アホ

    line0165
    1: どてらを着た名無し 2018/06/16(土) 14:03:12.19 ID:CAP_USER9
    安倍首相は16日午前、読売テレビの番組に出演し、米朝首脳会談で合意された朝鮮半島の完全な非核化について、国際原子力機関(IAEA)による査察が必要だと指摘した上で、非核化費用の負担を検討する考えを明らかにした。

    首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。その上で拉致問題の解決に向け、「最終的に私自身が北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わないといけない」との決意を改めて表明した。

    9月の自民党総裁選に関しては「まだまだ、やるべきことがたくさんある。私自身の手で解決したい」と強調し、連続3選に意欲を示した。出馬表明の時期は「セミの声が相当にぎやかになってきた頃」になるとした。

    2018年06月16日 11時36分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180616-OYT1T50046.html?from=ytop_main2

    関連スレ
    【安倍首相】拉致問題、首脳会談解決へ決意=非核化費用の負担検討
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529112874/

    【【安倍首相】北朝鮮非核化 「平和の恩恵を被る日本が費用負担するのは当然」 経済援助とは区別 【売国速報】 】の続きを読む

    d9d6dc379f5f56a5a659b376474d22e7
    1: どてらを着た名無し 2018/05/25(金) 22:10:42.15 ID:CAP_USER9
    2018年05月24日19時55分
    参院自民党は24日の政策審議会で、女性省の設置を柱とする内政と外交の国家ビジョンをまとめた。近く政府に提言する。

    内閣府や厚生労働省などに分散している女性政策の部署を統合して女性省を設置するよう主張。日本の排他的経済水域(EEZ)の権益確保のため、EEZ管轄権行使法の制定も打ち出した。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018052401245

    【自民党が女性省設置を提言 】の続きを読む

    yjimageKFKYYYCP
    1: どてらを着た名無し 2018/05/26(土) 19:47:40.88 ID:CAP_USER9
    菅義偉官房長官(発言録)
     (米朝首脳は)6月12日に会談する予定だったが、トランプ大統領は断った。会談を開くことが重要なのではない。
    核・ミサイル、拉致問題を前に進めていくことが重要だ。だから安倍晋三首相が、トランプ氏の決断を支持すると言った。
    たった1カ国です、世界でも。そしたらまた(トランプ氏が米朝会談について)やるかもしれない、
    良い感じにあるとツイートした。

     私たちは選挙の時、日米、日米韓で協力して圧力をかけ、北朝鮮の政策を変えさせると言い続けた。
    批判もあったが、こうした政策によって、金正恩委員長が体制を保証してくれれば非核化すると言い始めた。

     私どもが考えていた方向に物事が回り始めてきている。安倍首相の外交努力によって、
    トランプ氏を引き込んで、圧力をかけ続けてきた(結果だ)。これからが正念場だ。
    (自民党栃木県連大会のあいさつで)


    画像:菅義偉官房長官
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180526001845_commL.jpg

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL5V4R9CL5VUTFK004.html

    【【米朝会談中止】「(日本が)たった1カ国、支持した。そしたらやるかもしれない、良い感じにあるとツイートした」 菅長官 】の続きを読む

    e97e96c0
    1: どてらを着た名無し 2018/05/09(水) 17:45:53.55 ID:CAP_USER9
     安倍晋三首相は9日、日中韓首脳会談後の共同記者発表で、

    北朝鮮に対し「拉致、核、ミサイルの諸懸案を総括的に解決し、正しい道を歩むのであれば、
    日朝平壌宣言に基づき、不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す。これがわが国の一貫した立場だ」と述べた。

    https://www.sankei.com/politics/news/180509/plt1805090012-n1.html

    関連スレ
    【外交】安倍首相、ロシア訪問5月26日予定 プーチン大統領との会談
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521883220
    【外交】北朝鮮「6月初めに平壌で日朝首脳会談の開催も」菅官房長官「詳細は控える」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522377418/

    【安倍首相】「北朝鮮の大量破壊兵器など検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に向け取り組みを」日中韓首脳会談はじまる
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525835489/
    【外交】中国、日本にトキを11年ぶり提供へ 9日の日中首相会談で合意見通し 関係改善の象徴に
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525665121/
    【安倍首相】北の非核化で意見交換、拉致解決で異例の一致 日本の首相と国家主席の電話会談は史上初
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525488276/
    【安倍首相】「日中関係を次なる段階へ引き上げることで一致」日中友好条約から40周年  日本の首相と国家主席による初の電話会談
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525661386/
    【日米会談】トランプ大統領「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな。長年執念を燃やし、決してあきらめない態度はビューティフルだ」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524107442/

    【【日中韓首脳会談】安倍首相「北朝鮮が正しい道歩めば日朝平壌宣言に基づき国交正常化目指す」 】の続きを読む

    DM2sh-TUIAArT2U
    1: どてらを着た名無し 2018/05/06(日) 07:07:29.98 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/180505/plt1805050014-n1.html

    先月20日から国会審議を拒否している立憲民主党など6野党が大型連休明けに審議復帰へと動くことになった。
    加計学園問題をめぐり、柳瀬唯夫元首相秘書官が学園関係者との面会を国会で認める意向を固めたためだ。
    ただ、理由はそれだけではない。「17連休」を謳歌する野党議員には支持者らからも冷ややかな視線が注がれていた。

    「少し事情が変わった」

    立憲民主党の福山哲郎幹事長は5日の読売テレビ番組でこう語り、柳瀬氏の国会招致をきっかけに
    審議に復帰する方針を示唆した。与野党国対委員長と大島理森衆院議長らによる国会正常化に向けた調整が
    7日にも行われるとの見通しも示した。

    柳瀬氏の国会招致は今月中旬に行われる方向だ。審議拒否という野党の圧力が招致につながった側面は確かにある。
    とはいえ、国会議員の「本業」である国会審議を拒み続けた戦術への批判は野党議員の支援者にも根強い。

    「地元や親からも言われる。『そろそろ(国会に)出たほうがいい』と…」

    希望の党の玉木雄一郎代表は3日のインターネット番組でこう明かした。連休明けに民進党と結成する新党
    「国民民主党」の方向性に関しては「原則、審議拒否はしない。審議に出ていって、おかしいことはおかしいと言う」と断言した。

    玉木氏が公然と戦術の誤りを認めたのも無理はない。日経新聞の先月末の世論調査では、審議拒否が「適切でない」
    との回答は64%で、「適切だ」の25%を大きく上回った。加計問題などで「首相に責任がある」は72%に達しており、
    一連の不祥事に批判的な人にも審議拒否路線が支持されていないことが分かる。

    立憲民主党からは「地元で批判は聞かない。『文書や答弁がでたらめだから審議できない』と説明すれば伝わる」
    (中堅)といった強弁も聞かれるが、現実はなかなか厳しいようだ。

    「審議を通じて真相を明らかにしてほしい」「ずっと審議拒否していると国民に忘れ去られてしまう」

    民進党の若手参院議員は大型連休中、支持者からそうした苦言を伝えられたといい、
    「日程闘争をしていても仕方ない。追及の材料を得ても審議をしなければ意味がない」と漏らす。

    別の民進党若手も「後援会幹部に『ずる休みのイメージはよくない』と繰り返し言われる」と明かした。

    【「親から『そろそろ国会に出ろ』と・・・」“17連休”満喫中の6野党、批判に耐えかね審議復帰へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