戦争

    gazou_0105
    1: どてらを着た名無し 2016/08/10(水) 07:50:47.23 ID:+ke39vnm0 BE:479913954-2BP(1931)
    中国が稲田朋美新防衛相を「極右の政治ブローカー」「日中関係の未来ない」と批判 「百人斬りなかった」発言

     中国国防省は5日、稲田朋美防衛相が4日に行った日本の報道各社とのインタビューで、1937年の南京事件に関連し「百人斬り」を否定したことについて「歴史を否定すれば中日関係の未来はない」と強く反発する談話を発表した。

     中国は、靖国神社を繰り返し参拝するなど保守色の強い稲田氏について「極右の政治ブローカーで、安倍晋三首相と関係が近い」(中国メディア)などと警戒感をあおっており、歴史問題をカードに日本を揺さぶる狙いがあるとみられる。

     中国国防省は談話で「歴史を直視するのが歴史問題解決の基礎だ。歴史の改ざんは同じ失敗を繰り返すだけだ」と強調。稲田氏の発言に関し「侵略の歴史を美化したいだけだ。国際秩序に挑戦し、軍国主義をよみがえらせようとしている」と批判した。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/160805/plt1608050040-s1.html




    5日に3隻、6日に7隻、7日は13隻、そして8日は過去最多の15隻と、日ごとに増えています。岸田外務大臣は程永華駐日大使を呼びつけて抗議しました。
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_politics/articles/000080970.html

    【中国国防省「軍国主義賛美の稲田が居座る限り日中関係の未来はない」】の続きを読む

    c1a07da8
    1: どてらを着た名無し 2016/08/10(水) 08:12:15.17 ID:CAP_USER9
    米政府 尖閣周辺への中国船侵入に「状況を監視」
    8月10日 7時46分
    沖縄県の尖閣諸島周辺で中国当局の船による活動が活発化していることについて、アメリカ政府は日本政府と連絡を取り合いながら状況を監視していることを明らかにしました。
    沖縄県の尖閣諸島周辺では今月5日以降、中国当局の船が領海侵入を繰り返し、日本政府は中国側に強く抗議するとともに、事態の改善を強く求めていく方針です。
    これについて、アメリカ国務省のトルドー報道部長は、9日の記者会見で、「日本政府と緊密に連絡を取りながら状況を監視している」と述べました。
    そして、アメリカは、尖閣諸島の領有権については特定の立場を取らないものの、日本の施政権下にあり、日米安全保障条約の適用範囲だという立場を改めて示し、中国が一方的に緊張を高めないようけん制しました。
    一方、南シナ海の問題をめぐって、アメリカのシンクタンク、CSIS=戦略国際問題研究所が衛星写真の分析を基に、南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島で中国による軍用機の利用も可能な格納庫の建設が進んでいると指摘する報告書を9日までに公表し、記者会見で質問が出ました。
    これについて、トルドー部長は「軍事拠点化しないという習近平国家主席の言葉を実行に移すつもりがあるのか疑念を招く」と中国政府を非難し、自制を求めました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160810/k10010629651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    【米政府 尖閣周辺への中国船侵入に「状況を監視」】の続きを読む

    image-1-700x517
    1: どてらを着た名無し 2016/08/10(水) 03:08:26.74 ID:CAP_USER
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/080800059/fb.jpg
    尖閣沖に中国公船。日本政府が抗議(写真提供:第11管区海上保安本部/AP/アフロ)

     日本の尖閣諸島海域に嵐が迫っている。台風のことではなく、8月5日午後、尖閣諸島領海に2隻の中国海警船と漁船が初めて侵犯してきた事件である。
    このとき、尖閣諸島の接続水域の中国公船の付近には230隻あまりの中国漁船があった。日本外務省は、この事実を確認し、中国大使館公使に抗議した。これは6月9日の尖閣諸島接続水域に軍艦が侵入して以降、
    中国が計画的戦略的に東シナ海・尖閣諸島に対してアクションを起こしているということであり、おそらく8月15日の終戦の日を一つのピークに、中国側は本格的に日本の出方を見定めていくつもりではないか。日本側に準備と覚悟はできているのか。

    漁船を追う形で中国海警船が領海侵入

     今回の件を簡単に振り返る。

     日本の海上保安庁によると、5日午後12時15分ごろから、中国海警船2隻が相次いで尖閣諸島付近の領海内に侵入した。この2隻はともに機関砲を搭載する武装船である。まず、2隻のうち「海警33115」が12時15分ごろ領海に入り尖閣西北から西側を通り抜けた。
    続いて午後1時半から再び領海に侵入し、このときは約3時間航行したのち、領海外側の接続水域に抜けていった。続いて「海警2307」が午後3時45分ごろから、領海内を15分航行し接続水域に抜けた。ともに漁船を追う形で侵入したという。

