2017年07月

    koramubatti__large
    1: どてらを着た名無し 2017/07/31(月) 06:00:43.00 ID:CAP_USER9
     弁護士や裁判官ら法曹人口を大幅に増やす狙いで国が設立の旗を振り、ピーク時には74あった法科大学院の半数近くが、廃止や募集停止になったことがわかった。2004年のスタート時に参入を広く認めたが、政府による法曹の需要予測が外れたこともあり、来春に向けて募集を続けるのは39にとどまる。全体の志願者は最多だった04年の7万3千人の1割程度にまで落ち込んでいる。

     青山学院大と立教大、桐蔭横浜大は今年5月、法科大学院の18年度からの学生募集をやめると発表した。3校を含め、これまでに15校が廃止、20校が募集停止(予定を含む)した。

     文部科学省が15年度から司法試験の合格率などによって大学院への補助金をゼロにする制度を導入したことで、同年度に一気に13校が募集を停止。一方で、東大や京大、私立では早大、慶大、中大など一部の法科大学院に人気が集中した。全体の定員(2566人)に対する入学者は1704人にとどまる一方、この5校の入学者がその46%を占める。

     背景には、政府の法曹需要の読み誤りがある。政府は02年、経済のグローバル化や知的財産分野の拡大で弁護士が足りなくなると見込み、年間1200人程度だった司法試験合格者を3千人にする目標を閣議決定。これを受け、大学は法科大学院を次々に新設した。自らの法学部のブランド価値を上げる狙いもあった。政府は16年度までに964億円を支援した。

    だが、法曹需要は増えなかった。裁判所が受理した事件数は15年は約353万件で、04年より約4割減。また、法科大学院修了者の司法試験合格率を7~8割と見込んだが、最近は2割台に低迷していた。11年からは経済的な事情を考慮し、法科大学院に通わなくても司法試験の受験資格が得られる「予備試験」も開始。直近の司法試験では合格者の約15%を占め、法科大学院の意義が問われる事態になっていた。(峯俊一平)

    ■廃止や募集停止した法科大学院

     【廃止】姫路独協大、神戸学院大、大宮法科大学院大、東北学院大、駿河台大、大阪学院大、新潟大、信州大、香川大・愛媛大連合、鹿児島大、白鷗大、東海大、明治学院大、愛知学院大、龍谷大

     【募集停止(予定も含む)】静岡大、島根大、熊本大、北海学園大、独協大、青山学院大、国学院大、成蹊大、大東文化大、東洋大、立教大、神奈川大、関東学院大、桐蔭横浜大、山梨学院大、中京大、名城大、京都産業大、広島修道大、久留米大

    http://www.asahi.com/articles/ASK7Z5F06K7ZUTIL01J.html
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170730002155_comm.jpg

    【法科大学院、半数が廃止・募集停止 背景に政府読み誤り 法曹需要増えず】の続きを読む

    Crs36OMVIAA4Bcg
    1: どてらを着た名無し 2017/07/30(日) 19:38:02.73 ID:CAP_USER9
    「もしテレビ界に蓮舫が復帰するなら歓迎します。
    キャスターとしても、切れ味がいいコメントをするパネラーとしても期待できるからです」(放送作家)

    民進党代表を辞任した蓮舫氏に対し、早くもこんな声が出ている。
    民進党に近しい関係者も次のように話す。

    「すごくサバサバとした表情をしていた。
    次の参議院選挙、もしくは本人がほのめかしていた次の衆議院選挙には出馬せず、そのまま政界を引退する可能性があるのではないか」

    一体どういうことなのだろうか。

    「蓮舫が政治家を辞めるという情報は入っていませんが、可能性はあるかもしれません。
    野田佳彦幹事長が辞任して、次の幹事長の人事が難航しました。
    岡田克也元代表や玉木雄一郎議員らに幹事長就任を打診したのですが、ことごとく断られて『わたしでは求心力がない』という決断に至ったのです。
    そもそも、議員としての力不足があったのではないか、と本人は自己の力を猛省し、それが“国会議員としての限界”という見極めにつながっていったとしても不思議ではありません」(全国紙政治部記者)

    ■ 政治家として政財界に作ったパイプに期待も

    辞任の記者会見で、蓮舫氏は「自分のなかで、きのう考えたときに、やはり“遠心力”を働かせてしまった。
    それを“求心力”にどうやったら持っていけるのだろうと考えた結果、引くという判断につながったということは伝えたいです」と語っていた。

    「東京都議会選挙の惨敗と二重国籍問題は、政党代表としては致命的な出来事でした。
    しかし、テレビ業界では、歯切れのいい、しかも党代表をしていた蓮舫がキャスターやご意見番として登場してくれるなら、ビジュアル的にも見栄えがいいし、賛否両論が集まって話題になるでしょう。
    “事業仕分け”のときに見せたような攻めの姿勢が彼女の持ち味ですから、代表のような権威のあるポジションよりも、“権威に牙をむく”立場の方が彼女のよさが際立ちます。
    もしもキャスターをしてくれるなら、政界にも財界にも顔が利くし、重宝するのではないでしょうか」(前出・放送作家)

