政治

    image10
    1: どてらを着た名無し 2016/07/05(火) 20:06:53.09 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000014-ykf-soci

     自民党公認候補として参院選(10日投開票)の比例代表から出馬している片山さつき元参院外交防衛委員長(57)が、暴漢に襲われたことが分かった。都内で街頭演説中に、左翼系団体とみられる集団に取り囲まれて、罵声を浴びせかけられたうえ、手をたたかれたという。党関係者は、警察への被害届提出も検討しているようだ。

     事件が起きたのは2日午後7時半ごろ、東京・JR立川駅北口で街頭演説の準備を始めたところ、約20人の男女に取り囲まれた。

     片山氏は「彼らは『アベ死ね』『戦争法反対』『脱原発』などと書かれたプラカードを持ち、『やめろ!』『片山帰れ!』『黙れ!』などと口ぐちに叫んでいました。私は冷静に話し合うため、まず握手をしようと手を差し伸べたら、その中の1人がいきなり私の手のひらをピシャリとたたいてきたのです。痛みがジンジン残りました」と語った。

     街頭演説に同行していた、自民党の江口元気・立川市議も、緊迫した現場について以下のように証言する。

     「片山氏は暴力にもひるまず演説を始めましたが、1人の女性がずっと大声で罵倒していました。その尋常ならぬ雰囲気に、われわれは身の危険を感じずにはいられませんでした」

     ただ、異常な集団とは別に、サイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)は冷静かつ賢明だった。片山氏はいう。

     「うれしかったのは、一般の人々が騒動に気付いて足を止め、私の話をじっくりと聞いてくれたことです。最終的には数十人になりました。ビラもたくさん受け取ってもらえました」

     今回の参院選では、安倍晋三首相も3日、東京・JR渋谷駅前での街頭演説中に、片山氏のケースと似たような20~30人の集団に罵声を浴びせかけられる事態が発生している。

     片山氏は「不当な圧力には絶対に負けません」と闘志を奮い立たせた。 (ジャーナリスト・安積明子)

    【東京都 片山さつき氏 矛盾塊に襲われる】の続きを読む

    img_1
    1: どてらを着た名無し 2016/01/04(月) 15:13:59.41 ID:CAP_USER*
    世界日報
    https://vpoint.jp/politics/57601.html
     安保関連法に反対する国会前抗議行動や反対団体などへの呼び掛けによるデモの主催などで
    注目された若者のグループ「SEALDs」(シールズ:自由と民主主義のための学生緊急行動)が勢力を拡大し、
    夏の参院選に向けて安保関連法成立に尽力した議員らを落選させる運動を展開する見通しだ。さらに、
    「学者の会」やシンクタンクの設立にも加わるなど活動の幅も広げている。「シールズ」とは何か、
    実態を探ってみた。(シールズ取材班)

    SEALDsの街頭演説会の様子を2015年10月19日付1面トップで報じる日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」
     シールズの発足は昨年の憲法記念日の5月3日だ。もともとはリーダー格の奥田愛基氏
    (明治学院大国際学部4年)が2012年に結成した反原発グループの「一時的自主管理区域」(TAZ)が発端となり、
    翌13年の「特定秘密保護法に反対する学生有志の会」(サスプル、SASPL)に衣替えし、解散を経て名称変更してシールズとなった。

     組織の特徴は、創設・主要メンバーに奥田氏と同じキリスト教愛真高校(島根県)の出身者が多いことだ。

     「シールズ首都圏」の主要メンバーには、奥田氏のほかに、牛田悦正氏(明治学院大)、本間信和氏(筑波大)、
    栗栖由喜氏(国際基督教大)、桑島みくに氏(横浜市立大)、小倉万穂氏(フェリス女学院大)、
    長棟はなみ氏(恵泉女学園大)らがいる。「シールズ関西」には、寺田ともか氏(関西学院大)、
    山口晶子氏(神戸女学院大)らが主力メンバーとなり、活動をリードしている。

