社会

    e768e79a
    1: どてらを着た名無し 2017/03/02(木) 16:19:40.17 ID:SETZgPiW0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    重度の知的障害を持っていた松澤和真さん(当時15歳)が、入所していた施設から行方不明になり、死亡した事故をめぐって、
    両親が施設の運営法人に約8800万円の損害賠償を求めて、裁判を起こしている。
    争点は、請求金額のうち約5000万円を占める「逸失利益」(将来稼いだと予想される収入)がどこまで認められるかだ。

    事前の賠償交渉で、施設側は過失を認め、慰謝料として2000万円を提示した。
    しかし、逸失利益はゼロとしていたため、両親が裁判に踏み切った。

    両親の代理人によると、重度の知的障害者の逸失利益は長らく認められてこなかった。
    近年、認められる裁判例も出てきたが、金額は「最低賃金」や「障害年金」が基準だ。

    一方、今回両親が求めているのは、障害のない同い年の男子が亡くなった場合と同じ扱い。
    具体的には、日本人男性の平均年収(約540万円)を基準に計算して欲しいという。
    両親らは「(逸失利益の多寡による)命の差別を是正したい」と話している。

    重度の知的障害者の逸失利益をめぐっては、これまでどのような判決や議論があったのだろうか。
    障害者の差別問題にくわしい岩月浩二弁護士に聞いた。
    https://www.bengo4.com/saiban/1139/n_5761/
    請求した逸失利益の金額約5000万円については、障害を持たない同い年の男子が亡くなったときと同じで、
    2014年の男性平均年収の約540万円を基準とし、
    生活費などを差し引いた額を求めた。
    https://www.bengo4.com/saiban/1139/n_5712/

    【重度の池沼が行方不明死。両親は「この子は年収で540万は稼げたはず」と怒りの訴訟】の続きを読む

    20100118122517
    1: どてらを着た名無し 2017/02/25(土) 17:59:33.52 ID:tXx/Ztal0● BE:372989558-2BP(2000)
    小中学生が将来就きたい仕事、1位は?

    アデコは2月22日、「将来就きたい仕事に関するアンケート調査」の結果を発表した。
    調査は2016年11月11日~16日、全国の小中学生(6歳~15歳の男女)1,000名を対象に、
    インターネットで行われた。

    「大人になったらどのような仕事をしたいか」を質問したところ、男子の1位は「会社員」(14.4%)で、
    昨年(10.2%)から4.2pt上昇。続く2位は「サッカー選手」(7.4%)、3位は「医者」(6.0%)となった。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/258/images/001.jpg

    女子は3年連続で「パティシエ」(11.0%)が1位に。以降2位「会社員」(9.4%)、3位「医者」(6.4%)と続いた。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/258/images/002.jpg

    総合ランキングでは、「会社員」(11.8%)が1位に。以降、2位「医者」(6.2%)、3位「パティシエ」(5.8%)となった。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/258/images/003.jpg
    また、今回の調査では、昨年までランク外だった「自営業・個人事業主・フリーランス」が男女両方でランクイン
    (男子7位、女子8位)。「ゲームクリエイター」もまた、ランク外から男子の6位にランクインする結果となった。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/258/

    【【悲報】さとり世代、夢見ることをやめる・・・】の続きを読む

    edtoha
    1: どてらを着た名無し 2017/02/09(木) 21:09:26.04 ID:CAP_USER9
    子どもの頃に受けた「いじめ」の影響は、大人になってからも引きずることがある。
    2月6日に放送されたNHKの『あさイチ』の特集「いじめ後遺症」は、かつていじめられていた人の約6割が「大人になった今も日常生活に何らかの影響がある」と感じていると紹介した。

    いじめをきっかけに何十年も摂食障害に苦しんだり、いじめから20年後に突如対人恐怖症に陥ったりした女性もいる。
    番組によると最新の研究では、いじめなどの幼い頃のストレスが脳の形や機能に影響を及ぼす可能性も指摘されているという。

    また番組では、自尊感情を高めて「いじめ後遺症」から脱出するための方法として、「いじめ模擬裁判」という手法が紹介されていた。
    相手の非を洗いざらい吐き出して客観視し、相手に求刑して罰することで「自分は悪くない」ことを明確に意識するのだという。

    いじめの被害者は、人知れず苦しみながら生きている。
    そんな思いを持った人も多いのか、2月5日、ガールズちゃんねるに「いじめっ子だった人に聞きたい」というトピックが立っていた。

    スレ主は「中学時代、同じグループの子にわざと嫌がらせされたり、腹のたつ事を言われて」いたという。
    中学を卒業してから20年以上経ったいまも、自分がされて嫌だった事は「やっぱり凄く覚えて」いるといい、いじめをしていた人にこう問いかけている。

    「いじめや嫌がらせをした事ある人で、自分のした事ちゃんと覚えてる人ってどれくらいいるのですか?
    覚えている方は、相手に対して後々謝ったり、やった事後悔したりしていますか?」

