社会

    e768e79a
    1: どてらを着た名無し 2017/01/16(月) 18:14:44.96 ID:bJVBRDKV0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    「共謀罪」提出へ 危険な本質は変わらぬ
    01/16 08:55

     政府は犯罪行為を計画段階で摘発できる「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を通常国会に提出する方向だ。

     罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更し、成立要件として実行に向けた謀議のほか現場の下見などの「準備行為」を加えた。
    対象は「組織的犯罪集団」とする。

     共謀罪関連法案は過去3度提出され、いずれも廃案になった。今回は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策を掲げ、
    政府・自民党から成立への強い意志を示す発言が出ている。

     しかし捜査機関の恣意(しい)的な解釈を許し、個人の内心や思想が処罰対象となりかねない危険性は変わらない。法案提出に反対する。

     法案の危うさの1例として専門家は、銀行でお金を引き出しただけで逮捕される恐れを挙げる。

     「お金を引き出す目的」という内心を、捜査機関が「テロの資金調達のため」とみなせば、準備行為の容疑として成立してしまう可能性がある。
    本当の目的は生活費だったとしてもである。

     しかも適用対象となる懲役・禁錮4年以上の犯罪は詐欺や恐喝なども含めて676に上るという。

     罪名にある「等」は準備の目的はテロに限らないという意味だ。

     「組織的犯罪集団」も拡大解釈が可能だろう。

     さまざまな組織、犯罪を対象に大きな網を広げ、狙いをつけて一網打尽にできる内容ではないか。

     沖縄では米軍基地反対運動リーダーの山城博治沖縄平和運動センター議長が昨年10月以来、反対運動に絡み器物損壊などの容疑で3度逮捕され勾留が続く。
    支援者から「弾圧」との批判も出ている。

     共謀罪が、国の政策に反対する運動を展開する労組や市民団体に適用されないと言い切れようか。

     そもそも、共謀罪は国連で00年に採択された国際組織犯罪防止条約締結に必要な国内法整備というのが政府の主張だ。

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0106039.html

    【北海道新聞「共謀罪、生活費のため銀行でお金を引き出しただけで容疑成立の可能性も。」】の続きを読む

    8fb726947cda674871ce04f0112e13a5047350e0_97_2_9_2
    1: どてらを着た名無し 2017/01/07(土) 01:50:15.35 ID:CAP_USER9
    ■女子中高生「私たちは買われた」

     虐待や貧困から「JKビジネス」や「売春」に足を踏み入れた女子中高生らが、自らの体験や思いを伝えるメッセージ展が始まりました。

     自動販売機に体をくっつけ暖を取る15歳の少女。真冬の夜、親の暴力から逃れるため家出し、「どうしたの?」と声をかけてきた男の家に連れていかれました。

     「誰かに必要とされたかった」

     こちらは16歳で売春を経験した少女の手記です。

     「家では性的虐待、DV、金銭の要求。全てがストレスで家にいたくなかった。ただ独りが怖くて家が怖くて全てから逃げたかった」

     滋賀県大津市のギャラリーで6日から始まった「私たちは『買われた』展」。14歳から26歳までの24人の女性が、自らの体験を写真や日記などで表現しています。

     この日記を書いた女性は、売春の代金としてコンビニエンスストアでご飯を買ってもらったといいます。

     「寂しくて誰かの温もり欲しくて…。自分に負けた」

     彼女たちの多くに共通するのが、虐待や貧困、いじめなどによる孤立です。

     「そこに至るまでの経緯があったんだとか、そこに至るまでに子どもを支えるはずの機関、家庭、学校、児童福祉、警察、行政とかの機関で不適切な対応をされた結果、そうせざるを得なかったんだとか、ひとりひとりの大人の責任を考えてほしい」(女性らを支援する「Colabo」 代表・仁藤夢乃さん)

     東京と横浜で開催され約4500人が訪れたこの企画展は、10日(火)まで開かれています。(事前申し込みが必要)


    毎日放送 更新:01/06 20:02
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20170106/00000048.shtml

    スレッドタイトルはこちらを利用↓

    私たちは「買われた」展 私は買われた 性暴力被害、貧困…中高生の思い 大津で展示
    http://mainichi.jp/articles/20170106/ddf/041/040/010000c

    【私たちは「買われた」展 性暴力被害、貧困…中高生の思い 大津で展示】の続きを読む

    4490253a
    1: どてらを着た名無し 2017/01/08(日) 10:07:19.49 ID:CAP_USER9
    うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、
    復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、
    厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。
    特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が再発して休暇を再取得】の続きを読む

    img_0
    1: どてらを着た名無し 2017/01/07(土) 18:45:51.37 ID:CAP_USER9
    2017年1月6日(金)
    「共謀罪」法案提出へ
    通常国会へ政府方針

