2016年08月

    13397690_523595957834000_2005803629_n
    1: どてらを着た名無し 2016/08/28(日) 22:23:28.72 ID:CAP_USER9
     NHKのEテレの情報バラエティー番組「バリバラ」で28日夜、「検証!『障害者×感動』の方程式」と題した生放送があった。
    「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現した。
    同時間帯は日本テレビ系で障害者の姿を伝えるチャリティー番組「24時間テレビ」が放送中。「感動は差別だ」との障害者の声を伝えた。

     番組では、自身も障害者で「感動ポルノ」の言葉で問題提起した豪州のジャーナリスト兼コメディアン、
    故ステラ・ヤングさんの「障害は体や病気よりも、私たちを特別視してモノ扱いする社会の方」との発言を紹介した。

     出演者の一人で難病の大橋グレース愛喜恵さんを主人公にした模擬ドキュメンタリーも流した。
    生活の大変さや障害者になった衝撃、明るく前向きな姿を強調。本人の実感や意思を無視して「感動ポルノ」に仕立てられるさまを示した。

     「障害者の感動的な番組をどう思うか?」と健常者と障害者100人ずつに聞いた調査では、「好き」は健常者は45人に対し、障害者は10人。
    健常者の好きの理由は「勇気がもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」など、障害者は「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」だった。
    英BBCが障害者を英雄や被害者として描くことが侮辱につながるとしたガイドラインを20年前に策定したことも紹介した。

     出演した脳性まひの玉木幸則さんは番組内で「(障害者と健常者が)同じ人間として怒ったり笑ったり、思いを重ねることがホンマの感動。
    一方的な感動の押しつけは差別だ」と話した。

     「バリバラ」は「バリアフリー・バラエティー」の略。2012年に始まり、障害者の性や結婚、高齢化などを当事者らが本音で語る場を提供してきた。
    「笑い」の要素も大きく、障害をネタにする当事者も出場する、お笑いコンテスト「SHOW-1グランプリ」も開催。
    今春からは障害者のほか性的マイノリティーなどに対象を広げ、生きづらさを抱える当事者の声を伝えている。【鈴木英生】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00000069-mai-soci

    【NHK「障害者を感動話に」方程式批判 「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現】の続きを読む

    hokuto_rei20150224
    1: どてらを着た名無し 2016/08/29(月) 01:15:48.14 ID:CAP_USER9
    ザックリ

    宴会で複数の新聞社中堅幹部社員が「愛人になれ」命令で一時雇用看護婦(40歳)に長時間ペッテング。
    セクハラ相談窓口に訴えたが、謝罪で済まされ、一緒の職場のままが続き、自殺。その社員はさらに出世で、隠蔽。
    遺族は訴訟を起こし、謝罪文あるのに、会社はセクハラの事実なしで争う姿勢。これ新聞社でだからすごい。

    詳しくは長文のリンク先



    道新「セクハラ自殺」問題が法廷の場へ 問われる人権への姿勢

    THE PAGE 2016.08.26 17:10
    https://thepage.jp/detail/20160826-00000005-wordleaf

     人権尊重を日ごろ紙面で訴える新聞社の姿勢とは真逆の実態が、
    法廷の場で質されようとしている ── 。
    北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だったM子さん=当時40=が昨年2月、
    男性社員2人から忘年会の席で受けたセクハラによって自殺に追い込まれたとして、
    遺族が同社と社員2人に約8600万円の損害賠償を求める訴訟を22日、
    函館地裁に起こしたのだ。問題の忘年会に参加したのは計7人。
    セクハラ疑惑の場に同席した当時の函館支社長は今年6月に取締役への昇格を果たしており、
    M子さんの死に絡む不祥事にフタをした形になっているようだ。

    【【胸糞】北海道新聞で「セクハラ自殺」問題が法廷の場へ 宴会で嘱託看護師に複数中堅社員がペッティングし自殺に追い込む その後昇進】の続きを読む

    IMG_5995-20831
    1: どてらを着た名無し 2016/08/28(日) 10:44:57.29 ID:CAP_USER9
    ハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相は27日、現在進められているEUとトルコの交渉が決裂した場合には、スロバキアおよびクロアチアとの間に設置しているフェンスをより強固で容易には潜り抜けられないものとする計画を進めていることを明らかにした。

    現在、スロバキアとクロアチアとの国境には不法移民流入防止のための金網によるフェンスが構築されているが、このフェンスは棒などがあれば簡単に潜り抜けることが可能なため、西欧諸国への定住を希望する大量のシリア難民が流入を続けていることが国内での政治問題となっていた。

    ヴィクトル首相は同日行った会見において、新しいフェンスはより強固なもので、尚且つ、迅速に構築できるものでなければならいと述べ、トルコとの交渉が決裂して、フェンス構築が決まった場合には、できるだけ迅速に既存のフェンスを新しいものへと置き換える方針を示した。

