2016年09月

    010441d7
    1: どてらを着た名無し 2016/09/02(金) 16:27:48.83 ID:EfGuQlT70 BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    朝日新聞社が迷走している。

    現場は萎縮し、やる気のない記者が増えているという。

    いずれも2年前に起こった2つのトラブルが直接の原因だ。ジャーナリスト池上彰氏のコラム掲載を拒否した従軍慰安婦報道問題や、
    その存在をスクープしたものの表現手法が適切ではないとの批判を浴びた「吉田調書問題」に懲りて、ジャーナリズムを捨てようとしているようにも見える。

    その最たる例が、記者教育の変貌だ。

    端的に言うならば、「過剰な問題意識を持たない記者の育成」が行われているという。社内研修などでそうした指導が徹底されているそうだ。
    記者が問題意識を持って取材を行うと、政権などの権力や広告スポンサーの企業とトラブルを起こす、と上層部が判断しているからだろう。

    また、「部長やデスクの中には原稿を受け取ると、合言葉のように『この原稿、リスクない?』と尋ねてくる人も増えた。少しでもリスクがある原稿と思われれば、編集局内で多くの関係者がその原稿を輪読し、
    取材対象と摩擦を起こすリスクのある表現をどんどんカットしていき、結局は面白くない原稿にしてしまう」といった指摘も朝日関係者から出ている。

    こうした判断の延長線から、近いうちに記者職採用も止める計画だという。記者職として採用すると、広告や営業などの他の仕事を下に見てしまいがちになるため、
    総合職の「社員」として採用し、その後、配属先に振り分けていくという。会社の方針に忠実に従うサラリーマンを養成するのだろう。

    【朝日新聞が迷走。ジャーナリズムを放棄し普通の企業になろうとしている ?】の続きを読む

    d163a492bdd86f661a225fd844fcfb37c6f05716
    1: どてらを着た名無し 2016/06/28(火) 18:07:15.34 ID:CAP_USER
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/248790/062400050/

    若者の「お風呂」離れが進み、20代の4割はほとんど湯船につからない。その背景には、風呂につかっている
    「時間がない」ことのほか、「風呂に入るコストがもったいない」という節約心理があるようだ。
    そんな若者に、高額の消費を期待するのはもはや難しいのかもしれない。

    神戸市水道局、水の適正使用を目的に女子大とコラボ
     若手社員有志が参加している早朝の新聞チェックで、数カ月前に興味深い記事を見つけた。
    「若者よ お風呂に入ろう」
    (2016年3月1日付 東京新聞朝刊から)

    ・『もったいない』『時間がない』
    ・20代4割『ほとんど湯船つからない』
    ・神戸の学生ら呼び掛け
     湯船にお湯を張る機会が少ない若者に入浴の楽しさを伝えようと、神戸市水道局と地元の給湯器メーカー、神戸女子大家政学部の学生が協力。
    「おふろ部」と名付けた情報サイトをネット上に開設して、入浴剤や半身浴など女子大生向けの情報を発信しているという。
     である。
     以下、この記事で最も重要な部分を引用したい。
     「市水道局によると、節水機器の普及や人口減で水の使用量は減りつつある。水が水道管内に滞留すると水質の維持が難しくなるが、
    水道管の敷設は長期的な計画に基づいており、急には細くできない。有効利用を呼び掛けることになった」
     「対象として浮かんだのが20代の若者だ。市水道局が昨年9~10月に実施した調査では『だいたい毎日湯船にお湯を張って入る』と答えた割合は、
    30代の66.4%が最も多かった。20代は25%で、『ほとんど入らない』が43.8%。昨年11月に同学部で開催したワークショップでは
    『一人暮らしでもったいない』『時間がない』などの意見が出た」
     この記事を読んだ筆者がその場にいた若手社員に聞いてみたところ、ほとんどがシャワー派だった。神戸だけでなく、東京でも状況は同じのようである。

     ヨーロッパ大陸のように空気が乾燥していれば、シャワーで済ませるのが合理的だと言えるかもしれない。
    また、気温と湿度の高さで消耗しがちな真夏には、シャワー派が日本でも多くなるように思われる。
    だが、20代の若者が湯船につからない理由は上記の記事の通り、以下の2点のようである。

    ① 「一人暮らしでもったいない」という経済面の合理的な思考
    ② おそらく、SNSでのやり取りやアルバイトなどでとにかく忙しいため、「時間がない」という時間的な制約
     これらのうち①の関連では、さまざまな維持管理や付随する費用を含めて考えると都市部では自分で車を保有するのは
    「コスパ(コストパフォーマンス)が悪い」という彼らなりの経済合理的な思考ゆえに、若者の「車離れ」が顕著になって久しいことが想起される。
    筆者は講演などの場で最近、「お風呂にさえあまり入らない若者に車を買わせようとしても、なかなかうまくいかないだろう」と説明することがある。
     上記①と②は、簡単に変わる(ないし変えられる)ことではない。時間が経ち、世代が入れ替わるに連れて、
    日本で「湯船派」は徐々に減っていく可能性が高いと、筆者はみている。

    (続きはサイトで)

    【【悲報】若者ついにカラスになるwwwwwwww】の続きを読む

    まじか1
    1: どてらを着た名無し 2016/09/01(木) 18:49:25.64 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000545-san-soci

     知人女性に売春させ、その代金を取り上げたとして、警視庁築地署は売春防止法違反容疑で、静岡市葵区鷹匠の無職、杉山歩(あゆみ)容疑者(34)を逮捕した。容疑を否認している。

     同署によると、昨年10月ごろから今年6月までに静岡市や新宿区歌舞伎町で、知人の無職女性(29)に延べ約1300人と売春をさせ、1千万円以上を受け取ったとみて調べている。

     逮捕容疑は5月、女性に静岡市内のホテルで50代の男性を相手に3万円で売春させ、代金を全額受け取った疑い。

     杉山容疑者と女性は静岡市の風俗店の元同僚。杉山容疑者は女性に無料通信アプリLINEで売春を強要するメッセージを送っていた。「私を不愉快にした。売春して金を払え」と言い掛かりをつけ、現金を要求するようになったという。

    【【衝撃】知人女性に売春強要容疑で女逮捕 たった9ヶ月で○○○○人】の続きを読む

    このページのトップヘ