2018年01月

    b23508a2
    1: どてらを着た名無し 2018/01/31(水) 12:48:44.31 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180131/k10011309421000.html

    ユニセフ=国連児童基金は、ことし1年間に北朝鮮で5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにし、国連安保理の制裁で支援物資を運ぶための燃料費が高騰するなどの影響が出る中、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。

    ユニセフはことし1年間に世界で行うべき人道支援活動の概要をまとめ、30日、スイスのジュネーブにある国連ヨーロッパ本部で記者会見して発表しました。

    このうち北朝鮮について、およそ1800万人が食料の供給が不安定な状況にあると見られ、5歳未満の子ども6万人が深刻な栄養失調に陥るおそれがあると明らかにしました。

    ユニセフによりますと、人道支援の活動は国連安保理の制裁の対象から除外されていますが、支援物資を北朝鮮国内まで運ぶための燃料費が高騰するなど影響が出ているということです。
    また金融機関の審査も厳しくなり、北朝鮮国内への資金と物資の運搬により時間がかかるようになっていて、滞りなく支援を実施できるかどうかが課題だとしています。
    そのうえで、北朝鮮の子どもたちへの支援にはことし1年間で1650万ドル、日本円でおよそ18億円が必要だとし、国際社会に支援を呼びかけています。

    【ユニセフから大事なお知らせです 北朝鮮の子ども6万人が深刻な栄養失調のおそれなので18億円支援してください 】の続きを読む

    o0578049612274099534
    1: どてらを着た名無し 2018/01/30(火) 18:54:44.54 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160518?cx_module=latest_top

    2018年1月30日 17:53 発信地:ニューデリー/インド
    【1月30日 AFP】性暴力事件が頻発するインドで30日、首都ニューデリーの自宅でレイプ被害に遭った生後8か月の女児が、病院で3時間に及ぶ手術を受けていたことが分かった。

     今回の事件は28日、女児の両親が仕事先から帰宅した際、ベッドの上で血だらけになっている女児を発見して病院へ駆けつけたことで発覚。

     PTI通信(Press Trust of India)によると、警察は女児のいとこ(27)を性犯罪児童保護法(Protection of Children from Sexual Offences Act)に基づき、逮捕・訴追した。有罪となれば終身刑が科される可能性がある。

     インドの女性団体「女性のためのデリー委員会(Delhi Commission for Women)」の代表であるスワティ・マリワル(Swati Maliwal)氏は病院を訪れた後、「最悪の事態が発生した」とツイート。「生後8か月の赤ちゃんが首都で残酷にレイプされ、病院で一命を取り留めようと闘っている」と述べた。

     国連(UN)の子どもの権利委員会(Committee on the Rights of the Child)は2014年、インドにおけるレイプ被害者の3人に1人は未成年であり、子どもたちへの性的虐待が拡大していると警鐘を鳴らしていた。

     また国家犯罪統計局(National Crime Records Bureau)の最新の統計によると、2015年には子どもに対するレイプ事件がおよそ1万1000件報告され、首都圏だけで毎日平均3人の子どもがレイプされたとしている。(c)AFP

    【【インド】生後8か月の女児をレイプ、27歳のいとこ逮捕】の続きを読む

    yjimageKFKYYYCP
    1: どてらを着た名無し 2018/01/29(月) 12:49:46.00 ID:CAP_USER9
    息子の彼女に売春させる 容疑で母子逮捕、警視庁

     警視庁少年育成課は29日、当時17歳の少女(18)に対する児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都練馬区の無職の女(55)と長男(18)を逮捕した。
     捜査関係者によると、少女は長男と交際。
     2016年11月に家出をして親子の家に身を寄せていたが、2人から「生活費稼ぎなさいよ」「稼がないと殺すぞ」などと脅されたとみられている。

     逮捕容疑は16年12月、少女に50代の客と豊島区内のホテルでわいせつな行為をさせた疑い。
     女は「(少女が)勝手にやっていた」と容疑を否認、長男は認めている。