    ヴィクトル首相は先月には、「難民は有毒であり、無用の存在」と述べて物議を醸していた。

    ヴィクトル首相は今回、行われた会見では、「入国した難民は強制的に帰還されることになる」とも述べ、どちらにせよハンガリーへの入国は認めないと述べた。

    ヴィクトル首相が争点として言及した現在進められているEUとトルコの交渉は、トルコがシリア難民流入のための防波堤としての役割を果たす代わりにEUは経済的な便宜を図ることを決めた、既存の協定の継続に関わるものとなる。これまで、EUとトルコの関係は良好な状態が続いてきたが、今年の7月にトルコで起きたクーデター未遂事件を受けて、トルコのエルドアン大統領が反政府勢力の弾圧や、クーデターに参加した反乱勢力に対しては死刑を復活させてた上で、厳罰に処すとの方針下したことから、EUとの間で緊張関係を募らせていた。

    トルコのエルドアン大統領は、EUの批判には応じる用意はないことを表明しており、EUがトルコ批判を継続させる場合には、EUとの間に結んでいる難民協定を破棄するとの方針も示している。

    トルコがシリア難民の防波堤の役目を放棄した場合、大量のシリア難民がトルコを素通りしてEU諸国に流入してくる恐れもあり、仮にそのような事態が発生した場合には、EU諸国はかつてない、政治的な大混乱に陥る可能性も生じている。

    http://business.newsln.jp/biztech/images2/201608272327570000w.jpg
    http://business.newsln.jp/news/201608272327570000.html

    【【悲報】ハンガリー首相 遠慮がなくなるwwwwwwwww】の続きを読む

    c61e2d5095ad48ac7b38f4257fec778bbb1b4e161467983285-s
    1: どてらを着た名無し 2016/08/28(日) 13:50:48.87 ID:6aZIwjWa0 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典
    シールズ行動「誰でもできる」 奥田愛基さん 金沢で講演

    SEALDs解散や自身の生い立ちなどについて話す奥田愛基さん=26日、金沢市内で
    http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/images/PK2016082702100115_size0.jpg

     安全保障関連法に反対しラップ調のデモなど新しい運動スタイルで注目され、
    十五日に解散した学生グループSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、
    シールズ)の創設メンバー、奥田愛基(あき)さんのトークイベントが二十六日、金沢市の
    ITビジネスプラザ武蔵で開かれた。奥田さんは「誰でも何かをしようとすればできる」と
    活動を振り返った。(日下部弘太)

     父がホームレスの人たちを支援し「朝起きたら知らないおじさんがいる」家庭で育った
    ことや、路上で亡くなる人もいて「この社会はこれでいいのかと思うこともあった」と
    語った。中学ではいじめで家に引きこもり、絶望の中で沖縄の島で暮らした経験も紹介した。

     シールズ結成から四カ月で国会前デモに十二万人(主催者発表)を集めたが、
    「過大評価されている。僕らはみんなが立てる場をつくったにすぎない」「全く無名の
    ところから何かをやっていくのが大事だ」と強調。解散もシールズという団体が目的では
    ないことを示すためだったと明かし、「何回も終わって、何回もまた始まっていく」と運動の
    ビジョンにも触れた。イベントは市民有志の実行委が企画。八十人が参加した。

    http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016082702100019.html

    【SPPECH奥田「僕らはどうも世間から過大評価されている」】の続きを読む

    img_15_m
    1: どてらを着た名無し 2016/08/28(日) 14:09:40.97 ID:CAP_USER9
    東京・足立区竹の塚で昨夜(25日)、女子学生が自宅に向かって歩いていたところ、
    背後から不審な男が威嚇しながら近づいてくるトラブルがあった。女子学生にケガはなかった。

     警視庁竹の塚警察署によると、25日午後10時半ごろ、足立区保木間1丁目周辺を歩いていた
    女子学生が、背後から両手を上げて「ウォー!!!」と叫びながら近づいてきた男に遭遇した。


     不審な男は年齢が30?40代で、身長165センチ前後、身なりは上下とも黒っぽい服を着ていて、
    髪はボサボサに乱れて、丸顔に銀縁をかけていたという。

     女子学生は男を振り切って急いで帰宅し、110番通報した。

     現場は、東京スカイツリーライン「竹の塚駅」から1キロほど離れた都営アパートが立ち並ぶ住宅街で、
    警察は若い女性を狙ったいたずら目的の可能性も高いとして、パトロールを強化している。

    ソース ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/6/16451.html
    画像 「ウォー!」と叫びながら近づく変質者が竹の塚に出没(イラストはイメージ/編集部)
    http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/6/4/16451/IMG_2910.JPG


     

    【東京都 漫☆画太郎の漫画に出てきそうな変質者が竹の塚に出没】の続きを読む

    このページのトップヘ