アホ

    1: どてらを着た名無し 2018/08/20(月) 06:48:08.56 ID:CAP_USER9
    毎日新聞2018年8月19日 東京朝刊

     2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア活動に学生の参加を促すため、
    スポーツ庁と文部科学省が全国の大学と高等専門学校に対し、大会期間中(7月24日~9月6日)に
    授業をしないよう暗に求める通知を出したことが波紋を広げている。学業よりボランティア優先なのか。

    当事者の学生や教職員の声に耳を傾けた。【和田浩幸】

    この記事の続きは有料記事です。

    残り1926文字(全文2092文字)
    https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180819/ddm/003/050/052000c
    ★1)2018/08/19(日) 15:00:06.21
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534708019/

    参考動画
    東京オリンピック・ブラックボランティア問題!圧力通知の送付は学生ボランティアの参加を促すものではない!? 学事暦の変更を適切に行うようにお願いしただけ!? ~林芳正 文科相 定例会見 2018.8.3
    https://m.youtube.com/watch?t=13s&v=H7BaDPtZ3rc


    【日本政府 ボランティア参加促す為に全国の大学と専門へ東京五輪期間中に授業をしない事を求める通知をしてしまう】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/13(月) 18:33:04.82 ID:CAP_USER9
    ※たまたまスレです

     今、国会周辺で検討され始めたサマータイム制度、正確にはデイライト・セービング・タイムだが、夏の一定期間、時計を1時間から2時間早める制度で、欧米では一般的に実施されている。太陽の光を効率的に利用して活動し、明るいうちに帰宅して、長く余暇を楽しむことが出来る。また電力消費を削減する効果があるとされている。

     日本でも戦後すぐGHQの指令により、3年間実施していた。しかしサンフランシスコ講和条約締結とともに廃止された。その理由は国民に不評だったからだ。夏時間に切り替わった後は、多くの国民が睡眠不足になり、健康を害しかねないこと。夕方5時を過ぎても明るいため、長時間労働をさせられることなどである。その後も数回検討されたことがあるが、コンピュータ設定変更の手間や、電力消費の削減に繋がらないなどの理由で、見送られてきた。

     この度検討が開始されたきっかけは、2020年夏の東京オリパラでの暑さ対策である。開催が予定されている7月下旬から8月上旬は、一年で最も暑い時期であり、競技する選手や観客の負担を軽減するためであり、やむを得ない措置だろう。ただ2019、20年度に限るとの提案はいただけない。国民全体の生活パターンに影響を与える制度だから、一時しのぎではなく、腰を据えて恒久的な制度として考えるべきではないか。

     その際はこれまで指摘されてきたいくつかのデメリットを、一つひとつ丁寧に解決していかなければならない。長時間労働に対しては、既に動き始めた働き方改革により、かなりの歯止めが期待される。コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ。余暇時間の過ごし方が、エネルギー消費の削減につながるような工夫も必要だ。一方、睡眠不足などによる健康障害問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ。

     明らかに地球温暖化を原因とする異常気象が、世界を震撼させている。サマータイム制度が少しでも温暖化防止につながるのであれば、我々は躊躇することなく、この新制度に挑戦すべきではないのだろうか。

    2018年08月13日 08:19
    BLOGS
    http://blogos.com/article/317586/

    【【自民】船田元氏、サマータイム導入のデメリット 「律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れる」「心構えにより多くは解消」】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/08/12(日) 12:56:27.68 ID:CAP_USER9
    鳩山元総理大臣は北京で行った講演で安倍総理大臣の対中政策に触れ、

    「右手で握手しながら左手でげんこつを握れば真の友情は生まれない」などと痛烈に批判しました。

     鳩山元総理大臣:
    「安倍首相は、常に東アジアの安全保障状況はますます厳しさを増すばかりとのうたい文句で、
    日米同盟の強化や自衛隊の配備の増強を図っている」

     11日、北京で開かれた国際シンポジウムに出席した鳩山元総理は尖閣諸島について、
    日中間では事実上棚上げされてきたと指摘し、

    「歴史に照らして今一度、棚上げすべき」と話しました。中国が進める一帯一路構想については
    「習近平主席は、目的は平和をもたらすことだと述べた」として、日本は大いに協力すべきと強調しました。

    さらに、安倍総理の対北朝鮮政策についても、「対話の時代は終わったなどと述べ、世界から失笑を買った」と批判しました。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15148507/

