海外

    gazou_0105
    1: どてらを着た名無し 2017/11/06(月) 17:58:36.11 ID:CAP_USER9
    (CNN) 米国のジョージ・H・W・ブッシュ、息子のジョージ・W・ブッシュ両元大統領が、
    14日に発売される書籍のインタビューの中で、トランプ大統領を「ほら吹き」などと酷評していることが6日までに分かった。

    この書籍「ラスト・リパブリカンズ(最後の共和党員)」の中で父ブッシュ氏は、著者である歴史家のインタビューに
    答えてトランプ大統領を「ほら吹き」と形容。息子のブッシュ氏も「あの男は大統領であることの意味が分かっていない」と断じた。

    元大統領2人がトランプ大統領をこれほどあからさまに酷評したのは初めて。

    インタビューは2016年の大統領選を控えた同年5月に行われた。

    トランプ氏について尋ねられた父ブッシュ氏は、「好きではない。あまりよくは知らないが、ほら吹きだということは知っている。
    彼がリーダーになることはあまり感心しない」と述べ、トランプ氏には「謙虚さ」が必要だと語った。

    息子のブッシュ氏も「私の一家を見てもらえれば分かるように、(謙虚さは)一つの相続財産だ。
    周囲の期待にもかかわらず、(トランプ氏には)それが見えない」と話している。

    結局大統領選では2人とも、自分たちが所属する共和党の候補者だったトランプ氏に投票しなかった。
    父ブッシュ氏は民主党のヒラリー・クリントン氏に投票し、息子のブッシュ氏は白票を投じたという。

    ホワイトハウスは4日、CNNの取材に対し「もし1人の大統領候補者が政党を解体できるのであれば、
    同党に所属する2人の元大統領が残したレガシーはその程度の強さだったということだ」
    「始まりはイラク戦争だ。米外交史上最大級の過ちだった」とコメントした。

    トランプ大統領は4日、東京へ向かう途中で感想を求められ、「帰国後にコメントする」と語った。

    https://www.cnn.co.jp/usa/35109908.html

    ブッシュ両元大統領
    https://www.cnn.co.jp/storage/2017/11/06/15c3dc1a21cfc3dbacaa3c62ed7b41d0/george-w-bush-george-h-w-bush-getty.jpg

    【【米国】ブッシュ元大統領親子がトランプ氏を酷評・・・父「好きではない。ほら吹きだ」、子「私の一家の謙虚さは相続財産。彼にはない」 】の続きを読む

    haburashiya_100004
    1: どてらを着た名無し 2017/11/03(金) 16:57:46.77 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
    米コネチカット州の白人学生が、ヘイトクライム(憎悪犯罪) の罪に問われている。
    自分のルームメイトだった黒人学生を追い出そうと、相手の所持品を体液で汚したことを認め、逮捕・訴追された。
    ハートフォード大学の学生だったブリアナ・ボロチュー容疑者(18)は1日までに、器物損壊と治安破壊の軽罪で訴追された。
    コネチカット州ウェスト・ハートフォードの警察は、重罪にあたる偏見・差別にもとづく威圧行為を罪状に加えるよう、判事に要請したという。

    ハートフォード大学のグレッグ・ウッドワード学長は1日、ブロチュー容疑者がもはや同大学の学生ではないと明らかにした。
    ブロチュー容疑者は大学寮のルームメイト、シェネル・ロウさんに対して、所持品を体液で汚染させる行為を繰り返していた疑い。
    一連の問題行為は、容疑者がそれをインスタグラムで自慢したため明らかになった。
    容疑者のアカウントはすでに非公開になっているが、投稿内容をロウさんがフェイスブックで紹介し、地元メディアが伝えた。

    そのひとつによると、容疑者は「ついにやった、ルームメイトを追い出したよ!! 1カ月半、あいつのココナツ油に唾を吐いて、カビたディップをローションに混ぜて……歯ブラシをお尻の穴に入れて、
    他にもいろいろやった。これでついに、ジャマイカ版バービーとはおさらば」と書いていた。

    学生宛ての声明でウッドワード学長は、ブロチュー容疑者の行為は「言語道断」で、「きわめて不快」な出来事だと語った。
    「今朝の時点で、ブリアナ・ブロチューは、もはやハートフォード大学の学生ではありません。彼女が当校に復学することはありません」

    ブロチュー容疑者は1日朝、ハートフォード地区裁判所 に短時間出廷したが、発言しなかった。
    被害に遭ったロウさんはフェイスブックに投稿したビデオで、寮の部屋に引っ越した際、ブロチュー容疑者から「歓迎されず」、「馬鹿にされている」と感じたと話していた。
    ロウさんによると、しばらくすると体調を崩し、「激しい喉の痛み」に苦しんだ。
    ブロチュー容疑者の行動に関係しているはずだと、ロウさんは主張している。

    「(容疑者の投稿の)この段落をずっと見ている。だって、この段落には彼女がしたことがたくさん書いてあって、これ以外にももっといろんなことしたって言ってたから」
    「でもほかに何を、もっとたくさんしたのかは知らない。私、どれだけの間、あの歯ブラシ使ってた? 向こうは私の歯ブラシをお尻に入れたって言ってる」 

