2017年02月

    o0504028013742808684
    1: どてらを着た名無し 2017/02/12(日) 12:34:12.04 ID:CAP_USER9
     救護活動中の男性隊員の頭を殴り職務を妨害したとして、京都府警中京署は11日、公務執行妨害の疑いで、京都市右京区の韓国籍の会社役員の男(46)を現行犯逮捕した。同署によると「怒鳴りつけたが、頭を指で押しただけ」などと容疑を一部否認している。

     逮捕容疑は11日午後9時35分ごろ、京都市中京区の焼き肉店で、食べ物などをのどに詰まらせ、心肺停止状態だった50代の男性を救護していた男性隊員(42)の頭を「はよしたれや」などと言って、ヘルメットの上から拳で3回殴り、職務を妨害したとしている。

     同署によると、男性隊員は119番を受け、ほかの隊員2人とともに出動。男性ののどに詰まった異物を取り除く作業をしていたという。男性は市内の病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

     119番の直後に駆けつけた同署員が男性隊員から事情を聴き、男を現行犯逮捕。隊員らによると、男はほかの隊員を蹴ったり、担架の部品を踏みつけるなどもしていたという。当時、男は酒に酔っており、50代男性とは面識はなかった。

    http://www.sankei.com/west/news/170212/wst1702120021-n1.html

    【「はよしたれや」心肺停止の男性を救護活動中の救急隊員の頭をなぐる 韓国籍の男を逮捕「頭を指で押しただけ」と一部否認】の続きを読む

    ChLi5RGXEAAUW6X
    1: どてらを着た名無し 2017/02/11(土) 02:02:52.39 ID:CAP_USER9
    日本での難民申請 去年初めて1万人超える
    2月10日 17時57分
     去年1年間に難民認定を申請した外国人は、1万901人と初めて1万人を超えて
    過去最多となる一方、難民と認定された人は28人でした。
     法務省によりますと、日本で難民認定を申請する外国人は、毎年、
    増え続けていて、去年の申請者は1万901人と初めて1万人を超えました。
     これはおととしと比べて3315人、率にして44%増えていて、6年連続で
    過去最多を更新しています。

     国籍別に見ますと、インドネシアが1829人、ネパールが1451人、フィリピンが
    1412人となっていて、内戦の続くシリアは4人です。

     法務省は、難民認定を申請して6か月が経過すれば、申請が処理されるまでの間、
    日本で合法的に働ける制度の下で働こうと、観光を名目に来日したあと、
    難民認定を申請するなど、申請を乱用するケースが増えていると分析しています。
     一方、去年、難民と認定された人は、不服申し立てによって認められた人を
    合わせても、おととしより1人多い28人で、認定されなかったものの、すでに
    配偶者が日本にいるケースなど人道的な配慮によって在留が認められた人は
    97人でした。
    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871981000.html

    【日本での難民申請1万901人の内1万776人が悪質な不法就労目的などで却下】の続きを読む

    yjimageKFKYYYCP
    1: どてらを着た名無し 2017/02/07(火) 22:56:31.51 ID:jDWoUkts0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    天下り先「月2回勤務、年収1千万円」 国会どよめく

     文部科学省による「天下り」のあっせんについて、7日に開かれた衆院予算委の集中審議。前事務次官や仲介役OBへの
    追及から浮かんだのは、OBに厚遇ポストを与え、再就職の支援活動を組織ぐるみで下支えする違法な構図だ。

     「天下り」あっせんの仲介役だったのは、本省の人事課に通算15年以上の勤務経験がある嶋貫(しまぬき)和男氏(67)。
    職員の異動を担う任用班の事実上の責任者を務め、人事課企画官などを経て2009年に退職した。

     問題の一つとなったのは、顧問だった明治安田生命保険での嶋貫氏の待遇だ。嶋貫氏の処遇について、省内で「保険会社
    顧問に就任し、再就職支援業務をボランティアベースで行う」とする案がつくられた翌年の14年に就任した。

     民進党の小川淳也議員は、顧問報酬について「月2日勤務で1千万円か」と質問。嶋貫氏が「社に出向く回数は基本的にそう」
    「金額はその通り」などと答えると、委員や傍聴人からは「おお」「1カ月2回か」とどよめきが起きた。
    http://www.asahi.com/articles/ASK275G1MK27UTIL03R.html

