2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ninjyataiken
    1: どてらを着た名無し 2017/08/26(土) 11:47:19.86 ID:CAP_USER9
     https://www.j-cast.com/2017/08/26306677.html?p=all
    三重大学が2018年2月に実施する大学院入試で、選択科目として「忍者・忍術学」を新たに設ける。

       いったい、「忍者・忍術学」とは何なのだろうか。

    https://www.j-cast.com/assets_c/2017/08/news_20170825155517-thumb-autox380-119903.jpg
       「忍者・忍術学」を選択科目として選べるようになるのは、三重大学大学院の人文社会科学研究科地域文化論専攻の入試における「専門科目」の部分だ。2018年度入学者用の受験要綱は17年8月23日現在完成していない。

       そもそも「忍者・忍術学」とは何なのだろうか。三重県は、伊賀市に忍者博物館があるなど、忍者と関係が深い場所だ。三重大学も伊賀市、上野商工会議所とともに、2012年に伊賀連携フィールドという組織を作り、忍者に関する研究を行っているという。そこでは「忍者・忍術学」の研究として、忍者に関する古文書の講読やデータベースの作成などを行っている。

       三重大学の山田雄司教授にJ-CASTニュース編集部の記者が17年8月23日に取材したところ、「「『忍者・忍術』を日本人が培ってきた日本文化を理解するための重要な要素と考え、日本および日本人とは何かといったことを考察するのとともに、現代社会に活かしていくことを考えています」と回答している。

       今回、受験科目の採用に至ったことについては、今年の7月に国際忍者研究センターを設立し、9月末には外国人研究者も来る予定になっており、研究・教育体制が整ってきたことを理由に上げている。

    全文はURL先で

    【三重大学「忍者・忍術学」を大学院入試に採用……試験科目に「体術」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    精力剤32
    1: どてらを着た名無し 2017/08/24(木) 09:51:36.61 ID:CAP_USER9
    女子中学生とみだらな行為をしたとして、警視庁城東署が、東京都江東区新砂、前田隆容疑者(79)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材でわかった。

    前田容疑者は地域の自治会長を務め、登校する子供たちの見守りにも立っていたという。

    捜査関係者によると、前田容疑者は今月11日、中学1年の女子生徒に現金1万円を渡す約束をして、みだらな行為をした疑い。

    住民らによると、前田容疑者は朝の通学時間帯の見守りに立ち、小学生らに積極的にあいさつする一方で、子どもらを自宅に自由に出入りさせて飲食をさせていたという。

    2017年08月24日 09時16分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170824-OYT1T50029.html

    【通学見守りの79歳自治会長、中学生買春の容疑 1万円を渡す約束でみだらな行為】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Tocana_201408_post_4680_1
    1: どてらを着た名無し 2017/08/24(木) 11:02:45.90 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13511481/
    <4人の若い男性が逮捕され、うち1人は他にも多くの住民を人肉食に駆り立てていたかもしれない呪術師だった>

    南アフリカで8月21日、4人の男が刑事裁判所に出廷した。罪状は、人肉食。4人のうちの1人が、「人肉は食べ飽きた」と警察に自首したために発覚した。

    イギリスのタイムズ紙によると、4人のうち、22歳と29歳と32歳の3人は、殺人と、人間の内臓と組織を所持していた疑い。31歳のもう一人は、人間の部分を所持していた疑いだ。4人は、8月28日に保釈聴聞会に出席する。

    報道によれば、4人のうち1人は8月18日、南アフリカ南東部のクワズール・ナタール州エストコートの警察にきて、「もう人肉は食べ飽きた」と訴えたという。詳しい話を聞くと、人間の手と脚の一部を出して見せたと、南アフリカのニュースサイト、ニュース24は伝える。

    警察の広報担当者Thembeka Mbheleによると、その男はそれから警官をある家に導き、そこでさらに人体のパーツが見つかったという。

    バックパックで頭部を持ち歩いていた男も

    4人の容疑者のうち1人は、地元で「nyanga」として知られる伝統的な呪術師だった。

    警察が発見した遺体のなかに一人の女性のものがあった。Mbheleがニュース24に語ったところによると、男たちは「その女性をレイプし、殺害し、バラバラにして食べた」とみられるという。

