災害

    hokuto_rei20150224
    1: どてらを着た名無し 2017/02/02(木) 18:00:00.58 ID:bOPQWJ880 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    東日本大震災で両親を亡くした当時小学生のおいの未成年後見人に選任された宮城県石巻市の男が、
    おいの預金口座に振り込まれた災害弔慰金などおよそ6800万円を着服したなどとして、業務上横領などの罪に問われた裁判で、
    仙台地方裁判所は「横領した金を高級車の購入などに使い悪質だ」として、懲役6年の判決を言い渡しました。

    石巻市の飲食店経営、島吉宏被告(41)は、平成23年、震災で両親を亡くした当時9歳の小学生のおいの未成年後見人に選任され、
    平成26年までのおよそ3年にわたって、おいの預金口座に振り込まれた災害弔慰金やおいの両親の死亡共済金など合わせておよそ6800万円を引き出して着服したなどとして、
    業務上横領などの罪に問われました。

    裁判で、島被告は「横領したつもりはない。未成年後見人は育ての親という認識でおいのカネは使っていいと思った」と起訴内容を否認したのに対し、検察は懲役10年を求刑していました。

    2日の判決で仙台地方裁判所の小池健治裁判長は「未成年後見人の職務をわきまえず、両親を失ったおいの財産を飲食店の開業資金や高級車の購入などに使い悪質だ。
    おいの将来のための資金が失われ多大な悪影響を与えた」として懲役6年を言い渡しました。

    震災孤児の預金を横領 未成年後見人の男に懲役6年
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170202/k10010862251000.html

    【【クズの極み】震災で両親を亡くした孤児の後見人が弔慰金や保険金などを勝手に使い込む その金額は・・・】の続きを読む

    20151117_pari_4
    1: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 07:23:38.58 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000526-san-soci

    東日本大震災後、津波の被災地では心霊体験が多く語られるようになった。
    そんな体験談を東北地方の作家らが取材し、「震災怪談」として作品化した。
    30日で発生から2000日。作品は単なる娯楽ではなく、死者への供養や
    鎮魂とともに、遺族の心を癒やす効果もあるとして注目を集めている。

    震災怪談集「渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉」を出版したのは仙台市の
    出版社「荒蝦夷(あらえみし)」。実話を基にした10人の作家による45編が
    収録されている。

    荒蝦夷の土方正志代表は「震災怪談は泣ける話ではなく、リアルな死が
    背景にある。5年たってまだ語れない人も立ち直れない人もいる。
    怪談が表現のツールになれば」と話す。

    《帰ろうと下駄箱のカギを外して中からブーツを取り出し、脚を入れた瞬間。
    白い花弁が一房、靴の中にあった。(中略)二週間後、木棺に入れられて、
    父が帰ってきた。胸の上に、白い花が添えられていた。靴の中に入っていた、
    あの白い花と同じものだった》

    震災で父の勉さん=当時(53)=を亡くした須藤文音(あやね)さん(28)は
    体験した出来事を怪談「白い花弁」としてつづった。勉さんは宮城県気仙沼市で
    津波に巻き込まれ、2週間後に遺体で見つかった。その2週間、文音さんの
    身近で不思議な出来事があった。

    「父の亡くなった状況は今でも分からない。でも書いているうちに、成仏してほしい
    という思いとともに、父の最期が痛くなかったらいいな、苦しくなかったらいいな、
    と思えるようになった」

    文音さんは書くことや話すことで徐々に勉さんの死を受け入れられるように
    なったといい、「怪談は父と私をつなぐツール。生きている人と亡くなっている人を
    つないでいる」と語る。

    文芸評論家の東雅夫さんによると、関東大震災(大正12年)後もこうした実話を
    基にした震災怪談が作品になったといい、「怪談は死者の話を生きている人が
    書いて生きている人が読む。亡くなった人の物語を生者が言葉にし、語り、
    共有することで鎮魂や供養になっている」と解説する。

    一方、平成7年の阪神大震災後にこうした動きがなかったのは、津波と火災による
    被害の違いや、「遠野物語」の舞台でもある東北地方ならではの文化に由来
    するのではないかとも分析する。

    《知り合った人から“某所に出る子供の幽霊”の話を聞いた。絶句した。なぜなら
    その子供を知っていたからだ。目撃されたのは、確かにその子の家の跡地。
    語られた背格好も、その子と一致する》

    被災地出身で怪談作家の小田イ輔さんは知人や顔見知りの人の死を体験した。
    「自分の身内が流されて5年たって落ち着いたとはいえない。津波で亡くなった、
    新聞に名前が載った、で終わりじゃない。その人が生きていた証しを拾い上げて残す。
    誰にも訪れる『死』を突き詰めたのが怪談だ」と話している。

