2017年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mig
    1: どてらを着た名無し 2017/06/15(木) 13:21:13.66 ID:CAP_USER9
    地域猫、地域犬などの考えが根付いており、窮地にある動物に手を差し伸べる人々が大勢いるトルコで先日、困り果てた野良猫が人間の病院に助けを求める出来事があった。

    ある日のこと、とある人間の病院の外で必死に鳴いていた1匹のメス猫。
    実は彼女は出産がうまくいかず、痛みに苦しみながらも人の手を借りるため病院を訪れたのだ。
    猫がどうしてこの病院を訪れたのかはわからない。
    病院が痛いところを治してくれるということを知っていたのかどうかはわからない。

    とにかく痛いし、おなかの子供を救いたい。
    そんな一心で訪れたのが人間の病院だったのである。

    ■出産がうまくいかず、病院を訪ねた身重の猫

    ある病院のスタッフが外で苦しそうに鳴く猫の声を耳にした。
    すると病院の入口に1匹の猫を発見。

    その大きなおなかを見て、妊娠していることを悟ったスタッフ。
    安全な出産場所を探していたんだな、と思い院内に招き入れた。

    ■産みたいけど産めない。助けを求めてやってきた

    しかし彼女が求めていたのは出産場所ではなかった。
    出産がうまくいかず痛みに耐えかね困り果てた末、助けてもらいたい一心でここにやってきていたのだ。
    心優しいスタッフに院内に入れてもらってからも、「助けて!おなかの子が大変なの!」と鳴きながら必死に訴えていたのだ。

    猫の異変を察知したスタッフはついに難産に気がついた。
    そこで大急ぎで動物病院に彼女を搬送した。

    ■無事4匹の赤ちゃんが無事誕生!

    動物病院に到着した彼女は、診断で自然分娩には多くの問題を抱えていることがわかった。
    すぐさま獣医は帝王切開にとりかかった。
    幸いなことに手術は順調に進み、頑張った彼女はようやく健康な4匹の子猫の母となった。

    母親も出産に耐え、徐々に元気を取り戻していった。
    母子たちはすべて保護され、施設では彼らを家族に迎えてくれる家庭を募集しているという。

    ■頼ってくれてありがとう。無事で良かった!ネットでは大反響

    このニュースはネット上で広くシェアされ、海外掲示板imgurではこんなコメントが上がっていた。

    ・頭の良い猫だ!
    ・猫「人間よ!私には援助が必要だ!」
    ・全員同じ里親に引き取ってもらえたらいいなぁ~
    ・病院に赤ちゃん連れの人がいるのを知ってて行ったとか?
    ・猫が大好きだから、ありがとうって言いたい。心があったかくなったよ
    ・トルコの人は猫の愛しかたを知っているんだな
    ・猫は人間の使い方をちゃんと心得てるからね。じき支配者になるはず・・

    難産に苦しみ、人間を頼り病院にやってきた母猫。
    この出来事に関わった人々は、困ったときに行くべき場所をちゃんと知っていた母猫の賢さをほめたたえているという。
    野良猫を地域猫として扱い、彼らの自由を尊重しながら手を差し伸べるトルコ。
    母猫が人間がいる施設を選択したのは、地元の人と野良猫が良い関係を築いている証なのかもしれない。

    動画:https://youtu.be/0CyMSnXkmjc



    写真:手術を乗り切りったばかりの母猫と子猫
    https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/9/5/95f0f24f.jpg
    https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/6/8/685f1345.jpg

    http://karapaia.com/archives/52240774.html

    【「助けてください!ここ病院ですよね?」 人間の病院に助けを求めにやってきたトルコの妊婦猫、帝王切開の手術成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_15_m
    1: どてらを着た名無し 2017/06/14(水) 15:41:04.90 ID:CAP_USER9
    奈良に陛下退位後の離宮を=荒井知事が検討指示