     これら海警船は7月30日ごろから尖閣諸島付近にいた。これは今年に入って21度目の中国海警船の集団来航である。6日午前の段階で、中国海警船6隻が釣魚島の接続海域にいることが確認された。
    これら船のうち少なくとも3隻は外観から機関砲を搭載しているようだった。一般に中国海警船は3隻で行動することが多く、今回6隻の規模に拡大したのは、中国の挑発がそれだけエスカレートしたということだろう。
    しかも、周辺海域では230隻以上の漁船が作業をしていた。これほどの漁船が尖閣諸島周辺海域に集結していることも異例の出来事である。今回、領海侵入した海警33115、海警2307と、もう一隻の海警2166は8月3日以来、繰り返し接続水域を航行しているという。

     日本外務省アジア・大洋州局長の金杉憲治は、領海侵犯があった段階ですぐ、中国大使館の公使・郭燕に電話で「このような行動は、現場の緊張をさらに高める一方的な行動であり、受け入れることは絶対にできない」と抗議し、
    中国側は船を領海に入れないように、さらに接続水域から立ち去るように要請した。中国の日本大使館も中国外交部に対し抗議を表明した。

     日本政府としては、「中国海警船が漁船に囲まれて航行することは、日本の領海内で中国が法の執行行為をしているということになり、主権侵害に当たるとして、過去の接続水域侵入とレベルが違う」と判断。
    5日夕の抗議は、外務次官の杉山晋輔が、中国大使の程永華を呼び出して、「厳正なる抗議」にレベルアップし、「この挙動は日本主権の侵害であり、断固許すことはできない」とした。

    中国の変わらぬ態度と増え続ける海警船

     これに対し、中国外交部報道官による中国の公式の態度は「中国側の釣魚島(尖閣諸島)問題においての立場は明確で、一貫している。釣魚島とその付属島嶼は中国の固有の領土であり、中国はこれら島嶼とその海域の主権について争う余地はない。
    同時に中国側はこの海域に関しては妥当な管理措置を取っているところである。我々は強烈に日本サイドが、双方の関係する原則の共通認識精神を守ることを希望し、冷静に事態を見つめ、
    状況を緊張、複雑化させる可能性のあるいかなる行動もとらないように希望する。そしてともに関係海域の安定のために建設的な努力をしよう」といつも通りであった。

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/080800059/

    >>2以降に続く)

    【尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ 試される日本】の続きを読む

    c1a07da8
    1: どてらを着た名無し 2016/08/09(火) 11:59:03.46 ID:CAP_USER9
    岸田外相は9日午前、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、
    尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海や接続水域(領海の外側約22キロ)に中国公船が繰り返し進入していることについて、
    厳重に抗議した。

    8月に入り活発化した中国公船の尖閣周辺での活動について、岸田氏が抗議するのは初めて。

    尖閣諸島周辺の領海や接続水域への進入については、外務省が今月5日以降、杉山晋輔次官らが連日抗議してきたが、
    中国側は進入する公船の数を増やすなど活動を激化させている。
    政府高官によると、公船周辺では最大約400隻の中国漁船が操業していたという。

    程氏は会談後、記者団に尖閣諸島が中国の領土であると主張した上で、
    「解決に向けてお互い努力していくべきだという話をした」と語った。

    以下ソース:YOMIURI ONLINE 2016年08月09日 11時27分
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160809-OYT1T50064.html

    【岸田外相が中国大使に抗議 結果・・・】の続きを読む

    c1a07da8
    1: どてらを着た名無し 2016/08/07(日) 15:26:19.77 ID:YR8Lh3qW0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    中国の海警船2隻が尖閣領海に侵入、日本は抗議

    [東京 7日 ロイター] - 日本の外務省は7日、中国海警局の船2隻が東シナ海の尖閣諸島
    (中国名:釣魚島)の日本領海に侵入したため、駐日中国大使に抗議したと発表した。2隻はすでに
    領海を出たが、正午現在で合計9隻の海警船が尖閣の接続水域にとどまっている。

    海上保安庁によると、7日朝に2隻の海警船が接続水域に入域。前日からいた7隻と合わせ、
    接続水域を航行する船は9隻に増えた。このうち2隻が午前10時ごろ領海へ侵入。1隻は機関砲の
    ようなものを積んでいたという。

    海保の巡視船が警告したところ、「中国の管轄海域で定例のパトロールをしている。貴船はわが国の
    管轄海域に侵入した。わが国の法律を守ってください」と応答があった。

    2隻は午前10時40分ごろに領海を出たものの、海保によると、正午時点で9隻が接続水域に
    とどまったままという。

    日本の外務省は午前11時すぎ、杉山晋輔事務次官が程永華駐日大使に対し、「尖閣諸島周辺の
    領域への侵入はわが国主権の侵害。一連の中国側の行動は、現場の緊張を著しく高める一方的な
    エスカレーションで受け入れられない」と抗議した。

    外務省は、7隻の海警船が接続水域に入った前日から中国側に抗議。7日朝も、金杉憲治
    アジア太平洋局長が中国大使館の郭燕公使に対し、海警船の退去を求めていた。海保によると、
    周辺海域を航行する海警船は通常3、4隻だいう。

    http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1AO06V

    【尖閣諸島に機関砲搭載の船が領海に侵入 海保の警告に「中国の管轄海域だ。侵入するな。法律を守れ」と応答】の続きを読む

    このページのトップヘ