政治

    朝日新聞社旗
    1: もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止 2016/06/05(日) 09:39:01.95 ID:CAP_USER
    (社説)慰安婦問題 合意の意義かみしめて:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/paper/editorial2.html


     日韓両政府による慰安婦問題での合意を受け、韓国政府は、元慰安婦らへの支援にあたる財団の準備委員会を立ち上げた。月内の正式発足をめざす。

     財団の設立は、合意の一つの核心だ。岸田外相は合意後、財団について「両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行う」と述べた。両政府は共に、この目的を忘れることなく進めてほしい。

     昨年12月の合意から時間が経つにつれ、日韓双方の一部で、勝手な解釈や言説が飛び交っていることは残念だ。

     財団には日本政府が10億円を出す。その支出は、ソウルの日本大使館前に立つ少女像の移転が前提条件だ、との指摘が自民党などから出ている。

     合意では、韓国政府が関連団体と協議し、移転されるよう努力することになっているが、財団への支出とは別問題だ。日本側から二つの問題を結びつける声が強まるほど韓国の世論は硬化し、移転は難しくなる。

     一方、韓国では、10億円は日本政府が責任を認めた「賠償」かどうかをめぐる議論が出ている。その論点に固執することは合意の進展に役立たない。

     これまで責任問題については、日韓請求権協定で「法的に解決済み」とする日本側と、慰安婦問題など人権問題は協定の対象外とする韓国側が対立してきた。だが、違いをことさら際立たせるのではなく、被害者の救済に光をあてたのが今回の合意である。

     日本政府は軍の関与を認め、安倍首相が謝罪と反省の気持ちを表明し、国家予算からお金を出す。法的責任や賠償という言葉はないが、中身で誠意を示すという知恵をこらしたのだ。

     そんな中、日中韓の民間団体などが、慰安婦に関する資料をユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に登録するよう申請した。

     合意の精神に沿って、韓国政府はこうした活動への関与は、当然控えるべきである。

     一方、日本政府は登録阻止に動いている。歴史を政治利用する動きであれば目を光らせるべきだが、慰安婦が存在したことは事実だ。国際社会から史実の否定ととられるようでは、日本にとってマイナスとなろう。

     合意に基づく日韓の共同作業が被害者の救済に結実すれば、負の歴史を乗り越える有効な和解の営みとして、民間団体や国際社会も理解を深めるはずだ。

     日韓両政府は合意の意義をいま一度かみしめ、履行の努力を強めるべきである。

    【【朝日新聞/社説】「慰安婦が存在したことは事実だ」 ―慰安婦問題 合意の意義かみしめて】の続きを読む

    2510200151_f055d14217
    1: ちゃとら ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/04(土) 19:07:24.19 ID:CAP_USER9
     舛添要一・東京都知事の政治資金スキャンダルで安倍官邸は水面下で都知事選の候補者選びを進めていたが、その中で最有力候補に浮上してきたのが小池百合子・元防衛相だ。
    安倍晋三首相も「勝てるなら小池擁立でいい」との意向だという。だが、そこに「待った」がかかった。

     都知事候補選びに強い影響力を持つのが東京五輪組織委員会会長の森喜朗・元首相だ。「大の小池嫌い」で知られる。

     「小池氏は森派時代に2回も森さんに逆らっている。森さんが反対したのに小泉内閣の環境大臣に就任し、2008年の総裁選にも勝手に出馬した。
    森さんは五輪開催地の東京都知事には自分のコントロールできる人物を置きたい。

     たとえ安倍総理がよくても、自分に従わない小池擁立は絶対に認めるはずがない。
    小池氏がウエイトリフティング協会会長に就任した時も、事前に聞かされていなかった森さんは非常に不機嫌になったほど」(旧森派=細田派議員)

     安倍首相は5月20日にその森氏と料亭で会食した。
    表向きはがんの手術をした森氏の「快気祝い」という名目だったが、手術をした昨年の3月からは1年以上経っている。
    安倍側近で舛添氏批判の急先鋒で東京選出の萩生田光一・官房副長官が同席しており、党内でも「舛添問題と都知事選の対応が話し合われた」との見方が強い。
    この会談を転機に、改めて森氏に近い自民党東京都連会長の石原伸晃・経済再生担当相に白羽の矢が立った。

    「都連の重鎮が石原氏周辺に都知事選出馬の意向を確認したが、総理総裁をあきらめていない石原氏にはその気がなかった。
    次にニュースキャスターの安藤優子の名前があがったが、フジテレビ側には番組の途中降板は無理、10月の番組改編後でないと彼女を手放せないという事情があった」(自民党東京都連幹部)

