政治

    gazou_0105
    1: かぜのこ ★@無断転載は禁止 2016/06/10(金) 18:28:14.39 ID:CAP_USER9
     戦争か平和かが問われる参院選にあたり、宗教・宗派を超えた
    宗教人と日本共産党との対話集会が6日、東京都新宿区の常圓(じょうえん)寺で開かれました。

     仏教、キリスト教、神道、天理教など幅広い宗教人と日本共産党からは
    田村智子副委員長・参院議員(参院比例予定候補)、山添拓参院東京選挙区
    予定候補、土井洋彦・中央委員会宗教委員会責任者が参加しました。

     山添氏は、昨年90歳で亡くなった祖父が戦地にいった経験をもち、安倍政権に
    強い怒りをもっていたことを紹介。「憲法9条を踏みにじる安保法制だけは許せない、
    安倍政権だけは許せない」の思いに応え、「比例での日本共産党支持の大波を
    つくりだし、田村さんをはじめ9人の当選を勝ち取り、その勢いで私も国会に駆け上がらせてください」と訴えました。

     田村氏は「安倍政権は政治の中身のひどさに加え、対話を拒否するおごり
    たかぶった手法も許せない」と強調しました。

     宗教人から、先日の伊勢志摩サミットで安倍首相が伊勢神宮に各国首脳を招き、
    「これが日本の伝統文化だ」としたのは問題だとの声がだされ、田村氏は
    「許されない宗教の政治利用。安倍政権には、明治期の価値観を日本の伝統文化
    として押し付ける姿勢が色濃い」と答えました。

     寺や神社が所蔵する文化財の維持や修繕への公的な補助が極めて少ない問題が
    提起され、田村氏は「歴史的文化遺産として政治が責任を持って守る。技能や材料の
    継承のための体系的な調査や施策を政治が行う必要があります」と答えました。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-07/2016060701_04_1.html

    【共産党が安倍首相を宗教の政治利用を許せないという集会を「常圓寺」で開く】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: 記憶たどり。 ★ 2016/06/11(土) 07:49:26.80 ID:CAP_USER9
    http://www.nikkansports.com/general/news/1661336.html

    政治資金私的流用問題で都民から批判を受けている東京都の
    舛添要一知事(67)が10日、都庁で定例会見を行い、都議会の
    代表質問でも問われた「台場ホテル問題」についても、あいまいな
    説明を繰り返した。

    調査報告書に書かれた10年11月27日の宿泊費。港区台場の
    ホテルで政治資金約10万6000円を計上している。調査結果では
    「26日の参院本会議が深夜まで続き、翌27日に大阪への移動を
    控えていたため」とし「不適切でない」と評価されていた。

    しかし、1泊10万円はかなり高い。家族同伴は「ない」と言い切ったが、
    値段がかさんだ理由を聞くと、「夜遅いからルームサービスなんか取ったのか…。
    かなりおなかがすいていたので『食べたな』という気はあります」と、
    空腹が主な理由だったと回答した。

    ルームサービスということは「1人で食べたのか」と聞かれると一転、
    「政治の世界ですから、相手のことは言えないんで。国会会期中で、
    おそらく何人かと(食事をしたと)思いますけど、非常に政治的な話なので、
    差し控えたい」とけむに巻いた。

    それでも「正当な政治活動だと思っている。厳しい国会運営をやっていた
    時ですから」と主張を曲げなかった。

    27日は早朝、羽田空港から大阪へ向かったという。

    【【悲報】舛添知事幼児退行を起こす】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: えりにゃん ★ 2016/06/10(金) 15:07:02.47 ID:CAP_USER9
    舛添都知事、家族旅行での会議には出版社社長がいた
    日刊スポーツ 6月10日(金)14時58分配信

     東京都の舛添要一知事が10日、都庁での定例会見で、家族旅行の費用を
    「会議費」として政治資金で支払っていた問題について、弁護士の調査結果の中で
    「会議を行った際に同席していたのは出版社の社長」と明らかにした。ただし、
    具体的な氏名は明かさなかった。

     舛添知事はこれまで「政治の機微に触れる大切な会議をした」と主張していたが、
    出席者については「相手に迷惑がかかる」として明かしていなかった。

     記者から「弁護士の調査には具体的な名前を明かしているのか」と聞かれると、
    「当然答えています」と話した。

     舛添知事は、給料の減額案を都議会に打診しているが具体的な額については
    「今詰めているところ」などとして明かさなかった。

     責任を問う質問には「厳しいご批判は理解して反省している。そういう思いをもって
    これまで以上に全力で仕事をする」などと繰り返すばかりで、いつものようにかみ合わなかった。

     「なぜ都民に理解されないのか」という質問には「学者出身で、物言いが
    傲慢(ごうまん)に映ることもあるのだろう」と分析してみせた。

     都議会では、舛添知事を総務委員会に呼んで行う集中審議を
    13日と20日に開くことを決めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000051-sph-soci

    【東京】舛添知事の面談相手はゴースト? 際立つ「ホテル会議」の不自然さ★2©2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465523900/

