アホ

    thyme
    1: どてらを着た名無し 2016/08/17(水) 08:22:40.82 ID:LHswb3U50● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
     解散ですべてが終わるわけではない。「終わったというのなら、また始めましょう」というのが
    シールズの姿勢であり、「シールズ琉球」はこれからも活動を続けるという。

     きのうの解散記者会見で、メンバーの一人が語った言葉を銘記したい。「友達から『解散するの?』
    『今後どうするの?』と聞かれるが、それを私たちに問いかける前に自分はどうしていきたいかを考えてほしい」

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=comtop_gnavi

    【SEALDs「解散後どうするのと聞かれるが、むしろ自分はどうしたいか考えて欲しい」 ←いやだから答えろよ 】の続きを読む

    593671a0b77e43fc7fb6a6c9584030a2_9568
    1: どてらを着た名無し 2016/08/16(火) 12:34:14.23 ID:CAP_USER
    SEALDsが解散と同時にヒップホップソング「TO BE」を発表
    KAI-YOU.net 8月15日(月)17時15分配信

    8月15日(月)、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が解散した。

    同時に、特設サイトとYouTubeにて楽曲「TO BE」を発表。SEALDsのメンバーでありラッパーであるUCDさんがメロウなトラックに、これまで安全保障関連法に反対してきたSEALDsの思想や立場を表明した曲となっている。

    MVやそのリリック、声明文からも、解散にあたって終戦記念日を強く意識していることも随所に見られる。新たなヒップホップのクラシックとなるか、要注目だ。

    「TO BE」のリリック

    (verse1)
    祈る8.15
    千鳥ヶ淵で手を合わせる
    眩い黒い闇の中で想う
    この土地の先人たちの死
    覚悟した眼差しは まだ見えない
    前を向き 歩き始めたのさ あれから
    いくつものシーン 経験し 感謝し
    果たし得なかったもの 探した戦士は
    目の前にある生 平和 意志し
    維持し続けようと語った 戦ったはずだ
    それは此処まで届いた
    ほっとけば崩れ落ちる氷河のような
    脆くも固い意志は受け継がれた
    かくも71もの月日に耐えた価値
    墓標に刻まれた非戦の二文字は
    紛争地 丸腰で闊歩する
    現代の侍を生んだんだ
    名はArticle 9

    (hook)
    We still in the dream
    祈るように 祈るように 夢を生きる

    Always do the right things
    先人のように 背筋伸ばし 前方を見つめる

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160815-00010001-kaiyou-ent

    【【超絶悲報】SEALDsが解散ソング発表wwwwwwwwwwwwww タイトルは・・・】の続きを読む

    o039703971318161455985
    1: どてらを着た名無し 2016/08/15(月) 08:28:58.96 ID:CAP_USER
    京幾道(キョンギド)水原市(スウォンシ)で公然わいせつの容疑者が、通報を受けて出動した警察に
    緊急逮捕される過程で死亡する事故が発生した。

    14日、水原南部警察署によれば13日の午後8時9分頃、水原市霊通区(ヨントング)の某バス停で
    オナニーをしていたA容疑者(40歳)が、通報を受けて出動した警察官に引き渡される過程で顔が
    青ざめるなど異常な症状を見せた。警察は応急で心肺蘇生術を行い、病院に搬送したが死亡した。

    当時A容疑者は家に居たBさん(32歳)の妻から、「家の外でわいせつ行為をしている人がいる」と
    聞いて追い掛け、居合わせた通行人と協力して捕まえた状態だった。

    Bさんは、「A容疑者が電柱にぶつかって倒れ、再び起きて逃げだしてから倒れると馬乗りになって
    取り押さえ、通行人ぼCさんに警察への通報を要請した」と警察に供述した。

