動物

    o0650043413477409952
    1: どてらを着た名無し 2016/08/05(金) 19:26:51.80 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160805-00000042-ann-soci
    テレビ朝日系(ANN) 8月5日(金)18時48分配信

     銃で撃った理由は「餌(えさ)ばかり食べて」という馬への怒りでした。

     今年2月、北海道新冠町で起きたサラブレッド射殺事件で、銃刀法違反などの罪で起訴された元牧場経営者の榊明彦被告(60)が「これまで世話してきたのに餌ばかり食べて」などと怒りを覚えたと供述していることが警察への取材で分かりました。「借金の悩みから自暴自棄になり、馬をライフル銃で撃った」と衝動的に犯行に及んだと供述しているということです。

    【【悲報】北海道でニートがライフル銃で撃ち殺される】の続きを読む

    1189441338137
    1: どてらを着た名無し 2016/08/03(水) 20:20:52.10 ID:UFa1I8T90 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    死んだペットの猫からダチョウまで「ドローンに改造」してしまう男
    http://sorae.jp/030201/2016_08_02_drone.html
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802ncat1.jpg
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802cat2.jpg
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802ncat4-e1470111784289.jpg
    https://youtu.be/w8yaaaAZ4r4



    死んだペットは火葬にしたり剥製にしたりと思い出のとっておき方は色々ありますが、
    こんな斬新な方法は見たことがありません。オランダ在住のBart Jansenさんは亡くなったペットの猫を皮切りに、
    ダチョウやサメなどさまざまな動物の皮をドローンへと改造し始めました。

    Jansenさんは2012年に、亡くなったペットの猫のOrvilleをドローンへと改造したことで話題となりました。
    その時に制作に協力したのは、エンジニアのArjen Beltmanさん。彼らはその後、ドローンを内蔵した
    「フライング・ダチョウ」の制作にとりかかります。

    現在2人はYouTubeチャンネルのAJ+を開設し、シャーク・ドローンやラット・ドローン、
    それにアナグマの皮を利用した潜水艦などさまざまなプロダクト?を制作しています。

    彼らのドローンはすべて道で轢かれた動物の皮を利用しています。さらに死んだ動物を持ち込めば、
    ドローンに改造してくれるサービスも行っているそうです。本格的な商業サービスという印象は受けませんが、
    これもある意味アートの一貫なのかもしれませんね。

    【死んだ飼い猫をドローンに改造した男のその後…】の続きを読む

    20140430-a1b176351e37f9a88e1b0e523b2549cd
    1: どてらを着た名無し 2016/07/27(水) 19:46:57.13 ID:CAP_USER9
    (CNN) オーストラリア・タスマニア州でこのほど、公衆トイレでオーストラリアオットセイが眠っているのが見つかり、
    当局の対応の末、無事に海へと帰る出来事があった。

    サミーとあだ名がつけられたオットセイが見つかったのはタスマニア州北部デボンポートにある墓地の女性用公衆トイレ。
    デボンポート市議会によれば、発見されたときのオットセイはまるで、「ちょっとした冒険に出かけて、
    家からかなり離れ場所にいる」ようだったという。

    オットセイはオスで体重は約120キログラム。野生動物の担当当局に引き渡されたが、
    当局は、搬送の手はずを整える間、オットセイをいったんトイレのなかに閉じ込めたという。

    オットセイは近くの海岸に移送され、数時間後に海へと放たれた。

    市議会は、対応した当局へ謝意を示すとともに、「サミーが海岸に到着。波乗りの準備中」と報告した。

    CNN
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-35086520-cnn-int
    画像 Sammy the seal was found sleeping in a public toilet in Tasmania.
    http://i2.cdn.turner.com/cnnnext/dam/assets/160727134251-tasmania-seal-01-exlarge-169.jpg

    【オーストラリア 女子トイレで居眠りしてたオットセイを保護、海へと返す】の続きを読む

    20061103161004
    1: どてらを着た名無し 2016/07/17(日) 18:08:17.43 ID:CAP_USER
    北極圏の海に生息する希少動物のベルーガ(シロイルカ)が、北海道の湖にすみついている。
    群れからはぐれた子どものメスで、一人の漁師になついて遊びに来る。
    野生のベルーガが人になつくのは非常に珍しいという。
    見物人に追い回されたり、けがをしたりしないようにと、地元の人たちも動き始めた。

    北海道網走市の能取(のとろ)湖。
    オホーツク海とつながる海水の湖で、
    ホタテ稚貝を養殖している石垣洋一さん(55)が船を出すと、水中を白い姿がまっしぐらに迫ってくる。
    船の下をくぐって反対側に頭を出し、プシュッと水しぶきを飛ばした。
    「仕事していると、いつも寄って来て遊ぶんだ」

    お気に入りはホタテのかごをたぐるかぎ状の道具。
    くわえようとしてじゃれる。
    開けた口の中に、はえ始めた歯がのぞく。
    体長は3メートル足らずでまだ小さい。

    写真:船から乗り出す石垣洋一さんに寄って来るベルーガ
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160716002164_comm.jpg
    写真:能取湖にすみついた子どものベルーガ。漁師の石垣洋一さんになついて漁具で遊ぶ
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160716002175_comm.jpg
    写真:小型カメラをみつめるベルーガ
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160716002919_comm.jpg

    以下ソース:朝日新聞 2016年7月16日21時34分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ7C6X5FJ7CUTIL06R.html

    【【画像あり】北極のベルーガ、北海道でひとりぼっち 遊び相手は漁師 】の続きを読む

    bc3749160b61a348093bdfe35405a536
    1: どてらを着た名無し 2016/04/09(土) 20:14:46.12 ID:CAP_USER
    9日午前11時10分ごろ、浜松市南区中田島町の水路内に大型のカメがいるのを通り掛かりの男性が見つけ、110番した。
    カメは体長約1メートル、重さは10キロ以上とみられる。
    浜松東署が拾得物として署内の犬小屋で預かっている。
    目立った外傷はない。

    同署によると、水路は幅約4メートル、水深約40センチで、遠州灘・中田島海岸から北に約2キロ。
    カメは家電量販店の駐車場近くで見つかり、発見者の男性は「どうしたら良いのか分からなかった」と驚いた様子だったという。

    写真:浜松市南区の水路で見つかり、捕獲されたカメ
    http://www.at-s.com/news/images/n23/228183/IP160409TAN000060000_0001_CDSP.jpg

    以下ソース:静岡新聞 2016/4/9 18:17
    http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/228183.html

    【【動画あり】静岡県 水路に1m大型カメ 警察署の犬小屋に保護】の続きを読む

    このページのトップヘ