20151117_pari_4
1: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:23:38.58 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000526-san-soci

東日本大震災後、津波の被災地では心霊体験が多く語られるようになった。
そんな体験談を東北地方の作家らが取材し、「震災怪談」として作品化した。
30日で発生から2000日。作品は単なる娯楽ではなく、死者への供養や
鎮魂とともに、遺族の心を癒やす効果もあるとして注目を集めている。

震災怪談集「渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉」を出版したのは仙台市の
出版社「荒蝦夷(あらえみし)」。実話を基にした10人の作家による45編が
収録されている。

荒蝦夷の土方正志代表は「震災怪談は泣ける話ではなく、リアルな死が
背景にある。5年たってまだ語れない人も立ち直れない人もいる。
怪談が表現のツールになれば」と話す。

《帰ろうと下駄箱のカギを外して中からブーツを取り出し、脚を入れた瞬間。
白い花弁が一房、靴の中にあった。(中略)二週間後、木棺に入れられて、
父が帰ってきた。胸の上に、白い花が添えられていた。靴の中に入っていた、
あの白い花と同じものだった》

震災で父の勉さん=当時(53)=を亡くした須藤文音(あやね)さん(28)は
体験した出来事を怪談「白い花弁」としてつづった。勉さんは宮城県気仙沼市で
津波に巻き込まれ、2週間後に遺体で見つかった。その2週間、文音さんの
身近で不思議な出来事があった。

「父の亡くなった状況は今でも分からない。でも書いているうちに、成仏してほしい
という思いとともに、父の最期が痛くなかったらいいな、苦しくなかったらいいな、
と思えるようになった」

文音さんは書くことや話すことで徐々に勉さんの死を受け入れられるように
なったといい、「怪談は父と私をつなぐツール。生きている人と亡くなっている人を
つないでいる」と語る。

文芸評論家の東雅夫さんによると、関東大震災(大正12年)後もこうした実話を
基にした震災怪談が作品になったといい、「怪談は死者の話を生きている人が
書いて生きている人が読む。亡くなった人の物語を生者が言葉にし、語り、
共有することで鎮魂や供養になっている」と解説する。

一方、平成7年の阪神大震災後にこうした動きがなかったのは、津波と火災による
被害の違いや、「遠野物語」の舞台でもある東北地方ならではの文化に由来
するのではないかとも分析する。

《知り合った人から“某所に出る子供の幽霊”の話を聞いた。絶句した。なぜなら
その子供を知っていたからだ。目撃されたのは、確かにその子の家の跡地。
語られた背格好も、その子と一致する》

被災地出身で怪談作家の小田イ輔さんは知人や顔見知りの人の死を体験した。
「自分の身内が流されて5年たって落ち着いたとはいえない。津波で亡くなった、
新聞に名前が載った、で終わりじゃない。その人が生きていた証しを拾い上げて残す。
誰にも訪れる『死』を突き詰めたのが怪談だ」と話している。

2: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:24:29.84 ID:iHKGqh6R0
成仏してない件



3: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:25:08.79 ID:yHhtRi260
幻覚です



6: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:26:00.79 ID:Tvm0kx2v0
お化けも必要とされてるのにお前らときたら



10: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:26:56.25 ID:jgnGHL2V0
> 語られた背格好も、その子と一致する

子供ならだいたい似た格好してるだろ



184: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:29:44.87 ID:v7NwL5bq0
>>10
だよね。
亡くなった子の親がこれ聞いたらふざけんなって怒りそう。



13: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:28:06.69 ID:mupkre720
人間の思いが強いとオバケを作り出すってことがよく分かるね



49: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:41:55.20 ID:lxcXZiG70
>>13
ほんとこれ
幽霊っていうのは癒しだったのかもしれんな



57: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:44:35.43 ID:q4O7l3fI0
>>13
まあ究極のセラピーだわな
遺族にとっては



19: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:31:26.14 ID:JF8CMW330
寝ぼけた人が見間違えたのさ



23: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:33:42.73 ID:p6+8G6py0
>>19
だけどちょっと だけどちょっと僕だって怖いな



25: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:34:11.75 ID:qtQ1h1o20



64: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:46:44.92 ID:ADJLgQxp0
遺族がそれで慰められるならいいじゃない



72: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:49:13.59 ID:Ze/CvMAQ0
戻ってきたらあかんやん



90: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:56:11.25 ID:AAnw8kYMO
>>72
お盆に戻ってくる先祖の霊もあかんやつですか?



83: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:54:50.52 ID:xnnHupa50
大好きだったおネコ様が亡くなった時は、化け猫でもいいから出てきて欲しいと思ったよ
ペットですら虚無感に襲われて、寂しさが解消されないんだぜ
自分の家族子供だったら、魂がねじ切れる思いだろうな



104: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:03:33.36 ID:eYzzM9Ce0
そろそろお彼岸だからなあ。
おまえら墓参りしろよ。



125: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:10:15.89 ID:XE/rafmG0
悪いが俺には人の死を金儲けのネタにしたという感じにしか見えん



203: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:35:39.85 ID:OdL8TkG90
>>125
悪いが俺もそう思う。
人の悲しみをネタにするなんて冒涜だと思う。
いろいろとエクスキューズをしているようだが、要はそういうことだ。



136: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:14:10.20 ID:6PvVTSk80
できるだけ聞き取ったままのやつが読みたいけど
作家10人じゃなあ



141: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:17:13.19 ID:ctwcnZh00
印税を全て被災者に寄付しないなら、ただの薄汚い作家どもの金儲け



169: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:26:41.30 ID:obF2tKS90
阪神の時はまったくなかったが、東北の時はよく怪談が出てくる。
直下型と違って、史上何番目かの大震災だったけど。

ま、東北の民度の問題なんだろうが。



199: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:34:37.40 ID:9UaXzbH00
>>169
民度というより風土だと思う



209: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:38:01.01 ID:RQ7CNtxp0
>>169
オレは心霊なんか信じないけど
阪神みたいに直下型で下敷きとはいえ遺体があるのと
東北みたいに津波に流されて見つけた時には骨の状態かそもそも遺体もない、遺品すらもないって状態と同じではないだろ



172: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 08:26:55.03 ID:Gtl1FCdE0
俺も今戻ってきてるしな



引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1473114218/