     候補者難に陥ったのだ。
     日程的にも舛添氏のクビを切りにくい理由がある。
    東京五輪の開会式は2020年7月24日。仮に、都知事選を参院選投票日の7月10日に実施すると、4年後の都知事改選は五輪の2週間前になってしまう。

     「それならいっそ10月まで都知事選を先送りすれば、安藤氏の擁立の可能性が出てくるし、
    彼女が辞退した場合も参院選後の内閣改造で丸川(珠代・環境相)を閣僚から外して都知事選に立てることができる。
    4年後の改選は五輪閉会後になるから選挙態勢が組みやすい。官邸も森さんもそういう判断です」(同前)

     自民党の都合と五輪の日程を最優先した思惑の結果、舛添氏のクビはつながろうとしている。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160602/plt1606021900008-n1.htm

    【都知事候補に小池百合子氏浮上に森喜朗氏が「待った」】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: ニライカナイφ ★ 2016/06/04(土) 21:21:20.64 ID:CAP_USER9
    ◆自公急変 舛添知事斬り加速 猪瀬前知事追い込んだ総務委員会に招致へ

    東京都の舛添要一知事(67)を取り巻く環境が激変した。
    都議会各会派が、13日の総務委員会に舛添氏を招致し、「一問一答」方式の徹底質疑を行う方向で最終調整に入ったのだ。
    首都の名誉を貶める、舛添氏の「政治とカネ」の疑惑に切り込む。
    さらに強い調査権限を持つ百条委員会(調査特別委員会)の設置も見えてきた。
    都民や国民の猛反発を受け、舛添氏を支えてきた自民、公明両会派が「舛添斬り」に方針転換した。
    舛添氏の疑惑は、ついに都議会の許容範囲を超えた。

    誠意ゼロだった所信表明(1日)に激怒し、都議会・総務委員会の理事らが2日、水面下で協議した。
    その結果、理事会を9日に開き、13日の総務委員会に舛添氏を招致する方針が決まった。
    同委員会は、事前の質問通告はなく、「一問一答」形式で質疑が行われるのが最大の特徴だ。

    医療法人「徳洲会グループ」から現金5000万円を受け取ったとして、2013年12月に辞職した猪瀬直樹前知事は、この総務委員会で窮地に追い込まれた。
    5000万円を模した白い箱をカバンに押し込もうとして、チャックが閉まらない醜態をさらした、あの委員会である。

    前出の都議会関係者は「総務委員会は相当厳しくやる。13日の答弁が不十分だった場合、翌14日も連続で総務委員会を開き、舛添氏を徹底追及することもあり得る」と語った。

    総務委員会だけではない。
    地方自治法100条に基づいて、地方議会が設置できる百条委員会についても、実現の可能性が出てきた。
    百条委員会は、地方自治体の事務について疑惑があった場合、関係者に記録提出や証言を求めることができる強力な権限を持つ。
    国会の証人喚問と同様、虚偽証言には刑事罰が適用されるため、地方議会の「伝家の宝刀」といわれている。
    都議会では05年、当時の石原慎太郎知事の側近だった副知事が百条委員会で「偽証」認定されて、辞職に追い込まれた。

    ここにきて、なぜ事態が急展開したのか。
    自民党ベテラン都議は「自民、公明両会派としては、14年の都知事選で支援したため、舛添氏の出方を慎重に見極めていた。
    記者会見や所信表明など、一連の対応をみて、『この人はダメだ』『人格、品性、人間性の問題だ』と見限った」という。
    新聞やテレビでは、舛添氏の「セコくて、卑しい」疑惑が連日取り上げられている。
    そして、舛添氏が居座っている背景として、「自民、公明両会派がかばっている」「都議会のドンが続投を了承した」などと、誤解を受けそうな報道もみられる。
    夏の参院選への影響も避けられないのだ。

    自民党の宇田川聡史幹事長は、本紙記者の「自民党の責任は大きいという声もあるが」という問いかけに、「あるでしょう」と即答し、続けた。
    「都政の中で(自民党が疑惑追及の)責任を果たさなければならない。(総務委員会など)都議会が持っている『権能』がある。
    (百条委員会が)なじむかどうかということもあるが、他の会派から提案されている以上、われわれとしても、どういう形にするかは検討する」

    宇田川氏は、重要な事実も明かした。
    夕刊フジ記者が「舛添氏から連絡があったか」と聞くと、「1回あった。『ご迷惑をかけてます』と。最近電話で」と答えたのだ。
    舛添氏が最大会派のトップに電話することは珍しくはないが、自民党の“離反”を警戒している様子もうかがえた。

