戦争

    xBaKF3aN
    1: どてらを着た名無し 2016/12/18(日) 23:45:12.48 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相は18日のフジテレビ番組で、15、16両日のロシアのプーチン大統領との首脳会談に関し「本格的な(北方)領土交渉に入ることができた」と強調した。そのうえで「法的な立場(の議論)を延々とやってもらちがあかない。『新しいアプローチ』で両国にプラスになる絵を描くことでロシア人も理解が深まっていく」と述べた。

     首相は、中国の南シナ海などへの海洋進出を念頭に「アジア太平洋地域の安全保障環境は厳しくなっている」と指摘。「日本とロシアが平和条約を結び安全保障分野で連携できれば日本の立場は強くなる。地域の安定のためにプラスになる」と強調した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H2A_Y6A211C1PE8000/

    【安倍首相「日本とロシアが平和条約を結び安全保障分野で連携できれば日本の立場は強くなる。地域の安定のためにプラスになる」】の続きを読む

    d0007923_22544058
    1: どてらを着た名無し 2016/12/16(金) 15:11:36.52 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00050076-yom-pol

     安倍首相とロシアのプーチン大統領は16日午後、首相官邸で前日に続いて日露首脳会談を行い、北方領土での「共同経済活動」に関し、「特別な制度に基づき、両国の主権を害さない」とする文書を発表する。

     文書では、領土問題解決を含む平和条約締結につながる「重要な一歩」として共同経済活動を位置付ける。平和条約の締結を目指す両首脳の決意も盛り込まれる見通しだ。

     共同経済活動について日本政府は従来、「日本の法的立場を損なわない仕組み」を求めてきた。文書に、両国の主権を害さないとの表現を盛り込むのは、日本側の主張に沿ったもので、今後、事務レベルでの詳細な制度設計が課題となる。ロシアのウシャコフ大統領補佐官は15日、「基本的にはロシアの法律に基づく」と語ったが、日本政府関係者は「ロシアの法律を無視した制度ではないが、日本の法律に合わせ適用除外などを作る」と説明する。

    【【日露首脳会談】「互いの主権害さず」…4島経済活動、文書に】の続きを読む

    xBaKF3aN
    1: どてらを着た名無し 2016/12/07(水) 18:20:23.88 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相は7日の党首討論で、北方領土の返還問題について「大変困難な課題だが、あきらめていては一ミリも進まない。今を生きる政治家の責任として全力で取り組む」と決意を示した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H45_X01C16A2000000/

    【【党首討論 】安倍首相、北方領土「あきらめては1ミリも進まない」】の続きを読む

    d0007923_22544058
    1: どてらを着た名無し 2016/12/04(日) 18:08:20.26 ID:CAP_USER9
     安倍首相が5月にロシア南部ソチでプーチン大統領と会談した際、北方領土での「共同経済活動」を提案していたことがわかった。

     複数の日本政府関係者が明らかにした。これまでは、11月の南米ペルーでの日露首脳会談でプーチン氏側が提案したとされていた。これに関連し、ロシアのラブロフ外相は3日の日露外相会談後の記者会見で、「今年行われた会談で、日本の首相は共同経済活動に関して実際に何ができるか考えてみると提案した。ロシア大統領は同意し、しかるべき検討が始まった」と述べた。

     ロシア側は以前から共同経済活動の実現を求めている。日本政府は、共同経済活動について、北方4島に対するロシアの主権を認めず、日本の法的な立場を維持した形であれば、実現は可能と判断している。

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161203-OYT1T50130.html

    【【悲報】北方領土「共同経済活動」、首相が提案・・・】の続きを読む

    d0007923_22544058
    1: どてらを着た名無し 2016/11/25(金) 10:58:26.53 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000034-jij-pol

    安倍晋三首相は25日午前の参院本会議で、ロシアが北方領土に
    地対艦ミサイルを配備したことに関し、「わが国の立場と相いれず
    遺憾だと申し入れた」と述べた。

    民進党の伊藤孝恵氏への答弁。 

    【安倍首相、北方領土へのミサイル配備について遺憾の意をロシアに申し入れ】の続きを読む

    このページのトップヘ