犯罪

    1: どてらを着た名無し 2018/08/21(火) 12:32:40.71 ID:CAP_USER9
     8月19日、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性の肩を警棒で殴った上、首をナイフで刺したとして45歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕された。逮捕された男は川口市の無職、湊伸治――。

     ***
    .
    「18時5分に被害者の男性から『警棒で殴られ、刃物で首を切りつけられた』との110番通報があり臨場しました。男性は首の後ろから血流がありましたが、幸いなことに命に別状はありませんでした。湊はその場におりませんでしたが、駐車トラブルの原因となった車輌は残っていた。ナンバーから自宅を割り出し自宅に行くと、犯行を認めたため、19時50分に緊急逮捕しました。湊は『刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった』と言っています」(捜査関係者)

     警棒は3段の伸縮式で全長41センチ。実際に警察が使用しているものとは少し異なり、いわゆる護身用として販売されているものだという。刃物のほうは折りたたみ式で、刃渡りは8センチ、広げたときの全長は19センチになるという。

     殺人未遂罪の法定刑は、死刑または無期懲役、もしくは5年以上の懲役である。しかし、死刑や無期懲役になることはめったになく、多くは懲役3年前後からおよそ7年程度とされる。

     ちなみに正当な理由なく、刃渡り6センチを超える刃物を携帯すれば、銃刀法違反で2年以下の懲役、または30万円以下の罰金となる。

    「ええ、そちらも視野に入れています」(前出・捜査関係者)

     捜査関係者は、いつにも増して徹底して罪に問おうとしているかのようだ。
    .
    ■野獣に人権はない

    「湊伸治」という名を聞いてピンとくる人は、多くはないだろう。しかし、すでに一部のネット民の間では話題の男なのだ。

     今から30年近く前になる。彼こそ1989年、日本中を震撼させた、綾瀬「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の4人の犯行グループの1人なのだ。

    「当時16~18歳の少年が、見ず知らずの17歳の女子高生を拉致し、40日間に亘り監禁した上、なぶり殺し、遺体をドラム缶に入れてコンクリートで固め、江東区の埋め立て地に遺棄した――鬼畜としか思えぬ犯行でした。しかも彼らが監禁に及んだ部屋は、少年の両親が同居する実家の2階の自室。その少年こそ、湊伸治(当時16歳)です。両親は共産党系の診療所に勤務し、父は診療所の経営する薬局の薬剤師、母は看護士でした。2人とも共産党員だったため、警察への対応も筋金入りでした。家宅捜索も弁護士立ち会いの下で認めるという具合で、そのために捜査が遅れたと言われたほどでした」(社会部記者)

     湊には懲役4年以上6年以下の不定期刑が下された。

     当時、実名で報じたのは週刊文春だ。記事を担当したコラムニストの勝谷誠彦氏(57)が振り返る。

    「少年法の名の下、実名報道はできないという風潮は今も変わってない。だけど、取材すればするほど、あの事件は酷かった。だから、“野獣に人権はない”と言って、実名報道に踏み切ったわけです。だって名前も報じられない彼らは、数年経ったら世の中に出てきて平気で歩き回るんですよ。逆に殺された、あんなに可愛い女子高生の名前は、じゃんじゃん報じられていた。どっちの人権が大事なのかと思ったけど、人権派という方々からは随分いじめられたね。日本は出所した者に甘すぎるんですよ。アメリカなんて性犯罪者にはGPSまで付けているわけですから。あれほどの性犯罪者、重犯罪者の名を、若いからというだけで実名で報じないのは、むしろ一般庶民に危険が及ぶのだから」

    ■駐車トラブルじゃない

      その言葉が実現してしまったということか――。では、現在の湊はどんな男になっていたのか。自宅周辺の住民からの評判はすこぶる悪い。

    (※省略)

     湊立ち会いの下で行われた現場検証を見ていた人は、次のように話す。

    「なんだか、まったく悪びれる風もなく『ここら辺でやられたかな、こっちもやったけどさ』なんて言ってましたよ」

     29年前の事件から更生したとはとても言い難い。

    8/21(火) 12:08
    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00547408-shincho-soci&p=1

    【29年前の「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」 “元少年(45歳)”が、今度は殺人未遂で逮捕】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/10(火) 12:43:54.01 ID:CAP_USER9
     麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら7名に死刑が執行されるも、決着がつかないオウムの“罪”は、まだあった。麻原はじめ幹部による女性信者殺害事件。元幹部・上祐史浩氏もその場に居ながら、今日まで口をつぐんできたのである。

