戦争

    design_img_f_1601058_s
    1: どてらを着た名無し 2016/09/08(木) 07:01:49.36 ID:2gXp02070● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    <金口木舌>敵視から脱して
    2016年09月08日 06:00

    必死に逃げる朝鮮人とみられる男性を、大勢の日本人が取り囲み襲い掛かる。関東大震災(1923年)の数カ月後、体験の中で最も怖かったことを、日本人児童が描いた

    ▼「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「放火した」などのデマを信じた人々が、大勢の朝鮮人や中国人を殺害した。
    「敵視」はデマを生み、他者を殺しもする。歴史はそう教える

    ▼8月上旬、尖閣諸島周辺に中国の漁船や公船が多数押し寄せ、一部の領海侵入に外務省が抗議した。
    ネットでは、中国公船が「数百隻の漁船を引き連れ来襲した」、漁船に「海上民兵が乗っていた」との情報が流れた

    ▼中国通ジャーナリストの高野孟(はじめ)氏は、この情報は「デマ」と言う。
    禁漁期が終わり、日中漁業協定で漁が認められた水域へ一斉に出た中国漁船を、公船は、日本の主張する領海に入らないよう管理に当たった。
    領海侵入はその結果だと指摘する

    ▼事態を冷静に見る上で参考になる。
    日中首脳は5日の会談で、尖閣周辺の偶発的衝突を避ける仕組み作りを急ぐことで合意した。冷静な協議の糸口になってほしい

    ▼ただ日中双方の軍事強化は、冷静な協議に水を差す。
    南西諸島へのミサイル配備や最新機能の基地建設は中国には挑発に映りかねない。右手で銃を突き付けたまま、左手で握手を求めても、真の信頼関係は築けない。
    お互い「敵視」から脱したい。

    http://ryukyushimpo.jp/column/entry-352787.html

    【琉球新報「関東大震災の鮮人虐殺のように敵意はデマを生む。尖閣での中国漁船に民兵はデマ。敵視やめろ」】の続きを読む

    img1454919507
    1: DQN ★ 2ch.net 2016/08/24(水) 10:09:15.54 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160824/K10010651971_1608240958_1608240959_01_02.jpg

    安倍総理大臣は午前9時すぎ、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、「北朝鮮のミサイルが潜水艦から発射されてわが国の防空識別圏に撃ち込まれたのは初めてのことだ。わが国の安全保障に対する重大な脅威であり、地域の平和と安定を著しく損なう許しがたい暴挙だ。明白な国連決議違反であり、北朝鮮に対し、断固たる抗議を行った。米国、韓国をはじめ、国際社会と緊密に連携を取りながら、国連の場を含めて、きぜんと対応していく」と述べました。

    NHK:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160824/k10010651971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    【【平常運転】北朝鮮のミサイルに対し 安倍首相「許しがたい暴挙 断固たる抗議」】の続きを読む

    img6067_21
    1: どてらを着た名無し 2016/08/22(月) 08:15:03.26 ID:CAP_USER9
    政府が、米海軍で開発が進められているレールガン(電磁加速砲)について、研究開発に本格着手する方針を固めたことが21日、分かった。
    平成29年度予算案の防衛省の概算要求に関連経費を盛り込む。

    米政府はレールガンを将来世代の中心的な革新的技術と位置づけており、日本としても独自に研究開発を行う必要があると判断した。

    レールガンは電気伝導体による加速で発射する新型兵器。

    米海軍が開発を進めているレールガンは、1分間に10発を発射することができ、時速約7240キロの速度で射程は約200キロとされる。
    対地・対艦・対空すべてに活用でき、ミサイル防衛でも中心的役割を担うことが期待されている。

    火砲やミサイルと比べて1発当たりのコストが低く抑えられ、中国やロシアの弾道ミサイルや巡航ミサイルを無力化できる可能性も秘めていることから、
    米海軍研究局は戦争の様相を決定的に変える「ゲームチェンジャー」と位置づけている。

    防衛省はこれまで、米国を中心とした国内外のレールガン関連技術の開発状況を調査するとともに、基礎技術に関する研究を行ってきた。
    レールガンが米軍に実戦配備されるのは5~10年後とされているが、自衛隊に導入するためには米国側の技術協力が不可欠。