    一部の永田町関係者からも「代表としての運営センスがなかった」とこき下ろされている蓮舫氏だが、かつてはテレビ朝日の夕方のニュース番組『ステーションEYE』でニュースキャスターを務めた実績もある。
    かつての仕事に戻る可能性は十分にある。

    https://myjitsu.jp/archives/27393

    【蓮舫議員が政界引退で「テレビキャスター」へ出戻り模索か】の続きを読む

    e97e96c0
    1: どてらを着た名無し 2017/07/29(土) 11:30:14.24 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000034-mai-pol

    政府は北朝鮮のミサイル発射を受けて29日未明、国家安全保障会議(NSC)
    閣僚会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は会議の後、記者団に
    「我が国の安全に対する脅威が重大かつ現実のものとなったと明確に示すものだ。
    北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」と語った。

    首相は米国、韓国、中国、ロシアを列挙して「連携し、さらに圧力を強化していく
    ほかない」と強調。「さらなる挑発行為も十分に考えられる。国民の安全確保に
    万全を期す」と述べた。抗議は北京の外交ルートを通じて行った。

    防衛相を兼務する岸田文雄外相は外務省で記者団に、ミサイルについて
    「ICBM級」と説明。「ICBM(と断定する)には再突入技術などの技術が伴わねば
    ならないことも勘案した表現だ」と話した。

    また、岸田氏は一夜明けた29日午前、米国のティラーソン国務長官と電話で協議し、
    北朝鮮に「最大限の圧力」をかけていく方針で一致した。電話協議は約30分間続き、
    岸田氏が28日に日本が独自制裁を強化したと説明すると、ティラーソン氏は
    歓迎したという。

    【安倍首相、北朝鮮に対し「最も強い言葉で批難する」】の続きを読む

    2017062900005_1
    1: どてらを着た名無し 2017/07/28(金) 15:01:11.95 ID:CAP_USER9
    今の心境は? 「空ですね」と稲田防衛相

    7月28日 14時08分

    破棄したとしていたPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題について特別防衛監察の結果を公表したうえで辞任を表明した稲田防衛大臣は、28日午後1時半すぎ、防衛省を後にしました。
    その際、記者団が「今の心境は」と尋ねたのに対し、笑みを浮かべながら「空(くう)ですね」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170728/k10011078401000.html

    ※より多くの政治記事をお探しの方は「2ch政治ニュース+」板へどうぞ
    http://fate.2ch.net/seijinewsplus/

    【【閣僚辞任】今の心境は? 「空(くう)ですね」 稲田防衛相】の続きを読む

    gazou_0105
    1: どてらを着た名無し 2017/07/27(木) 17:57:52.45 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000067-asahi-pol

     民進党の蓮舫代表が27日、「民進党の代表を引く決断を致しました」として辞任する意向を表明した。国会内で開いた記者会見で語った。

     辞任を決断した理由について「攻めの部分は、しっかりと行政監視をしてきた。ただ一方で、受けの部分で私は力を十分出せなかった」と述べた。

     そのうえで、「いったん退(ひ)いて、より強い受けになる。民進党を新たな執行部に率いてもらうことが最大の策だと。二大政党制の民進党をつくり直すことが国民のためになる」と説明。「一議員に戻ります」と表情を引き締めた。

     衆院への転出は「一度立ち止まります」として再検討する考えを示した。

     蓮舫氏は新代表を選出する代表選を速やかに行ってほしいとの考えを示したうえで、後任の代表の人物像について、明言を避けつつも「我が党には経験のある人、志の常にある人、すばらしい仲間がいる。求心力がある執行部ができることを切に願う」と語った。

     辞任を決めた時期について「昨日、自分の中で判断した」と語った。自身の二重国籍問題の影響については「国籍の問題は判断に入っていない。全く別次元の問題だ」と述べた。

     蓮舫氏は辞任の決断について「誰にも相談していない」としたうえで、「人事に着手する手段もあったが、遠心力を求心力に変えるときに、人事で高まるのか。安倍内閣をただすために、人事ではなく、新たな執行部に委ねる道を取った」と語った。

     急な辞任表明について、「(民進党支持者らには)申し訳ないと思う。ただ1日でも空白をつくらない。強い民進党を示すための代表選を通して、立ち止まって見つめてくれるような議論を経て、安倍内閣に代わり私たちがいる、と強く示したい」と語った。

     参院議員として党首を務めた蓮舫氏。それが弱点だったかと問われると、「そう感じないと言えばうそになる」。そのうえで「今の政権のあり方、いつ解散総選挙があってもおかしくはない。総選挙に勝つ体制は整っているので、新しい方が早い段階で代表選を終えて、後段の仕上げを担って頂きたい」と語った。

     東京都議選では、前身の民主党時代を含めて過去最低の5議席となり惨敗。離党者も相次ぐが、民進党はまとまれるかと聞かれると、蓮舫氏は「できます。後ろから打たれても水鉄砲。時間がたてば乾く。時間をかけてゆっくり関係を構築できている。信頼できる民進党にできる」と力を込めた。

    【【蓮舫辞任】蓮舫「総選挙に勝つ体制は整っている」「安倍内閣に代わり私たちがいる、と強く示したい」】の続きを読む

    このページのトップヘ