社会

    「棚卸し」と「棚上げ」【その1】-thumb-200x184-1811
    1: ティータイム ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/19(木) 17:02:50.77 ID:CAP_USER*
    NHKニュース 5月19日 12時47分

    厚生労働省は、千葉市にある棚卸し業務の代行会社の複数の営業所で違法な長時間の残業があったとして、この会社の名前を公表しました。
    長時間労働を防ぐため、厚生労働省が行政指導の段階で企業名を公表することを去年、決めてから企業名が公表されたのは初めてです。
    厚生労働省によりますと、この会社は、千葉市にある棚卸し業務の代行会社、エイジスで、従業員のうち63人が、違法に月100時間を超える残業をさせられていたということです。
    厚生労働省は、この会社の4つの営業所でこの1年間に4回是正勧告を行ったということで、違法な長時間労働が繰り返されていると判断し、19日に企業名の公表に踏み切りました。
    厚生労働省は去年、長時間労働を防ぐ対策として、全国に展開する大手企業について、行政指導の段階で企業名を公表することを決めましたが、企業名が公表されたのは今回が初めてです。
    エイジスは全国50か所に拠点を持ち、昨年度の売り上げは179億円に上っています。
    エイジスは「是正指導の内容を真摯(しんし)に受け止め、すでに社長を委員長とする社内プロジェクトを立ち上げ、労働時間管理の徹底や業務の効率化などの取り組みを始めています」とコメントしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160519/k10010526861000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

    【【千葉】違法な長時間残業と判断 厚労省が初めて企業名公表】の続きを読む

    01
    1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/18(水) 19:07:46.50 ID:CAP_USER*
     スズキは18日、販売中の軽自動車など全16車種で、国の規定と異なる方法で燃費のもとになるデータを測定していた、と発表した。
    不正な測定をしていたのは2010年ごろからで、対象は210万台超にのぼる。
    スズキは、テストコースが海沿いで風の影響を受けやすく、規定通りの測定が難しかった、などと説明している。
    改めて規定通りに測定したところ、公表燃費との差はほとんどなく、修正はしないとしている。生産・販売も続ける。

     会見した鈴木修会長は「深くおわび申し上げたい」と謝罪した。海外での販売車種は、それぞれの国の規定に沿って測定しており、問題はないという。
    該当車種は、軽が「アルト」「アルト ラパン」「ワゴンR」「ハスラー」「スペーシア」「エブリイ」「キャリイ」「ジムニー」で、
    登録車は「ソリオ」「イグニス」「バレーノ」「SX4 S―CROSS」「スイフト」「エスクード2・4」「エスクード」「ジムニーシエラ」。

    ■スズキが燃費で不正測定していた全16車種
    【軽】
    アルト(2014年12月22日発売)
    アルト ラパン(15年6月3日発売)
    ワゴンR(12年9月19日発売)
    ハスラー(14年1月8日発売)
    スペーシア(13年3月15日発売)
    エブリイ(15年2月18日発売)
    キャリイ(13年9月20日発売)
    ジムニー(10年JC08対応)

    【登録車】
    ソリオ(15年8月26日発売)
    イグニス(16年2月18日発売)
    バレーノ(16年3月9日発売)
    SX4 S-CROSS(15年2月19日発売)
    スイフト(10年9月18日発売)
    エスクード2.4(12年JC08対応)
    エスクード(15年10月15日発売)
    ジムニーシエラ(10年JC08対応)

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5L5FWKJ5LULFA022.html
    2016年5月18日17時05分
    【【自動車】スズキ、規定と異なる燃費測定 「アルト」など16車種】の続きを読む

    scl-krs-20160509-kbys-w500_0
    1: 野良ハムスター ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/09(月) 19:52:19.97 ID:CAP_USER*
    安倍晋三首相の肝いりで成立した安保関連法に、一貫して反対している憲法学者の小林節・慶大名誉教授(67)は9日、東京・日本記者クラブで会見し、政治団体「国民怒りの声」を設立し、今夏の参院選比例代表に出馬することを明らかにした。今後、公募を行った上で、自身以外に10人の比例候補の擁立を目指す。

    小林氏は「失うものは、女房以外に何もない。最後の演習として、自分で立とうと思った」と、不退転の決意であることを強調。「自公とおおさか維新を合わせて、参院で3分の2の議席を取らせないことが唯一の関心事だ」と述べ、参院で、与党勢力の過半数割れに追い込むと意気込みを示した。

    出馬を決意した経緯について、小林氏は、小沢一郎・生活の党代表らが主張し、野党の一部で、水面下で進んでいた「野党統一名簿」構想が頓挫(とんざ)したことを挙げた。「このまま(の現状)では与党の勝利は目に見えている」とした上で、「安倍政権の暴走は止めたいが、いまだに民主党政権失政を許すことができす、また共産党に投票する気にもなれない多数の有権者の代弁者たらんとして、第3の旗を立てることにした」としている。

    (以下省略)

    http://cache2.nipc.jp/general/news/img/scl-krs-20160509-kbys-w500_0.jpg
    http://www.nikkansports.com/general/news/1644563.html

    ★1の立った日時:2016/05/09(月) 18:18:08.46
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1462785488/

    【【政治】憲法学者・小林節氏、政治団体「国民怒りの声」設立、参院選出馬へ 「安倍政権の暴走止める」】の続きを読む

    このページのトップヘ