2018年08月

    1: どてらを着た名無し 2018/08/31(金) 14:24:10.77 ID:CAP_USER9
    東京五輪のスポーツドクターの仕事依頼がきたが、「案の定 無償」だったとして医師が苦言を呈している。

    産婦人科医で婦人科スポーツドクターの高尾美穂氏は、東京五輪でのスポーツドクターの依頼がきたことを29日にTwitterで報告。しかし、その報酬は「案の定 無償」だったとして、「本気でこれでいいのか?これでは日本スポーツ界は変わっていかない」と疑問を呈している。医師としてのスタンスについて、「好きな人が好きなことやってるんだからいいでしょ?じゃない、資格持って責任持ってする仕事なんだよ」と語っている。

    高尾氏の苦言を目にした人からは、命に関わる専門職まで無償で依頼する東京五輪に対して疑問の声や批判が殺到。「金は払わないけど、全責任を取れですね」「プロの医師の時間を拘束するなら、覚悟とお金が必要、ということですね。ボランティアはない」「日本は技術者に対する賃金の考え方が緩い」といった声も寄せられている。

    なお、東京五輪のボランティアは、大会運営に携わる8万人の「大会ボランティア」、観客の方々を迎える3万人の「都市ボランティア」が必要とされている。「大会ボランティア」の中には、応急手当セットを所持して会場を巡回する「ファーストレスポンダー」や、大会関係者が会場間を移動する際の車両運転など、場合によっては命に関わるような職種も含まれている。その活動期間は、1日あたり8時間程度を10日間以上。また、東京までの交通費と宿泊費は自己負担となるなど、参加者の負担が大きいとの批判が上がっている。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0831/4334581566/20180831122446766_thum630.jpg
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0831/blnews_180831_4334581566.html

    【【東京五輪ボランティア】スポーツドクターまで無償依頼、医師が苦言「資格持って責任持ってする仕事なんだよ」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/30(木) 17:12:19.99 ID:CAP_USER9
    ◆「猫の餌にするため」69歳男、インコとハムスター万引きで逮捕 異常な言い訳にネット戦慄

    28日、栃木県那須塩原市のホームセンターで、69歳の男がインコとハムスターを万引きした男が現行犯逮捕されたことが判明。
    その驚きの動機に怒りの声が上がっている。

    男は那須塩原市豊浦のホームセンターで、インコ1羽とハムスター3匹、そして蚊取り線香約1万1700円分を万引き。
    異変を察知した従業員が呼び止めると、逃走を図る。

    しかし、従業員は親指を引っかかれるなどしたものの逃さず、身柄を確保。
    警察に引き渡し、強盗致傷容疑で現行犯逮捕となった。

    警察の取り調べに対して男は、インコとハムスターを万引きした理由について「猫の餌にするためだった」と供述。
    本当か嘘かは不明だが、なんと猫に食べさせるために生き物を万引きしたというのだ。

    男はインコとハムスター、そして蚊取り線香を持って逃げておきながら、「店に戻ってお金を払うつもりだった」とかなり苦しい言い訳をしており、「猫の餌」発言と合わせて、精神的な異常を指摘する声もある。
    それにしても許せない、インコとハムスターを猫の餌にしようとした行為。

    猫が本当に食べるのかは不明だが、人間に飼ってもらうために販売されている動物を猫に餌として食べさせようとする行為は、「命」を軽視していると言わざるを得ない。
    ネットユーザーからも「発想も行動もクズすぎる」「頭が逝かれている」「生き物を飼う資格がない」と怒りの声が殺到している。

    男の真意は不明だが、飼うために販売されている動物を「食べる」ために買うことは遺憾。
    しかも、それを盗んでいるとなれば「クズ」といわれても、致し方ないだろう。

    リアルライブ 2018年08月30日 12時30分
    https://news.nifty.com/article/domestic/rl/12184-42442/

    【【栃木】猫の餌にするため、インコとハムスターを万引き…異常な言い訳にネット民戦慄 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/29(水) 07:47:00.58 ID:CAP_USER9
    ◆「真珠湾攻撃忘れないぞ」 米大統領、会談時に安倍氏へ圧力

    米紙ワシントン・ポスト電子版は28日、トランプ大統領が6月にホワイトハウスで安倍晋三首相と会談した際「(第2次大戦の)真珠湾攻撃を忘れないぞ」と前置きした上で、難航している通商問題の協議を始めたと伝えた。
    異例の発言の背景には、対日貿易赤字の削減を目指し圧力を強める狙いがありそうだ。

    米国では真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」との見方が強い。
    日本側の弱みと見なしてトランプ氏が通商交渉で譲歩を引き出すために、あえて日米首脳会談で触れた可能性がある。
    同紙によると、トランプ氏は真珠湾攻撃に言及した後、米国の対日貿易赤字について激しく非難した。

