ニュース

    o0578049612274099534
    1: どてらを着た名無し 2017/10/03(火) 16:41:56.57 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010010-nishinpc-soci

    3日午後、福岡県内の中学校で、男子生徒(14)が、男性教員(46)の顔を
    拳で数回殴る暴行を加え、顔面打撲の傷害を負わせたとして、この教員が
    生徒を傷害容疑の現行犯で常人逮捕した。

    県内では、先月29日、私立高校の男子生徒(16)が男性講師(23)を蹴る動画が
    インターネット上に投稿され、福岡県警が生徒を傷害容疑で逮捕する事件が
    あったばかり。福岡地検は2日、この生徒について「勾留は不必要と判断した」
    として釈放した。

    【福岡県 殴られた教員が殴った生徒を傷害容疑の現行犯で常人逮捕】の続きを読む

    kisekizz
    1: どてらを着た名無し 2017/09/30(土) 00:26:21.52 ID:CAP_USER9
     共産党は、共闘を進めてきた民進党の「背信行為」(志位和夫委員長)に怒りを募らせている。希望の党公認で衆院選に出馬する民進党出身者の選挙区に対抗馬を擁立する考えだ。29日は希望の党と一線を画す社民党と11都府県20選挙区で候補者一本化に合意した。希望の党に入らない民進党出身者も支援する考えで、激しく揺さぶっている。

     「野党第一党がこんなに無残な形でプライドを投げ捨てていいのか。候補者が希望の党の公認になった場合は、共産党は原則公認候補を擁立する」

     志位氏は29日、横浜市での街頭演説でこう明言し、野党共闘をほごにした民進党を猛批判した。希望の党を「自民党政治の補完勢力に他ならない」ともこき下ろした。

     共産党は260選挙区近くで候補を内定していた。これまで与野党1対1の構図を作ることが重要だとして、民進党と重複する200以上の選挙区で調整を行い、接戦区を中心に候補を下ろす構えだった。

     それだけに民進党が「非自民・反共産」を旗印とする希望の党への合流を決断したことに怒りが収まらない。希望の党は民共など4野党が「廃止」で合意した安全保障関連法を容認し、志位氏は「(民進党が希望の党に)屈すれば大きな政治的変節だ」と批判した。

     共産党は手をこまねいてはいない。志位氏は記者団に「こういう状況でも共闘の立場に立つ政党や議員、候補者と連携はしっかりしたい」と強調し、希望の党に入らない民進党出身者との候補者調整に言及した。

     小池晃書記局長は29日の記者会見で、社民党と競合していた7選挙区で候補を撤回すると明らかにした。各選挙区には共産党票が約2万票あるとされ、これを武器に、希望の党になびく勢力を切り崩す考えだ。

     一方、党熊本県委員会は29日、熊本2、4区に予定した候補の取り下げを発表した。4区には希望の党に公認申請する民進党系の元職がいるが、地元組織による従来の選挙協力合意を優先した。公示が迫る中、希望への「刺客」作戦を徹底できず、混乱も際立っている。(水内茂幸)

    http://www.sankei.com/politics/news/170929/plt1709290109-n1.html

    【怒る共産 民進→希望の「背信者」に対抗馬擁立 不参加者は支援で激しく揺さぶり】の続きを読む

    ChLi5RGXEAAUW6X
    1: どてらを着た名無し 2017/10/01(日) 19:57:03.16 ID:CAP_USER9
    希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が民進党からの入党希望者に対し、「安全保障関連法の容認」や「憲法改正への賛同」などの入党条件を提示していることを巡って、長野県内の民進党の立候補予定者から戸惑いの声が出ている。

    衆院の解散後初めての週末となった30日、予定者らは不安や不満を抱えながら、有権者のもとへ向かった。

     地元で支持者回りや集会を精力的にこなしていた民進党の立候補予定者は、希望の党からの条件案に「民進党全員が合わないということになる。とんちんかんな内容だ」と切り捨てた。

     別の立候補予定者は、これまでの地元支援者との会合で「憲法改正の阻止は自らの信条」と明言してきた。「自分の政治信念について、希望の党が『だめ』だというのなら(対応を)考えるしかない」と、不満をあらわにした。

     別の立候補予定者は地元支援者向けに開いた国政報告会で「希望の党は憲法改正を是としているが、9条改正に対して歯止めを掛けられるかどうかが重要」と強調した。その上で、自身については「来週中に希望の党から公認を受けるか、無所属で出るかはっきりさせたい」と述べた。

     一方、希望の党は、入党済みの前衆院議員や新人を中心とした第1次公認の発表を30日に予定していたが、見送った。

     民進党県連関係者の一人は、この希望の党の第1次公認案と思われるリストを見せてもらったという。関係者は取材に「長野県内での擁立の予定はなかった」と明らかにした上で「こちらが提示した立候補予定者5人は全員、希望の党から公認を得られると思う」と期待感を示した。