    「日本側に技術の蓄積がなければ十分な協力が得られない」(陸上自衛隊関係者)という事情もあり、日本独自の研究開発を進める必要に迫られていた。
    http://www.sankei.com/politics/news/160822/plt1608220009-n1.html

    【軍事】米海軍、レールガンを2年以内に配備か
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456194601/

    【軍事】米海軍が発表、最新兵器「レールガン」の全貌~砲弾を200キロ先まで飛ばせる
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423318737/

    【超速射・レールガン(電磁加速砲)を日本独自で開発へ 中露ミサイルを無力化に期待】の続きを読む

    f94e5fa763874243145b619e9cf0eb00
    1: どてらを着た名無し 2016/08/19(金) 20:56:42.31 ID:CAP_USER9
    日本政府は2017年度にむけ史上最大の国防(防衛)予算を要求していく方針。2017年度の国防予算は2.3%増の5兆1000億円が計上される。日本のマスコミ各社が報じた。

    国防費の増額要求の理由としては朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射実験が挙げられている。北朝鮮が先日、発射した射程距離1000キロの弾道ミサイルは日本の排他的経済水域に落下している。

    ミサイル防衛を強化するとして1050億円がパトリオット(PAC-3)ミサイル取得費に充てられている。

    このほか新たな国防予算では米国の最新の海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費が初めて計上された。このミサイルは最高高度が1000キロ。早期警報を持つイージス艦への搭載用ではないかとされている。

    日経新聞の報道ではミサイル実験は今年秋にもハワイ諸島近海で行われ、来年2017年からは生産が開始。

    産経新聞によれば日本が開発を望んでいる潜水艦は300キロの射程距離を持つミサイルを搭載するもの。この潜水艦は領土論争における日本の立場を強化することを目的に2023年までに尖閣諸島付近に配備される。

    日本の2018年までの国防強化中期計画で見込まれている毎年の軍事(防衛)費の伸びは、今回の概算要求よりはるかに低い0.8%となっている。

    http://jp.sputniknews.com/japan/20160819/2662895.html

    【日本政府、史上最大の国防予算を計上へ】の続きを読む

    201406060554062f3
    1: どてらを着た名無し 2016/08/17(水) 23:45:53.58 ID:CAP_USER
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/images/20160817/plt1608171700002-p1.jpg
    尖閣諸島の領海に侵入した中国漁船=5日(海上保安庁提供)

     沖縄県・尖閣諸島周辺海域に、中国海警局の公船とともに、約300隻もの漁船が連日のように押し寄せているが、この中に軍事訓練を受けた100人以上の海上民兵が乗り込んでいることが分かった。武装をしている可能性も高い。
    日本政府は、中国の暴走を防ぐためにも、万全の態勢を整える必要がありそうだ。

     衝撃のニュースは、産経新聞が17日報じた。

     海上民兵とは、退役軍人などで構成される準軍事組織で、警戒や軍の物資輸送、国境防衛、治安維持などの役割を担う。中国の軍事専門家によれば、現在の総勢は約30万人という。

     他の漁民を束ねるとともに、周辺海域の地理的状況や日本側の巡回態勢に関する情報収集などの任務を担っている。海警局の公船などと連携を取りながら統一行動をとる。
    今回の行動のため、福建省や浙江省で海上民兵を動員して軍事訓練を重ねたとされる。

     常万全国防相も出発前の7月末、浙江省の海上民兵の部隊を視察し、「海上における動員準備をしっかりせよ。海の人民戦争の威力を十分に発揮せよ」と激励した。

     帰国後は政府から燃料の補助や、船の大きさと航行距離、貢献度に応じて数万~十数万元(数十万~200万円)の手当てがもらえるという。

     中国・杭州では9月、習近平国家主席が議長を務めるG20(20カ国・地域)首脳会議が開かれる。ここで、南シナ海問題が議題にならないよう、尖閣問題とすり替えるために挑発を高めているとの指摘もある。

     海上保安庁だけでなく、自衛隊の総力を結集して、尖閣強奪を許してはならない。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160817/plt1608171700002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160817/plt1608171700002-n2.htm

    【尖閣で暴走する中国漁船の正体は“海上民兵”だった 訓練を受けた百人以上が乗船 】の続きを読む

    このページのトップヘ