2017年01月

    ss-271-468x349
    1: どてらを着た名無し 2017/01/24(火) 20:51:53.40 ID:CAP_USER9
    福岡県久留米市で平成27年、同居していた女(47)の長女=当時(16)=に死んだ金魚を食べさせるなど虐待を繰り返したとして、強要や暴行などの罪に問われた塗装業、江上孝被告(47)に、福岡地裁久留米支部(西崎健児裁判長)は24日、懲役10年(求刑懲役14年)の判決を言い渡した。

    判決理由で西崎裁判長は「人格を無視した卑劣極まりない犯行。長女は多大な肉体的苦痛を受け、心にも深い傷を負った。刑事責任は極めて重い」と述べた。

    判決によると、江上被告は27年2~9月、自宅で長女を脅して死んだ金魚を何匹も食べさせたほか、舌をペンチで引っ張り、たばこの火を押し付けた。

    江上被告と共謀したとして、長女の母親である女も懲役3年、執行猶予5年の判決を受け、確定している。

    産経
    http://www.sankei.com/west/news/170124/wst1701240096-n1.html

    【福岡県 死んだ金魚何匹も食べさせる 少女虐待で男に懲役10年】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2017/01/26(木) 19:37:20.91 ID:CAP_USER9
    首相、旧宮家の皇籍復帰も選択肢
    画像
    http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170126&t=2&i=1170241395&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2017012601001481.-.-.CI0003
    ロイター 2017年 1月 26日 7:08 PM JST
    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJP2017012601001311

     安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、
    皇位を安定的に継承する方策として、
    戦後に皇籍を離れた「旧宮家(旧皇族)」の復帰が
    選択肢になり得るとの認識を表明した。
    「これも含めて今後議論してもらえれば、
     また検討していきたい」と述べた。
    天皇陛下の退位を巡る論議とは切り離す考えも示した。
    民進党の細野豪志氏に対する答弁。

    IDを表示し、強制コテハンを表示。
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【【皇室】首相、旧宮家の皇籍復帰も選択肢】の続きを読む

    a111660-0
    1: どてらを着た名無し 2017/01/25(水) 10:18:06.79 ID:CAP_USER9
    警察の支援による暴力団離脱者が昨年、過去最多の131人にのぼった福岡県。
    県内のある建設会社に男性が突然現れたのは、昨年6月だった。
    「社長、明日から雇ってくれんか」。50代の暴力団組員だった。

    40代の社長は男性を地元のヤクザと知っていた。
    だが体はやせ細り、所持金はわずか10円。断っても翌日また来た。
    「もうヤクザじゃ食われん。何日も食べとらん」。
    20人ほどの従業員を抱える社長は「ヤクザ辞めんね。更生したら雇ったる」と伝えた。

    数日後、男性は最寄りの警察署で離脱を表明した。社長も県警に相談。
    離脱組員を雇う協賛企業になれば警察がトラブル対応の後ろ盾になり、県の給付金も得られると聞かされた。
    怖さはあったが「放っておけない」「俺が助けんと」と雇うことにした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000011-asahi-soci

    【所持金10円「もうヤクザじゃ食われん。何日も食べとらん」 やせ細った暴力団組員が職求め社長に直訴】の続きを読む

    180
    1: どてらを着た名無し 2017/01/22(日) 07:13:57.51 ID:CAP_USER9
    「猫は飼い主の性格を見事に見抜いている」と思わずにいられない、証拠画像がTwitterに投稿され話題となっています。
    Twitterユーザーであるののいなさんが飼っているのは、マンチカンの女の子、ののこちゃん。

    ののいなさん(女性)が叱ったときと、ののいなさんの旦那さんが叱ったときの、ののこちゃんの表情の違いをご覧ください。

    ののいなさんが叱ったときは、目を合わせず、まるで「知らぬ存ぜぬ何のことやら」とでも言いたげな表情の、ののこちゃん。

    一方、ののいなさんの旦那さんが叱ったときのののこちゃんは……何ということでしょう! 同じ猫とは思えぬ、くりくりの潤んだ瞳。
    旦那さんをまっすぐに見つめ、素直に許しを請う表情をしているではありませんか! 本当にさっきの写真と同じののこちゃんなのか……?

    これにはののいなさんの旦那さんもメロメロで、叱ったことをすぐ忘れてしまったんだとか。完全に旦那さんの弱点をついています。賢い!