     愛真高校は、1988年、シールズ創設者の一人の本間信和氏の祖父が設立。少人数の全寮制で左派傾向が色濃く、
    日本の戦争の「加害性」や慰安婦問題、沖縄米軍基地反対などを平和学習と称して学んでいる。
    現在の栗栖達郎校長もシールズ主要メンバーの栗栖由喜氏の父親で、左派系誌「市民の声」に
    掲載された安保法制批判の意見広告に賛成の署名をしている人物だ。

     注目すべきは、組織を立ち上げた愛真高校出身者が活動の前面に出ているものの、
    その背後に日本共産党の若手の下部組織である民主青年同盟(民青)関係者がいることだ。「首都圏」には、
    元民青系全学連中央執行委員長の加藤友志氏(東京学芸大)や、民青北海道札幌白石厚別地区委員会の西穂波氏(浪人)が、
    「関西」には民青京都府委員会の塩田潤氏(神戸大学院)が加入している。

     民青の規約には「日本共産党綱領を学び」「日本共産党を相談相手に、援助を受けて活動する」ことが記されており、
    シールズが街宣活動のために日本共産党直系の全労連の宣伝カーを使ったことがあったのも「両者に緊密な関係がある」
    (政府関係者)からだという。共産党機関紙「しんぶん赤旗」は活動を好意的に時々掲載。自民党に対抗するために
    野党の統一候補を出すべきだとのシールズの呼び掛けも、日本共産党の主張のタイミングと一致していた。

     シールズ側は、綱領、規約や代表もなく、特定組織とは一線を画しており、ネットで集会参加などを呼び掛け、
    自主的に集まってくる若者たちとラップ調の音楽や踊りで活動をしているとの見解だ。共産党だけでなく、
    民主、維新、社民、生活の党とも共同で街宣することもある。だが、「実態はノンセクトを装った民青の
    若者に操られながら一般の若者たちの政治への関心を高めて動員を図っているものとみられる」(同)のだ。

     今後は参院選に向けて安保関連法に賛成した保守系議員の落選運動を展開するとともに、
    「野党は共闘」のコールを連呼して野党統一候補擁立の機運を高めていく見通しである。また、
    昨年12月14日には、シールズと「安保関連法に反対する学者の会」が、大学生、学識者、
    弁護士らが参加する民間シンクタンク「リデモス」の設立を発表し、
    立憲民主主義促進法案の提言に向け研究をスタートさせるなど活動の幅を広げている。
    さらに、「首都圏」(動員力250人)「関西」(同200人)だけでなく、
    「東北」「東海」「沖縄」にもシールズの組織を立ち上げるなど勢力は着実に拡大しており警戒を求める声が強まろう。

    【【悲報】SEALDsの実態、身内にばらされるwwwwwww】の続きを読む

    170_7042
    1: どてらを着た名無し 2016/07/05(火) 10:02:10.98 ID:3OrYsGh00● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    中山なりあき(中山成彬)認証済みアカウント
    ?@nakayamanariaki
    選挙では一部航空券とJRの無料切符が支給される。事務局が新潟行きの切符を買いに
    神田駅のみどりの窓口に行ったら「日本のこころ」には売れないと売ってくれない。
    どの党の組合員か言わないが、野党共闘組だろう。信じられない選挙妨害!
    民進党が長野県で中傷ビラを告発したが、こっちの方が問題だ。
    https://twitter.com/nakayamanariaki/status/749722059597500416

    3日17時10分頃、JR神田駅のみどりの窓口の職員から待つように言われ、
    15分ほど待たされた後、女性2名男性1名が窓口に来て、そのうちの1人、
    40代の女性職員T氏(証言では具体的な名前も出たが、ここでは伏せる)と男性から、
    威圧的に『にっころには売れない』と言われたという。
    https://twitter.com/sivawits/status/749936931081850882

    【JR神田駅 日本のこころを大切にする党への切符提供を拒否 「にっころには売れない」】の続きを読む

    6e9d15c2
    1: どてらを着た名無し 2016/07/04(月) 15:18:07.97 ID:CAP_USER
    〈補助金問題の現在地~3.29通知を受けて~ 3〉より多くの支援者を/埼玉
    解決まで諦めずたたかう

