国際

    gorinmark
    1: どてらを着た名無し 2017/03/06(月) 17:31:15.77 ID:CAP_USER9
    ついに、2024年夏季五輪招致レースからブダベスト(ハンガリー)が撤退した。
    撤退の噂は、ずっとあったが、2月22日に撤退が正式に表明された。

    これで、今年9月のリマで開催される国際オリンピック委員会(IOC)総会ではパリとロサンゼルスの一騎打ちとなる。
    パリはすでに、1900年の第2回大会、24年の第8回大会を開催。ロスは32年の第10回大会、84年の第23回大会を開催しており、
    いずれかの都市が開催都市に決まったとしても3回目。目新しさはなく、だいたい、どんな五輪かは想像がつく。

    「ドナウの真珠」と称されるブダペストは東欧の都市という点で、珍しさはあったが、ハンガリー国内での反対派の動きが活発化、
    招致の是非を問う住民投票で必要数の倍近い署名を集め、これを受け、立候補を取り下げたのだという。

    外務省のホームページによると、ハンガリーの国内総生産(GDP)は1206億ドル(2015年)。
    1ドル=112円で換算すると、約13兆5072億円。
    これは、東京都の一般会計(約7兆円)に上下水道や地下鉄など公営企業会計に、特別会計を合わせた額と匹敵する。
    しかし、国レベルで13兆円では五輪を招致できないとういうことだろう。


    産経ニュース 以下全文はソース先で
    http://www.sankei.com/premium/news/170306/prm1703060001-n1.html

    【もはや五輪は「厄介もの」? 2024夏季五輪招致でブダペストが撤退「五輪よりパン」の実態】の続きを読む

    img_0
    1: どてらを着た名無し 2017/02/28(火) 00:55:26.25 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3119402?act=all

    【2月27日 時事通信社】国連のグテレス事務総長は27日、ジュネーブの国連欧州本部で開幕した人権理事会で演説し、「人権無視という病が広がっている。人権理事会は治療法の一部でなければならない」と述べ、対応を訴えた。

     事務総長は外国人嫌悪、反ユダヤ、反イスラムの動きに触れ、「ポピュリズムと過激主義の屈折した現象をますます目にするようになっている」と指摘。ゼイド国連人権高等弁務官も演説で「基本的人権を認める姿勢がなければ、世界は混乱や戦争に陥る」と危機感を強調した。(c)時事通信社

    2017/02/27 21:04

    【人権無視の「病」に対応を=国連総長】の続きを読む

    ChLi5RGXEAAUW6X
    1: どてらを着た名無し 2017/02/11(土) 02:02:52.39 ID:CAP_USER9
    日本での難民申請 去年初めて1万人超える
    2月10日 17時57分
     去年1年間に難民認定を申請した外国人は、1万901人と初めて1万人を超えて
    過去最多となる一方、難民と認定された人は28人でした。
     法務省によりますと、日本で難民認定を申請する外国人は、毎年、
    増え続けていて、去年の申請者は1万901人と初めて1万人を超えました。
     これはおととしと比べて3315人、率にして44%増えていて、6年連続で
    過去最多を更新しています。

     国籍別に見ますと、インドネシアが1829人、ネパールが1451人、フィリピンが
    1412人となっていて、内戦の続くシリアは4人です。

     法務省は、難民認定を申請して6か月が経過すれば、申請が処理されるまでの間、
    日本で合法的に働ける制度の下で働こうと、観光を名目に来日したあと、
    難民認定を申請するなど、申請を乱用するケースが増えていると分析しています。
     一方、去年、難民と認定された人は、不服申し立てによって認められた人を
    合わせても、おととしより1人多い28人で、認定されなかったものの、すでに
    配偶者が日本にいるケースなど人道的な配慮によって在留が認められた人は
    97人でした。
    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871981000.html

    【日本での難民申請1万901人の内1万776人が悪質な不法就労目的などで却下】の続きを読む

    ChLi5RGXEAAUW6X
    1: どてらを着た名無し 2017/02/09(木) 18:06:43.91 ID:CAP_USER9
     静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムが4日、浜松市中区の同大で開かれ、
    静岡県多文化共生審議会委員で、インドネシア出身のエフィ・グスティ・ワフユニさん(39)が講演した。
    県内のイスラム教徒(ムスリム)への調査を基に、ムスリムの子どもたちが学校生活で給食や礼拝などに
    苦慮している現状を報告。「ムスリムを取り巻く問題改善のきっかけになれば」と訴えた。

     調査は昨年11月、県内在住の同国人ら26家族を対象に、学校生活や職場で困っていること、
    対応策などを尋ね、実態を初めて公表。「ハラール対応」ではない学校給食に多くの保護者が
    悩んでいる様子が浮かび上がった。大半が毎日弁当持参か、豚肉使用のメニュー時におかずを
    持参する対応を取っていて、「給食は食べるが豚肉は残す」ように子どもに指示している家庭もあった。

     学校や職場で、お祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を禁止された例や、
    侮蔑の言葉を投げ掛けられた体験談も示された。
     エフィさんは、ハラール対応の給食を出す福岡県内の私立保育園や金曜日の礼拝を例外的に
    認める浜松市内の学校などを紹介し、「ルールだから駄目というのではなく
    柔軟な対応を検討してほしい」と理解を求めた。

    静岡新聞
    http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/326523.html
    画像 生活に不安を抱えるムスリムへの実情に理解を求めるエフィ・グスティ・ワフユニさん=4日、浜松市中区
    http://www.at-s.com/news/images/n33/326523/IP170204TAN000076000%5B1%5D.jpg

    【イスラム教徒の保護者、「ハラール対応」ではない学校給食に苦慮 ムスリムへの理解と柔軟な対応求める】の続きを読む

    xBaKF3aN
    1: どてらを着た名無し 2017/02/02(木) 04:52:21.10 ID:CAP_USER9
    公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ
    政府、雇用創出へ包括策
    2017/2/2 1:31日本経済新聞 電子版
    保存その他
     政府が10日に米ワシントンで開く日米首脳会談で提案する経済協力の原案が1日、明らかになった。
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資することなどを通じ、米で数十万人の雇用創出につなげる。対米投資などで米成長に貢献できる考えを伝え、トランプ政権との関係強化につなげる。

     日米で通商政策や経済協力を話し合う閣僚級協議を新たに立ち上げることも検討する。日本側は麻生太郎副総理・…



    続きは会員登録で読めます
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5E_R00C17A2MM8000/

    【日本政府 公的年金を米インフラに投資し米国で数十万人の雇用創出へ…首脳会談でトランプ氏に提案】の続きを読む

    このページのトップヘ