     ◆希望の党が民進党からの入党希望者に提示する主な条件

     ▽限定的な集団的自衛権行使の容認

     ▽安全保障関連法を容認

     ▽憲法改正に賛同

     ▽消費増税の凍結に賛同

     ▽民進党から支給された政党交付金などの提供

    2017年10月01日 11時23分
    http://sp.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171001-OYT1T50031.html

    ★1が立った時間 2017/10/01(日) 12:16:32.76
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506845191/

    【【希望の党】入党条件は「とんちんかんな内容だ」…民進党に戸惑いの声】の続きを読む

    20160601-05846612
    1: どてらを着た名無し 2017/09/29(金) 15:07:28.48 ID:CAP_USER9
     【ソウル=名村隆寛】韓国国会の女性家族委員会は27日、毎年8月14日を慰安婦の記念日とする法案を可決した。本会議でも通過する見通しで、来年から韓国の法定記念日になることは確実。今後の日韓関係に影響を及ぼすことは必至だ。

     記念日については、韓国で市民団体などがすでに、8月14日を「世界慰安婦の日」に定めている。今年は各地で慰安婦像設置などの行事や式典が行われた。ソウル市内では慰安婦像を乗せた路線バスが運行。バスは今月末までの予定で、現在も市内を走っている。

     韓国女性家族省は来年の記念日制定の方針を決めていたが、今年の行事には関わらなかった。法定記念日になれば、毎年8月14日には韓国政府が関わる慰安婦の公式行事が行われるものとみられる。翌15日は日本による朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」で、これまで以上に反日色の強い時期となることが予想される。

     女性家族省は25日、中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市にある国立墓地「望郷の丘」に、慰安婦の追悼碑を設置する計画を発表したばかり。年内に完成させ、来年6月6日の「顕忠日」(朝鮮戦争での戦死者など国家に貢献した人々を追悼する記念日)に除幕式を行う方針だ。

    追悼碑の設置について、韓国外務省26日、「慰安婦問題を歴史の教訓としていく努力は、慰安婦合意と関係なく続けていくというのが韓国政府の立場だ」との立場を表明している。

    配信2017.9.27 12:48更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/170927/wor1709270045-n1.html

    【【韓国】8月14日を慰安婦記念日に制定へ 国会委員会で通過 来年から法定記念日に】の続きを読む

    mig
    1: どてらを着た名無し 2017/09/28(木) 16:51:02.40 ID:CAP_USER9
    2017年9月28日

     来月6日に発表されるノーベル平和賞で、2014年から3年連続候補になった「憲法九条を保持している日本国民」が今年は対象から外れた。アピールしてきた相模原市の市民団体が明らかにした。今回の受賞はなくなったが、憲法は次期衆院選の争点の一つ。グループはさらなる世論喚起に意欲を示している。 (井上靖史)

     「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会によると、国会議員や大学教授らによる推薦が締め切られた直後の二月、ノーベル委員会に確認したところ「日本国民は対象ではない」と回答があった。昨年までは候補だと事前に説明を受けていた。実行委共同代表の鷹巣直美さん(40)は「最近の選挙結果を見て、日本が憲法を壊そうとしていると考えたのではないか」と推測した。

     活動が始まったのは、第二次安倍政権が発足して間もない二〇一三年一月。改憲に向けた動きが活発化しつつある中、二児の母でもある鷹巣さんがインターネットで「九条にノーベル平和賞を」と署名活動を始めたのがきっかけだった。賛同者は年々増え、今年八月現在で七十三万千筆に上る。

     この四年間、政治情勢に大きな変化が見えないどころか、「多くの憲法学者が違憲とする安全保障関連法の整備など、憲法を無視した政治を政権は進めた」と鷹巣さん。同法で自衛隊の役割を広げた上で、憲法に位置付けようとする動きを「ずるい」とみる。

     ノミネートから外れても活動は緩めない。「安保関連法の違憲訴訟や、選挙での野党共闘の推進、国会前や人が集まる横浜・桜木町でのデモなどを通じて世論喚起をしていきたい。日本国民の代表として受賞するのにふさわしい首相が選ばれるよう、行動していく」と訴えた。

     実行委はノーベル平和賞の発表を多くの人と見守るパブリックビューイングを六日午後五時から、相模原市南区相模大野のユニコムプラザさがみはら実習室1で開く。本年度の活動報告もする。参加無料。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201709/CK2017092802000189.html

    【【ノーベル平和賞】「9条保持の日本国民」今年はノーベル賞対象外】の続きを読む

    このページのトップヘ