戦争

    mig
    1: どてらを着た名無し 2017/04/22(土) 00:06:01.19 ID:CAP_USER9
    日本政府は朝鮮民主主義人民共和国をめぐる情勢が緊迫化していることを受けて、弾道ミサイルが日本国内に落下した場合を想定した対処方法を公表した。

    内閣官房と総務省消防庁は共催で都道府県の担当者およそ70人を集めた説明会を開催。着弾の恐れがある際は全国瞬時警報システム(Jアラート)や防災行政無線、緊急速報メールなどで情報伝達が行われる。

    政府は屋外にいるときは「できるだけ頑丈な建物や地下街に避難する」などと呼び掛け、近くに適切な避難場所がないときは「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守」り、屋内にいる場合は「できれば窓のない部屋へ移動する」と説明している。

    ミサイル着弾を想定した住民避難訓練の必要性も指摘され、実際に近い場面を想定した訓練の実施が各都道府県に要請された。訓練の費用は日本政府が負担する。

    https://jp.sputniknews.com/japan/201704213561028/

    【「地面に伏せて頭を守って」 日本政府が北朝鮮ミサイル着弾への対処法を発表】の続きを読む

    e97e96c0
    1: どてらを着た名無し 2017/04/18(火) 15:04:29.68 ID:CAP_USER9
    安倍晋三首相は17日の衆院決算行政監視委員会で、朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにした。

    「避難民の保護に続いて、上陸手続き、収容施設の設置および運営、(日本政府が)庇護(ひご)すべき者にあたるかのスクリーニング(ふるい分け)といった一連の対応を想定している」と述べた。

    在韓邦人の保護に関しても「さまざまな状況を想定し、必要な準備、検討を行っている」と強調した。
    「拉致被害者の安全がおびやかされるような事態に至った場合に、安全確保のための協力を米国に依頼している」とも語った。

    今月5日に続き、北朝鮮が16日に弾道ミサイルを発射したことについては「北朝鮮は軍事力を誇示しているが、外交努力を通じて平和を守ることが重要だ」と指摘。
    その上で「同時に、『対話のための対話』では意味がない。トランプ米政権はこれまでの『戦略的忍耐』という考え方はとらないことを明らかにしている。
    全ての選択肢がテーブルの上にあるという考え方に立って問題に対処しようとしていることは、わが国として評価している」との認識を示した。

    さらに「中国に対し、一層大きな役割を果たすよう働きかけていく」とも述べ、中国による圧力に期待を示した。

    配信 2017.4.18 10:30

    SankeiBiz ニュースサイトを読む
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170418/mca1704181030012-n1.htm

    他ソース 日テレニュース(2017年4月17日 12:27)
    首相 朝鮮半島の邦人保護や避難民対策検討
    http://www.news24.jp/articles/2017/04/17/04359167.html

    【朝鮮半島有事には日本に難民…安倍首相「想定内」-収容施設、ふるい分けの対応を想定】の続きを読む

    img1454919507
    1: どてらを着た名無し 2017/04/16(日) 17:44:12.45 ID:CAP_USER9
    http://mainichi.jp/articles/20170416/k00/00e/030/175000c
    北朝鮮ミサイル
    .
    米国「失敗に対処する必要はない」

    ソウル支局】米ホワイトハウス当局者は16日、北朝鮮が同日発射したミサイルについて「ICBM(大陸間弾道弾)ではない。おそらくは中距離ミサイルだ。発射後4~5秒で失敗した」と説明した。

    今後の対応については「大統領は軍事、外交など幅広い選択肢を持つが、今回の失敗したミサイルに特に対処する必要はない」と述べ、当面は静観する姿勢を示した。

    ペンス米副大統領のアジア歴訪に同行する記者団に語った。

    【【北ミサイル発射失敗】米国、当面は静観する姿勢を示す「失敗に対処する必要はない」】の続きを読む

    e97e96c0
    1: どてらを着た名無し 2017/04/12(水) 18:37:03.15 ID:CAP_USER9
    拉致被害者救出「米に要請」=朝鮮半島有事で安倍首相
    2017年04月12日13時07分
    http://www.jiji.com/sp/article?k=2017041200621&g=pol