    (英語記事 Student charged after smearing bodily fluids on roommate's bag)
    http://www.bbc.com/news/world-us-canada-41839501

    https://ichef.bbci.co.uk/news/375/cpsprodpb/9913/production/_98578193_mediaitem98578192.jpg

    米白人学生、黒人ルームメイトの持ち物を体液で汚染 訴追・退学 - BBCニュース 2017年11月2日
    http://www.bbc.com/japanese/41841968

    【白人女子大生、黒人ルームメイトの歯ブラシをケツの穴に突っ込んで逮捕・訴追 インスタで自慢したことから発覚】の続きを読む

    205140_i
    1: どてらを着た名無し 2017/10/27(金) 10:37:06.27 ID:CAP_USER9
    フランス警察の特殊部隊RAIDが、探していた人物のいる家ではなく、その隣の家に間違えて突入した。
    家には、フランス北部リール近郊アム出身の夫婦とその1歳半の娘がいた。

    女性(妻)によると、ドアの外で音がしたのでドアスコープから覗いてみたものの何も見えず、一歩下がったその時、爆薬でドアがぶち抜かれたという。
    女性は娘の耳をふさぐことができたため、女の子は特殊部隊が家に突入する前に投げたスタングレネードの被害を受けずにすんだ。

    夫はベッドから引きずり出され、ひざまずかされて手錠をかけられた。
    なお特殊部隊は数分後に自分たちのミスに気づき、容疑者のいる隣の家へ向かった。

    その後、警察は家族に謝罪し、家のドアを修理することを約束した。
    特殊部隊の上層部は今回の出来事について、先にアパートのバルコニーに狙撃銃を持った人物がいることに気づき、RAIDがこの人物を迅速に拘束するために向かったが、その際には場所を特定するためにクローズアップ写真が使われたため、細部まで区別することができなかったと説明した。

    https://i.imgur.com/eNgGCcQ.jpg
    https://jp.sputniknews.com/world/201710264222354/

    ■ M84スタングレネード
    M84、正確にはXM84は、フラッシュバンや閃光発音筒とも呼ばれる、アメリカで現在使用されているスタングレネードである。
    起爆すると同時に170-180デシベルの爆発音と15mの範囲で100万カンデラ以上の閃光を放ち、突発的な目の眩み・難聴・耳鳴りを発生させる。
    防護されていない人員は方向感覚の喪失や見当識の失調を起こす。
    これらの影響は全て一時的なものであり、M84は非致死性兵器として分類される。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/M84%E3%B9%E3%BF%E3%B3%E3%B0%E3%AC%E3%8D%E3%BC%E3%89

    【フランス特殊部隊、間違えて隣の家に突入…ドアを爆破してスタングレネード(閃光発音筒)を放り込んでしまう 】の続きを読む

    20081029232811
    1: どてらを着た名無し 2017/10/21(土) 16:42:56.81 ID:CAP_USER9
    動物愛護団体が激怒している。“獣姦専門の売春宿”に多くの客が訪れ、動物たちが被害を受けているというのだ。

    セルビアの首都ベオグラードに、ヤギ、ヒツジ、ロバ、イヌ、ネコ、ガチョウ、ウシなどの動物に対して、歪んだ衝動をまき散らす施設が設けられ、多くの団体客を呼んでいるという。

    ドイツやオランダ、スウェーデンにイギリスといった国からやって来たお客は、動物の種類によっておよそ9000円から2万円支払い、さらにオプションでそうした行為の撮影も可能。動物愛護団体はすでにこの施設の場所も特定しており、警察に報告する準備が整っていると現地のメディアによって報じられた。

    ネットでは「なんて恐ろしい。人間とは思えない」「頭が混乱する。なぜなんだ」「いやはや。さすがにこれはフェイクニュースだろう…」「おかしい人間はいつでも、どこにでもいたよ」「動物保護の法律が守られている国は少ないから」と衝撃を受けている反応が多いようだ。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/1020/nrn_171020_5742696053.html
    動物愛護団体の皆さん
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/1020/5742696053/nrn_20171020024.jpg

    【「獣姦専門の売春宿」に動物愛護団体が激怒(9000円~2万円、撮影も可) 】の続きを読む

    grilled branzino
    1: どてらを着た名無し 2017/10/18(水) 15:53:27.08 ID:CAP_USER9
    [17日 ロイター] - 米ジョージア州アトランタで、2人の幼い息子を生きたままオーブンに入れて殺害したとして母親が警察に逮捕された。米メディアが報じた。

    ラモラ・ウィリアムズ容疑者は2歳と1歳の兄弟を殺害した容疑で訴追された。

    当局によると、ウィリアムズ容疑者は子どもたちを中に入れた状態でオーブンのスイッチを入れ、子どもたちの父親に連絡して殺害する様子をビデオで見せたという。

    捜査員が到着した時、子どもたちはやけどで重傷を負った状態で発見された。

    家族によると、ウィリアムズ容疑者が精神疾患を患っていた。容疑者の母親は、子供たちの親権をはく奪するよう福祉当局に要請していたと話している。

    配信2017年10月18日 / 13:10
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/georgia-crime-mother-idJPKBN1CN0CK

    【【米国】幼い兄弟(2歳・1歳)を生きたままオーブンで殺害 母親逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