2017年06月

    img_0
    1: どてらを着た名無し 2017/06/30(金) 13:16:07.21 ID:CAP_USER9
    独島消しゴム
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/06/28/2017062800771_thumb.jpg

    「独島(日本名:竹島)は韓国領土!」というフレーズが書かれた「独島消しゴム」が販売され、話題になっている。

    慶尚北道鬱陵郡内のあるパン屋には、「独島文房具店」という店が入店している。
    独島に生息しているさまざまな希少生物や動物の記念品を作ることで知られているこの文房具店では、エコバッグ・ノート・メモ用紙・ボトルなどの商品を販売している。

    中でも一番目につくのは「独島消しゴム」だ。文房具店側はソーシャル・メディアを通じて、「日本が『独島は我が国の領土だ!』と叫び続けるなら、日本列島を消してやる…というきっぱりとした気持ちで作った。
    独島は大韓民国の領土だ!」と製作の意図を語った。

    この消しゴムは日本列島のイラストを入れるため縦4センチ×横6センチと大きめで、価格は1000ウォン(約100円)だ。
    また、「独島文房具」が入店しているパン屋では、鬱陵島のイカの墨で作った「イカ墨パン」を販売しており、このパンをまとめて購入すると「独島消しゴム」がおまけで付いてくるとのことだ。

    独島文房具店では「独島消しゴム」を製造・販売してから1年で1万個を完売した。現在、同消しゴム第2弾のアイデアを公募している。

    配信 2017/06/28 08:30
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/28/2017062800771.html

    【「日本列島を消そう!」 独島消しゴム、1年で1万個完売】の続きを読む

    149667534139n8c
    1: どてらを着た名無し 2017/06/29(木) 15:26:31.15 ID:CAP_USER9
    幽体離脱後にセックスを愉しむ「アストラル・セックス」が流行の兆しを見せているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、熟練者であれば他人の意識に入り込み強姦する「アストラル・レイプ」まで可能だというのだ! 英紙「Mirror」が、6月20日付の記事で報じている。

    ■「アストラル・セックス」とは?

    幽体離脱専門家のスティーブ・ジョーンズ氏によると、アストラル・プロジェクション(幽体離脱)に習熟したカップルは肉体的な交わりを含まない、純粋に精神的なセックスができるという。つまり文字通り“魂の交わり”が可能だということだ。

    「アストラル・ボディ(幽体)では、肉体よりも結びつきを強く感じることができます」(ジョーンズ氏)
    「セックスではフィードバックが重要ですが、肉体的な交わりでは時々ロストしてしまうことがあります。しかし、アストラル界では、お互いの魂に触れるため自動的にフィードバックが行われるのです」(同)

    そのため、アストラル界では嘘をつくこと、つまり「悦んでいるふり」や「イッタふり」は不可能だという。また、本番前の前戯も不要で、もちろん妊娠の可能性も、性感染症に罹患する可能性もゼロとのこと。実践者の習熟度にもよるが、アストラル・セックスによるオルガスムは精神的かつ肉体的でもあり、魂が肉体に戻った後でも快感が持続するというから驚きだ。実感としては極めてリアルな明析夢を見るようなものなのだろう。

    ■精神的強姦「アストラル・レイプ」も

    恐ろしいことに、アストラル・プロジェクションの熟練者であればアストラル・レイプも可能だという。アストラルボディが肉体から抜けていない、眠っている人の意識に入り込み、合意なくアストラル・セックスを行うこともできるというのだ。

    この間、レイプ被害者は「誰かとセックスをした夢」を見るという。しかし、これは倫理的な問題がある上、インキュバスやサキュバスなどの淫魔が用いる手法でもあるため、専門家らは相手の許可を必ず得るよう警告している。一番良いのはジョーンズ氏などの専門家に直接指導してもらうことだという。

    http://tocana.jp/2017/06/post_13665_entry.html

    【体外離脱して行う「アストラル・セックス」が流行中 専門家「幽体レイプに注意」】の続きを読む

    9328e3435ab5b760c908e0f1efa6960f
    1: どてらを着た名無し 2017/06/28(水) 19:56:29.74 ID:CAP_USER9
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HGW_Y7A620C1TJ1000/

    2017/6/28 19:48
    東電、原発賠償の追加援助申請 除染費用増加で
     東京電力ホールディングスは28日、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に、福島第1原子力発電所事故の損害賠償金の追加援助を申請したと発表した。除染費用の見積額が増加したことなどから1兆2405億2700万円増え、賠償のための資金援助額は合計で9兆5157億7733万円となる。