    【鳩山氏が安倍総理を痛烈批判「世界から失笑を…」「右手で握手しながら左手でげんこつを握れば真の友情は生まれない」 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/27(金) 09:40:32.36 ID:CAP_USER9
    7/27(金) 6:30配信
    毎日新聞

     スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

     多くの大学は7~8月が試験期間となる。通知では学生がボランティアをすることへの意義を説き、大会期間中は授業や試験を避けることを促した。授業開始時期の繰り上げや祝日の授業実施は学則などに基づき、学校の判断で特例措置を講じることができる。

     首都大学東京は昨夏、期末試験を大会前に終了させるなどして大会期間中に原則、授業や試験を行わないことを決めている。国士舘大も26日、同様の方針を発表した。【田原和宏】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000006-mai-spo

    【東京五輪中に大学は授業を避けボランティアに参加しやすい環境を 国通知 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/24(火) 11:10:00.23 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00278154-nksports-spo

    2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(81)が23日、都内で単独インタビューに応じた。
    開幕まで今日24日でちょうど2年となるのを前に、この日、東京では観測史上最高となる気温40・8度を記録。
    前代未聞の暑さが目の前にある厳しい現状を、チャンスに変えるべきとの考えを示した。これまでも暑さ対策は講じてきたが
    「想像上ではなく今、現実にある。実際に試すため、生かさない手はない」と机上論ではなく今夏、実証実験を徹底する。

    丸2年後、東京オリンピック(五輪)が開幕しているその日に東京で40度を超え、森会長は自問自答した。
    「この暑さが来たら本当に、まっとうにやっていけるのか」。

    全国的に熱中症で救急搬送されるケースが多発し、今夏の酷暑は社会問題となっている。
    しかし、開催時期は国際オリンピック委員会(IOC)が提示し、東京側も織り込み済みで招致した経緯もあり、日程はずらせない。

    現実から目をそらせない状況で「この暑さでやれるという確信を得ないといけない。ある意味、五輪関係者にとってはチャンスで、
    本当に大丈夫か、どう暑さに打ち勝つか、何の問題もなくやれたかを試すには、こんな機会はない」と語った。

    暑さ対策としてはこれまで、道路の遮熱性舗装、街頭ミスト、会場の大型冷却器、かち割り氷の配布などが検討されている。
    昔ながらの「打ち水」なども効果があるとし、東京五輪関連イベントではよく紹介されているが、実際に役に立つか、
    今夏、実証実験に最大限、利用すべきとの考えだ。

    森氏は選手同等にボランティア、競技役員、観衆に心配の目を向けた。「意識、覚悟している」選手とは違い、
    暑さへの知識が不足している一般客への周知や対策が必要となる。正直に「全て組織委で対策するのは難しい」と語り、
    「各自治体、各地域もともに考えて連携していかないと」と呼びかけた。

    “ピンチはチャンス”という発想で、暑さ対策で日本のイノベーションを世界に発信する機会とも捉えた。
    直接的な冷却装置以外にも、観客がスムーズに会場入りできるよう、会場ごとに顔認証システムの導入を目指している。
    それにより荷物検査時間を減らし、待ち時間を「最長20分」との目標を掲げている。

    今月18日、IOC理事会で承認された競技日程でも、暑さを考慮し男女マラソンが午前7時、50キロ競歩が同6時スタートと決まった。
    しかし、森氏は「朝5時という案もあった。極論、東京都心は夜も明るいため、夜のレースという意見もあった」と振り返る。
    斬新なアイデアは実現はしなかった。五輪の開催計画は各競技連盟や団体の思惑が複雑に交錯する。
    しかし、この酷暑を目の前に、残り2年、思い切った取り組みも必要かもしれない。

    猛暑の危険性ももちろん承知し、人一倍、気を使っている。22日、マスコットの名前発表イベントに参加。
    会場に到着すると、多くの子どもたちが目に入った。気温は午前11時で約35度。前室で待機中、東京都の小池百合子知事に
    「今日は暑いから、あいさつは短い方がいい」と話し、実際に本番で簡潔に切り上げた。

    IOCも注視している暑さ対策。「部屋の中で暖房をたいて実験をするわけではない。これが自然で起きていて、逆らうわけにはいかない。
    この暑さでそっくり2年後、東京で(五輪を)やるということを考えなければならない」と、気を引き締めるように言った。


    身ぶりをまじえてインタビューに答える組織委の森会長
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-00278154-nksports-000-view.jpg

    【【東京五輪】森喜朗会長「この猛暑は五輪関係者にとってチャンス。こんな機会はない。今夏を実証実験に最大限、利用すべき」 】の続きを読む

    このページのトップヘ