     政府は5日、犯罪の計画段階で処罰可能とする、いわゆる「共謀罪」を創設するための組織犯罪処罰法改正案を20日召集予定の通常国会に提出する方針を固めました。東京五輪開催を理由として、「テロ対策」を前面に出すため、名称を「テロ等準備罪」とし、資金調達などの具体的準備行為を処罰要件に加えます。

     安倍晋三首相は5日の自民党役員会で「テロ準備罪という形の法案を出す」と明言。菅義偉官房長官も記者会見で「国際社会と協調して組織犯罪と戦うため条約締結が不可欠だ。法整備はしっかり進める必要がある」と強調しました。

     政府は小泉政権当時に共謀罪法案を3度提出しましたが、「犯罪の話しをしただけで罰せられるのでは」などと懸念が強まり、市民と野党の反対でいずれも廃案となりました。

     新たな法案では、名称を「テロ等準備罪」とし、「準備行為」などの処罰要件を設けました。ただ、テロ以外にも恣意(しい)的に適用される可能性があるとの指摘も野党などから出ています。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-06/2017010603_01_1.html

    【【共謀罪】「犯罪の話をしただけで罰せられる」 野党と市民(笑)が反対 福島瑞穂「やーめたとなっても共謀罪は成立してしまう」】の続きを読む

    shiroishi02
    1: どてらを着た名無し 2016/12/26(月) 14:03:48.82 ID:CAP_USER9
    日弁連(日本弁護士連合会)は10月、死刑制度の廃止を2020年までに実現させると宣言しました。
    すると、宣言に反対する被害者遺族や弁護士らが声を上げ、新聞各紙でも識者や読者を交えた賛否の議論が今も続いています。

     人の生死に関わる多様な見解に学生が触れ、考えるいい機会だと私は考え、
    今月12日、同郷の知己である東京未来大の神部秀一准教授と「死刑」をテーマにした合同授業を行いました。
    当日は、神部准教授が死刑に反対、私が賛成の立場から、まず2点ずつ理由をあげて論じ、学生の意見を聴きます。

    次に両論の立場から新たな理由を1点ずつあげて、その後再び学生の意見を聴く。学生は2回賛否を判断し、
    全員が理由を発言する流れで進めました。

     反対の立場である神部准教授は理由として人権と冤罪)の2点をあげ、

    関連する新聞記事の切り抜きを示しながら「死刑は国家が人を殺すことにあたる」など、加害者の人権面から意見を述べられました。
    殺人放火事件の被告として死刑判決を受けながら再審により釈放された袴田巌さんの冤罪事件をあげ、
    50年近い収監で袴田さんが統合失調症に至ったことなどの問題点を説明されました。

     私は遺族の思いと抑止力の2点から体験を交えて論じました。

    昨年、前橋に住む私の従兄弟の奥さんは信号が青の横断歩道を歩いていて、信号を無視し時速70キロで走行してきた車にはねられ、
    即死状態で亡くなりました。後日、弔問した私に、彼は拭いきれぬ無念さと加害者に対する刑罰の軽さなど理不尽な状況への思いを切々と語ってくれました。
    抑止力では、世の中には凶悪で粗暴な生き方や判断をする人が残念ながら存在すること、
    死刑は、そうした人々の暴走に歯止めをかける役割を負っていることを伝えました。

     いよいよ学生の賛否です。体験と主観的見解に基づく私の少々粗雑な見解に比べ、神部准教授は豊富な資料と事例、数値も示され、
    死刑反対が多数だろうと私自身も予想しました。

     ところが結果は逆でした。
    29人中、反対9人、賛成20人。さらに両論から理由を1点ずつ述べた後の最終賛否は反対6人に対し、23人が賛成でした。

     授業では学生全員から理由を聴くことにしましたが、これはとても良かったと思います。死刑反対の学生からは冤罪により死刑が執行された後、
    真犯人が捕まったら一体どうするのか。死刑より終身刑にして罪への反省と償いをさせる価値。加害者にも家族や親族がいることを被害者側も考えるべきだ。
    そんなに簡単に人が人を殺してよいのか。そんな声があがりました。

     一方、賛成の学生からは死刑を廃止した場合、最高刑の無期懲役で被害者遺族の理不尽な思いに区切りはつけられるのか。
    また無期懲役となった受刑者の食費や医療費まで税金で賄うことへの納税者としての疑問。歯止めがかからず凶悪な犯罪が増える。
    さらに死刑廃止なら被害者に「仇討ち」を認めるべきだといった意見まで出ました。

     その後、私は知人など一般の市井の人々にも死刑存廃について尋ねてみました。圧倒的だったのは、もしも自分の家族や親族が被害に遭えば、
    「存続を望む」という声です。こうした被害者に寄せる当事者意識は、
    死刑存廃を判断する際、処罰感情や因果応報という「本音」の出発点になるように思います。(石田成人・東京未来大非常勤講師)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000033-san-l10

    【死刑制度存廃 授業で語り合った学生の本音 「仇討ち」を認めるべきだとの意見も】の続きを読む

    このページのトップヘ