     安倍晋三首相は12日午前、自民党拉致問題対策本部の山谷えり子本部長と首相官邸で会い、朝鮮半島有事などを念頭に「さまざまな事態が起こった際には、拉致被害者の救出について米国の協力を要請している」と述べた。有事の拉致被害者の安全確保について、首相はこれまでも米国の協力を求める考えを表明しているが、朝鮮半島情勢が緊迫化する中、被害者救出への強い決意を示したものだ。 

     首相は、米国が原子力空母を朝鮮半島近海に派遣するなど北朝鮮への圧力を強めていることに関し、「緊張感が高まっているのは事実だ」との認識を表明。拉致問題について「米国や韓国、国際社会とも協力しながら、解決に全力を尽くしていきたい」と語った。

    【安倍首相 朝鮮半島有事 拉致被害者救出「米に要請」】の続きを読む

    origin_2
    1: どてらを着た名無し 2017/04/07(金) 13:22:31.99 ID:CAP_USER9
    アメリカのトランプ大統領はシリアへの攻撃を命じたあと声明を出し、「シリアの独裁者アサドが恐ろしい化学兵器で罪のない市民を攻撃した。
    化学兵器の使用と拡散を防ぐことはアメリカの安全保障上の重要な利益だ」と述べ、アサド政権を非難するとともに今回の攻撃の意義を強調しました。

    この中で、トランプ大統領は「シリアの独裁者アサドが恐ろしい化学兵器を使って罪のない市民を攻撃した。この非常に野蛮な攻撃によって、かわいい赤ちゃんたちさえ残酷に殺害された。
    どんな子どももこのような恐怖を味わうべきではない」と述べ、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして非難しました。

    そのうえで、トランプ大統領は「化学兵器による攻撃を実施したシリアの飛行場を標的とした軍事攻撃を、今夜、命令した。
    化学兵器の使用と拡散を防ぐことはアメリカの安全保障上の重要な利益だ」と述べ、今回の攻撃の意義を強調しました。

    また、トランプ大統領は「シリアが化学兵器禁止条約の義務に違反し、国連安全保障理事会の求めを無視して、禁止された化学兵器を使ったことには議論の余地がない。
    アサドの行動を変えさせるための何年にもわたるこれまでの取り組みは大きな失敗に終わった。
    その結果、難民危機は深まり、地域の不安定な状況は続き、アメリカや同盟国の脅威となっている」と述べました。

    そして、トランプ大統領は「私はシリアでの虐殺と流血の事態とあらゆるテロ行為を終わらせるため、すべての文明国に協力を求める。
    傷つき亡くなった人たちに祈りをささげ、アメリカが正義の側にいるかぎり、最後には、平和と調和が勝利することを望む」と述べました。

    <米国務長官「断固たる態度を示した>

    アメリカのティラーソン国務長官は、6日、南部フロリダ州で記者会見を行いました。
    この中で、ティラーソン長官はシリアへの攻撃について、「トランプ大統領は、恥ずべき行為に対して断固たる態度を示した」と述べました。
    そのうえで、攻撃に先立ってトランプ大統領は、アサド政権の後ろ盾となっているロシアのプーチン大統領とは連絡を取っていないことを明らかにしました。
    そして、シリアでの化学兵器の使用が疑われる攻撃について、猛毒のサリンが使われた可能性が高いとの見方も示しました。

    配信 4月7日 12時39分

    NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む(声明動画あり)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170407/k10010940191000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

    関連スレ
    【シリア攻撃】トランプ大統領「シリアでの虐殺を終わらせるよう求める」-巡航ミサイル50発超
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491532787/

    【【シリア攻撃】トランプ大統領が声明 「独裁者アサドが罪のない市民を攻撃」アメリカや同盟国の脅威に】の続きを読む

    このページのトップヘ