社会

    1189441338137
    1: どてらを着た名無し 2017/01/17(火) 16:15:46.33 ID:/5PIGsS70 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員が、
    「保護なめんな」「不正を罰する」などと、受給者を威圧するような文言をプリントした
    ジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。

     職員が自費で作ったとみられ、市は16日、不適切だとして使用を中止させた。
    専門家は「生活困窮者を支えようという感覚が欠如している」と批判している。

     市によると、ジャンパーを着ていたのは、生活保護受給世帯を訪問して相談に
    応じるなどする市生活支援課のケースワーカー。在籍する25人の大半が同じジャンパーを
    持っていた。

     ジャンパーの背面には「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々をだまそうと
    するならば、あえて言おう。クズである」などの文章が英語で書かれている
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170117-OYT1T50059.html

    【市の職員、お揃いのジャンパーで「生活保護なめんな」】の続きを読む

    c2d5b884
    1: どてらを着た名無し 2017/01/16(月) 02:42:47.17 ID:CAP_USER9
    先日、東京・多摩川の河川敷でリア充生活を送るホームレスたちの姿を報じたところ、大きな反響があった。
    だが、今でこそリア充生活を謳歌する多摩川ホームレスたちだが、もちろん彼らは少数派。
    都心で暮らす大多数のホームレスが日夜厳しい生活を送っているのが現実だ。
    前回は、東京と大阪のホームレス男性50代をレポートした。今回はそんな都心に暮らす女性のホームレスの過酷な現状を報告したい。

    ◆ホームレス歴30年の老婆が行う“ある施し”

    浅草の雷門近くの公園。ここで30年間、路上生活を続けてきた深田絹江さん(仮名・70代後半)は、
    まさにそんな高齢ホームレスの典型。体力的に力仕事は無理だが、ある驚きの方法で収入を得ている。

    「ずっと公園で寝る生活です。もう年でまともに働けないから、男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」

    深田さんの語る「施し」とは“売春”を意味する。驚くべきことに、彼女は現役の売春婦なのだ。
    そもそも彼女は、どうしてホームレスになったのか。

    「もう30年もやってるからね、理由なんて忘れちゃった。でもそんなものですよ。
    最初から家のない暮らしをしようと考える人なんていないんだから。みんな何かの拍子でホームレスになるの」

    ◆1000円とか、500円玉出して性的サービスも

    彼女がよく座って客を取るという、浅草寺横の仲見世通りを案内してもらった。

    「昔は気前よく5000円払ってくれる人もいたけど、数年前から金額が明らかに少なくなって。
    最近は1000円とか500円玉を出して『最後まで』なんて方もいます。
    ときどき冷やかしで若い人がきてね、『ババア気持ち悪いんだよ』とかなんとか言われたりもする。アナタたちに迷惑かけてないでしょって追い返すけどね」

    顔中シワだらけの彼女のお客は「同じ年代のホームレス仲間が週1、2人やってくるだけ」だとか。

    「昔はね、これでも週に1、2万円ぐらいは稼いでたのよ。今の稼ぎは食事代にすらならないけどないよりマシ。
    最近は段ボールで寝ていると体の節々が痛くなるし、もう長くないかもね……」

    そう語る深田さんの背中はあまりに寂しい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12543271/
    2017年1月15日 8時54分 日刊SPA!

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/4/0/40b90_963_d881c960_06754677-cm.jpg

    【70代・女性ホームレスの過酷な現実 500円で体を売って生活する日々・・・】の続きを読む

    e768e79a
    1: どてらを着た名無し 2017/01/16(月) 18:14:44.96 ID:bJVBRDKV0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    「共謀罪」提出へ 危険な本質は変わらぬ
    01/16 08:55

     政府は犯罪行為を計画段階で摘発できる「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を通常国会に提出する方向だ。

     罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更し、成立要件として実行に向けた謀議のほか現場の下見などの「準備行為」を加えた。
    対象は「組織的犯罪集団」とする。

     共謀罪関連法案は過去3度提出され、いずれも廃案になった。今回は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策を掲げ、
    政府・自民党から成立への強い意志を示す発言が出ている。

