動物

    t02200080_0532019412525120877
    1: どてらを着た名無し 2016/08/11(木) 00:28:14.96 ID:CAP_USER9
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/080900049/?s_cid=bpn_TopTl
     1頭、また1頭とケージから出てきた3頭のヒョウが、しなやかな動きで丘を下る。
    その姿は徐々にカメラから遠ざかり、カフカス自然保護区の森の中へと消えていった。7月にロシア国営テレビのカメラが捉えた光景だ。
    これが、彼らが人間を目にする最後の機会になるはずだ――研究者らはそう願っている。

     アフン、キリー、ビクトリアの3頭は、飼育下で繁殖したペルシャヒョウとして、世界で初めて自然環境に放たれた。

     ロシア、カフカス地方にあるヒョウ再導入センターは、一帯にペルシャヒョウを復活させることを目的として、
    2007年にソチ国立公園内に設立された。
    かつてペルシャヒョウは、黒海北方の丘陵地帯から、カフカス北部、ジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンに至る
    広大な地域に生息していた。
    もし今回の計画が成功すれば、18世紀以降、生息地の84パーセントを失ってきたペルシャヒョウの個体数増加に大きく貢献するだろう。

     現在、野生のペルシャヒョウの87パーセントはイランに生息しているが、カフカス地方でも目撃例があることから、
    おそらくは小規模な個体群がまばらに存在しているものと考えられる。

    「この計画が目指しているのは、イランに核となるひとつ目の大規模個体群、そしてロシアのカフカス地方にふたつ目の個体群を確保して
    小規模の群れを支え、種の存続を図ろうというものです」
    とプロジェクト・パートナーであるWWFロシアの代表を務めるイゴール・チェスティン氏は言う。

     現在までに、ソチの飼育センターは14頭の繁殖に成功しており、来年以降、計50頭が野生に放たれる予定だ。
    すべての個体には衛星追跡機能の付いた首輪が装着される。とはいえ、再導入計画はそう簡単には運ばない。

    ■ロシアのヒョウ

     カフカス地方のヒョウが減少し始めたのは、19世紀後半にロシアが一帯を征服し、そこを皇家の猟場として使うようになってからのことだ。

     彼らはヒョウを害獣であると宣言し、その毛皮にたっぷりと報奨金を出した。
    銃や毒を使った殲滅作戦は、1950年代にソビエト政府によってペルシャヒョウが絶滅危惧種に指定されるまで続いた。

     そのころには、ヒョウの数は自力での回復が難しいところまで減少しており、専門家らはイランとトルクメニスタンで捕獲した
    4頭を元にした繁殖計画を行うことにした。

     7月に野生に放たれた3頭は、2013年に再導入センターで初めて誕生した個体だ。
    同センターでは広さ12ヘクタールの土地に、繁殖エリアの他、木、池、巣穴、人工の崖を備えた6つの区画が用意されている。
    代表のウマル・セメノフ氏らはここで、ヒョウの狩りの技術を磨く訓練を行っている。

    ■滑り出し好調なれど、立ちはだかる障害

     すべてが順調に進んだわけではない。当初は、繁殖に苦労した。過去の再導入では、すべて野生で捕獲したヒョウが放たれていた。
    ソチの計画は前例のない試みなのだ。現在までのところ、野生に放たれた3頭は健康で、狩りも行っているという。

     セメノフ氏は、ロシア政府が今後、国内のカフカス地方全域に保護区域を設置することを期待しており、きょうだい同士で
    近親交配が起こらないよう、適切な距離をあけて配置していきたいとしている。

     とはいえ、まずはカフカス自然保護区でヒョウをうまく繁殖させることが先決だ。
    広さ27万9000ヘクタール超に及ぶ同保護区は、ユネスコ世界遺産に登録されている西カフカスの大部分を占めている。

     ヒョウの追跡チームを指揮するアナトリー・クダクティン氏が懸念しているのは、2014年のソチ・オリンピックに先駆けて作られた
    スキーリゾートが、周辺の保護区にまで拡張されることだ。

     昨年の法改正により、ミズムタ川上流に位置し、カフカス自然保護区に三方を囲まれたソチ保護区内で、観光施設の建設が可能になった。
    政府は以前、オリンピック開発に対する補償として、2つの保護区を統合することを計画し、新たに加えられた範囲も
    保護対象になるようユネスコに申請していた。

     ところが法改正を受け、ロシアは今年5月にこの計画を放棄してしまった。
    環境NGO「グリーンピース」はこの変更について最高裁で争ったが、7月に出た判決は、ソチ保護区内での観光施設建設は合法というものであった。


    続きはソースでどうぞ

    【動画】
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qW_LZ8Jgh4M


    【【動画あり】ロシアのヒョウ復活へ 3頭を自然に放つ】の続きを読む

    20121118165817e09
    1: どてらを着た名無し 2016/08/11(木) 19:08:56.78 ID:IS6mDpv00● BE:538181134-PLT(16931) ポイント特典
    3匹の猫が集団で鳴いているところに1匹、その場に相応しくない生き物がいるのである。それはオウム。
    オウムは猫の集団に紛れ込むだけでなく、猫の鳴き真似をして参加。