     ***


     その隠された殺人事件についての噂が広がったのは、昨年の秋頃のこと。新実智光死刑囚が、ある余罪について告白していたという。

    「教団の初期、ある女性信者が麻原教祖に首を絞められて殺されていた――というもの。これまで全く表に出ていない事件です」

     と語るのは、関係者。

     新実死刑囚の証言によれば、被害者は当時27歳の女性信者Yさん。金銭トラブルで麻原の部屋に呼び出され「ポア」された、自分と中川智正が手足を押さえ麻原が手を下した。部屋には故・村井秀夫、女性幹部、上祐氏もいた……という内容だ。

     その上祐氏に話を聞こうと試みるも、当初は“調べてみます”などと誤魔化すばかり。ようやく口を開き、女性信者殺害の現場に居合わせたと認めた。そのうえで、“新実が取り押さえ、中川が注射器を用いて殺害した”と、新実証言とはまた異なる説明をする。

    「中川は彼女の左腕に注射した。しばらく後、中川はYさんの胸に耳を当て、“心臓が止まった”と言いました。麻原はその間、ソファーにずっと座っていました」(上祐氏)

     今日まで恐怖と不安で言えなかった、と上祐氏は言い訳する。時効により事件化することはないが、その罪は重い。7月11日発売の週刊新潮では、被害女性の素顔を明かすとともに、上祐氏の弁解を詳しく掲載している。

    週刊新潮
    2018年7月19日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07101130/

    【【オウム】新たに「麻原彰晃」の女性信者殺害事件が発覚 隠し続けていた「上祐史浩」認める 】の続きを読む

    1: どてらを着た名無し 2018/07/06(金) 18:30:09.67 ID:CAP_USER9
    http://www.fnn-news.com/news/jpg/wu2018070663_50.jpg
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/K10011514211_1807061054_1807061057_01_02.jpg

    死刑が執行されたのはオウム真理教の代表だった松本智津夫死刑囚(63)のほか、いずれも元幹部の早川紀代秀死刑囚(68)、井上嘉浩死刑囚(48)、新実智光死刑囚(54)、土谷正実死刑囚(53)、中川智正死刑囚(55)、遠藤誠一死刑囚(58)の合わせて7人です。

    オウム真理教は平成元年の坂本弁護士一家殺害事件や、平成6年の松本サリン事件、平成7年の地下鉄サリン事件など数々の事件を引き起こし、合わせて29人が死亡、およそ6500人が被害に遭いました。

    平成7年3月から始まった強制捜査では192人が起訴され、裁判で13人の死刑が確定しました。このうち松本死刑囚は5月、教団の施設に潜んでいるところを逮捕されました。

    裁判では無罪を主張しましたが、次第に意味のわからない発言を繰り返すようになりました。

    平成16年2月、1審の東京地方裁判所は「一連の事件の首謀者として極限の非難に値する」として死刑を言い渡しました。2審では弁護団が「裁判を受けられる精神状態ではない」として必要な書面を出さなかったため法廷が開かれないまま裁判が打ち切られ、平成18年に死刑が確定していました。

    一部の元信者が逃亡を続けたため刑事裁判は長期化しましたが、ことし1月に地下鉄サリン事件などに関わった高橋克也受刑者の上告が退けられたことで終結し、死刑囚が事件について証言を求められる機会がなくなりました。

    ことし3月、13人のうち7人が東京拘置所から全国5か所の拘置所や拘置支所へ移送され、執行の時期が焦点となっていました。

    一連の事件で死刑が執行されたのは初めてです。

    ■死刑執行された7人 教団で高い地位

    (※省略)

    今回執行された7人のうち松本死刑囚以外の6人はいずれも「大臣」でした。

    早川紀代秀死刑囚(68)は施設の建設などを担当する「建設省」、井上嘉浩死刑囚(48)は非合法活動を行う「諜報省」、新実智光死刑囚(54)は警備を担当する「自治省」、土谷正実死刑囚(53)は「第二厚生省」、中川智正死刑囚(55)は松本死刑囚や家族の身の回りの世話をする「法皇内庁」、遠藤誠一死刑囚(58)は「第一厚生省」の大臣でした。