    これに対し、いじめの被害経験者から、加害者はいじめたことを覚えていないか、覚えていても反省などしていないだろうという怒りの声が多数上がった。

    「いじめて申し訳ないなんて、これっぽっちも思ってないだろうな」

    「覚えてたとしても、あれはいじめじゃなくていじり。冗談で言っただけだよー☆あたしをイラつかせるあんたが悪いんでしょ?
    いつまで根にもってんの?バカじゃない?って思われてるんだろうな。こっちは一生忘れないよ」

    ■いじめられる側になり、「やっと罪の意識をもちました」

    実際に、いじめ加害者と再会したとき、相手がいじめたことを忘れていたという書き込みもあった。

    「大人になっていじめっ子に再会して仲良くなったから覚えてるのか聞いたら、私の事のいじめた事なにも覚えてなかった」
    「覚えてない。私はいじめてた相手に再会したとき、すごく辛かったといったらそう言われた。
    顔にイラッとしたのが出たのが伝わったみたいで、根に持つタイプなんだねーと言われた。殴りたかった」

    やはり、いじめた方はそのことをすっかり忘れているということが多いようだ。
    その一方で、「後悔してるし悪いことしてしまったよ」と反省している加害者もいた。

    「後悔してる。人の親になって、その時自分がどれほど残酷なことをしてたのか気づいた…」
    「中学の頃は人間がまだ出来てなくて幼稚な事をしていたと思って反省しています」

    また小学校ではいじめっ子だったが、中学になって今度はいじめられる側になり、「その時やっと自分のした事への罪の意識をもちました」という人もいた。
    「あれから20年経ちますが、本当に馬鹿な事をしたなと反省しています」。

    ■かつてのいじめっ子に「同窓会で謝られたな」という人も

    いじめの被害者は、加害者が何も感じずにのうのうと生きていると思っている。
    しかし元々はいじめの加害者であっても、自分自身が被害者に回ってしまったり、子どもができたりしたことをきっかけに、反省することもあるようだ。

    かつてのいじめっ子に「同窓会で謝られたな」という人もいた。
    「ボスにくっついて一緒にいじめてた金魚のフンの方に。ずっと気になってたんだって」。
    金魚のフンだった人を擁護するつもりはないが、グループのリーダー格の人に逆らえず、意に反していじめに加担してしまっていたという人も少なくないのではないだろうか。

    https://news.careerconnection.jp/?p=30995
    https://news.careerconnection.jp/?p=30995&page=2

    【いじめられていた人の約6割が「大人になった今でも日常生活に何らかの影響がある」と判明】の続きを読む

    yjimageKFKYYYCP
    1: どてらを着た名無し 2017/02/07(火) 22:56:31.51 ID:jDWoUkts0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    天下り先「月2回勤務、年収1千万円」 国会どよめく

     文部科学省による「天下り」のあっせんについて、7日に開かれた衆院予算委の集中審議。前事務次官や仲介役OBへの
    追及から浮かんだのは、OBに厚遇ポストを与え、再就職の支援活動を組織ぐるみで下支えする違法な構図だ。

     「天下り」あっせんの仲介役だったのは、本省の人事課に通算15年以上の勤務経験がある嶋貫(しまぬき)和男氏(67)。
    職員の異動を担う任用班の事実上の責任者を務め、人事課企画官などを経て2009年に退職した。

     問題の一つとなったのは、顧問だった明治安田生命保険での嶋貫氏の待遇だ。嶋貫氏の処遇について、省内で「保険会社
    顧問に就任し、再就職支援業務をボランティアベースで行う」とする案がつくられた翌年の14年に就任した。

     民進党の小川淳也議員は、顧問報酬について「月2日勤務で1千万円か」と質問。嶋貫氏が「社に出向く回数は基本的にそう」
    「金額はその通り」などと答えると、委員や傍聴人からは「おお」「1カ月2回か」とどよめきが起きた。
    http://www.asahi.com/articles/ASK275G1MK27UTIL03R.html

    【天下り官僚 月2回勤務するだけで年収1000万円】の続きを読む

    Ba8TARmCYAIGpnx
    1: どてらを着た名無し 2017/02/07(火) 12:38:09.10 ID:CAP_USER9
    1月16日、中華人民共和国教育部(日本の文部科学省に相当)の主催による在中国グローバル企業を対象にした新春謝恩会が北京で行われ、
    株式会社電通は3年連続「最優秀パートナーズ賞」を受賞しました。

    この表彰を兼ねた謝恩会は、中国の教育や人材育成に特別な貢献をした中国進出グローバル企業を対象に行われたもので、
    今回は電通をはじめ33社(うち日系企業は2社)が招待され、中国政府から賞を贈られました。

    電通はこれまでにも、中国の広告教育の発展と人材育成に大きく寄与したとして、
    2006年と2009年に中国教育部から国家賞に当たる「教育支援特別貢献賞」と感謝状を贈られています。

    http://dentsu-ho.com/articles/4888

    関連スレ

    【ブラック企業大賞2016】電通が大賞「何人もの労働者がこの企業に殺された」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482484155/

    【ブラック企業2016受賞の電通、中国から「最優秀パートナーズ賞」を3年連続で受賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