    一匹が一瞬威嚇しようするもひるんで手を引っ込め、手前の白い猫が立ち上がるとオウムが「シャー!」と
    猫の威嚇声で猫を威嚇。鳴き声だけでなく「シャー!」まで丸々コピーしてしまったのだ。

    3匹の猫は「なんだよこいつ」と明らかに別物のが現れ、怯えてしまっている。
    3匹の猫を飼っているために自然と猫の鳴き声を覚えてしまったこのオウム。

    この動画はTwitterに投稿され、1万2000RTされ拡散されている。

    http://goo.gl/e2nKyH
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org970424.jpg

    動画
    http://fast-uploader.com/file/7026465547299/

    【猫が集団で鳴いている中にオウムがどさくさに紛れて猫のマネをする動画が凄いと話題にwwwwwww】の続きを読む

    o0650043413477409952
    1: どてらを着た名無し 2016/08/05(金) 19:26:51.80 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160805-00000042-ann-soci
    テレビ朝日系(ANN) 8月5日(金)18時48分配信

     銃で撃った理由は「餌(えさ)ばかり食べて」という馬への怒りでした。

     今年2月、北海道新冠町で起きたサラブレッド射殺事件で、銃刀法違反などの罪で起訴された元牧場経営者の榊明彦被告(60)が「これまで世話してきたのに餌ばかり食べて」などと怒りを覚えたと供述していることが警察への取材で分かりました。「借金の悩みから自暴自棄になり、馬をライフル銃で撃った」と衝動的に犯行に及んだと供述しているということです。

    【【悲報】北海道でニートがライフル銃で撃ち殺される】の続きを読む

    1189441338137
    1: どてらを着た名無し 2016/08/03(水) 20:20:52.10 ID:UFa1I8T90 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    死んだペットの猫からダチョウまで「ドローンに改造」してしまう男
    http://sorae.jp/030201/2016_08_02_drone.html
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802ncat1.jpg
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802cat2.jpg
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2016/08/20160802ncat4-e1470111784289.jpg
    https://youtu.be/w8yaaaAZ4r4



    死んだペットは火葬にしたり剥製にしたりと思い出のとっておき方は色々ありますが、
    こんな斬新な方法は見たことがありません。オランダ在住のBart Jansenさんは亡くなったペットの猫を皮切りに、
    ダチョウやサメなどさまざまな動物の皮をドローンへと改造し始めました。

    Jansenさんは2012年に、亡くなったペットの猫のOrvilleをドローンへと改造したことで話題となりました。
    その時に制作に協力したのは、エンジニアのArjen Beltmanさん。彼らはその後、ドローンを内蔵した
    「フライング・ダチョウ」の制作にとりかかります。

    現在2人はYouTubeチャンネルのAJ+を開設し、シャーク・ドローンやラット・ドローン、
    それにアナグマの皮を利用した潜水艦などさまざまなプロダクト?を制作しています。

    彼らのドローンはすべて道で轢かれた動物の皮を利用しています。さらに死んだ動物を持ち込めば、
    ドローンに改造してくれるサービスも行っているそうです。本格的な商業サービスという印象は受けませんが、
    これもある意味アートの一貫なのかもしれませんね。

    【死んだ飼い猫をドローンに改造した男のその後…】の続きを読む

    20140430-a1b176351e37f9a88e1b0e523b2549cd
    1: どてらを着た名無し 2016/07/27(水) 19:46:57.13 ID:CAP_USER9
    (CNN) オーストラリア・タスマニア州でこのほど、公衆トイレでオーストラリアオットセイが眠っているのが見つかり、
    当局の対応の末、無事に海へと帰る出来事があった。

    サミーとあだ名がつけられたオットセイが見つかったのはタスマニア州北部デボンポートにある墓地の女性用公衆トイレ。
    デボンポート市議会によれば、発見されたときのオットセイはまるで、「ちょっとした冒険に出かけて、
    家からかなり離れ場所にいる」ようだったという。

    オットセイはオスで体重は約120キログラム。野生動物の担当当局に引き渡されたが、
    当局は、搬送の手はずを整える間、オットセイをいったんトイレのなかに閉じ込めたという。

    オットセイは近くの海岸に移送され、数時間後に海へと放たれた。

    市議会は、対応した当局へ謝意を示すとともに、「サミーが海岸に到着。波乗りの準備中」と報告した。

    CNN
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-35086520-cnn-int
    画像 Sammy the seal was found sleeping in a public toilet in Tasmania.
    http://i2.cdn.turner.com/cnnnext/dam/assets/160727134251-tasmania-seal-01-exlarge-169.jpg

    【オーストラリア 女子トイレで居眠りしてたオットセイを保護、海へと返す】の続きを読む

    このページのトップヘ