     捜査関係者によると、親子はツイッターで少女の本名を使って客を募り、16年12月~17年1月までに二十数回売春させ、少女が客から受け取った計約70万円を全額回収。
     生活費に充てていた。(共同)

    日刊スポーツ [2018年1月29日12時37分]
    https://www.nikkansports.com/general/news/201801290000374.html

    【【東京】息子の彼女(当時17歳)に売春させる 容疑で母子逮捕  】の続きを読む

    d2e8afa606f9063624c75c0ff802402d1672f0c6
    1: どてらを着た名無し 2018/01/28(日) 10:44:51.14 ID:CAP_USER9
    県立高校の女子生徒が教室で男子生徒に嫌がらせをしている様子を撮影した動画が
    インターネット上の会員制交流サイト(SNS)に投稿され、波紋を呼んでいることを受け、
    新潟県教育委員会と同校の校長は26日夜に記者会見し、いじめと認定したとした上で「心からおわびする」と謝罪した。

    県教委によると、19日午後1時すぎ、女子生徒が同校の教室で同級生の男子生徒の顔に物を投げたり、貼り付けたりした。

    男子生徒が嫌がる様子を別の女子生徒がスマートフォンで撮影し、写真共有サイト「インスタグラム」に投稿。
    別の高校生2人がツイッターに転載するなどしたためネット上で拡散した。

    ネット上では女子生徒を批判する投稿が相次ぎ、生徒の個人情報まで書き込まれる事態になった。
    女子生徒は恐怖を感じ、授業は現在受けていないという。

    学校側の聞き取り調査に対し、この女子生徒は「過去にも仲間同士で何回かやっていて、
    たまたま近くにいた男子生徒に軽い気持ちで投げた」と説明。
    撮影した生徒は「面白いことがあれば投稿してきた」と話したという。生徒らは反省し、男子生徒に謝罪したいとしている。

    男子生徒はカウンセリングを受けながら、26日には登校して授業を受けた。
    男子生徒は昨年12月、今回とは別の生徒から机と教卓を入れ替えられる嫌がらせを受けていたという。

    同校は近く、保護者を集めて説明会を開く予定。

    http://www.sankei.com/life/news/180128/lif1801280023-n1.html

    【新潟】県立高で女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到★6
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517001385/

    【【新潟】「いじめ動画」の県立高校長がいじめと認定、謝罪 加害女子生徒はネット上の批判に恐怖を感じ授業受けられず 】の続きを読む

    1189441338137
    1: どてらを着た名無し 2018/01/27(土) 04:11:01.27 ID:CAP_USER9
    安倍首相、外国への援助「5年間で2兆8500億円」
    8時間前
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275206.htm

     施政方針演説に対する代表質問で安倍総理は、日本が行った外国への援助は2012年から5年間で2兆8500億円だと明らかにしました。
     参議院本会議の代表質問で社民党の福島副党首は、2012年の第二次政権発足以降、安倍総理が表明した外国への援助は54兆円あまりになるとして、「膨大ではないか」と迫りました。

     「総理が表明した額を機械的に加算した場合、円借款や一部重複部分を含め、54兆3621億円になるという回答が、昨日ありました。これでよろしいですか。54兆3621億円は、あまりに膨大ではないですか」(社民党 福島瑞穂 副党首)
     「単純に金額を足し上げた、議員ご指摘の54兆3621億円は、民間資金と重複計算により額が膨大に膨らんでおり、極めて誤解を招く数字です。そこで、2012年から2016年までの5年間の外務省のODAの年平均は約5700億円でありまして、5年間の総額は、5年間の総額は、今言われたように、今言われたようにですね、これは54兆円ではなくて、2兆8500億円」(安倍首相)

     また、憲法改正について安倍総理は改めて「各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において議論を深め、前に進めていくことを期待しています」と述べました。

    【安倍首相 外国への援助「5年間で2兆8500億円」 】の続きを読む

    このページのトップヘ