    2016.06.29 (13:59) 朝鮮新報

    埼玉朝鮮初中級学校(さいたま市)に対する県からの補助金支給が停止となり、今年で7年目になる。一向に補助金再支給の態度を示さない県と、それに対抗する人びとの取り組みと決意。埼玉補助金問題の現状を追った。

    「凍結」、そして不支給へ

    県が埼玉初中に対し補助金を支給したのは1982年度からで、名目は「私立学校運営費補助金」(以下、「補助金」)。09年度までの27年間続いていた(09年度の総支給額は附属幼稚園も含め897万5千円)。

    しかし、10年、文科省が「高校無償化」制度から朝鮮学校を除外する決定を下したことと足並みをそろえ、埼玉県の上田清司知事は10年度の埼玉初中に対する「補助金」支給を「凍結」することを発表。さらに、12年3月の県議会・予算特別委員会において付帯決議を採択し、13年度からは県の予算にすら計上しないことを表明。以降、今年度に至るまで「補助金」の不支給が続いている。(中略)

    重大な人権侵害

    埼玉弁護士会は朝鮮学校に対する補助金不支給は「重大な人権侵害」であるとした(写真は昨年11月25日に行われた埼玉弁護士会の記者会見)
    http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/06/DSC_0074_R.jpg

    一向に「補助金」支給を再開しない埼玉県。学校は13年6月、埼玉弁護士会に対し人権救済申立制度を申請。弁護士会・人権擁護委員会の2年以上にわたる調査の末、昨年11月25日に「人権侵犯救済申立事件に関する決定(警告)」が出された。「警告」は人権救済申立制度の中では最も厳しく、朝鮮学校への補助金不支給問題でこの決定が下されるのは全国で初。決定の主文には「補助金支給を凍結していること自体が積極的に差別を助長しかねない極めて重大な人権侵害」「補助金の不支給という人権侵犯を直ちに止めると共に、申立人の権利を回復する適切な措置をとるよう警告する」とある。また、人権擁護委員会の調査報告では、「すでに財務の健全化はなされている」「拉致問題等の解決と補助金不交付における目的と手段の間に合理性がない」ことが確認された。県側の主張の不当性があらわになった形だ。

    しかし、上田知事は「警告」が出されたその日の定例記者会見で「警告に強制力はない。(警告の)中身については(弁護士会と)認識が異なる」とし、埼玉弁護士会の決定を「無視」し続けている。

    http://chosonsinbo.com/jp/2016/06/sk629-3/

    【朝鮮日報 政治の問題と教育の問題を切り離して朝鮮学校に補助金を支給すべき】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2016/07/03(日) 18:14:49.14 ID:CAP_USER9
     共産党の小池晃書記局長は3日、フジテレビの番組で、天皇制について
    「かなり長期にわたって日本の社会に残っていくと考えている。
     今、これを変えようなんて一切主張していない」と述べた。
     自衛隊に関しても「今の東アジアの(安全保障)環境の中で、なくせるわけはない」
    との認識を示した。
    参院選で民進党などと共闘を進める中、現実的姿勢を明確にする狙いがあるとみられる。

     共産党は2004年の綱領改定で天皇制と自衛隊を当面容認する方針を表明。
    天皇制については「存廃は将来情勢が熟したときに国民の総意によって解決されるべきものだ」としている。 

     小池氏は「一つの家系が日本の国を象徴し続ける制度が未来永劫(えいごう)
    続くのかということは、将来の課題として考えてもいいのではないか」とも指摘した。
    (2016/07/03-16:53)
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070300122&g=pol

    ・【コチラもお奨め】 2ch政治ニュース速報+板
    http://karma.2ch.net/seijinewsplus/

    【【不敬の極み】 共産・小池書記局長がほざく皇室の今後】の続きを読む

    このページのトップヘ