ニュース

    PICKH20131203_A0002000100200002_l
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 18:15:44.07 ID:CAP_USER
    名護市長「問題を引き起こしたのは日本政府」、中国ネット沸... - Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a142574.html


    2016年6月21日、フェニックステレビによると、沖縄県名護市の稲嶺進市長が尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題と関連して「こういう状態を引き起こしたのは日本政府である」と述べた。

    フェニックステレビのインタビューに応じた稲嶺市長は、米軍基地の移設問題について「普天間飛行場を名護市に移設する計画については、絶対にだめです。米軍基地があるが故の事件・事故であるとはっきり言える。こういう負担をこれ以上させてくれるなと、もう嫌だと沖縄県民は言っている」と述べた。

    また、「抑止力の問題や地理的優勢という論理性はもう崩れてしまっている。問題を引き起こしたのは日本政府だと思う。日本政府が煽ってこういう状況が引き起こされたと私は思っている。沖縄でも基地問題が大きくクローズアップされている状況の中で、中国のことが大変だから沖縄に置いておかなければならないという、それを口実にして、沖縄での基地強化をしよう(としている)」と語った。フェニックステレビは、「名護市長が尖閣問題の責任は日本にあると発言した」と報じている。

    これに対して、中国のネットユーザーからは、「良心的な言葉だ。日本の国有化がなければ現在の釣魚島の問題はなかった!」「この市長に感謝する。敬礼!」「沖縄の独立を支持する」「世界に発信してくれてありがとう」「日本の中央と地方の関係は不思議なもんだな」「中国なら絶対に『売国奴』と言われているだろう」「残念ながら、こういう考えの政治家は多くない」「個人的には、どこの国・政党であろうと、国民に安心して生活させられることが重要。国や政党の強さは国土や財政じゃない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

    【沖縄県 名護市市長「問題を引き起こしたのは日本政府」】の続きを読む

    eu_01
    1: どてらを着た名無し 2016/06/23(木) 09:34:21.49 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000006-reut-eurp

    調査会社オピニウムが公表した英世論調査によると、欧州連合
    (EU)離脱の是非を問う国民投票を翌日に控え、離脱を支持する
    との回答が残留を1ポイント上回った。

    離脱派が45%に対し、残留派は44%だった。

    前回調査(14━17日実施、18日公表)では、離脱派、残留派が
    44%で並んでいた。

    発表を受けて、ポンド<GBP=D4>は売られ、対ドルで一時
    1.4665ドルまで値を下げた。

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466616918/
    1が建った時刻:2016/06/23(木) 02:35:18.81

    【離脱か残留か イギリスのEU離脱派が残留派を1ポイントリード 英世論調査】の続きを読む

    31925726
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 04:58:14.94 ID:CAP_USER9
    母親から覚醒剤反応 大阪の女児エアバッグ死亡事故
    朝日新聞デジタル 6月22日 2時12分配信

     大阪市東住吉区で2月、車の助手席に乗っていた女児(当時3)がエアバッグで胸を圧迫されて死亡したと
    みられる事故で、運転していた母親(30)=堺市中区=の尿から覚醒剤成分が検出されていたことが、
    捜査関係者への取材でわかった。尿検査は事故の2日後で、事故との関連はわかっていないという。大阪府警は
    5月に覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕し、大阪地検が同罪で起訴した。

     捜査関係者によると、事故から2日後に母親に事情を聴いた際、体がふらついて不自然だとして任意で尿を検査。
    覚醒剤反応があり、東住吉署は5月9日に母親を逮捕した。母親は「友人にもらった薬に入っていたのではないか」と
    否認したが、起訴後に保釈が認められたという。

     母親は2月17日夕に軽乗用車を運転中、東住吉区の市道で電柱に衝突し、助手席の次女が死亡した。
    東住吉署は今月16日、前をよく見ずに運転したとして、母親を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで
    書類送検していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000005-asahi-soci

    【大阪】エアバッグで圧迫され3歳女児死亡か [無断転載禁止]©2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466458905/

