生活

    kounosu
    1: どてらを着た名無し 2016/09/05(月) 14:05:57.05 ID:CAP_USER9
     三つ子以上を妊娠した際に子宮内で一部の胎児を減らす「減数手術」の失敗により、
    不妊治療で妊娠した五つ子を一人も出産できなかったとして、大阪府内の30代の夫婦が、
    大阪市内で産婦人科医院を運営する医療法人と主治医だった院長に約2300万円の
    損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。5日に第1回口頭弁論があり、医院側は争う姿勢を示した。

     訴状によると、妻は医院で不妊治療を受け、五つ子を妊娠した。昨年6月、院長の勧めで双子まで減らす
    手術を行ったが、失敗して四つ子の状態になった。3日後の再手術で2人まで胎児は減ったが、
    妻は2カ月半後にいずれも流産した。

     妻が流産の前に体調を崩して別のクリニックを受診した際、超音波検査などから妊娠時に
    2組の一卵性の双子が含まれていた可能性が高いことが分かったという。

     減数手術は多胎妊娠のリスクから母子を守ることが目的で、カリウムの注入などで一部の胎児を減らす。

     一卵性の双子の片方を減らすともう一方も亡くす危険があるとされ、夫婦は「主治医の院長が術前の超音波検査で
    見落として減らす対象を誤った」と主張。その対象を区別できないまま再手術を行うなどした注意義務違反があるとしている。

     妻は毎日新聞の取材に、「院長から『五つ子は産めない』と言われ、尊い命を減らすことに同意した
    自責の念は消えない」と語った。今も流産した子供の遺骨を納骨できず、自宅で毎日手を合わせているという。

     医院は「担当者がいない」としている。【三上健太郎】

    毎日新聞2016年9月5日 10時50分(最終更新 9月5日 12時15分)
    http://mainichi.jp/articles/20160905/k00/00e/040/135000c

    【【衝撃】五つ子を身ごもった女が胎児を減らす手術をした結果・・・】の続きを読む

    600-00983800n1
    1: どてらを着た名無し 2016/09/05(月) 06:39:46.54 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    (前略)
    子どもに当たり散らしている親、子どもに冷ややかな態度をとり続ける親、
    子どもにしつこく何度も理不尽なことを言い続ける親、
    スマホに集中してまったく子どもの存在を意識していない親。
    そんな光景を見掛けたことはないでしょうか。

    たとえば、電車の中。まだ幼い子どもがひとりで座ると、
    少し体勢を変えただけで、隣の人の膝あたりに靴がぶつかってしまう。
    「ちゃんと座ってなさい」と親が注意する。ものの数分もしないうちに
    同じことが繰り返され、だんだん親の注意する語気が強くなり、
    子どもを睨み付けたり、場合によっては、叩く、強くぴっぱるなんてことが
    起きます。

    *+*+ 東洋経済 +*+*
    http://toyokeizai.net/articles/-/134484 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【子どもに当たり散らす親がいずれ陥る悲劇 しつけという言葉で全てを片付ける危うさ】の続きを読む

    d163a492bdd86f661a225fd844fcfb37c6f05716
    1: どてらを着た名無し 2016/06/28(火) 18:07:15.34 ID:CAP_USER
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/248790/062400050/

    若者の「お風呂」離れが進み、20代の4割はほとんど湯船につからない。その背景には、風呂につかっている
    「時間がない」ことのほか、「風呂に入るコストがもったいない」という節約心理があるようだ。
    そんな若者に、高額の消費を期待するのはもはや難しいのかもしれない。

    神戸市水道局、水の適正使用を目的に女子大とコラボ
     若手社員有志が参加している早朝の新聞チェックで、数カ月前に興味深い記事を見つけた。
    「若者よ お風呂に入ろう」
    (2016年3月1日付 東京新聞朝刊から)

    ・『もったいない』『時間がない』
    ・20代4割『ほとんど湯船つからない』
    ・神戸の学生ら呼び掛け
     湯船にお湯を張る機会が少ない若者に入浴の楽しさを伝えようと、神戸市水道局と地元の給湯器メーカー、神戸女子大家政学部の学生が協力。
    「おふろ部」と名付けた情報サイトをネット上に開設して、入浴剤や半身浴など女子大生向けの情報を発信しているという。
     である。
     以下、この記事で最も重要な部分を引用したい。
     「市水道局によると、節水機器の普及や人口減で水の使用量は減りつつある。水が水道管内に滞留すると水質の維持が難しくなるが、
    水道管の敷設は長期的な計画に基づいており、急には細くできない。有効利用を呼び掛けることになった」
     「対象として浮かんだのが20代の若者だ。市水道局が昨年9~10月に実施した調査では『だいたい毎日湯船にお湯を張って入る』と答えた割合は、
    30代の66.4%が最も多かった。20代は25%で、『ほとんど入らない』が43.8%。昨年11月に同学部で開催したワークショップでは
    『一人暮らしでもったいない』『時間がない』などの意見が出た」
     この記事を読んだ筆者がその場にいた若手社員に聞いてみたところ、ほとんどがシャワー派だった。神戸だけでなく、東京でも状況は同じのようである。

