ニュース

    c1a07da8
    1: 紅あずま ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/11(土) 12:03:12.81 ID:CAP_USER9
    【編集日誌】中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事、発言なしですか
    産経ニュース:2016.6.11 08:32
    http://www.sankei.com/politics/news/160611/plt1606110019-n1.html

     中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入したことに、沖縄県石垣市の中山義隆市長は「非常に強い危機感を持っている」と述べました。
    尖閣を行政区域に抱える市政トップとして当然の反応でしょう。
    対照的に何もコメントしなかったのが翁長雄志知事でした。

     翁長氏は昨年5月の外国特派員協会での会見で「私も尖閣は日本固有の領土だと思っている」と明言しました。
    ならば即座にメッセージを発してもよかったはずです。
    共産党の志位和夫委員長も「軍艦侵入は軍事的緊張を高めるだけ」と批判したのですから。
    米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を訴える翁長氏として、中国の脅威を強調すると米軍基地の重要性を認めざるを得ないと懸念したのでしょうか。
    それとも翁長氏には危機感がないのでしょうか。
    (編集局次長兼政治部長 有元隆志)
     

    【中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事の欺瞞】の続きを読む

    gazou_0105
    1: かぜのこ ★@無断転載は禁止 2016/06/10(金) 18:28:14.39 ID:CAP_USER9
     戦争か平和かが問われる参院選にあたり、宗教・宗派を超えた
    宗教人と日本共産党との対話集会が6日、東京都新宿区の常圓(じょうえん)寺で開かれました。

     仏教、キリスト教、神道、天理教など幅広い宗教人と日本共産党からは
    田村智子副委員長・参院議員(参院比例予定候補)、山添拓参院東京選挙区
    予定候補、土井洋彦・中央委員会宗教委員会責任者が参加しました。

     山添氏は、昨年90歳で亡くなった祖父が戦地にいった経験をもち、安倍政権に
    強い怒りをもっていたことを紹介。「憲法9条を踏みにじる安保法制だけは許せない、
    安倍政権だけは許せない」の思いに応え、「比例での日本共産党支持の大波を
    つくりだし、田村さんをはじめ9人の当選を勝ち取り、その勢いで私も国会に駆け上がらせてください」と訴えました。

     田村氏は「安倍政権は政治の中身のひどさに加え、対話を拒否するおごり
    たかぶった手法も許せない」と強調しました。

     宗教人から、先日の伊勢志摩サミットで安倍首相が伊勢神宮に各国首脳を招き、
    「これが日本の伝統文化だ」としたのは問題だとの声がだされ、田村氏は
    「許されない宗教の政治利用。安倍政権には、明治期の価値観を日本の伝統文化
    として押し付ける姿勢が色濃い」と答えました。

     寺や神社が所蔵する文化財の維持や修繕への公的な補助が極めて少ない問題が
    提起され、田村氏は「歴史的文化遺産として政治が責任を持って守る。技能や材料の
    継承のための体系的な調査や施策を政治が行う必要があります」と答えました。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-07/2016060701_04_1.html

    【共産党が安倍首相を宗教の政治利用を許せないという集会を「常圓寺」で開く】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: 記憶たどり。 ★ 2016/06/11(土) 07:49:26.80 ID:CAP_USER9
    http://www.nikkansports.com/general/news/1661336.html

    政治資金私的流用問題で都民から批判を受けている東京都の
    舛添要一知事(67)が10日、都庁で定例会見を行い、都議会の
    代表質問でも問われた「台場ホテル問題」についても、あいまいな
    説明を繰り返した。

    調査報告書に書かれた10年11月27日の宿泊費。港区台場の
    ホテルで政治資金約10万6000円を計上している。調査結果では
    「26日の参院本会議が深夜まで続き、翌27日に大阪への移動を
    控えていたため」とし「不適切でない」と評価されていた。

    しかし、1泊10万円はかなり高い。家族同伴は「ない」と言い切ったが、
    値段がかさんだ理由を聞くと、「夜遅いからルームサービスなんか取ったのか…。
    かなりおなかがすいていたので『食べたな』という気はあります」と、
    空腹が主な理由だったと回答した。

    ルームサービスということは「1人で食べたのか」と聞かれると一転、
    「政治の世界ですから、相手のことは言えないんで。国会会期中で、
    おそらく何人かと(食事をしたと)思いますけど、非常に政治的な話なので、
    差し控えたい」とけむに巻いた。

