2016年08月

    gatarou_itsumono
    1: どてらを着た名無し 2016/08/27(土) 18:44:05.81 ID:CAP_USER9
    米ケンタッキー州のマクドナルドを訪れたお客2人が、自分達が注文したハンバーガーの中にウジ虫のようなものを見つけたと伝えた。AP通信が伝えた。

    メイフィールドに住むマディソン・スティーヴンスさんによれば、前の日曜日、地元のマクドナルドで自分と一歳の息子のためにハンバーグを注文し、食べようとしたところ、ハンバーガーからウジ虫のようなものが落ちた、とのことだ。

    スチーヴンスさんは、この事実をマクドナルド側に伝えたが、同社から10ドル分の金券が送られてきたという。

    また同じくケンタッキー州のドラッフエンヴィルに住むレイシー・ジョー・ラヴェットも、火曜日、買い求めたハンバーガーの中にウジ虫のようなものを見つけた。

    マクドナルドのスポークスマン、マイケル・ラフ氏は「会社は今回の出来事を調査中であり、問題解決のため必要なあらゆる措置を講じるだろう」と述べた。

    先に伝えられたところによると、マクドナルドは、あるセットを購入時に無料で配布されている子供用プラスチックブレスレット3000万個以上が、皮膚に害を及ぼす可能性があるとしてリコールした。

    スプートニク
    http://jp.sputniknews.com/incidents/20160827/2698157.html

    【【悲報】マクドナルドのお客 ハンバーガーの中に○○発見wwwwwwww】の続きを読む

    4e5ec002-s
    1: どてらを着た名無し 2016/08/27(土) 14:14:22.59 ID:GWZXZYlp0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    共謀罪 名称変え提出検討
    テロを口実 法案策定
    対象・要件 解釈次第で拡大

     実際の犯罪行為がなくても相談し合意しただけで犯罪とされる共謀罪について、政府は、名前を変えた新たな法改定案を策定したことが26日までに分かりました。
    2020年の東京五輪や「テロ対策」を口実としたもので、9月召集の臨時国会への提出を検討しているとみられます。
    国民の強い反対で過去に3回も廃案になった最悪の国民弾圧法を執拗(しつよう)に狙う姿勢に強い批判と懸念の声があがっています。

     今回まとめられた政府案は、組織犯罪処罰法を改訂し、そのなかに盛り込まれた共謀罪の罪名に「テロ」を冠して「テロ等組織犯罪準備罪」と名前を変更。「テロ対策」が目的であることを強調しています。

     過去に廃案となった法案では、適用対象を「団体」としており、労働組合や市民団体に適用される恐れがあると批判されました。それを意識して今回は「組織的犯罪集団」が対象と変更しています。

     また、「相づちを打っただけで犯罪になる」といった懸念を打ち消すため、犯罪の計画に資金の提供などの具体的な「準備行為」を行うことを犯罪の構成要件に加えました。

     しかし、「組織的犯罪集団」や「準備行為」といった言葉の定義は極めてあいまいです。捜査当局の解釈次第でいくらでも拡大され、市民への弾圧に悪用される恐れが十分にあります。

     共謀罪が適用される罪は過去に廃案となった法案と同様で「法定刑が4年以上の懲役・禁錮の罪」です。その範囲は、道路交通法や公職選挙法なども含まれ600を超えるとみられます。

     そもそも共謀罪は、犯罪の行為ではなく合意するだけで処罰するというもので、犯罪行為があって初めて罰する現行の刑法原則から大きく逸脱しています。

     共謀罪の捜査も日常的な会話やメールの内容から「合意」を判断することになります。そのため改悪され対象が広げられた盗聴法を根拠に通信傍受などの市民監視もさらに強まります。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-27/2016082701_01_1.html

    【【悲報】共産党 なぜか焦るwwwwwwww】の続きを読む

    ay5IG
    1: どてらを着た名無し 2016/08/27(土) 08:19:21.44 ID:CAP_USER9
    永持裕紀2016年8月27日08時00分
    読み手を務める(左から)西倉館長、堀さん、村田さん=岐阜県飛驒市図書館
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160825003510_comm.jpg

     岐阜県飛驒市図書館(同市古川町本町)で27日、朗読会「官能小説朗読ライブ」が開かれる。
    月替わりで続けている「おとなの時間」企画の一環で、エロチックな描写がある短編小説を、3人の女性が1編ずつ朗読する。

     読み手は西倉幸子館長、図書館司書の堀夏美さん、村田萌さん。「エロチックな感情はだれもが共感できるもの。
    それを作家はどんな風に言葉で表現したか、聞き手の皆さんに楽しんでいただければ」と、企画した堀さんは話す。

     朗読する作品名は「来るまでのお楽しみ」とマル秘だが、すべて同館所蔵のもの。言葉がかき立てる想像力を
    実感してもらうことで、文章表現や本の世界にもっと親しんでもらいたいという思いを込める。

