国際

    1: どてらを着た名無し 2018/07/07(土) 12:43:40.28 ID:CAP_USER9
    国連人権高等弁務官事務所はオウム真理教の教団元代表、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚らの死刑が執行されたことについて、遺憾の意を表明しました。

     スイス・ジュネーブに本部がある国連人権高等弁務官事務所は、今回の死刑執行についてJNNの取材に文書で回答を寄せました。
    それによりますと、死刑は人権上不公平な扱いを助長し、他の刑罰に比べ犯罪抑止力も大きくないとしていて、
    麻原死刑囚ら7人の死刑が執行されたことを遺憾だとしています。また、残る6人の死刑囚を含め、情報を収集したいとしていて、
    日本政府に死刑執行における透明性を増すよう呼びかけています。

     さらに、死刑制度の完全廃止を求める立場を改めて表明し、日本政府に対し死刑廃止を視野に入れた執行停止期間を設けるよう求めています。(07日01:16)

    JNN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180707-00000069-jnn-int


    2018/07/07(土) 10:14:37.41
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530926077/

    【オウム7人死刑執行、国連人権高等弁務官事務所が遺憾の意 】の続きを読む

    349e6s1
    1: どてらを着た名無し 2018/07/03(火) 15:49:12.00 ID:CAP_USER9
    あらゆる商品からアニメのキャラクターまで、中国による“商標横取り”の事例は枚挙に暇がないが、なんと日本の皇族の名前までもが中国で商標登録されていた。

    中国の特許庁に相当する「国家工商行政管理総局」公式ホームページで、登録済み商標のページを見ると、
    そこには「佳子公主」(公主とはプリンセスの意)の名が記載されていた。
    登録日は2015年6月11日。当時は、秋篠宮家の佳子内親王が学習院大学から国際基督教大学に転入したばかりで、日本の「佳子さまフィーバー」が中国にも波及していた頃だという。

    そんな人気に便乗しようと考えたのだろう。商標の登録者は福建省泉州市のおむつメーカーだった。
    なぜおむつメーカーが佳子さまの名前を商標登録したのか。
    「『佳子公主』は確かに弊社が取得した商標です。近く、この商標を付けた子供用の紙おむつを販売予定です。
    子供は親にとってプリンス、プリンセス。そこで、中国で一番有名なプリンセスである佳子公主の名前をいただいたのです」(広報担当者)

    中国では品質の良い日本製オムツが人気。日本を訪れる際に爆買いする中国人観光客も少なくない。
    佳子さまの名前を利用し、“メイド・イン・ジャパン”のような雰囲気を出したいという意図もあるのだろうか。
    「日本は安全性や品質の高さで肯定的なイメージもあるので、佳子公主の名前は弊社の製品にぴったりだと思っています。
    日本の皇室を侮辱する意図は全くありません」(同前)

    販売時期は確定していないが、市場に出たら日本政府はどう対処するのか。


    【商品化も近いという(写真はイメージ)】
    https://img2.news-postseven.com/picture/2018/07/omutsu_akachan_baby_image.jpg

    2018.07.03 07:00
    NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180703_710752.html

    【【画像あり】「佳子さまのおむつ」を販売へ 中国おむつメーカーが「佳子公主」を商標登録 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/05/17(木) 17:43:19.82 ID:CAP_USER9
    北朝鮮の高官が、来月に予定されているアメリカとの首脳会談の開催を見直す可能性に言及したことについて、ホワイトハウスのサンダース報道官は「会談を望まないなら我々は最大限の圧力をかけ続ける」と述べました。

    「これは我々の想定内です。大統領は厳しい交渉の用意をしているし、北朝鮮が会談を望むなら準備を整えます。もし望まないなら、それでも構いません。その場合は、我々は最大限の圧力をかけ続けます」(ホワイトハウス サンダース報道官)

    ホワイトハウスのサンダース報道官は16日、記者団にこのように述べ、北朝鮮がトランプ大統領との首脳会談を望むのであれば準備を整えるが、望まないなら北朝鮮に対して、最大限の圧力をかけ続けるという考えを示しました。サンダース氏はその上で、「我々はなお、首脳会談の開催を期待しているし、何ら変更の発表はしていない」と語りました。