     しかし捜査機関の恣意(しい)的な解釈を許し、個人の内心や思想が処罰対象となりかねない危険性は変わらない。法案提出に反対する。

     法案の危うさの1例として専門家は、銀行でお金を引き出しただけで逮捕される恐れを挙げる。

     「お金を引き出す目的」という内心を、捜査機関が「テロの資金調達のため」とみなせば、準備行為の容疑として成立してしまう可能性がある。
    本当の目的は生活費だったとしてもである。

     しかも適用対象となる懲役・禁錮4年以上の犯罪は詐欺や恐喝なども含めて676に上るという。

     罪名にある「等」は準備の目的はテロに限らないという意味だ。

     「組織的犯罪集団」も拡大解釈が可能だろう。

     さまざまな組織、犯罪を対象に大きな網を広げ、狙いをつけて一網打尽にできる内容ではないか。

     沖縄では米軍基地反対運動リーダーの山城博治沖縄平和運動センター議長が昨年10月以来、反対運動に絡み器物損壊などの容疑で3度逮捕され勾留が続く。
    支援者から「弾圧」との批判も出ている。

     共謀罪が、国の政策に反対する運動を展開する労組や市民団体に適用されないと言い切れようか。

     そもそも、共謀罪は国連で00年に採択された国際組織犯罪防止条約締結に必要な国内法整備というのが政府の主張だ。

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0106039.html

    【北海道新聞「共謀罪、生活費のため銀行でお金を引き出しただけで容疑成立の可能性も。」】の続きを読む

    8fb726947cda674871ce04f0112e13a5047350e0_97_2_9_2
    1: どてらを着た名無し 2017/01/07(土) 01:50:15.35 ID:CAP_USER9
    ■女子中高生「私たちは買われた」

     虐待や貧困から「JKビジネス」や「売春」に足を踏み入れた女子中高生らが、自らの体験や思いを伝えるメッセージ展が始まりました。

     自動販売機に体をくっつけ暖を取る15歳の少女。真冬の夜、親の暴力から逃れるため家出し、「どうしたの?」と声をかけてきた男の家に連れていかれました。

     「誰かに必要とされたかった」

     こちらは16歳で売春を経験した少女の手記です。

     「家では性的虐待、DV、金銭の要求。全てがストレスで家にいたくなかった。ただ独りが怖くて家が怖くて全てから逃げたかった」

     滋賀県大津市のギャラリーで6日から始まった「私たちは『買われた』展」。14歳から26歳までの24人の女性が、自らの体験を写真や日記などで表現しています。

     この日記を書いた女性は、売春の代金としてコンビニエンスストアでご飯を買ってもらったといいます。

     「寂しくて誰かの温もり欲しくて…。自分に負けた」

     彼女たちの多くに共通するのが、虐待や貧困、いじめなどによる孤立です。

     「そこに至るまでの経緯があったんだとか、そこに至るまでに子どもを支えるはずの機関、家庭、学校、児童福祉、警察、行政とかの機関で不適切な対応をされた結果、そうせざるを得なかったんだとか、ひとりひとりの大人の責任を考えてほしい」(女性らを支援する「Colabo」 代表・仁藤夢乃さん)

     東京と横浜で開催され約4500人が訪れたこの企画展は、10日(火)まで開かれています。(事前申し込みが必要)


    毎日放送 更新:01/06 20:02
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20170106/00000048.shtml

    スレッドタイトルはこちらを利用↓

    私たちは「買われた」展 私は買われた 性暴力被害、貧困…中高生の思い 大津で展示
    http://mainichi.jp/articles/20170106/ddf/041/040/010000c

    【私たちは「買われた」展 性暴力被害、貧困…中高生の思い 大津で展示】の続きを読む

    4490253a
    1: どてらを着た名無し 2017/01/08(日) 10:07:19.49 ID:CAP_USER9
    うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、
    復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、
    厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。
    特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が再発して休暇を再取得】の続きを読む

    このページのトップヘ