    警察は、「検死の結果、死亡に繋がるような外傷はない」とし、「正確な死因究明のため解剖検査
    を実施する予定だ」と話した。

    ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=005&aid=0000927370

    【【平常運転】韓国 バス停でオ○○ーをした40代 捕まる過程で昇天】の続きを読む

    c61e2d5095ad48ac7b38f4257fec778bbb1b4e161467983285-s
    1: どてらを着た名無し 2016/08/15(月) 18:16:13.69 ID:fSGBR3g60 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    SEALDs @SEALDs_jpn 12:04 - 2016年8月15日
    戦後71年。SEALDsから、最後のメッセージです。
    https://twitter.com/SEALDs_jpn/status/765021365736837120


    2016年8月15日、戦後71年の節目をもって、SEALDsは解散します。

    私たちは、日本の自由と民主主義の伝統を守るために、
    立憲主義・生活保障・安全保障の3分野で、明確な立場を表明し、
    デモや街宣などの行動を起こしてきました。
    とくに昨年の安保法制の強行採決に反対する国会前でのデモや、
    今年7月10日に行われた参議院選挙に向けた野党共闘の実現、
    市民参加型の選挙に向けた行動などを行ってきました。

    結果として、ほとんど不可能だと言われていたにもかかわらず、
    野党共闘のもと、参議院選挙では32の1人区全てで野党統一候補が決まりました。
    また、選挙の風景にも変化が起こりました。
    昨年の夏、自発的にデモや勉強会などを自主的に行った市民たちを含め、
    選対には多くの人々が積極的にボランティアとして参加しました。
    これまで選挙に関わることの無かった人々が自ら応援演説に立ち、電話がけをし、
    ポスターやフライヤーをデザインしてポスティングしたのです。
    候補者自身も、市民との関わりの中で、
    よりいっそう候補者としての自覚と責任を持つようになっていきました。

    しかし、当然ながら、私たちは選挙結果を含め、
    これで十分だったとは思っていません。
    改善すべき問題点は山のようにあります。
    市民が立ち上げる政治は、ようやく始まったばかりです。
    個人として路上に立つのと同じように、
    「わたし」の声で、日常の目線から政治を語ること。
    隣近所・家族・友人・恋人と政治について語り合うこと。
    自分の選挙区の候補者に会いに行き、自ら選挙の景色を変えること。
    こうした営みは日々行われるもので、一朝一夕に政治を変えるものではありません。
    この動きを末永く、ねばりづよく続けていく必要があります。
    その積み重ねは、長い時間をかけて社会に根をおろし、
    じっくりと育ち、いずれは日本の自由と民主主義を守る盾となるはずです。
    http://sealdspost.com/tobe/

    >>2-5に続く)

    【さらばSEALDs! 共産主義の老害に踊らされたバカガキ共の最後のメッセージ。 】の続きを読む

    5y8Mi
    1: どてらを着た名無し 2016/08/14(日) 05:36:29.86 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000011-asahi-spo

    全国高校サッカー選手権の予選にあたる大阪大会で、シード校として出場する
    予定だった強豪の大阪学院大高校(大阪府吹田市)が開会式を欠席し、
    棄権扱いにされたことがわかった。学校側は「顧問が日程を間違えた」と、
    保護者に謝罪したという。サッカー部の保護者会は「選手たちに罪はない」として、
    大会出場への救済措置を求める嘆願書を提出する構えだ。

    大会運営にあたる大阪高校体育連盟の関係者によると、大会の開会式要項には、
    7人以上の出席がなければ大会を棄権になると明記されているといい、6月中旬の
    抽選会でも、その旨の説明があったという。

    大阪学院大高校は今月7日、ヤンマーフィールド長居(大阪市東住吉区)であった
    開会式で、参加215校のうち1校だけ集合時間に集まらず、大会本部からの
    問い合わせに「忘れていた」と説明。結局、開会式には間に合わず、棄権が
    成立したという。

    【【悲報】サッカーに青春を捧げた少年たちの夏 顧問がアホ過ぎる理由で握りつぶすwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