    ■坂本弁護士一家殺害事件

    坂本弁護士一家の殺害事件は平成元年11月に起きました。オウム真理教の信者を家族のもとに返す活動をしていた坂本堤弁護士(当時33歳)と妻の都子さん(当時29歳)、長男の龍彦ちゃん(当時1歳)の3人が横浜市のアパートから姿を消し、部屋の中からオウム真理教のバッジが見つかりました。

    平成7年3月に教団への強制捜査が始まり、今回執行された7人とは別の死刑囚の供述に基づいて9月に長野、新潟、富山の山の中で一家3人が遺体で見つかりました。

    この事件は麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚が指示し、早川紀代秀死刑囚、新実智光死刑囚、中川智正死刑囚など、合わせて6人の死刑囚が関わりました。

    ■松本サリン事件

    松本サリン事件は平成6年6月に長野県松本市で起きました。裁判官の官舎を狙って市街地で猛毒の化学兵器、サリンがまかれ、8人が死亡、140人以上が被害を受けました。

    この事件には松本死刑囚のほか、新実死刑囚、土谷正実死刑囚、中川死刑囚、遠藤誠一死刑囚など、合わせて7人の死刑囚が関わりました。

    ■地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件は平成7年3月に起きました。多くの通勤客が利用する東京の地下鉄を狙って猛毒のサリンがまかれた未曽有のテロ事件で、13人が死亡、被害を受けたのはおよそ6300人にのぼりました。

    地下鉄サリン事件には松本死刑囚のほか、井上嘉浩死刑囚、新実死刑囚、土谷死刑囚、中川死刑囚、遠藤死刑囚など、合わせて10人の死刑囚が関わりました。

    2018年7月6日 10時22分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514211000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    関連スレ
    【オウム真理教】7人死刑執行 松本智津夫(麻原彰晃)、中川智正、早川紀代秀、土谷正実、遠藤誠一、井上嘉浩、新実智光 ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530846217/

    ★1が立った時間 2018/07/06(金) 08:46:22.39
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530866343/

    【【オウム真理教】逮捕から23年、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら7人 死刑執行 (中川、早川、土谷、遠藤、井上、新実) 】の続きを読む

    2013121402
    1: どてらを着た名無し 2018/05/22(火) 11:29:05.28 ID:CAP_USER9
    大阪府警は22日、大阪市福島区吉野4丁目のタクシー運転手河合幹夫容疑者(69)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。
    「わからん。好きにして」などと容疑を否認しているという。

    福島署によると、河合容疑者は同日午前0時40分ごろ、同区吉野2丁目の路上で、
    建設業の男性(40)からたばこのポイ捨てを注意されて口論。
    男性がタクシーの後部座席の窓につかまっていたのに発車させ、男性を約20メートル引きずった疑いがある。

    男性は転倒し、手足に軽傷を負ったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14749774/

    【【大阪】たばこポイ捨て注意され口論になり20m引きずる、タクシー運転手(69)を殺人未遂で逮捕 「わからん。好きにして」と供述 】の続きを読む

    90cb7902
    1: どてらを着た名無し 2018/04/25(水) 16:41:33.32 ID:CAP_USER9
    辺野古工事反対集会で2人逮捕

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180424/5090002662.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    アメリカ軍普天間基地の移設工事が進められている名護市辺野古で、
    抗議活動をしていた男2人が公務執行妨害の疑いで逮捕されました。

    辺野古では、護岸工事が始まってから、25日で1年となるのを前に
    今週、大規模な抗議活動が行われています。

    逮捕されたのは、名護市辺野古で普天間基地の移設工事に抗議していた男2人で、
    警備にあたっていた機動隊の隊員に口から液体のようなものを吹きかけたり、
    腕を引っ張ったりしたとして、公務執行妨害の疑いが持たれています。
    警察によりますと調べに対し、2人は、いずれも黙秘しているということです。

    名護市辺野古では、沖縄防衛局が埋め立て予定地を囲うために護岸工事を始めてから
    あすで1年となるのを前に、23日から大規模な抗議活動が行われていて、
    24日も大勢の人が集まっていました。

    また、周辺では渋滞が起きていて、警察が車をう回路に誘導しているほか、
    辺野古の集落の前を通る路線バスも集落を通らないう回ルートで運行しているということです。

    04/24 18:06

    【辺野古工事反対集会で機動隊員に口から謎の液体を発射した男らを逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