     ヨーロッパ大陸のように空気が乾燥していれば、シャワーで済ませるのが合理的だと言えるかもしれない。
    また、気温と湿度の高さで消耗しがちな真夏には、シャワー派が日本でも多くなるように思われる。
    だが、20代の若者が湯船につからない理由は上記の記事の通り、以下の2点のようである。

    ① 「一人暮らしでもったいない」という経済面の合理的な思考
    ② おそらく、SNSでのやり取りやアルバイトなどでとにかく忙しいため、「時間がない」という時間的な制約
     これらのうち①の関連では、さまざまな維持管理や付随する費用を含めて考えると都市部では自分で車を保有するのは
    「コスパ(コストパフォーマンス)が悪い」という彼らなりの経済合理的な思考ゆえに、若者の「車離れ」が顕著になって久しいことが想起される。
    筆者は講演などの場で最近、「お風呂にさえあまり入らない若者に車を買わせようとしても、なかなかうまくいかないだろう」と説明することがある。
     上記①と②は、簡単に変わる(ないし変えられる)ことではない。時間が経ち、世代が入れ替わるに連れて、
    日本で「湯船派」は徐々に減っていく可能性が高いと、筆者はみている。

    (続きはサイトで)

    【【悲報】若者ついにカラスになるwwwwwwww】の続きを読む

    iStock_000037775724_Small-728x367
    1: どてらを着た名無し 2016/08/21(日) 09:08:59.46 ID:CAP_USER9 BE:952039882-2BP(0)
    30年後も大丈夫!絶対ロボットに奪われない4つの人間的な仕事

    いま、AIの発達に脅威を感じている人は多いです。

    実際、『R25』が20~30代の男性ビジネスマン200人に調査したところ、30年後に自分の仕事が取って代わられると思っている人は全体の60%
    もいました。

    仕事選びは、人生を賭けることでもあります。だからこそ、ここ何十年かはロボットの脅威を感じずに済む仕事を選びたいもの。

    どんな仕事なら、ロボットにはできないのでしょうか?

    これについて、アメリカの経済誌『Money』には、「ロボットは真に人間的な要素を必要とする仕事ができない」とあります。

    それでは、どんな仕事なら、本当の意味で人間的といえるのでしょうか?

    きょうは、ロボットには奪えない4つの仕事をご紹介します。どれも、平均年収は400万円以上。年収が安い順でお伝えしていきます。

    ■1:葬儀屋・葬祭サービス担当者(平均年収438万円)

    社会のなかで常にニーズがあり、重要な役割を果たしている職種。そんな葬祭関係の仕事には、大きく分けて2つのタイプがあります。

    まずひとつは、亡くなった方の体に適切なケアをし、その人を健康な容貌にすることで、遺族の気持ちをケアすること。

    もうひとつは、遺族の悲しみのケアを行いながら、望ましい葬儀を取り仕切るディレクターとしての役割。

    どちらも専門性が必要であるうえに手作業が多く、人の気持ちに寄りそうスキルと経験が必要となります。

    部分的にはAIに可能な作業も出るかもしれませんが、たしかにロボットには難しい仕事のようですね。

    ■2:人事担当マネジャー(平均年収616万円)

    もし従業員のほとんどがロボットに取って代わられたとしても、最後に残った人間の従業員の話を聞き、給与アップ交渉をする人間が必要に
    なる。それは人事担当者。

    ……というブラックな話はさておき、もし、ほとんど同等の能力とスキルと経験を持った2人のうち、どちらかしか採用できないとしたら、ど
    んな基準で選びますか?