     企画は昨年思いついたが、読み手が見つからなかったため、西倉館長が「私たちでやろう」と決めた。
    「ため息や擬音語なども、恥ずかしがらず、ちゃんと読む」が3人の決意だ。市教育委員会の了承を得ており、都竹淳也市長も聞き手として参加する予定。

     27日午後8時から午後9時半まで。入場無料。(永持裕紀)

    http://www.asahi.com/articles/ASJ8T3TW0J8TOHGB00S.html

    【岐阜県 図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」】の続きを読む

    __-704428
    1: どてらを着た名無し 2016/08/26(金) 18:05:49.38 ID:CAP_USER9
    「自殺したいほどつらいなら学校に行かなくてもいい」、いじめられて不登校などの経験者がこんなメッセージを送っています。

     「学校に行きたくない」
     「そんなふうに思うあなたはおかしくなんかないんだよ」
     「自分が居づらいと感じる場所に無理に居続けなくていいよ」(YouTubeより)

     「学校に行くことは義務じゃない」。先週、インターネットで公開されたメッセージビデオは、こう呼びかけています。

     動画に参加した角田匠さん(17)と木下わか菜さん(19)。学校でいじめを受け、今は、高校ではなく、都内のフリースクールに通っています。

     「避けられたり嫌なことを言われたり。これはいじめられてるとき。私だけ離れてる。いじめられてたから離れられてた」(木下わか菜さん)

     いじめは学年中に広がりました。それでも学校へ行かなければいけないことが苦しかったといいます。

     「行きたくはないけど行かなきゃみたいな、頑張って行ってた。死にたくなっちゃうのはわかる。いじめられるとつらいし、必要ない存在と認識されてるし」(木下わか菜さん)
     「とにかく、なんか嫌になってきた。今考えれば、嫌がらせとか言われたことが爆発したのかな」(角田匠さん)

     角田さんは、小学校の頃から上級生にからかわれました。中学に入り、夏休みが明けて間もなく、学校へ行けなくなりました。

     「(夏休みが)明けて、行ってまた言われるかなと漠然と考えてた。また、あの人たちに会わなきゃいけないと。つらいところだった」(角田匠さん)

     子どもの自殺のリスクが高まる夏休み明け。フリースクールの東京シューレで多くの不登校の子どもやその家族と関わってきた奥地圭子さんは、保護者や周囲の理解が大切だと話します。

     「『夏休みは終わりでしょ?』『勉強やったの?』『2学期の用意はできたの?』と言っちゃう。子どもによってはそれはつらい日々。
    学校以外で友達を作ったり学習したり、他のところもあると知ってもらいたい」(東京シューレ 奥地圭子理事長)

     東京シューレは、子どもからの電話相談を受けるほか、来週から子どもが避難してこられる場所として開放することにしています。

     自分たちと同じように苦しんでいる子どもたちへ、「我慢せずに助けを求めていいんだよ」と伝えるために作ったビデオメッセージです。

     「学校に行くことは義務じゃないんだ」
     「学校以外に学んだり過ごしたりできる場所はたくさんある」
     「もっと過ごしやすい場所、行きたいと思える場所を選ぶことは」
     「あなたが生まれたときから持っている権利なんだ」
     「あなたはそれを自由に使っていいんだ」(YouTubeより)
    (26日17:30)

    ソースに動画があります
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160826-00000039-jnn-soci
    TBS系(JNN) 8月26日(金)17時52分配信

    【「学校に行かなくてもいい」 不登校経験者がメッセージ】の続きを読む

    010441d7
    1: どてらを着た名無し 2016/08/26(金) 17:27:28.87 ID:TqV7SjnM0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    経営悪化の煽りを受ける外国人労働者

    この数年で、新聞販売所の経営は軒並み悪化している。定期購読者と広告の両方が減っているからだ。
    アン君が働く販売所では、毎日約1500部が売れ残る。朝日から購入する朝刊の実に3割に達する数である。
    こうして売れ残る新聞のことを、関係者は「残紙」と呼ぶ。

    なぜ、売れもしない新聞を販売所は新聞社から購入するのか。そこには販売所と新聞社の力関係が影響している。
    売れ残るからといって、販売所は簡単には新聞社に部数カットを言い出せない仕組みなのだ。
    ちなみに、朝日に限らず新聞社の「公称部数」は、こうした残紙も含んだ数字である。

    2016年08月26日(金)
    もはや外国人の「ブラック労働」なしでは成り立たない新聞配達の悲惨な現場
    「奨学金留学制度」の功罪
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49460?page=4
    一部抜粋

    http://www.garbagenews.com/img16/gn-20160819-05.gif

    【朝日新聞の“押し紙” 現在も3割と判明…公称658万部も、実質460万部】の続きを読む

    このページのトップヘ