ニュース

    C8jt976VwAA2a5U
    1: どてらを着た名無し 2017/04/25(火) 18:33:17.14 ID:CAP_USER9
    今村復興相、大震災「地方で良かった」=直後に発言取り消し

    今村雅弘復興相は25日夕、東京都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について「(発生場所が)地方で良かった」との認識を示した。

    直後の記者団の取材に対し、発言を取り消す意向を示した。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000101-jij-pol

    【今村復興相「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると莫大な額になった」】の続きを読む

    yjimageKFKYYYCP
    1: どてらを着た名無し 2017/04/24(月) 10:34:45.72 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230025-n1.html

    鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、
    作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。
    一挙両得で、農家への所得補償は不要となり、原発も不要となる」などと23日までに
    相次いでツイート。これに対し、「現場を見ないでものを言わないで」「田畑の上に
    パネルを設置し、太陽光をさえぎるのはおかしい」などと批判や異論が殺到した。

    鳩山氏は、畑や水田にソーラーパネルを設置することで作物を育てながら太陽光発電できる、
    という説を「信金の相談役から伺いました」として、22日夜に以上の書き込みを相次いで
    ツイッターに投稿した。

    これに対し、「畑や水田の上にソーラーパネルを設置したら畑や水田に日光が当たりません。
    突風や台風対策にも多大な金と人手がかかる」「不作の年は発電量も収穫量も共倒れになる」
    「農業を知らない輩の妄言」「いまだに真顔でこんなことを」「東大出ても光合成を知らないという現実」
    「思いつきでモノを言う薄っぺらさは相変わらず」などと批判や異論が殺到した。

    これに対し、「ソーラーシェアリングというやつですね。震災後に発達してきた事業なので、
    あまり知名度は高くないかもしれません」という肯定的ととれるツイートも少数ながらあった。

    一般社団法人「ソーラーシェアリング協会」のホームページ(HP)によると、「ソーラーシェアリング」は、
    耕作地に架台を設け約3m上空にスリット状の太陽光パネルを隙間を開けて設置し、光飽和点を
    超える太陽光を利用して、営農を続けながら太陽光発電を行う仕組み。

    平成25年4月に農水省が公表したガイドラインで、耕作を継続しながら太陽光を行う
    「ソーラーシェアリング」が容認されたとも考えられる、として、同協会は農業の高齢化、
    後継者不足を解決できる可能性があるとしている。

    作物がよく育つかどうかは協会のHPの記載などを見てもよく分からないが、鳩山元首相が投じた一石。
    今後普及し、「原発不要」となるかどうか、注目される。

    【鳩山元首相、「畑や水田にソーラーパネルを設置すると作物がよく育つ」と珍説をツイートして大炎上】の続きを読む

    iStock_000037775724_Small-728x367
    1: どてらを着た名無し 2017/04/23(日) 15:15:37.88 ID:CAP_USER9
     人工知能(AI)の登場でロボットの存在感が世界で増している。日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズ(FT)が実施した共同の調査研究では、人が携わる約2千種類の仕事(業務)のうち3割はロボットへの置き換えが可能なことが分かった。焦点を日本に絞ると主要国で最大となる5割強の業務を自動化できることも明らかになった。人とロボットが仕事を競い合う時代はすでに始まっている。

     日経とFTは、読者が自分の職業・・・

    続きは有料記事になります。
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15581470R20C17A4SHA000/
    2017/4/22 22:00配信 日本経済新聞

    【ロボットと仕事競えますか? 日本は5割代替で主要国最大】の続きを読む

    mig
    1: どてらを着た名無し 2017/04/22(土) 00:06:01.19 ID:CAP_USER9
    日本政府は朝鮮民主主義人民共和国をめぐる情勢が緊迫化していることを受けて、弾道ミサイルが日本国内に落下した場合を想定した対処方法を公表した。

    内閣官房と総務省消防庁は共催で都道府県の担当者およそ70人を集めた説明会を開催。着弾の恐れがある際は全国瞬時警報システム(Jアラート)や防災行政無線、緊急速報メールなどで情報伝達が行われる。

    政府は屋外にいるときは「できるだけ頑丈な建物や地下街に避難する」などと呼び掛け、近くに適切な避難場所がないときは「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守」り、屋内にいる場合は「できれば窓のない部屋へ移動する」と説明している。

    ミサイル着弾を想定した住民避難訓練の必要性も指摘され、実際に近い場面を想定した訓練の実施が各都道府県に要請された。訓練の費用は日本政府が負担する。

    https://jp.sputniknews.com/japan/201704213561028/

    【「地面に伏せて頭を守って」 日本政府が北朝鮮ミサイル着弾への対処法を発表】の続きを読む

    img1454919507
    1: どてらを着た名無し 2017/04/20(木) 02:05:30.76 ID:CAP_USER9
    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17L0RX
    (リンク先に動画あり)

    [ソウル 19日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は、故金日成主席の誕生日を記念して開かれた公演の様子を放送した。公演は金正恩朝鮮労働党委員長も観覧した。

    公演では合唱に続き、2月に行われたミサイル発射実験の映像が流され、そのミサイルに他のミサイルが合流、太平洋を越えて米国で爆発し、巨大な火の玉が上がるイメージ映像も映し出された。

    映像は、炎に包まれた星条旗と墓地に並ぶ白い十字架で終わった。

    KCNAによると、こうしたパフォーマンスに観衆は声援を上げ、金委員長も笑顔を見せた。

    2017年 4月 19日 5:26 PM JST

    【【北朝鮮】ミサイルで米国が炎上する映像、北朝鮮が故金主席の記念公演で公開】の続きを読む

    このページのトップヘ