2016年06月

    o0700036812208346492
    1: どてらを着た名無し 2016/06/30(木) 09:36:18.92 ID:61aK1wD50 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典
    奥田愛基@7月10日参院選挙@aki21st 15:23 - 2016年6月29日
    選挙事務所に行こう。って動画とか、キャンペーンどうかな。
    https://twitter.com/aki21st/status/748039096430370816

    奥田愛基@7月10日参院選挙@aki21st 15:25 - 2016年6月29日
    それか毎日夜9時に #今回ばかりは野党に投票 #3分の2を取らせない とか呟いて、トレンド入れるとか。

    なんかネットでも現実でもできるムーブメントを作りたい。あと11日しかない。
    https://twitter.com/aki21st/status/748039691950297089

    奥田愛基@7月10日参院選挙 ?@aki21st 16:15 - 2016年6月29日
    毎日夜9時に #今回ばかりは野党に投票 #3分の2を取らせない #7月10日参議院選挙 を
    トレンド入れる作戦のフライヤー作れるひといないですかね。。。。
    なんかネットでも現実でもできるムーブメントを作りたです。あと11日しかないし!!
    https://twitter.com/aki21st/status/748052169471967233

    奥田愛基@7月10日参院選挙 @aki21st 20:32 - 2016年6月29日
    できた!
    https://pbs.twimg.com/media/CmHYR2-UkAAYHXA.jpg
    https://twitter.com/aki21st/status/748116823049023488

    シンタヤベ@7月10日は参院選 @257antonio 21:01 - 2016年6月29日
    【トレンドに押し上げろ↓↓!!】

    #7月10日参議院選挙
    #今回ばかりは野党に投票
    #3分の2を取らせない
    https://twitter.com/257antonio/status/748124227622998018

    【【平常運転】SEALDs 迷走に磨きがかかる】の続きを読む

    20130212213144
    1: どてらを着た名無し 2016/06/30(木) 00:25:12.02 ID:CAP_USER
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201606/20160629-06550654.jpg
    写真は朴槿恵大統領。

    2016年6月29日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が小学校を訪問した際に子どもたちにかけた言葉が「不適切だ」として物議を醸している。韓国・オーマイニュースなどが伝えた。

    朴大統領は23日、ソウル市内の小学校を訪問し、放課後に児童の世話をする特別クラスの活動に参加した。大統領が児童らと共にスイカをモチーフにしたかばんを作る様子はテレビなどでも放送されたが、これを見た視聴者などから批判の声が上がっている。

    ある女児は大統領に「このかばんは誰にあげるつもり?」と問われ、「ママ」と答えたのだが、これに対し大統領は「ママが喜ぶかしら?これ(かばん)はずいぶん小さいし…」と冷たい反応。
    また、別の児童の作品を指さし、「これはスイカの種には見えないわね」と酷評した。その後、大統領は自分の作品を見ながら「イマイチね。一番イマイチだわ」ときまり悪そうに言ってはみたが、もう子どもたちの顔から笑いは消えていたという。

    オーマイニュースはこれについて「大統領が童心を破壊した。海外の話題に取り上げられてもおかしくない事態」と報じ、ネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

    「これは大統領に子どもがいないからではない。基本的に他人に対する思いやりがないんだ」
    「基本からしてなってない」
    「傍若無人、独り善がり、独断、社会性の欠如、愛情の欠如、無能、無知、無責任…それが朴大統領!」

    「庶民生活の体験すらしたことがないからね」
    「子どもを育てたことがないから分からないのか。こんな人が大統領で、韓国は悲惨だよ」
    「自分の発言が人を傷つけるとは夢にも思ってないんだろう。逆に自分を悪く言った人のことは絶対に忘れないみたいだけどね」

    「なんだか切ない。国が滅びないことが不思議なばかりだ」
    「青瓦台(韓国大統領府)のお姫様に何が分かる?」
    「無能な上に人間味もないなんて、国民は心底がっかりだよ」
    「創造経済の代わりに残酷な童話を創造したね!」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a143403.html

    関連スレ
    【韓国】朴大統領の“南ベトナム崩壊”発言が物議、外交摩擦を懸念する声=「朴大統領の発言や行動は国の発展の障害になっている」[6/28]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467099789/

    【【悲報】朴槿恵大統領 小学校訪問で子ども相手に鬼畜無双www】の続きを読む

    ihqcX
    1: どてらを着た名無し 2016/06/29(水) 05:51:35.34 ID:CAP_USER9
    5月14日パーティー
    http://www.data-max.co.jp/dmx/wp-content/uploads/2016/06/te.jpg
    6月4日ワンネスクラブ
    http://www.data-max.co.jp/dmx/wp-content/uploads/2016/06/te2.jpg