    【舛添都知事「家族旅行での会議には出版社社長がいた」】の続きを読む

    CGjxxn6U8AEz9Xq
    1: 経理の智子 ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/10(金) 08:52:02.96 ID:CAP_USER9
    政治資金流用問題の渦中にあり、都民から辞任を求める声が高まっている東京都の舛添要一知事(67)の後任候補に、生活の党と山本太郎となかまたち副代表の谷亮子参院議員(40)=比例代表=が急浮上した。実現すれば、ヤワラちゃんの名言の一つ「田村でも金、谷でも金」に“東京では知事”が加わる可能性も出てきた。

    谷氏は9日、7月の参院選(22日公示)で、生活の党から立候補しない意向を小沢一郎共同代表に伝えたことを明らかにした。小沢氏が進める野党による比例代表の「統一名簿」構想が実現困難となり、同党の比例代表で出馬しても、当選する可能性が低いと判断したとみられる。谷氏はこの日、国会内で行った会見では「与野党を問わず、立候補の話があれば柔軟な姿勢で対応したい」と述べ、政治家を続けたいとの意向を示した。

    谷氏の政治の師・小沢氏は記者団に「“確実に当選させられる”とお願いすれば、出てくれたかもしれないが、絶対大丈夫だとは言えない」と述べ、判断を谷氏に委ねたことを明らかにした。

    都議会では現在、全会派挙げて“舛添包囲網”を敷いており、舛添知事は八方ふさがりの状態。与党側が参院選とのダブル選を嫌がっていることから「9月にも辞職」(都政関係者)との説も流れている。谷氏が7月の参院選に出馬しなければ、前参院議員としての鮮度が保たれたまま都知事選本番となることから、各党が出馬要請をしやすくなることは間違いない。

    永田町の関係者からは「舛添さんと比べてクリーンなイメージがある。東京五輪時の知事にはもってこいではないか」の声が上がっている。さらに、女性の社会進出が世界各国と比較して遅れている日本で五輪金メダリストが開催都市のトップとなれば「東京だけでなく、日本全体のアピールになる」と期待する政界関係者もいる。

    谷氏は2000年シドニー、04年アテネ五輪で金メダルを獲得。10年の参院選比例代表の旧民主党で初当選を果たしたが、12年に小沢氏とともに離党した。03年には野球評論家の谷佳知氏(43)と結婚し、2児を出産している。

    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/06/10/jpeg/G20160610012754110_view.jpg
    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/06/10/kiji/K20160610012751300.html

    【【超絶悲報】谷亮子議員、ポスト舛添に急浮上!】の続きを読む

    5dcd5f3761b6b89617e94a666ec800fc
    1: バルデラマ ★ 2016/06/09(木) 09:42:35.28 ID:CAP_USER9
    「政治家なら出処進退でしょう」「我慢の限界だ」-。東京都の舛添要一知事に対し、8日の都議会一般質問では、知事選で舛添氏を推した自民、公明が強い言葉で知事を非難した。
    「厳しい批判をいただいたが、生まれ変わったつもりで…」とかわし続ける舛添氏に業を煮やした格好だが、自民は責任追及の“切り札”となる「百条委員会」の設置には後ろ向きだ。
    参院選を控えた党利党略も見え隠れし、傍聴者からは「知事を支持するのか、見限るのか。本音が見えない」と不満が漏れた。

    「知事は罪悪感を感じているのか。身を切る覚悟が必要だ」。一般質問の先陣を切った自民の来代勝彦都議はそう切り出した。

    7日の代表質問では、自民の神林茂都議が「身を切る決断が必要だ」とまったく同じ指摘をしたが、舛添氏は「不退転の覚悟で邁進(まいしん)していく」と述べるにとどまり、事実上の“ゼロ回答”となった。

    「身を切る決断」は給与返上などでも示せるため、“助け舟”になりかねない言葉だったが、舛添氏はこの日も「自らを戒めることを道義的責任の第一歩としたい」と回答し、身を切る姿勢は見せなかった。

    その後、自民は追及を強める。堀宏道都議は「苦言を呈する最後の機会になるかもしれない」と前置きし、「賢明な判断を示していただきたい」。木村基成都議は「早急に結論を出してほしい。政治家だったら出処進退でしょう」、山内晃都議は「我慢の限界だ」と声を荒らげた。

    この日の自民の質問者は7人。徐々に発言を強めたが、自民には辞職を突きつけるまでには踏み切れない事情がある。

    「個人的には思うところはあるが、われわれは次の選挙でも勝たなければならない」とある自民都議は語る。事務所には連日のように「追及しろ」と支持者からの電話があり、22日公示の参院選を考え攻勢を強めなければならない一方、次期知事選に「知名度のある候補が見当たらない」(自民都議)というジレンマを抱えているという。

    関係者の出頭や証言を要求でき、虚偽の証言には禁錮や罰金が科せられる「百条委員会」の設置に後ろ向きなのも、そうした事情がある。

    野党関係者は「自民の質問と、知事の答弁がかみ合っていない。互いの連携がうまくいっていない証しで、情勢によってはさらに攻勢が強まる可能性がある」と述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000100-san-soci

    【足踏みそろわぬ自民都議 降ろすか残すか桝添都知事の処遇】の続きを読む

    このページのトップヘ