    自民党以上に厳しい態度に転換しつつあるのが、公明党だ。
    長橋桂一幹事長は所信表明後、「裏切られた思いだ」と吐き捨て、続けた。
    「知事の資格があるかどうかを、しっかり問わなければならない。都民もそこを求めている。
    百条委員会を設置するのか、総務委員会で審議するのか。これから決めていきたい」

    確実に潮目が変わってきている。後ろ盾となってきた自民、公明両会派が見捨てれば、舛添氏が長く知事職にとどまることは困難だ。
    疑惑を抱えた舛添氏を、リオデジャネイロ五輪に派遣するという「日本の恥」も防げる。「Xデー」が刻一刻と近付いている。

    ZAKZAK 2016.06.04
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160604/plt1606041530001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160604/plt1606041530001-n2.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160604/plt1606041530001-n3.htm
    【自公急変 『舛添斬り』加速 猪瀬前知事を追い込んだ総務委員会へ招致】の続きを読む

    mig
    1: 紅あずま ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/03(金) 05:00:39.58 ID:CAP_USER9
    舛添知事と同罪 自民都連「会議費」3500万円で“美食三昧”
    日刊ゲンダイ:2016年6月2日
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182654

     なるほど、平謝りのドケチ知事に引導を渡せないのも納得だ。

     舛添都知事の政治資金を巡る一連の公私混同問題について、都議会最大会派の自民党は強い調査権限を持つ「百条委員会」の設置に慎重ムード。それもそのはず、自民党都連(会長・石原伸晃経済再生相)の政治資金の乱脈浪費もケタ外れなのだ。
    下手に舛添知事を攻めると、天にツバで我が身にはね返り、舛添知事以上のデタラメを批判されると、追及の手を緩めているのは明らかである。

     ムチャクチャな支出がボロボロ出てくるのは、政党交付金の受け皿となっている「自由民主党東京都支部連合会」の収支報告書だ。
    「会議費」名目で、都内の高級フレンチやイタリアン、高級割烹や料亭など名だたる名店の飲食代に充て、美食三昧。
    14年4月4日にはミシュラン3つ星に輝いたことのある人形町の高級割烹「玄冶店 濱田家」にポンと約52万円を支出。
    13年2月5日には老舗料亭「つきぢ田村」にナント、約98万円を支払っていた。
    14年までの3年間、「会議費」名目で高級店につぎ込んだ総額は3500万円を上回る。

    舛添知事が千葉の「ホテル三日月」への家族旅行費を政治資金で計上したのも「会議費」名目だった。
    古巣・自民党のデタラメから多くを学んだに違いない。

    ■党本部からの交付金6380万円を基金に“積み立て”

     政党交付金、つまり国民の血税の扱いも非常識だ。
    「連合会」の政党交付金使途等報告書を見ると、国政で野党だった12年には、党本部からの交付金の支給額は年間5251万円に過ぎなかったが、与党に返り咲いた途端に急増。
    13年は1億2820万円、14年には1億8720万円まで膨張した。

     よほど使い道に困ったのか、14年末には約6380万円もの交付金を余らせ、「連合会」内に設置した「党勢拡大基金」に丸々全額を積み立てた。
    都連の担当者は「15年の統一地方選に向けて蓄えた。選挙にはカネがかかる」と説明したが、前回11年の統一地方選の前年に基金に蓄えた交付金は46万円に過ぎない。
    使い道がないのなら、即刻返すべきだ。

    「基金創設は法で認められているとはいえ、余った交付金は国庫返納がスジ。適法だからといって、非常識な行為が許されるわけではない。舛添都知事に悪知恵を授けたのは、つくづく自民党なのだなと思います」(政治資金オンブズマン共同代表で神戸学院大教授の上脇博之氏)

     ドケチ知事を生かすも殺すも自民党都連次第だ。
    民意無視のゆるゆる追及は許されない。
     

    【【胸糞注意】舛添知事と自民都連 その関係・・・】の続きを読む

    shii-kyoui
    1: 野良ハムスター ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/02(木) 16:15:28.42 ID:CAP_USER9
    共産党の志位和夫委員長は2日、参院選(22日公示、7月10日投開票)について「安倍暴走政治の全体を問う選挙だ」と述べ、「アベノミクスの失敗」以外にも安全保障関連法廃止を「大争点」と位置づける考えを強調した。

    「チェンジを求める選挙にしたい」とも語り、民進党などの野党4党の共闘で与党の過半数割れを目指す決意を示した。党本部で記者団に語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000544-san-pol

    【志位和夫「安保が一番の争点だ!安倍はやめさせる!それ以外は知らん!」】の続きを読む

    このページのトップヘ