    それでも「正当な政治活動だと思っている。厳しい国会運営をやっていた
    時ですから」と主張を曲げなかった。

    27日は早朝、羽田空港から大阪へ向かったという。

    【【悲報】舛添知事幼児退行を起こす】の続きを読む

    20130306_haraguchikazuhiro_27
    1: 筑前鐵太郎 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/09(木) 18:49:18.46 ID:CAP_USER
    中高年の過度な早寝早起きは要注意

     年齢とともに早寝早起きになることはよく知られている。中高年に「若いときよりも早寝早起きになったか」と聞けば7割以上の人は「イエス」と答える。特に60歳以上のいわゆるリタイア世代になるとその割合はさらに増加する。

     高齢者の早寝早起き、それ自体が悪いわけではない。しかし、過度の早寝早起きになると問題だ。

     夜9時過ぎには眠気が強まり、頭がぼんやりして、知らぬ間にソファーで寝込んでしまう。いったん寝ついても2、3時間もすれば目を覚ましてしまう。まだ暗いうちに何度も目が覚める、二度寝ができないなど睡眠満足感が低下することが多い。

     あまりにも早い時間帯から寝落ちすると一般的に睡眠の質は低下する。ホルモンや自律神経など眠りを支える心身の機能がしっかりと準備が調っていないためだ。いくつかの研究によれば、健康な70代の体内時計は、若者と比較しても高々1時間程度しか進んでいないため、夜10時前は多くの高齢者にとって寝るには早すぎる時間帯なのだ。

     ところが、睡眠習慣調査を行うと分かるのだが、体内時計の加齢変化以上に早寝早起きをしている中高年がとても多い。この傾向は特にリタイア後に顕著になる。

     ナゼ、年とともに必要以上に早寝早起きになってしまうのか、そこには大きく4つのステップがある。各ステップには中高年で多い中途覚醒や早朝覚醒を改善する生活上のヒントも隠されている。

    【第1ステップ:早朝覚醒】-早起きだけなら正常な変化だが…

     年齢とともに進行する「早寝」と「早起き」だが、実はこの両者が同時に起こることは少ない。多くの人ではちょっとした早朝覚醒から始まる。

     早朝覚醒が起こる原因はさまざまだが、最大の原因は加齢とともに必要睡眠量が減少することにある。また、睡眠の中でも特に深い睡眠が減るため、ちょっとした刺激、例えば物音や寒さ、尿意などで目が覚めてしまう(年齢とともに必要睡眠量が減る理由については「ゾウの睡眠、ネズミの睡眠」で詳しく解説したのでご一読いただきたい)。

     つまり、中高年では眠りを維持する力が低下するようになり、早朝覚醒が起こりやすくなる。白髪や老眼と同じように、ある程度の早起きは正常な加齢変化と言える。ただし、当初は「年相応」に思われても、その「ちょっとした」早起きがさらに強度の早起きを招く悪循環の第2ステップにつながる。

    全文はリンク先にて
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00010002-nknatiogeo-sctch

    中高年では早寝早起きが自然光や家庭照明の浴び方を変えて体内時計の朝型化を加速させ、さらなる早寝早起きをもたらす悪循環に陥る。(イラスト:三島由美子)
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160609-00010002-nknatiogeo-000-1-view.jpg

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/060800010/01.jpg?__scale=w:800,h:600&_sh=0e002e0690

    【なぜ老人は必要以上に早寝早起きになるのか】の続きを読む

    20130610_341657
    1: 筑前鐵太郎 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/11(土) 01:14:01.26 ID:CAP_USER9
     愛知県設楽町の山あいでは、120年に一度しか咲かないと言われている珍しいササの花が一斉に開花していることが確認された。

     国内で太平洋側に多く分布するササの一種の「スズタケ」。10日、森林の調査を行う研究者らが設楽町の段戸湖周辺約5000ヘクタールで「スズタケ」の花が一斉に開花したことが確認されたと発表された。

     過去の文献によると、スズタケの一斉開花は1897年以来約120年ぶりで、大変貴重な現象だという。ササは開花した後、枯れてしまうことが分かっていて、研究者は、一帯のササが枯れることで、今後、生態系にどんな影響を与えるのか調査したいとしている。

    リンク先ニュース動画有
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160610-00000037-nnn-soci

    【凶兆の表れか? 120年に一度咲く「スズタケ」が一斉開花】の続きを読む

    このページのトップヘ