    警察は、この4人が大きな犯罪組織に属しているかどうかを捜査する一方、身内に行方不明者がいたら連絡するよう呼びかけている(BBC)。

    だが、事件はさらに広がりを見せるかもしれない。警官に守られながら容疑者が出廷した21日には、容疑者を一目見ようとする群衆が裁判所に殺到した。一方、地元議員のMthembeni Majolaは、数百人の住民が、問題の呪術師に勧められるままに人肉を食べたことを認めた、と主張している。

    「muti」と呼ばれる伝統的な医術や慣習にも改めて恐怖の目が向けられている。いわゆる「muti殺人」は、人間の一部を医術に使う呪術師によって様々な国で行われている。色素が欠乏しているために皮膚や毛髪が白いアルビノはとりわけ犠牲になりやすい。

    州で最大の都市ダーバンでは8月に入り、バックパックに人間の頭部を入れた男が逮捕された。呪術師に売って金にしようとしていたとみられている。

    【「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3f0e741cdbe93924d166a9916c604fbf
    1: どてらを着た名無し 2017/08/23(水) 13:07:18.79 ID:CAP_USER9
    農場オーナーは、子豚18匹と雌豚2匹を「ペットとして飼うわけにはいかない」と
    https://ichef-1.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/CA88/production/_97484815_de40.jpg

    英南西部ウィルトシャーの農場で火事から助け出された子豚と大人の豚が半年後、助けた消防士たちにソーセージとして贈られていたことが分かった。

    ウィルトシャーのミルトン・リルボーンで今年2月、レイチェル・リバースさんの農場の納屋で火事が発生し、わら60トンが燃えた。納屋にいた雌豚2匹と子豚18匹は、地元ピュージーの消防士たちに救出された。

    それから半年たった今月、リバースさんは豚たちを食肉として処理し、ソーセージに加工して、消防署にプレゼントとして送り届けた。

    リバースさんは「菜食主義の人たちはすごく嫌がるはず」と話す。消防士たちはバーベキューでソーセージを楽しみ、「最高だった」、「おすすめだ」と称賛した。

    ピュージー消防署の消防士たちは、プレゼントのソーセージをバーベキューで楽しんだ
    https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/102BE/production/_97483266_sausagestwo.jpg

    農場では今年2月、電気系統の故障でわら60トンが燃えた
    https://ichef-1.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/118A8/production/_97484817_pigfiretwo.jpg

    BBC 8月23日
    http://www.bbc.com/japanese/41020587

    【火事から救出の子豚たち ソーセージとなって助けた消防士たちに贈られる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gorinmark
    1: どてらを着た名無し 2017/08/22(火) 13:50:35.57 ID:CAP_USER9
    東京五輪の開会式、祝日に 20年のみ、法改正案提出へ
    2017年8月22日13時36分

     超党派のスポーツ議員連盟(会長・麻生太郎副総理兼財務相)は、東京五輪の開会式がある2020年7月24日を祝日にするための祝日法改正案などを来年の通常国会に提出する方針を固めた。
    10月の「体育の日」を「スポーツの日」と改称したうえで、20年に限って「スポーツの日」を7月24日に移す案が有力視されている。

     議連は今月31日に開く会合で方針を確認し、法改正案などの取りまとめに向けてワーキングチームを発足させる。政府も議連の方針に理解を示しており、同改正案などは成立する公算が大きい。

     五輪開会式の当日は首都圏で、各国要人の出席に備えた大規模な交通規制や、世界中から集まる観光客でかなりの混雑が予想されている。議連は、混雑の緩和策として通勤・通学や経済活動を大幅に抑えられる開会式当日の祝日化が有効だと判断した。内閣官房幹部も「祝日化は最適な手段だ」と賛同している。

    http://www.asahi.com/amp/articles/ASK8P76R0K8PUTFK01B.html

    【東京五輪の開会式、法改正で祝日に】の続きを読む

    このページのトップヘ