    【天下り官僚 月2回勤務するだけで年収1000万円】の続きを読む

    na_nandatte
    1: どてらを着た名無し 2017/02/10(金) 17:24:13.12 ID:CAP_USER9
    連続強姦魔はNHK局員だった??。今月6日、山形県内の女性宅に押し入り、
    性的暴行などを加えた強姦致傷容疑でNHK山形放送局酒田支局の記者・弦本康孝容疑者が逮捕された。
    県警などによると、昨年2月23日の午前5時ごろ、同県村山地方に住む20代女性の自宅に侵入し、性的暴行を加え全治2週間のケガを負わせた疑いが持たれている。
    就寝中だった女性は同容疑者に「騒いだら危害を加える」と脅され、身動きが取れなかったという。
    警察の調べに同容疑者は「わかりません」と否認。付近では同時期に同様の被害が複数報告されており、県警は弦本容疑者の犯行と見て捜査している。

    このところ、NHK局員の不祥事が続いているが、今回はケタ違い。
    なんと同容疑者は2011年から2015年まで赴任した山梨県内でも同様の強姦事件を繰り返していた可能性があるというのだ。
    社会部記者によると「山形の事件を受け、県警は同容疑者がNHK甲府放送局に勤務していた4年間に県内であったわいせつ事件を調査。
    検出された遺留物のDNA型が弦本容疑者のものと一致したそうだ。女性の就寝中を狙うなど、手口も一緒だった」という。

    これが事実なら、同容疑者は行く先々で女性に暴行を加えた“連続強姦魔”ということになる。NHK関係者は「勤務態度は至って平凡。
    最近は少し太ったが、2011年の入局当時はスラッとしていて、早稲田大学時代は女性にモテたという話もしていた。“問題児”というわけではなかった」と語るが…。

    捜査当局は今月7日までに容疑者の自宅などを家宅捜索。ダンボールひと箱分の押収物があり、その中には女性下着と多数の鍵があったという。注目は後者の鍵だ。
    被害女性は一様に「(容疑者と)面識はない」と話しているが、弦本容疑者にとっては“意中の人”だったかもしれない。
    「女性の留守中に何らかの方法で入手した合鍵を使って、部屋に侵入。まずは下着を盗んで堪能し、
    その後、性的興味が増して強姦に至った可能性もある」とは捜査関係者。

    鍵の入手方法は不明だが、最近では鍵の画像を業者にLINEで送ったり、鍵メーカーの名前と鍵ナンバーさえ分かれば製造は可能。
    「さらにインターネット上の闇サイトでは、鍵穴だけで合鍵を作ることもできる。容疑者がそうしたサイトを悪用していた可能性もある」(実話誌系ライター)。

    今後の取調べで同容疑者の余罪が明らかになるが、場合によっては犯罪史に名を残す恐怖の連続強姦犯になるかもしれない??。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0210/toc_170210_7874022426.html
    tocana2月10日(金)8時0分

    【強姦NHK局員弦本容疑者の恐るべき手口と複数の“謎の鍵”! 犯罪史に残る連続強姦犯の可能性も!?】の続きを読む

    ChLi5RGXEAAUW6X
    1: どてらを着た名無し 2017/02/09(木) 18:06:43.91 ID:CAP_USER9
     静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムが4日、浜松市中区の同大で開かれ、
    静岡県多文化共生審議会委員で、インドネシア出身のエフィ・グスティ・ワフユニさん(39)が講演した。
    県内のイスラム教徒(ムスリム)への調査を基に、ムスリムの子どもたちが学校生活で給食や礼拝などに
    苦慮している現状を報告。「ムスリムを取り巻く問題改善のきっかけになれば」と訴えた。

     調査は昨年11月、県内在住の同国人ら26家族を対象に、学校生活や職場で困っていること、
    対応策などを尋ね、実態を初めて公表。「ハラール対応」ではない学校給食に多くの保護者が
    悩んでいる様子が浮かび上がった。大半が毎日弁当持参か、豚肉使用のメニュー時におかずを
    持参する対応を取っていて、「給食は食べるが豚肉は残す」ように子どもに指示している家庭もあった。

     学校や職場で、お祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を禁止された例や、
    侮蔑の言葉を投げ掛けられた体験談も示された。
     エフィさんは、ハラール対応の給食を出す福岡県内の私立保育園や金曜日の礼拝を例外的に
    認める浜松市内の学校などを紹介し、「ルールだから駄目というのではなく
    柔軟な対応を検討してほしい」と理解を求めた。

    静岡新聞
    http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/326523.html
    画像 生活に不安を抱えるムスリムへの実情に理解を求めるエフィ・グスティ・ワフユニさん=4日、浜松市中区
    http://www.at-s.com/news/images/n33/326523/IP170204TAN000076000%5B1%5D.jpg

    【イスラム教徒の保護者、「ハラール対応」ではない学校給食に苦慮 ムスリムへの理解と柔軟な対応求める】の続きを読む

    このページのトップヘ