを読む

    38805ab62bdde7633edb65f0edcda5f0-720x340
    1: オムコシ ★ 2016/04/29(金) 15:16:04.64 ID:CAP_USER.net
    マイナビ学生の窓口

    30分番組という日本のTVアニメの形を作った『鉄腕アトム』が登場したのが1963年のこと。以来TVアニメは営々と作られ続けています。現在まで大量のアニメ作品があるわけですが、その中には「ええっ!」と思うような終わり方をしたものも。今回は、そんな「すんごい終わり方だったアニメ」をピックアップしてご紹介します。
    ※以下の記事には物語の展開を示唆するネタバレな記述があります。ご了解の上お読みください。

    ●『新世紀エヴァンゲリオン』 これでおしまい!?

    今さら説明するまでもないアニメ史に残る傑作で、今も新劇場版が作られ続けています。本作のTVシリーズの最終話はまさに伝説といえるでしょう。最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」では、それまでの展開の続きについての直接の描写はなく、主人公・碇シンジの内省描写がひたすら続きます。それが終わると、シンジ君が作中のキャラクターたちから祝福の拍手を浴び、「父に、ありがとう」「母に、さようなら」「そして、全ての子供達(チルドレン)に」「おめでとう」とテロップが出ておしまい。視聴者に衝撃を与えたすんごい終わり方でした。

    ●『伝説巨神イデオン』 突然みんないなくなった!

    富野由悠季監督が『機動戦士ガンダム』の次に手掛けたロボットアニメです。全43話の予定が、途中で打ち切りが決まり全39話となりました。そのため最終話では、それまでの展開をぶった切って、突然「その瞬間であった、イデの発動が起こったのは」というナレーションと共に、全ての登場人物が宇宙の果て(因果地平)に飛び去っておしまい。何がどうなったのか分からないすんごい終わり方でした。この落とし前は映画版でつけられました。

    ●『超攻速ガルビオン』 ラスト30秒でおしまいまでを説明!

    『銀河旋風ブライガー』などで知られる国際映画社が制作を担当したロボットアニメです。スポンサーだったおもちゃメーカーのタカトクトイスが放送途中で倒産したため、急きょ22話での終了が決まりました。突然の打ち切りだったため、最終話となった22話をやり直す時間がなく、22話のラスト30秒でこの先どうなるはずだったかをナレーションと止め絵で入れ、おしまい。こちらもアニメ史に残るすんごい終わり方です。

    ●『School Days』 主人公が! 放送中止事件も!
    オーバーフロー制作の同名ゲームをアニメ化した作品で、榊野学園高等学校へ通う伊藤誠を主人公に、ヒロイン2人(桂言葉と西園寺世界)との恋愛関係が描かれます。全12話と短い作品ですが、その最終話「スクールデイズ」では主人公が○○されるという衝撃的なラストでした。最終話放送前に京都府で殺人事件が起こったため、その放送が延期・中止されるという事態となりました。このようなシチュエーションも含めてすんごい終わり方だったといえるでしょう。

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/36158/outline

    *続く

    【【ネタバレ注意】これで終わり!? 驚きの結末を迎えたアニメ7選】の続きを読む

    mig
    1: かばほ~るφ ★ 2016/04/27(水) 10:34:41.29 ID:CAP_USER*.net
    柴犬・文太くんお手柄 女性のピンチ救う
    2016年4月26日 23:43

    警察犬も顔負けのお手柄だ。26日の朝早く、鳥取県八頭町の水路で高齢の女性が
    動けなくなっているのが見つかったが、女性を救ったのは可愛らしい柴犬だった。

    柴犬・文太くん(オス・3)は、26日朝の散歩中、いつもとは違う方向に進み、
    水路に向かってほえ始めたという。

    文太くんの飼い主・澤田純一さん(76)「この辺からキャンキャンワンワンいうから、
    何があったのかなと思ってのぞいたら、おばさんがここに倒れていた」

    文太くんの視線の先に80代の女性を発見。2メートル下の水路で動けなくなっていたのだ。

    文太くんのお手柄で、女性は救助され病院に搬送。軽いケガですんだという。

    日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2016/04/26/07328735.html
    http://www.news24.jp/images/photo/2016/04/26/20160426-232529-1-0001_l.jpg
    (ソースに動画あり)

    【人助けしたったおwww】の続きを読む

    このページのトップヘ