     手をかざすだけで病が治る―いわゆる「マインドパワー」を取得できるとして、会員から巨額のセミナー代を徴収し、脱税で摘発されたアースハート(福岡県篠栗町)。その事業を継承した一般社団法人セントマザー(福岡市東区蒲田)が、福岡市からの再三にわたる行政指導を無視し、暴走を続けている。

    動き出した暴走集団

     セントマザーが登記上の所在地としている建物があるのは、市街化調整区域の中。都市計画法の適用を受け、施設建設にあたっては、市の許可が必要となる。その際、一定の条件が付けられるのだが、セントマザーが本拠にしている建物は、「老人ホーム」「医療施設」の目的でしか利用することができないことになっている。

     しかし、同団体は2014年の設立直後にアースハートの事業を約3億円で継承。金銭のやり取りが絡む「セミナー」や、マインドパワーを持つ会員だけが加入する『つくしの会』の行事(有志会)のために建物を使用し、都市計画法に抵触する行為だとして再三福岡市の指導を受けていた。NetIB-Newsも、昨年1月と2月の有志会の開催状況を取材。建物の違法な使用実態を報じていた。

     鳴りを潜めていたセントマザーが動き始めたのは今年の5月。14日に会員限定の「パーティー」を開催し、バスやタクシーで現地入りした数百名にのぼる会員を集めていた。大阪など、九州県外からのグループ参加もあったことが確認されている。

     次いで6月4日、同団体の中でも活動に“熱心”な会員だけが集まる「ワンネスクラブ」の集会が実施され100名近いメンバーがタクシーや自家用車で参集。いずれの集会も、違法な建物使用だったと見られ、一連の実態を把握した市住宅都市局監察指導課も、今回改めて指導を行ったとしている。

     セントマザーの前身である「アースハート」を巡っては、2013年1月、アースハートの元社長で実質的な指導者とされる野中邦子氏ら3人が、法人税法違反(脱税)で福岡地検特別刑事部に逮捕・起訴され有罪判決を受けているほか、2011年には、同社に会費を騙し取られたとする元会員らを救済するため結成された被害対策弁護団の尽力によって損害賠償訴訟が提起され、最高裁まで争われた第一陣訴訟は原告側勝訴。第二陣訴訟もアースハート側が原告側の主張を受け入れる形で和解が成立し、第一陣分と合わせ総額約2億7,500万円余りが被害者側に支払われている。

     市側による再三の指導は、完全に無視された格好。医療や福祉の目的で建設された施設の違法利用が続くことで新たな被害を生む可能性が高まるのは事実で、関係者の間からは暴走を止められない市側の責任を問う声も上がっている。

    http://www.data-max.co.jp/280628_dm1857_2/

    【福岡県のインチキカルト集団の止まらぬ暴走 市からの指導を再三無視】の続きを読む

    20131111071748404
    1: どてらを着た名無し 2016/06/29(水) 18:30:52.43 ID:CAP_USER9
    「自衛隊を解消した上で日本をどうやって守るのか」という疑問への答えは結局、現在の日本共産党綱領や党幹部の発言から見つけることはできない。
    そこでヒントになりそうなのが1994年7月の第20回党大会で採択された決議だ。

     決議では、憲法9条について《平和理念の具体化として、国際的にも先駆的な意義をもっている》と当然のように評価する一方で、
    現行憲法制定時の日本共産党が「日本人民共和国憲法草案」とする「対案」までつくり、唯一憲法9条に反対したことには一切触れていない。
    相変わらずのご都合主義だが、この決議には、実は重要な文言が含まれている。

     《わが国が独立・中立の道をすすみだしたさいの日本の安全保障は、中立日本の主権の侵害を許さない政府の確固とした姿勢と、それをささえる国民的団結を基礎に、
    急迫不正の主権侵害にたいしては、警察力や自主的自警組織など憲法9条と矛盾しない自衛措置をとることが基本である》

     つまり、「自主的自警組織」の設置に明確に触れているのである。これがなぜ、「憲法9条と矛盾しない」かの答えは書いていない。

     さらに、97年9月の第21回党大会での決議では、「国民の合意の成熟」による将来的な自衛隊解消を目指す方針を示す一方で、次のようにも述べている。

     《独立・中立を宣言し、諸外国とほんとうの友好関係をむすび、国民的団結によって主権を確保している日本には、どの国からであれ侵略の口実とされる問題はない。
    わが国が恒常的戦力によらないで安全保障をはかることが可能な時代に、私たちは生きているのである》

