2018年07月

    1: どてらを着た名無し 2018/07/29(日) 20:49:58.63 ID:CAP_USER9
    ◆首相、自民総裁3選有力 所属議員310人が支持

    9月の自民党総裁選に向け、共同通信社は29日までに所属国会議員405人の支持動向を直接取材などを通じて探った。
    約76%に当たる310人が連続3選を目指す安倍晋三首相を支持した。

    立候補を準備する石破茂元幹事長は石破派を中心に24人、野田聖子総務相は本人を含めて2人だった。
    国会議員票(405票)での首相の大きなリードは党員・党友による地方票(405票)の行方に影響を及ぼすのは必至だ。
    首相の3選が有力となった。

    総裁選は国会議員票と、地方票の計810票で争われ、過半数を獲得した候補が勝利する。
    6年ぶりの選挙戦となる見通し。

    東京新聞 2018年7月29日 16時28分
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018072901001491.html

    【安倍首相、自民総裁3選有力 所属議員310人が支持 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/28(土) 03:02:03.40 ID:CAP_USER9
    アメリカのトランプ大統領は27日、ホワイトハウスで会見し、ことし4月から6月までのGDP=国内総生産の成長率の速報値が前の3か月に比べて
    プラス4.1%の大幅な伸びとなったことについて「すばらしい数字だ。さらに成長は加速していくだろう」と述べて、アメリカ経済の先行きに自信を示しました。

    そのうえで、貿易の問題について言及し、「アメリカは同盟国を含む各国から虐待されてきた。彼らはアメリカの雇用や富を奪ってきた」と述べて、
    日本やEU=ヨーロッパ連合など同盟国に対しても貿易赤字の削減を求めていく姿勢を強調しました。

    トランプ政権は、日本の自動車産業にも影響が大きい輸入車への関税の上乗せを検討していて、来月までに必要な調査を終えることにしています。

    また、日本との間では、日米の閣僚による新たな貿易・投資の協議を今後1か月以内に始める方針を示していて、ことし11月の議会の中間選挙を前に
    具体的な成果をあげるため、大幅な譲歩を要求することも予想されます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180728/k10011552741000.html

    【トランプ大統領「アメリカは同盟国を含む各国から虐待されてきた。彼らはアメリカから雇用や富を奪ってきた」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/27(金) 09:40:32.36 ID:CAP_USER9
    7/27(金) 6:30配信
    毎日新聞

     スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

     多くの大学は7~8月が試験期間となる。通知では学生がボランティアをすることへの意義を説き、大会期間中は授業や試験を避けることを促した。授業開始時期の繰り上げや祝日の授業実施は学則などに基づき、学校の判断で特例措置を講じることができる。

     首都大学東京は昨夏、期末試験を大会前に終了させるなどして大会期間中に原則、授業や試験を行わないことを決めている。国士舘大も26日、同様の方針を発表した。【田原和宏】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000006-mai-spo

    【東京五輪中に大学は授業を避けボランティアに参加しやすい環境を 国通知 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/27(金) 12:00:30.19 ID:CAP_USER9
    発展途上国の貧困対策などの資金に充てるため、一部の国が導入している「国際連帯税」について、河野外務大臣は、先進国によるODA=政府開発援助が縮小傾向にあることを踏まえ、導入を前向きに検討すべきだという考えを示しました。

    「国際連帯税」は、途上国の貧困対策などに充てるため、航空券などに課税するもので、外務省によりますと、フランスや韓国など14か国が導入しています。

    河野外務大臣は、26日、都内で開かれた、国際連帯税について考えるシンポジウムで、「残念ながら、先進国の中には『援助疲れ』が起きつつあり、日本のODAもピークに比べて半減している。
    財政的な制約を考えれば、縮小のトレンドを大きく転換することは極めて難しい」と指摘しました。

    そのうえで、「国の予算に依存せず、必要な資金のギャップを埋めることができるやり方として、『国際連帯税』は有力な方法の1つだ。ぜひ、議論をしっかりと前に進めてもらいたい」と述べ、導入を前向きに検討すべきだという考えを示しました。

    シンポジウムでは、来年度の税制改正大綱に、国際連帯税の導入に向けた具体的な道筋を明記することや、政府内に有識者による検討機関を設けることなどを求める宣言文を採択しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180727/k10011550891000.html

    【【新しい税金のお知らせ】発展途上国を支援する「国際連帯税」について政府が検討か 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/27(金) 12:58:07.99 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180727-00397306-fnn-soci

    27日未明、北海道・札幌市で、マンションの外壁に1時間にわたってタコが投げつけられ、警察が出動する騒ぎがあった。

    27日午前2時ごろ、札幌市中央区のマンションで、「壁に何かが当たっている」と住民から警察に通報があった。

    警察が出動し調べたところ、マンションの周辺10メートルにわたって、バラバラになった状態のタコが落ちていた。

    通報者は「ここに、タコの頭と目玉が落ちている感じだったんですよ。このへんに、タコがちりばめられていた。
    壁に何回か(タコが)当たっているんですよね」と話した。

    タコは、生の状態でおよそ1時間にわたり、壁にぶつけられていたとみられる。

    警察によると、けが人などの被害はないという。

    【北海道 マンションの外壁に1時間にわたってタコが投げつけられ、警察が出動する騒ぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