    【東電 原発賠償の追加援助申請 除染費用増加で1兆2405億2700万円増え、資金援助額は合計で9兆5157億7733万円】の続きを読む

    o0550041413807011555
    1: どてらを着た名無し 2017/06/27(火) 14:30:38.92 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日系(ANN) 6/27(火) 12:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170627-00000022-ann-soci
     福島県会津若松市で、「オペラ座の怪人」のような仮面を付けて通行中の女性に対して下半身を露出したとして、45歳の会社員の男が逮捕されました。

     公然わいせつの疑いで逮捕されたのは、会津若松市の会社員・中山誠容疑者です。警察によりますと、中山容疑者は去年11月と今年3月、
    6月の3回にわたって会津若松市の路上で、通行中の女性に対して下半身を露出した疑いが持たれています。いずれも午後11時ごろに発生していて、
    中山容疑者はオペラ座の怪人のような仮面を付けていたということです。警察には同じような仮面を付けて下半身を露出している男の
    目撃情報が去年4月から10件以上、寄せられていました。警察が中山容疑者の自宅を捜索したところ、
    仮面が発見されたため逮捕に至りました。中山容疑者は容疑を認めていて、警察では余罪があるとみて捜査しています。

    【「オペラ座の怪人」の仮面を付けて下半身露出 45歳男を逮捕】の続きを読む

    1c00042
    1: どてらを着た名無し 2017/06/26(月) 09:40:18.31 ID:CAP_USER9
    「プロ意識低い」デリヘル嬢に激高……初風俗で料金26万奪った都立高教諭の怒りの沸点 (1/3) - ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/26/news037.html
    50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待を抱いてしまったのか――デリヘルに勤務する40代の外国人女性を殴り、支払った料金を奪って逃げたとして強盗致傷容疑で、高校教諭の男が逮捕された。
    2017年06月26日 07時52分 更新

    [産経新聞]

     50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待を抱いてしまったのか-。派遣型風俗店(デリバリーヘルス)に勤務する40代の外国人女性を殴り、支払った料金を奪って逃げたとして強盗致傷容疑で、高校教諭の男(52)が警視庁池袋署に逮捕された。「風俗遊びは初めてだった」という男が指名したのは、240分6万4千円の長時間コース。延長料や小遣いとして女性に渡した現金は計約26万円と破格の太客っぷりだったが、逮捕後の調べに「プロ意識の低さに腹が立った」と話しているという。

     お相手となった40代の外国人女性は、派遣型風俗店とは正規の雇用関係がなく、顔なじみの店長から声がかかると出勤するという“半分素人”だった。

     佐藤容疑者は午後4時ごろに部屋を訪れた女性に対し、驚きの行動に出る。いきなり現金10万円を手渡したのだ。女性は「多いです」といったんは断ったが、佐藤容疑者は聞く耳を持たず、その後も3時間分の延長料金として6万円、「小遣い」として10万円を支払う大盤振る舞いだった。

    馬乗りで女性殴る

     気前よく支払った現金とは裏腹に、佐藤容疑者の不満は募る一方だったようだ。

     女性が入室してから約3時間50分後、一仕事を終えた女性がベッドの上でスマートフォンをいじっていると、そばのイスに腰掛けていた佐藤容疑者が突然激高する。

    顔を殴る

     女性に馬乗りになって枕を押しつけたり、顔を殴ったりしたため、女性は4階の部屋からフロントまで避難した。女性がホテルの従業員とともに部屋に戻ると、すでにもぬけの殻。料金約26万円が入った女性のトートバッグも一緒に消えていた。

     その後、ホテル周辺の防犯カメラの映像などから犯行を特定。佐藤容疑者は「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と容疑を認めており、多額の現金を所持していたことを問われると、「いつもそのくらいは持ち歩いている」とうそぶいたという。

     逮捕後の取調べには素直に応じているというが、佐藤容疑者が求めた「プロ意識」の真意はまだ分かっていないという。

     論語では「五十にして天命を知る」年齢というが、初の風俗で犯罪の一線を越えてしまった佐藤容疑者は、己の天命を今になって知っただろうか。

    【「プロ意識低い」デリヘル嬢に激高 料金26万奪った都立高教諭の怒りの沸点 50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待か】の続きを読む

    このページのトップヘ