    この2つの決議から導かれる結論は、自衛隊という「恒常的な戦力」は保持しないものの、日本に対する急迫不正の主権侵害があった場合には、自衛のための「自警団」のような「国民の蜂起」と警察力で対応するということらしい。
    まるで米軍爆撃機に対し「竹やり」で対抗することを国民に求めたような発想だ。

     しかも、「中立日本」と言っているのだから、この時点で当然、日米安保条約は廃棄されており、米軍による日本の防衛もあり得ない。
    日本は完全に無防備なまま、「臨時的」に結成される自警団と警察だけで安全保障を考えなければならないのだ。

     さらに、共産党の記録をさかのぼると、73年11月の第12回党大会で決定した「民主連合政府綱領についての日本共産党の提案」でも
    《急迫不正の侵略にたいして、国民の自発的抵抗はもちろん、政府が国民を結集し、あるいは警察力を動員するなどして、侵略をうちやぶることも、自衛権の発動として当然》と述べている。

     当時は、《独立した国家が一定の期間軍隊をもたず国の安全保障を確保しようとするのは、たしかに一つの矛盾》とも認めており、
    《わが党は、将来は、独立・中立の日本をまもるための最小限の自衛措置をとるべきことをあきらかにしています》とも明確に書いている。

    つづく

    http://www.sankei.com/premium/news/160627/prm1606270012-n1.html

    【自衛隊は違憲だと言いつつ、実は「共産党軍」創設を目論んでいた?! 恐るべき革命政党の本性】の続きを読む

    zeikin_baramaki
    1: どてらを着た名無し 2016/06/28(火) 15:14:04.54 ID:CAP_USER
    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201606/0009226230.shtml

    低所得の高齢者へ国が1人3万円を配る「臨時福祉給付金」の支給が兵庫県内の市町でも進んでいる。
    対象は全国約1130万人、県内で約54万人になるとされる。安倍政権の経済政策「アベノミクス」が掲げ
    る賃金引き上げの波及効果が届きにくい65歳以上の支援が名目だが、国が要請する支給時期は参院選と“一致”。
    有権者からは「選挙に向けた点数稼ぎでは」といぶかる声も上がる。

     「平成28(2016)年前半の個人消費の下支えができるよう、可能な限り速やかに開始するもの」
     1月下旬、同給付金の事業費と事務費計3624億円を盛り込んだ国の補正予算が成立すると、
    神戸市に厚生労働省から書類が届いた。同給付金制度の概要のほか、6月末までの支給を求める内容が記されており、
    担当者は「参院選前の政治的な動きかな、と感じた」と明かす。
     給付の対象は、住民税が非課税の65歳以上(来年3月末時点)。同市では高齢者の約4割にあたる約15万人になる。
    支給のピーク真っただ中で、担当者は「要請のあった今月末までにできるだけ多く支給したい」とする。

     姫路市は対象の約5万5千人のうち、約95%の申し込みを受け付けた。「支給額も大きく市民の関心は高い」と担当者。
    西宮、尼崎市も対象の約9割が申請を済ませたという。

     一方、有権者の受け止めはさまざまだ。
     「3万円は日常生活に回るだろう」。神戸市灘区の男性(83)は1人暮らし。月の収入は国民年金の約7万円だけで、
    貯蓄を切り崩して生活する。「給付金があってもぜいたくなんてできない」と声を落とす。
     夫婦で計6万円を受ける相生市那波野の自営業男性(65)は「支給はありがたい」とする半面、違和感を口にする。
    「消費税増税を延期し、国の財源は限られる。公共交通機関の充実や害獣への対策など、生活に密接した部分にお金を投じるべきではないのか」
     13年の前回参院選の投票率は52・61%。総務省によると、65~69歳が69・98%、70~74歳が70・94%で、若い世代よりも高かった。
     「選挙前のばらまきにしか思えない」。育児女性を支援するNPO法人「神戸ベイビーカフェ」(神戸市灘区)の榎本紘子理事長(37)の口調は厳しい。
    歳と4歳の2人を育てる母として「財源を保育士の確保や待遇改善に回せなかったのか」と語気を強めた。(田中宏樹)

     【評価できる点ない】関西学院大経済学部・上村敏之教授(財政学)の話 評価できる点がほとんどない施策という印象。
    選挙前に投票率が高い高齢者を狙い撃ちにしたと指摘されても仕方がない。消費を下支えし、
    消費税増税に備えるという目的も、増税延期で成り立たなくなった。地方自治体の職員数が減る中、
    作業量を増やすことにもつながり、国が地方の事情をどこまで考えているのかも疑問に感じる。

    【【乞食速報】生きているだけで三万円もらえる町 お前ら急げ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