    必殺「きゃわわゆるしてにゃん攻撃」がクリティカルヒットする人を見事に見極めているののこちゃ
    とはいえ、普段はののいなさんにも寝かしつけをお願いしてくる、とってもかわいい甘えん坊さんなんだそうです。

    ののいなさんの投稿は現在、12万5000RTを突破。
    「うちの猫も人を見て態度を変える」「女の武器をフル活用していてさすが!」「こんなかわいい表情されたら何でも許しちゃう」「これぞ猫被り」などの反響が集まっています。

    「しょせん人間はお猫さまにかなわない」という事実を痛感してしまう投稿でした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000089-it_nlab-life
    ねとらぼ 1/18(水) 20:10配信

    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/18/km170118_hikakuneko01.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/18/km170118_hikakuneko02.jpg

    【やはり猫は賢い……! 男性に叱られたとき・女性に叱られたときの比較画像 その表情の違いに驚きの声wwwwww】の続きを読む

    c49836ef7fc4bd22c5f2e54e125817d6
    1: どてらを着た名無し 2017/01/24(火) 17:07:00.31 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00010003-bfj-soci&p=1

    福島第一原発事故で横浜市に自主避難をした児童が「賠償金あるだろ」と言われ、
    ゲームセンターなどで150万円支払わされた。子どもを守るべき教育長が、
    これを「いじめと認定できない」と発言したことへの怒りが広がっている。

    批判を受けているのは、横浜市教育委員会の岡田優子教育長が1月20日、
    市議会常任委員会でした「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった』と
    言っていることなどから、いじめという結論を導くのは疑問がある」という発言だ。

    「おごってもらった」と言えば、小学生に150万円を払わせてもいじめには
    ならないのか。納得はできない。

    BuzzFeed Newsは1月23日、横浜市で教育長に直接取材した。

    なぜ、150万円払わされることがいじめではないのか。岡田教育長は、この件に
    ついて調べた第三者委の判断を理由にあげた。

    「(第三者委はおごりの)背景にいじめがあったことが推察できるという言い方を
    しています。第三者委員会の結論は第三者委員会の結論ですから、それを覆す
    ことなんてできないじゃないですか」

    つまり、背景にいじめがあったと推察できても、認定はできないということなのか。
    それでは、市教委としてどうすれば認定できるのか。

    「市教委として認定できるのかは、再発防止委員会の中でしっかり議論して
    考えていく。ただ、あれだけ厳しい第三者委員会が出した結論を、そんなに簡単に
    覆すことは難しいですよ、という話を(市議会で)した」

    第三者委の判断とは。経緯を振り返る。

    BuzzFeed Newsが弁護側に提供を受けた横浜市の第三者委員会の報告書によると、
    男子生徒は震災の5ヶ月後、2011年8月に福島県から2年生で転校してきた。

    直後から名前に「菌」をつけられるなどのいやがらせを受け、不登校に。小学5年生
    になった2014年には、「プロレスごっこ」と称して数人の児童から叩かれるようになった。

    また、横浜駅やみなとみらい周辺のゲームセンターでの遊興費、食事代、交通費
    などをすべて、負担させられた。男子生徒の説明に基づくその回数は、計10回ほど。
    1回につき5万~10万円で、自宅にあるお親の金を持ち出していた。

    これが、問題になっている「150万円のおごり」だ。担当弁護士によると、生徒側は
    この金額が総額150万円にのぼるとしているが、学校側は8万円しか確認できていない、
    としているという。

    男子生徒はその後、2度目の不登校に。2015年12月には生徒の両親が市教委に
    調査を申し入れ、2016年1月、第三者委員会が市の諮問を受けて、調査を開始。
    11月にその結果が報告書にまとまった。

    一方、報告を受けた横浜市教育委は12月、検討委員会を設置。当時の対応の検証を
    始め、神奈川新聞によると、2017年3月にも結論をまとめる方針だという。

    そして、1月20日、横浜市議会の常任委員会。

    岡田教育長が、その進捗を報告する際に飛び出したのが、「関わったとされる
    子どもたちが『おごってもらった』と言っていることなどから、いじめという結論を導く
    のは疑問がある」という先述の発言だった。

    【「おごりだと言えばいじめじゃないのか」横浜市教委の電話がパンク、大炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