政治

    aee536af
    1: どてらを着た名無し 2017/06/25(日) 13:35:58.22 ID:CAP_USER9
    豊田氏を「あれ女性です」

    麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で開かれた自民党麻生派議員の会合で講演し、秘書への暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員について「学歴だけ見たら一点の非もつけようのないほど立派だったけど。あれ女性ですよ女性」と述べた。

     豊田氏が議員になる前に勤めていた厚生労働省の関係者の話として「どこかで引き取ってくれないかと思ったら永田町で引き取ってもらったんですよと(言われた)」と語った。

    豊田氏を含め、不祥事が続出する自民党の衆院当選2回生に関し「全国に数多くおります。(2012年衆院選で)119人もの新人が通りましたから、こりゃいろいろいるんです」と指摘した【共同通信】

    配信 2017年 6月 25日 12:53 AM JST
    Reuters
    http://jp.reuters.com/article/idJP2017062401001611

    【【麻生財務相】豊田真由子議員を「あれ女性ですよ女性」】の続きを読む

    8430
    1: どてらを着た名無し 2017/06/11(日) 19:02:12.43 ID:CAP_USER9
    「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃


    6/8(木) 12:00配信

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000538-san-pol


     民進党の辻元清美衆院議員が8日の衆院憲法審査会で、過去に著書で皇室を「生理的にいやだ」などと批判していたことを認め、
    「一面的だった」と反省の弁を述べた。日本維新の会の足立康史衆院議員が著書を取り上げ、追及した。

     話題に上ったのは、辻元氏が民間国際交流団体「ピースボート」を設立し政界進出する前の昭和62年3月に出版した
    『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)。

     辻元氏は著書で皇室について「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、
    ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」と記していた。

     さらに日本のスポーツ界と関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、
    天皇制を「悪の根源」とまで断じていた。

     足立氏は、天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、
    「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

     これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、
    日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。
    私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回した。

    【「天皇は生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない」過去に発言の辻元清美衆院議員 維新議員から批判され「考えが一面的で深く反省」と撤回】の続きを読む

    gazou_0103
    1: どてらを着た名無し 2017/06/10(土) 14:32:20.25 ID:CAP_USER9
    竹島教育批判の手紙、56中学校に 韓国の中学生名乗る
    2017年6月10日09時32分
    http://www.asahi.com/articles/ASK6945LPK69PTIB00P.html?iref=comtop_8_06

     韓国の中学生を名乗る人物から5月、竹島(島根県隠岐の島町)についての教育を批判する内容の手紙が島根県内の中学校56校に届いていたことが9日、分かった。県は国に報告する一方、引き続き国や県の見解に基づいた教育に取り組むよう各市町村教委に通知した。

     県竹島対策室によると、差出人は韓国南西部・咸平(ハンピョン)の中学校の「歴史クラブ」に所属する3年生を名乗る人物で、3人の署名があった。松江、出雲、大田、浜田、益田市の市立中計56校の「地理教師」宛てに送られ、便箋(びんせん)3枚に英語と韓国語で竹島の領有権に関する主張をつづっていた。

     日本の学習指導要領に触れ、「学校で小中学生に間違った歴史を教えていると聞いた。(竹島は)日本が朝鮮半島を侵略する過程で奪い取った土地で、先生方は日本の生徒たちに正しい歴史を教えていただくようお願いします」などと書かれていたという。

     竹島の領有権は日韓ともに主張している。文部科学省は3月に告示した小中学校の新学習指導要領の社会科で、竹島を「固有の領土」と初めて明記した。

     県は先月25日までに内閣官房と外務省、文科省に報告した。竹島対策室の南山尚理室長は「竹島は日本固有の領土。領土問題の解決に向けて、冷静かつ平和的に話し合うことが必要だ」と話した。(富岡万葉)

    【竹島教育批判の手紙、56中学校に 韓国の中学生名乗る】の続きを読む

    3c26798c
    1: どてらを着た名無し 2017/06/05(月) 17:39:19.62 ID:CAP_USER9
     沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、反対運動が過激化している。公務執行妨害や傷害などで逮捕者が続々と出ているのだ。報告された、極左暴力集団(過激派)の存在とは。自身も現地視察の際、反対派から暴行を受けたという、無所属の和田政宗参院議員が国会で質問したところ、逮捕者には沖縄県外や韓国籍の者も多くいたという。

     「このような暴力行為は由々しい問題だ。私も実際に被害に遭った。基地に反対なら正当かつ合法的な抗議活動をすべきであり、暴力を用いるなんてとんでもない」

     和田氏はこう語った。昨年5月に辺野古を視察した際、反対派に囲まれて、プラカードでたたかれる暴行を受けたという。反対派に「平和的な行動」を求めたが、聞き入れられなかった。

     その後も、米軍基地反対運動をめぐる暴力事件は相次いだ。

     和田氏は5月11日の参院内閣委員会で、基地反対運動をめぐる逮捕事案について確認した。警察庁の松本光弘警備局長から3月9日の同委員会で「過去2年間で逮捕者は32件41人」という答弁を聞いていたが、その後、3件3人が逮捕されたことが明らかにされた。

     反対運動には、沖縄県外・国外の人々も関わっている。

     和田氏は「私が辺野古に行ったとき、耳に入ってきたのは標準語や関西弁が目立った。ハングルで書かれた垂れ幕まであり、『ここは沖縄なのか』と目を疑った」と語った。

     逮捕者の内訳もそれを物語る。和田氏は続ける。

     「松本局長の答弁で、逮捕者44人のうち、11人が沖縄県外の居住者で、4人が韓国籍であることが判明した。この割合は3人に1人だ」

     3月9日の同委員会では、松本局長が「沖縄基地反対運動を行っている者の一部には、極左暴力集団も確認されている」と証言している。

     公安調査庁が作成した2017年版「内外情勢の回顧と展望」にも、《(過激派は)米軍普天間基地の辺野古移設や原発再稼働に反対する現地集会などにおいて宣伝活動を実施し、参加者に対して自派への賛同や連帯を呼びかけた》《(琉球独立論の背景には)沖縄で、中国に有利な世論を形成し、日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいるものとみられ》などと記されている。

     和田氏は「現地を視察して、捜査・情報当局の答弁などを聞くと、米軍基地反対運動が純粋に沖縄の人々によるものとは思えなくなる」という。

    2017.6.5 11:39 産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170605/afr1706050018-s1.html

    【過激化する沖縄反基地運動 逮捕者44人のうち11人が県外人、4人が外国籍】の続きを読む

    100810_05
    1: どてらを着た名無し 2017/04/19(水) 00:58:00.51 ID:CAP_USER9
    文科省、「先輩証」の発行廃止
    フジテレビ系(FNN) 4/18(火) 22:56配信
    OBなどが省内に出入りできる「先輩証」の発行を廃止。
    文部科学省が組織的に天下りをあっせんし、国家公務員法に違反していた一連の問題で、OBが仲介役となっていたケースが多くあったことを受け、文科省は、OBなどが自由に文科省に出入りできる「先輩証」を、4月から廃止したと明らかにした。
    「先輩証」は、文科省退職者のほか、文科省に勤務歴がある国立大学や独立行政法人などの部長職以上の退職者のうち、希望者に発行されていたもので、2000年度から、延べ1,000枚ほど発行されていた。

    動画はリンク先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170418-00000712-fnn-bus_all

    【文科省、OBなどが省内に自由に出入りできる「先輩証」の発行廃止…天下り斡旋でOBが仲介役だったケースが多くあった事を受け】の続きを読む

    このページのトップヘ