政治

    PICKH20131203_A0002000100200002_l
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 18:15:44.07 ID:CAP_USER
    名護市長「問題を引き起こしたのは日本政府」、中国ネット沸... - Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a142574.html


    2016年6月21日、フェニックステレビによると、沖縄県名護市の稲嶺進市長が尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題と関連して「こういう状態を引き起こしたのは日本政府である」と述べた。

    フェニックステレビのインタビューに応じた稲嶺市長は、米軍基地の移設問題について「普天間飛行場を名護市に移設する計画については、絶対にだめです。米軍基地があるが故の事件・事故であるとはっきり言える。こういう負担をこれ以上させてくれるなと、もう嫌だと沖縄県民は言っている」と述べた。

    また、「抑止力の問題や地理的優勢という論理性はもう崩れてしまっている。問題を引き起こしたのは日本政府だと思う。日本政府が煽ってこういう状況が引き起こされたと私は思っている。沖縄でも基地問題が大きくクローズアップされている状況の中で、中国のことが大変だから沖縄に置いておかなければならないという、それを口実にして、沖縄での基地強化をしよう(としている)」と語った。フェニックステレビは、「名護市長が尖閣問題の責任は日本にあると発言した」と報じている。

    これに対して、中国のネットユーザーからは、「良心的な言葉だ。日本の国有化がなければ現在の釣魚島の問題はなかった!」「この市長に感謝する。敬礼!」「沖縄の独立を支持する」「世界に発信してくれてありがとう」「日本の中央と地方の関係は不思議なもんだな」「中国なら絶対に『売国奴』と言われているだろう」「残念ながら、こういう考えの政治家は多くない」「個人的には、どこの国・政党であろうと、国民に安心して生活させられることが重要。国や政党の強さは国土や財政じゃない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

    【沖縄県 名護市市長「問題を引き起こしたのは日本政府」】の続きを読む

    images
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 00:54:36.63 ID:CAP_USER9
    安倍首相、テレ朝にいら立ち=党首討論収録「時間守って」-参院選
    時事通信:2016/06/21-21:24
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062100850&g=pol

     「時間をちゃんと守ってもらわないと困る。(搭乗する)飛行機の時間があるんだから」。
    21日のテレビ朝日での参院選の党首討論番組の収録で、安倍晋三首相が、予定していた終了時間がオーバーしていたとして、放送局側にいら立ちをぶつける場面があった。

     番組収録では、終了間際に司会者が
    「テレビでの党首討論は今週で最後となる。首相の都合もあると聞いているが、この後もやりたい」などと再出演を要請。
    首相は「菅政権の時(の参院選)は党首討論は4回。今度は5回プラス、ネット(番組)の討論もやっているから回数が多い」と断ったが、民進党の岡田克也代表は
    「(選挙戦の)最後の2週間に党首討論がないというのは異常だ」と司会者の提案に同調した。

     収録を終えた首相は、司会者らに
    「(収録は午後)6時までって言ったじゃないですか。びっしりなんですから、日程が」などと不満をぶつけた。
    これに関して岡田氏は、
    「番組が終わってから(首相が)相当文句を言っていた。あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」と記者団に語り、首相の姿勢を批判した。
     

    【安倍首相 テレ朝にいら立ち】の続きを読む

    o0700036812208346492
    1: どてらを着た名無し 2016/06/22(水) 07:09:47.56 ID:CAP_USER9
    2016年6月16日、安倍晋三首相(自民党総裁)、岡田克也民進党代表ら与野党9党首は参院選公示を控え、日本記者クラブで党首討論会を行い、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非や安全保障問題などを中心に論戦を繰り広げた。

    安倍首相は昨年成立した安保法により日米同盟が強化されたとし、あらゆる事態に切れ目のない対応が可能となる体制を構築していく方針を明らかにした。これに対し岡田代表は、「今の日本は大きな分岐点にある。安保法成立で立憲主義が損なわれ、憲法の平和主義が変えられようとしている」と訴えた。