    多いのが、「会社の雰囲気・社風に合う人」という答えです。

    「会社の雰囲気・社風」はなにかと聞かれると答えられる人はほぼいないのに、「会社の雰囲気・社風」にこの人が合いそうかと聞かれると
    、ほとんどの人が答えられるという不思議。

    水滴一粒一粒に意識が向かなくても、水滴が集まって光を反射した虹は見えるということに似ているかもしれません。

    そして、「虹が見える」ことも人間的な要素のひとつ。人事担当マネジャーには、それが要求されるのです。

    ■3:国会議員など国レベルの指導的なポジション(平均年収619万円から)

    「これこそ、ロボットがやってくれた方が、ずっとマシなんじゃないか?」

    「ロボットの方がまっとうな判断をするんじゃないか?」

    そう思う人も多そうですが、実はそうでもないのです。

    政治家はとことん、人と会い、話し、触れ合う仕事です。また、その国をどうしたいのかというビジョンと、その国に住む人々が求めている
    こととの間でバランスを取り、形にしていくのが本来の役割。つまり客観性が必要なのです。
    (続きはソースで)
    http://news.ameba.jp/20160819-1507/

    【30年後も大丈夫!絶対ロボットに奪われない4つの人間的な仕事】の続きを読む

    mig
    1: どてらを着た名無し 2016/08/18(木) 18:15:13.20 ID:CAP_USER9
    転職や仕事を辞める理由の上位に入るのが、人間関係のトラブル。女性が多い職場では、どんなことが原因や理由になっているのでしょうか? 
    マンガやドラマにあるような、ドロドロとしたエピソードは本当にあるのでしょうか? 20代から30代前半の働く女性に聞いてみました。

    ■派閥争い!?
    ・「派閥、仕事へのモチベーションの差による争い」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

    ・「裏でお互いの悪口を言いあって、派閥ができる。ちょっとしたことで、派閥も壊れる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

    ・「派閥ができること。『あなたはどっちの味方なの?』みたいな人が必ず出てきていがみ合う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

    一番多かった意見が、派閥やグループがいくつかできて対立するということでした。
    派閥といっても、仕事に対する考え方の違いというものではなく、誰の味方になるかという学生時代の延長のようなもの。
    大人げ無いと思いますが、きっと当人たちもそう思っているのではないでしょうか。

    ■職場でのイジメ

    ・「仕事とは無関係の、容姿による妬み僻みからくるイジメ」(29歳/機械・精密機器/技術職)

    ・「後輩が、お局からパワハラを受けやすい。男性の目がないから、女性のいじめが発生しやすい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

    ・「集団いじめ。ボスてきな人に嫌われている人は、ほかの人も巻き添えをくいたくないから無視しているのをみかける」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

    これは女性が多いからという理由では片付けられない問題です。男性の目がないという影響はあるかもしれませんが、ただ単に派閥に入らないからターゲットになるということもあるようです。
    派閥内に身をおいて自分を守るというやり方もありますが、大人の女性としてはどうなのでしょう……。

    ■うわさ話・悪口

    ・「人の悪口の言い合い。一部の人間が必ずスピーカー役になるから、すぐ拡散してしまう」( 33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

    ・「悪口ばっかり。仕事ができない人はキツイ注意をされてどんどんやめていった」(28歳/医療・福祉/専門)

    ・「うわさ話や愚痴。お昼の時間帯はその話で持ち切りです。その話をしないとその場にいられない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

    うわさ話や悪口は蜜の味といいますが、人を呪わば穴2つとも言うように、いつか巡り巡って自分の身に降りかかってくるものです。
    しかし、敵対すると仕事に支障が出るので、うわべではうまく接しているという声もありました。案外賢い方法なのかもしれませんね。

    ■嫉妬

    ・「女性どうしの嫉妬。仕事以外の年齢や容姿でもめる」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

    ・「男性をめぐる競争から生まれるトラブル」(29歳/生保・損保/営業職)

    ・「嫉妬やマウンティング、ダンナや子供の学歴で競い合う」(33歳/不動産/事務系専門職)

    嫉妬が原因で引き起こされることが、派閥争いだったり、イジメだったり、すべてのトラブルに関連しているように思います。
    男女関係なく嫉妬心はありますが、女性のほうが嫉妬する対象が多いかもしれませんね。

    ■まとめ
    人の性格はさまざまだし、気が合う人も入ればどうしても好きになれない人もいて当然ですよね。
    職場は、年齢や趣味主張の違う人たちが集まっている場所です。女性が多いからといって、お互い分かりあえて仕事がやりやすいというわけには行かないようです。
    派閥争いなど女性ならでは対立も見られましたが、うまく距離を保って働いていきたいですね。

    ※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数123件(22歳~35歳の働く女性)


    http://dailynewsonline.jp/article/1181823/
    2016.08.18 11:51 マイナビウーマン

    【女同士ってほんとドロドロ!! 女性が多い職場にありがちなトラブル12】の続きを読む

    このページのトップヘ