    共同通信 2018/8/29 05:44
    https://this.kiji.is/407274648608244833

    【「真珠湾攻撃を忘れないぞ」 トランプ大統領、6月会談時に安倍首相へ圧力 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/28(火) 15:07:24.50 ID:CAP_USER9
    先日、フランスのブルターニュ地方にある小さな海辺の村が、夏真っ盛りだというのに遊泳を禁止した。

    その原因というのが、海で遊ぶ人間を狙う凶暴化したイルカである。

    問題となっているのは3メートルほどの若いオスイルカで、地元ではザファーという名前で親しまれていたという。

    そんな中、8月23日、ビーチで遊んでいた女性の元にザファーがやってきて、口で空中に勢いよく投げて遊ぶという事件が起こった。

    その後、海上に浮くカヤックや小型ボートをひっくり返しては、体の一部をこすり付ける行為もし始めたのである。

    一体ゼファーに何が起こったのだろうか。

    欲求不満で豹変
    それまでザファーは、人間を好いている可愛らしいイルカだったという。

    海水浴に来た子供に背びれを掴ませると一緒に泳いでくれたり、ボートに乗る観光客に会いに来てくれたりと、サービス精神がたっぷりだったようだ。

    そのおかげで地元では愛されていたようだが、ここ数週間前、急に性格が変わってしまったと村民は話しており、この短い期間だけでも、凶暴化したザファーによって何名かの観光客が被害を訴えてきたという。

    専門家によると、ザファーは性的な目覚めの時期にあるというが、今のところ彼がつがいのメスと泳いでいる姿は見られていないという。こうした理由から、専門家の間では欲求不満に陥り気性が荒くなっていると推測されている。

    これを受け、海があるランデヴェネック市の市長は遊泳を禁止し、イルカを発見したら50m以上の距離を取るように呼びかけている。

    ザファーに恋人が見つかり、前のような穏やかな性格に戻ってくれればありがたいものだが・・・。

    ・Sexually frustrated dolphin named Zafar terrorises tourists on French beach
    https://www.telegraph.co.uk/news/2018/08/27/swimming-banned-french-beach-sexually-frustrated-dolphin-named/?utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Facebook#Echobox=1535373368
    https://www.telegraph.co.uk/content/dam/news/2018/08/27/TELEMMGLPICT000172604358_trans_NvBQzQNjv4BqQHW9rhAULCP41yHBq6R2zko5t77v9ebRVDNyUnei9Pw.jpeg

    https://www.telegraph.co.uk/content/dam/news/2018/08/27/TELEMMGLPICT000172603036_trans_NvBQzQNjv4BqM37qcIWR9CtrqmiMdQVx7JpbtToIkP0cMhosWdpZ5Wc.jpeg

    2018年8月28日 edamame
    https://edmm.jp/78632/

    【【フランス】性的欲求不満から凶暴化し海で人を襲い続ける凶暴化したイルカ / 遊泳禁止区域に 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/24(金) 15:10:33.14 ID:CAP_USER9
    トランプ米大統領は、北朝鮮に対する働きぶりを安倍晋三首相に感謝されたと発表した。安倍首相はまた、日本国内の人びとが安全を感じていると述べたという。
    トランプ氏が米テレビ局「フォックスニュース」のインタビューで明かした。両首脳は22日、電話会談を行った。

    「私は今朝、日本の安倍首相と話した。彼は『あなたが北朝鮮に対して行っているあの素晴らしい仕事に感謝したい』と会話をはじめた。
    彼は、日本の方向に長らくミサイルが飛んでいないと言った。彼は、日本の人びとが安全を感じていると述べた。」

    トランプ氏はまた、多くの米メディアが氏の「偉大なる成功」に批判的だと愚痴をこぼした。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長やプーチン大統領との首脳会談に言及したもの。
    「私は、ロシアと見解の一致点を見出したい。すべての人と見解の一致点を見つけたい。彼ら(メディア)は、私が北朝鮮に非常に強硬だったと述べていた。
    だがプーチンに関して彼らは、私が余りに穏健だったと述べた。」
    トランプ氏は、露米首脳会談がシリアやウクライナに関する点でも「偉大な成功」だったと強調。「クリミア半島がオバマ大統領時代に与えられた」ことを「誰も言及したがらない」と主張した。
    先の報道によると、トランプ氏と安倍氏は電話会談で、北朝鮮に対する制裁を支持していくことで合意し、9月にニューヨークで開かれる国連総会の場で会談することを確認した。

    2018年08月23日 23:36  スプートニク日本
    https://jp.sputniknews.com/politics/201808235257794/

    【トランプ氏 安倍首相が北朝鮮への働きに感謝と明らかに 】の続きを読む

    このページのトップヘ