    5/17(木) 10:01
    TBS系(JNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180517-00000034-jnn-int

    関連スレ
    【北朝鮮】タカ派の米大統領補佐官ボルトン氏に激怒
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526540521/
    【米朝会談】ボルトン氏「過去の失敗繰り返さず」 北に非核化意思なければ米朝会談打ち切り 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526540226/

    【【米国】「北朝鮮が会談を望まないなら、それでも構わない。その場合は我々は最大限の圧力をかけ続ける」 米報道官 】の続きを読む

    origin_2
    1: どてらを着た名無し 2018/05/14(月) 07:33:29.43 ID:CAP_USER9
    【ワシントン=永沢毅、ソウル=恩地洋介】トランプ米政権が北朝鮮の完全な非核化を条件に、北朝鮮側に体制保証や経済支援の用意がある考えを伝えていたことが明らかになった。北朝鮮側も一定の評価をしているもようだ。北朝鮮が支援を先取りしないように、核査察受け入れなど厳格な非核化の検証計画を条件にする方向だ。

     ポンペオ国務長官と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は11日、ワシントンで会談し、6月12日にシンガポールで開く米朝首脳会談を巡り協議した。ポンペオ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮の非核化に「しっかりした検証計画が必要」と強調。康氏も「北朝鮮が目に見えて意味のある行動を取らない限り制裁は残る」と指摘した。

     ポンペオ氏は9日に平壌で金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談した際、「米国が与えられる体制保証」について話したと明らかにした。「北朝鮮の繁栄に向けた支援の用意がある」とも表明。経済制裁緩和やエネルギー支援などが含まれる可能性がある。

     12日付の韓国紙・朝鮮日報は米朝協議に通じた関係者の話として、ポンペオ氏が体制保証と制裁緩和、経済支援をまとめた「包括的パッケージ」を北朝鮮に提示したと報じた。日米韓と欧州連合(EU)が役割を分担して支援する方法にも言及したという。

     北朝鮮メディアはポンペオ氏の訪朝後、金正恩氏が「満足な合意をした」「新たな代案を高く評価した」などと伝えている。この「新たな代案」に北朝鮮が望む体制保証や制裁緩和の道筋が含まれていた公算が大きい。

     1994年の米朝枠組み合意や2005年の6カ国協議共同声明は、いずれも非核化や経済支援を約束。北朝鮮は非核化を履行しないまま重油の提供を受けた。ポンペオ氏が「検証計画」の必要性を訴えたのは同じ失敗を繰り返さないためだ。

     韓国政府高官は12日、ポンペオ氏の発言に関し「長期的ビジョンの提示であり、当面の具体的措置を指しているわけではない」との見方を示した。

    2018/5/12 19:51 (2018/5/12 20:39更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3043245012052018MM8000/

    関連スレ
    【ポンペオ国務長官】北朝鮮・金正恩氏と会談 「過去の敵国、今は同盟国」日本引き合いに★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526250096/

    【トランプ政権、北朝鮮に「体制保証」と「経済支援」の用意提示 完全非核化が条件 北朝鮮メディア「満足な合意をした」 】の続きを読む

    gazou_0025
    1: どてらを着た名無し 2018/05/10(木) 16:54:38.81 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/180510/plt1805100032-n1.html

    安倍晋三首相は10日午後、都内のホテルで開かれた中国の李克強首相の歓迎レセプションであいさつし、9日の日中首脳会談で偶発的衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」の始動に合意したことなどに触れ、「リーダー同士が互いに率直に会って話し合えば、大きな成果を上げることができる」と訴えた。

     その上で首相は、締結から40周年を迎えた日中平和友好条約を「40年間にわたる日中関係の羅針盤」と表現し、「日中は今日、この日をもって協調の時代に入った」と述べた。

     さらに「競争よりも協調のメリットの方がはるかに大きい。日中がその大局観を共有し、次なる40年を視野に、次の時代の青少年たちのために日中関係を新しい段階へと押し上げていく。そのことを改めてお約束する」と語った。

    【安倍晋三首相、「日中は今日、この日をもって協調の時代に入った」日中首脳会談の成果を強調 】の続きを読む

    このページのトップヘ