    【津波で亡くなった子の幽霊が戻ってきてくれた・・・。遺族の心を癒す「震災怪談集」が出版される】の続きを読む

    f0108248_6102453
    1: どてらを着た名無し 2016/08/27(土) 07:24:02.65 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160827-00000470-fnn-soci

    強い台風10号は、過去最強クラスの勢力で、来週30日ごろ、
    関東に直撃するおそれがある。
    一方、相次いだ台風の影響で、北海道・羅臼町では、27日午前7時
    現在も、およそ760人が孤立状態になっている。

    羅臼町では、24日発生した大規模な土砂崩れで、道路が寸断され、
    現在も266世帯766人が孤立している。
    町内2カ所に設置された避難所では、26日夜も、28人が不安な夜を過ごした。

    一方、強い台風10号は、来週の30日ごろには、関東に直撃するおそれが出てきた。
    午前6時現在、沖縄・南大東島の南南東、およそ280kmを、東北東に進んでいる。
    日本海付近に発生した寒気の渦に引き寄せられる形で、北西に進む見通し。
    その後、過去最強クラスの勢力で、関東に上陸するおそれがある。
    この台風の影響は、西日本にも及ぶ。

    西日本では、28日から、大気の状態が非常に不安定となる見込みで、
    大雨や落雷、竜巻などの突風に、十分な注意が必要となる。.

    【台風10号、過去最強クラスの勢力で関東を直撃する恐れ】の続きを読む

    4b52a9cf
    1: どてらを着た名無し 2016/07/24(日) 10:00:48.97 ID:CAP_USER9
    7月24日、伊豆大島近海で群発地震:状況と原因、相模トラフと駿河トラフは大丈夫?

    7月24日(日)、深夜から伊豆大島近海で地震が相次いでいます。
    最大震度は1から3。
    日付が変わってからすでに7回も起きています。
    地震への警戒は日本列島全体で必要ですが、伊豆近辺ははかねてから要注意と言われているだけに、この地震、慎重に推移をみていかなければなりません。

    ■伊豆大島近海の地震

    気象庁の発表を確認してみます。
    発表 検知 震央 規模 震度
    平成28年07月24日07時13分 24日07時09分頃 伊豆大島近海 M2.2 震度1
    平成28年07月24日06時42分 24日06時39分頃 伊豆大島近海 M2.5 震度1
    平成28年07月24日06時40分 24日06時37分頃 伊豆大島近海 M3.1 震度2
    平成28年07月24日02時48分 24日02時44分頃 伊豆大島近海 M3.4 震度3
    平成28年07月24日02時39分 24日02時36分頃 伊豆大島近海 M2.7 震度2
    平成28年07月24日02時35分 24日02時32分頃 伊豆大島近海 M2.9 震度2
    平成28年07月24日01時06分 24日01時02分頃 伊豆半島東方沖 M2.3 震度1
    平成28年07月24日01時02分 24日00時59分頃 伊豆大島近海 M3.3 震度3

    ■伊豆大島は地震の巣

    伊豆大島での大きな地震を振り返ってみましょう。
    ・1974年 伊豆半島沖地震
    ・1978年 伊豆大島近海地震
    ・1980年 伊豆東方沖地震

    また、かねてから東海地震や神奈川県西部地震への警戒が呼びかけられています。
    それぞれ想定されている震源は駿河湾や相模湾。

    ■伊豆大島、伊豆半島付近で地震が多い理由・原因

    伊豆半島は約100万年前に本州に衝突した、と言われています。
    もちろんある日ある時ドカーン、と衝突したわけではありません。じわじわとプレートの動きに乗って、隆起を伴いながらめりこんできた。
    つまりプレートがぶつかる境界にあたる。そのため地震や火山が多い、と考えられています。

    伊豆半島はフィリピン海プレートで北西方向に移動。
    静岡側には駿河トラフがあり、東京側には相模トラフがある。
    両者が交わったあたりの地上には箱根や富士山があるというわけです。

    こう見るだけでもこの地域が非常に警戒を要する場所だということが感じられますね。

    ■巨大地震が起きた場合、予想される被害は?