    民進、共産、社民、生活の党の野党4党は「安保法廃止」を掲げて、共闘している。志位和夫日本共産党委員長は安保法を廃止した場合の安全保障の考え方を問われ、「日本の平和と安全の確保を考える際に、憲法9条の精神に立った平和の外交戦略が必要だ。

    例えば北朝鮮、中国の問題があり、(両国の)乱暴なふるまいを私たちも強く抗議している」と言明。その上で、「軍事挑発に対し日本側も軍事で対抗すれば、この地域の軍事対軍事の緊張関係がエスカレートしてしまう。北朝鮮の問題も対話しかない。困難はあっても、6カ国協議という対話の場に野北朝鮮を戻していく国際社会が結束した外交努力が必要だ」と強調した。

    さらに共産党として「北東アジア平和協力構想を提案している。アジアには東南アジア友好協力条約があり、すべての紛争を平和的に解決する。憲法9条に立った外交戦略が必要だ。違憲の安保法を白紙に戻すと言っているが、日米安保条約を廃棄するとは言っていない」と説明した。

    www.recordchina.co.jp/a142440.html

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466528745/

    【【悲報】共産党 相変わらず進歩なし】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: どてらを着た名無し 2016/06/21(火) 08:12:06.44 ID:CAP_USER9
    舛添都知事の退職金、約2200万円 別に850万円も
    2016年6月21日05時39分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6N4W0LJ6NUTIL02Q.html?iref=comtop_8_03

     舛添氏の在職期間は、14年2月11日から約2年4カ月だった。歴代8人の都知事の中で、
    猪瀬前知事に次いで短い。

     舛添氏には退職金約2200万円が支払われる。都によると、退職金は都条例に基づき、退職した時点の
    給料月額145万6千円に、在職月数2年5カ月分(1カ月未満の日数を1カ月分に換算)をかけた金額の52%に
    なるという。

     退職金以外にも、舛添氏には今年度分の給与約850万円が支給される。内訳は3カ月分の給料と、今月末に
    支給される6月の期末手当(ボーナス)約380万円など。知事就任以降に受けとった給与総額は、計約6800万円
    となる。

    【舛添都知事の退職金、約2200万円 別に850万円も】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: DQN ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/17(金) 14:39:59.64 ID:CAP_USER9
    「何とか9月まで続投させてほしい」――と涙を流して懇願したのに、自民党に冷たく切り捨てられた舛添要一。本人が「人格的に辱められ、失うものは何もない」と発言したように、もはやこの先、人前で活躍することは絶望的だろう。

     しかし、プライドが高く攻撃的な舛添知事が、このまま黙っているのかどうか。政界関係者は「失うものがなくなった」舛添氏のリベンジを警戒している。東京都の巨大な利権構造、中でも「オリンピック利権」について洗いざらい暴露されることを懸念しているという。

    「五輪招致のために2億2000万円の怪しいカネが使われていたように、東京五輪は一大利権となっています。何しろ3兆円規模のビッグイベントです。街の再開発を含めると、動く額はもっと膨らむ。2年半、東京都のトップを務めた舛添さんは、誰が儲けているのか、どんな利権があるのか把握しているはず。舛添さんはカネに汚く、みみっちいですが、利権づくりはヘタな上、五輪招致が決まった後に就任しているので、本人は利権に関与していない可能性が高い。それだけに、知っていることを暴露しても不思議ではないとみられているのです」
    (都政関係者)

    「五輪利権」の全貌を握っていることは、舛添氏にとって大きな武器になるとみられているのだ。ただ、その一方、身の破滅を招きかねないという声もある。

    「伏魔殿と呼ばれる都議会の利権や五輪利権には、暴力団も関わっていておかしくない。もし、舛添さんがすべて表にしようとしたら、何が飛んでくるか分からない。最近、舛添さんのSPが3人から5人に増えましたが、身の危険を感じている可能性があります」(政界事情通)

    「失うものは何もない」舛添氏は、リベンジに動くのか。

    日刊ゲンダイ:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183643/1

    【リベンジ五輪!? 舛添元都知事の最後の足掻き】の続きを読む

    このページのトップヘ