    【【交通事故】母親から覚醒剤反応 同乗していた3歳女児はエアバッグで圧死】の続きを読む

    4493532i
    1: どてらを着た名無し 2016/05/14(土) 08:58:18.63 ID:CAP_USER
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci
    Business Journal 5月14日 6時1分配信


    2014年4月9日、会見を行う小保方晴子氏(撮影=吉田尚弘)拡大写真

     今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である。

     海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている。以下に同論文の概要を紹介する。

    <(1)序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である。

    (2)実験:そこで、理化学研究所と米ハーバード大学から発表されたプロトコルを改変して、セルライン化されたT細胞に刺激を与える実験を行った。

    (3)結果:当グループが見つけたpH3.3の条件では、酸処理後、多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した。AP陽性の多能性細胞は酸処理ストレス下を生き延びて優位に増加。

    (4)考察:小保方晴子氏【編注:一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理研を退職】が英科学誌「ネイチャー」で発表したプロトコルでは成功しなかった。それは、使用している緩衝液の緩衝能が適していないことが理由として考えられたので、それも変更した。

     一番の発見は、このような瀕死のストレス条件では、Acute T-cell leukemia(ヒト急性T細胞白血病)の細胞株である JurkatT細胞が、万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである。何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ>

     わかりやすく解説すると、以下のようになる。

    <小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい>

    ●がん細胞の分野で研究の価値大

     今回の論文で多能性を確認したAP染色陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発現が確認されている多能性マーカーのひとつである。細胞が酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものだ。


    40
     世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、同論文を次のように評価している。

    「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ。細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、がん細胞ではできた可能性があることを、このハイデルベルク大学の論文は示している。

     また、この研究者らの実験では、小保方氏が確認した多能性を示すOCT4の発現を変えることができなかったようだが、異なる結果として、De Los Angelesほかが、STAPプロトコルのような、強いストレスでOCT4の発現が増加した例を紹介している。

     ともあれ、『ネイチャー』のSTAP論文撤回後、海外の大学、しかもハイデルベルク大学においてSTAP現象を確認する実験が行われたことは注目すべきことである」

     がん細胞の一種であるJurkatT細胞に対して、小保方氏が行った方法ではうまくいかなかった理由について、ある生物学の専門家は次のように分かりやすく説明してくれた。

    「細胞の種類によってストレス反応に違いがあることも一因と考えられます。小保方氏はがん細胞以外の細胞を使っていたため、ストレスをかけるpHの違いが出ても不思議ではありません。

     また、培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです。それほど微妙な調整が必要な世界であり、プロトコル(手順)通りにやっても同じ結果が得られないことは普通です。
    【STAP細胞はありましたぁ!! ただしドイツに】の続きを読む

    0b60e2f6aec4035bd74f2a1644172a25_400x400
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 14:11:28.09 ID:CAP_USER
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6P7VBRJ6PPLFA00N.html

    シャープの買収を決めた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は22日、台湾・新北市の本社で株主総会を開いた。
    郭台銘会長は買収手続きについて「今月中にすべて終わる予定だ」と述べ、6月末までに完了させるとの見通しを明らかにした。

     買収の手続きを終えるため、独占禁止法などの審査を日本や中国など各国で受けている。台湾の当局など、一部の許可は得ている。

     鴻海の総会では、郭会長がその年の事業方針を説明する。シャープについて公式に語るのは、4月にシャープと買収契約を結んでから初めて。

     郭会長は「日本式のやりかたは、会社にとって利益がないと判断したらきっぱりカットしたい」と発言。
    シャープが重視している従業員の維持については、個人ごとに信賞必罰の制度を採り入れる方針を示し、
    「場所を替えても飼い主を替えても悪い卵しか産まない鳥はいらない。カットすべき人はカットする」と続けた。

     今後の協力関係については「シャープと協力してスマートフォンや洗濯機、エアコンを開発することも考えられる」と話した。(台湾・新北=新宅あゆみ)

    【【悲報】鴻海精密工業 シャープに対して無慈悲のリストラ祭り宣言】の続きを読む

    このページのトップヘ