2016年05月

    2e586_80_0ddb6ab0_aea61095
    1: 筑前鐵太郎 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/14(土) 14:04:07.81 ID:CAP_USER*
    2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡り、当時、招致委員会の理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が約2億3000万円をシンガポールのコンサルタント会社に送金したことを明らかにしたうえで「正当な招致活動で支払われた」と説明した。
    この内容は国際オリンピック委員会(IOC)にも報告しており、IOCが捜査に協力しているフランス検察当局が判断することになる。

     竹田会長は国内の監査法人の監査を受けた上での支払いで、契約書も存在していることを明らかにした。招致委員会は11年9月に発足して、14年1月に解散した。会長は当時の都知事だった石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏が務めた。
    活動報告書によると、開催都市の東京都、寄付金、協賛金などを合わせた招致活動経費は約89億円。コンサルタント料はここから支出されたという。
    20年夏季五輪招致はマドリード、イスタンブール、東京都の3都市の争いで、13年9月のIOC総会の決選投票で東京が60票を集めて36票のイスタンブールを降した。
    招致では東京も海外の複数のコンサルタント会社と契約して、招致演説の内容、ロビー活動など多岐にわたり助言を受けていた。竹田会長はシンガポールの会社との契約について「ここだけ特別に高額だというわけではなかった」と説明。少数激戦を勝ち抜くために「必要な額だった」と話した。
    今回の疑惑は仏検察当局がロシア選手のドーピング違反のもみ消しに絡んだ汚職の疑いがある国際陸連前会長のラミン・ディアク氏の捜査の過程で浮上した。
    シンガポールの会社「ブラックタイディング」代表のイアン・タン氏はディアク氏の息子、パパマサッタ氏と関係が近いとされる。ディアク氏は当時、東京が招致を勝ち取ったキーマンの一人だった。
    竹田会長は「そんなことがあり得るとは考えたことない」と否定したが、コンサルタント料がディアク氏に流れたかが焦点になりそうだ。【田原和宏】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000112-mai-spo
    【【五輪招致】コンサルタント会社への2億3千万円の送金は少数激戦を勝ち抜くために「必要な額だった」竹田JOC会長強調】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: 記憶たどり。 ★ 2016/05/13(金) 22:57:06.34 ID:CAP_USER*
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160513-00000063-nnn-soci

    東京都の舛添知事が家族旅行の宿泊費を政治資金で支払っていた
    疑いが持たれていた問題で、13日午後、会見を行った。舛添知事は
    家族旅行を認めた一方で、「ホテルで会議もしていたから政治活動だ」
    と説明した。

    舛添知事「ご迷惑、ご心配をおかけし、大変不愉快な思いをさせたことを
    心からおわび申し上げます。私の不徳の致すところで、深く反省しまして
    二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません」
    「非常に政治的機微に関わる話ですから、会議室をとってやるようなことで
    はなくて、(ホテルの部屋が)大きな部屋ですから、そこで1時間だったか
    2時間だったか終日だったかよく記憶してませんけど、政治の会議を
    やったんだと、知事に立候補するために」

    舛添知事は、都知事就任前の2度の正月に、千葉県内のホテルを利用した
    費用合わせて約37万円を「会議費」の名目で政治資金で支払っていたが、
    13日の会見で家族4人の旅行で使ったホテルの宿泊費であることを認めた
    一方で、「部屋に関係者を呼んで都知事選に関する重要な会議を行った。
    家族の分も含め政治活動だと認識している」と説明した。会議に参加した
    人物や人数は「答えられない」としている。

    一方で「誤解を招いた」として収支報告書を訂正し返金する意向を示した。
    舛添知事はその上で、「反省して、職務を全うすることで責任を果たす」として、
    辞任しないとしている。.
    【【超理論】舛添知事「家族一緒のホテルでも会議してりゃ政治活動」 】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: 曙光 ★ 2016/05/11(水) 20:01:34.95 ID:CAP_USER*
    公用車での別荘通い&高額の海外出張費が批判されている東京都の舛添要一知事に、新たな「政治とカネ」の問題が浮上した。
    11日に発売された「週刊文春」が、家族旅行や私的な飲食費に、政治資金が使われた「公私混同」の疑いがあると報じている。



    一方、都内の自宅近くの高級天ぷら店やイタリア料理店、神奈川・湯河原の別荘近くの回転すし店でも「飲食代」で、
    1回につき1万数千円~5万6000円を支出。
    同誌は「いつも家族と一緒にコースを頼んでいる」「毎回必ず領収書をもらっている」など、天ぷら店常連客の話を掲載。

    趣味の美術品に関し、他の政治団体を含む報告書全体の支出が、900万円以上とも指摘された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000073-nksports-pol
    【舛添銭ゲバすぎワロタwwwワロタ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