    奈良県の荒井正吾知事は14日の定例記者会見で、
    天皇陛下が退位後に滞在される離宮を奈良に造るアイデアを披露した。
    既に事務方に検討を指示したが、具体的な場所などは未定としている。
     
    荒井知事は離宮のイメージについて、心身を休めてもらい、
    文化や歴史など学問的な興味を提供できる場と説明。
    「生前退位されたら、奈良として何かお喜びいただけるような貢献ができたらという気持ち」
    と語った。(2017/06/14-12:47)

    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061400629&g=soc

    【奈良県に陛下退位後の離宮を…荒井知事が事務方に検討を指示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mig
    1: どてらを着た名無し 2017/06/13(火) 15:52:38.30 ID:CAP_USER9
    中核派活動家を給付金不正受給で逮捕
    2017.6.13 14:10

    65歳以上の低所得者に一律3万円を支給する「年金生活者等支援臨時福祉給付金」などを
    不正受給したとして、大仁署などは12日、詐欺の疑いで伊豆市牧之郷の職業不詳、
    渡辺明容疑者(68)を逮捕した。渡辺容疑者は黙秘を続けているという。

    逮捕容疑は、受給資格がないにもかかわらず、平成26、27年に臨時福祉給付金、
    28年に年金生活者等支援臨時福祉給付金を不正に受給したとしている。
    被害総額は計約4万6千円。

    渡辺容疑者は中核派の活動家で、自宅から中核派の機関紙『前進』など約75点も押収された。
    同署は、押収した証拠品から余罪を含め捜査を進めていくとしている。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/170613/afr1706130019-n1.html

    【中核派活動家(68)を逮捕 「年金生活者等支援臨時福祉給付金」などを不正受給した疑い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2017/06/12(月) 19:13:09.19 ID:CAP_USER9
    天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市の門川大作市長は12日の定例記者会見で、
    皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ、「京都における上皇の滞在や宮中行事の実施に関し、
    具体的にどういう可能性があるのか、知事や各界の有識者らと近々に再び協議を行い、早急に国に要望したい」との考えを示した。

    特例法は9日に成立した。天皇陛下の退位に関して、
    門川市長は「国民の総意に基づくもので、国会で特例法が成立するまでは慎重に発言すべきと考えていた」と説明した。

    その上で、「上皇となる天皇陛下にできるだけ長く京都に滞在していただくことは、以前から念願している。
    具体的にどういう可能性があるのかを専門家の意見も聞きながら、客観的に調査し、できるだけ早く国に要望したい」と述べた。

    双京構想は、京都の行政や経済、大学、伝統文化など各界の代表でつくる有識者懇話会が2013年5月にまとめた。
    皇族の一部を京都に迎えることを盛り込み、宮中行事の一部を京都御所や京都迎賓館で行うように提言している。

    http://kyoto-np.co.jp/top/article/20170612000067

    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497257526/
    2017/06/12(月) 16:36:52.53

    【「上皇」京都滞在 京都市長、国に要望へ 皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8430
    1: どてらを着た名無し 2017/06/11(日) 19:02:12.43 ID:CAP_USER9
    「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃


    6/8(木) 12:00配信

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000538-san-pol


     民進党の辻元清美衆院議員が8日の衆院憲法審査会で、過去に著書で皇室を「生理的にいやだ」などと批判していたことを認め、
    「一面的だった」と反省の弁を述べた。日本維新の会の足立康史衆院議員が著書を取り上げ、追及した。

     話題に上ったのは、辻元氏が民間国際交流団体「ピースボート」を設立し政界進出する前の昭和62年3月に出版した
    『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)。

     辻元氏は著書で皇室について「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、
    ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」と記していた。

     さらに日本のスポーツ界と関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、
    天皇制を「悪の根源」とまで断じていた。

     足立氏は、天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、
    「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

     これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、
    日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。
    私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回した。

    【「天皇は生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない」過去に発言の辻元清美衆院議員 維新議員から批判され「考えが一面的で深く反省」と撤回】の続きを読む

    このページのトップヘ