    東海地震や神奈川県西部地震は首都圏にも及ぶ可能性が高く、甚大な被害が予想されています。

    例えば東海地震で予想されている規模はM8。震度7が発生し、静岡県全域、山梨県、愛知県、神奈川県、長野県、岐阜県の一部で6強、6弱が予想されています。
    津波も予測されていて、被害としては建物全壊約26万棟、死者数約9,200人、経済的被害は約37兆円にのぼると考えられています。

    おさまってくれるとよいのですが、、、

    query777 2016-07-24 07:24
    http://query700.hatenablog.com/entry/160724_izu

    【【地震】伊豆大島近海で群発地震 相模トラフと駿河トラフは大丈夫か?】の続きを読む

    20130610_341657
    1: どてらを着た名無し 2016/07/15(金) 08:58:26.44 ID:CAP_USER9
    ■スーパーボルケーノの異常な亀裂

    写真は嘘をつかない。まずは見ていただこう。撮影場所は、アメリカ有数の観光地として知られるイエローストーン国立公園の一角だといえば、かなり危険な状態であることはだれにでもわかる。

    (写真)米ワイオミング州の「SNS Outfitter & Guides」が公開した、イエローストーン国立公園の巨大な亀裂。
    http://gakkenmu.jp/wps/wp-content/uploads/2016/07/gakkenmu.jp_snsyelloestone.jpg

    こうした風景はイエローストーン国立公園に限ったものではない。ワイオミング州内にも、まったく同じタイプの巨大な亀裂があることも確認されている。何らかの大規模な地学的変化が起きていることは間違いない。

    世界規模での地学的変化について考えるなら、コスタリカやインドネシアをはじめ、現時点で40もの活火山が噴火状態にある。そしてごく最近、エクアドルでもマグニチュード6.7と6.8という決して小さくない地震が立てつづけに起きた。

    日本国内に限っていっても、火山噴火予知連絡会および気象庁の定義に当てはまる活火山が110か所もある。ごく安全だったはずの箱根山でさえ、2015年には入山規制という措置が取られたことは記憶に新しい。それだけではない。阿蘇山、浅間山、御嶽山、口永良部島……。ニュース番組で取り上げられた最近の噴火だけを挙げても、これだけある。日本国内の火山は、何に刺激されて活動が活発になってきているのか。

    日本は環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイアー)の真上に位置している。その北米ブロックの中核といっていいイエローストーン国立公園の地下には、超弩級の火山〝スーパーボルケーノ〟が息をひそめている。

    ■巨大火山の連鎖噴火へ?

    世界には、6つのスーパーボルケーノが存在する。まずイエローストーン国立公園。そしてカリフォルニア州東部のロングバレー。もうひとつアメリカから、ニューメキシコ州北部のバレス・カルデラ。オセアニアではニュージーランドのタウポ・カルデラ。そしてアジアではインドネシア、スマトラ島北部のトバと鹿児島の姶良カルデラだ。

    国土面積だけを考えればかなり狭いはずの日本にスーパーボルケーノがあるのは驚きだ。そしてリング・オブ・ファイアーに点在するスーパーボルケーノは、どれがいつ大噴火してもおかしくはない状態にあるともいわれる。もし噴火したら、地球が今までの地球ではなくなってしまうことは確実だ。

    オレゴン州立大学の地学教授アイラ・ビンデマン氏は、イエローストーン国立公園のスーパーボルケーノが過去3回にわたり大噴火を起こしている事実を指摘する。最後は200万~210万年前だった。「恐ろしいのは、地球文明が生まれて以来大噴火が起きていないという事実です。イエローストーンは、カルデラ地核のベルトコンベヤーのような働きをしていると考えられます。ホットスポットと表現するのが正しいでしょう」とビンデマン氏は語る。

    そのホットスポットで観測された今回の巨大な亀裂が意味することは何か。そして、巨大な亀裂がワイオミング州にも現れたのはただの偶然なのか。さらにいえば、ごく最近の日本で頻発している大きな地震が、これらの兆候と無関係といいきれるのか。

    リング・オブ・ファイアーの中核部分であるイエローストーンの地学的活動は終息期に入りつつあると主張する専門家もいる。ただ、その見解も絶対的ではない。なにしろ、不吉な予感をかき立てる無気味な現象は、目の前で連鎖的に起きつづけているのだ。

    (写真)北米大陸最大の火山地帯であるイエローストーン国立公園が噴火すれば、北半球は壊滅するといわれている。
    http://gakkenmu.jp/wps/wp-content/uploads/2016/07/gakkenmu.jp_boiling-yellowstone.jpg

    (ムー2016年8月号より抜粋)
    http://gakkenmu.jp/column/7153/

    【【緊急警告】イエローストーンに巨大亀裂が出現! 環太平洋「スーパーボルケーノ」連続噴火で地球が地球でなくなる】の続きを読む

    このページのトップヘ