犯罪

    hokuto_rei20150224
    1: どてらを着た名無し 2018/04/19(木) 07:26:07.21 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000009-asahi-soci
    朝日新聞デジタル

     自宅アパートのくみ取り式トイレで女児を産み落として殺害したとして、大阪府警は19日にも、女児の母親を殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。これまでの捜査に「生活が苦しく、産んでも育てられないと思った」などと説明しているといい、府警は生活実態についても調べる。

     母親は大阪府枚方市津田駅前1丁目の無職、石井智美容疑者(31)。女児の遺体を放置したとする死体遺棄容疑で逮捕されている。

     事件は3月30日午前、アパート敷地内のくみ取り式トイレのタンクを清掃していた市職員が遺体を見つけ、110番通報したことで発覚。自宅にいた石井容疑者が交野署の捜査員に、「(30日未明に)陣痛が来たのでトイレで赤ちゃんを産み落とした」と説明したため、同署が逮捕した。

     その後遺体を司法解剖したところ、死因は不詳だったものの呼吸していた形跡が確認され、石井容疑者も「産声が聞こえた」と供述した。

     府警は女児が死産ではなく、生きた状態で生まれたと判断。新生児をトイレに放置すれば死ぬことは認識できたとして、殺人容疑で再逮捕することにした。

     石井容疑者は母ときょうだい2人、自身の長女、長男との6人暮らしという。

    【【大阪】くみ取り式トイレに産み、女児殺害容疑 母親を再逮捕 】の続きを読む

    d26299a2919de1041e9ac858beba24b7
    1: どてらを着た名無し 2018/03/27(火) 00:11:35.32 ID:CAP_USER9
    3/26(月) 21:29配信 Fuji News Network
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180326-00000208-fnn-soci
    オウム真理教の元幹部で、死刑が確定した井上嘉浩死刑囚(48)が、面会した弁護士に、
    東京から大阪へ移送されたことについて、「ショックだった」と話していたことがわかった。

    オウム真理教による一連の事件では、死刑が確定した13人のうち7人が、3月中旬、
    東京拘置所から、全国5つの拘置所に移送されている。

    大阪拘置所に移された井上死刑囚は、弁護士と面会した際、移送されたことにショックを受けた様子だったという。

    井上死刑囚の弁護人は、「(移送について井上死刑囚は)ショックだったとは言っていました。
    移送されるメンバーの中に入ったことは、なぜなんだろうと思ったみたい」と話した。

    井上死刑囚は移送された日に、東京高裁に裁判のやり直しを求めて、再審請求している。

    【【オウム事件】井上死刑囚 移送に「ショックだった」 東京高裁に裁判のやり直しを求めて再審請求 】の続きを読む

    aum995-jpp01271898
    1: どてらを着た名無し 2018/03/19(月) 19:28:49.57 ID:CAP_USER9
    http://news.tbs.co.jp/jpg/news3319627_38.jpg

     13人が死亡、6000人以上が重軽傷を負った地下鉄サリン事件から20日で23年を迎えます。死刑執行の検討が本格化しているとの見方も出るなか、元代表の松本智津夫死刑囚の拘置所内での最新の様子が関係者への取材で明らかになりました。

     広さ4畳ほどの独居房。関係者によると、松本智津夫死刑囚はこの場所で毎日を過ごしています。一日中、床に座っていることがほとんど。拘置所の職員が出した食事には自分から手をつけ、介助を必要とせず食べることができ、ほとんど全てを平らげるといいます。

     松本死刑囚のもとには、親族などが面会を求めて訪れることがあります。

     「面会の要請がきていますが」(拘置所職員)

     「・・・・・・」(松本死刑囚)

     しかし、面会の申し出については一切、反応を示さないといいます。一方で、定期的に行われている運動について呼びかけがあると、松本死刑囚は何も言わずに自分で立ち上がり、運動する場所まで自分で歩いて移動するということです。入浴の際には、介助を必要とすることもあるといいます。入浴場までは自分で歩いていきますが、頭を洗うなどの細かい動作はできないため、職員が手伝っているということです。

     松本死刑囚の三女は自身のツイッターの中で「外的刺激に反応できない昏睡状態の手前の状態にある」として、刑の執行より治療を優先してほしいと主張しています。これに対し、法務省のある幹部は「執行できないような心神喪失状態にはない」としています。

    3月19日9時57分
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3319627.html

    【【オウム】地下鉄サリン事件20日で23年、松本智津夫死刑囚“様子”判明 食事は全てを平らげ、面会の申し出には反応せず 】の続きを読む

    nvKfbCrk_400x400
    1: どてらを着た名無し 2018/03/22(木) 18:13:54.47 ID:CAP_USER9
    毎日新聞大阪本社の元経済部長が、在職中に空き巣など40件以上を繰り返していたとして送検されました。警察によりますと「盗んだ金は借金の返済に使った」と供述しているということです。

    毎日新聞大阪本社の元経済部長、藤原規洋被告(63)は、兵庫県の男性のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したなどとして去年、窃盗の罪で起訴されました。

    警察によりますと、その後の調べで、在職中の平成23年から6年間にわたり、窓ガラスを熱して割る「焼き破り」と呼ばれる手口で空き巣を繰り返していたほか、消費者金融のATMから現金を盗み出そうとしていた疑いがあることがわかったということです。
    警察は、41件の空き巣などで現金など180万円分を盗んだとして22日追送検しました。

    警察によりますと、調べに対して「盗んだ金は借金の返済に使った」と供述しているということです。

    毎日新聞大阪本社によりますと、藤原被告は昭和54年に記者として採用され、経済部長のあと論説委員や編集局次長などを経て平成26年に定年退職していました。
    毎日新聞大阪本社は「誠に遺憾で、お詫びします」とコメントしています。

    3月22日 18時01分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011374851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    【毎日新聞 元経済部長 空き巣など40件超か「借金の返済に使った」 】の続きを読む

    DAqc5xoWAAA83pp
    1: どてらを着た名無し 2018/03/08(木) 12:00:31.10 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/224531/1


     おもむろに露出した局部を18歳男性に突き出し、口淫をさせようとした変態ドクターがパクられた。

     強要未遂の疑いで3日、奈良県警に逮捕されたのは、同県大和高田市立病院の泌尿器科の医師、前阪郁賢容疑者(27)。

     前阪容疑者は2日夜、飲食店で医療関係者らと酒を飲んだ後、橿原市内のカラオケボックスA店に移動。そこで18歳のCさんと知り合った。

    「Cさんは未成年の友人10人ぐらいとA店に来たところだった。満室だったのか、入店を断られたそうです。それを見ていた前阪容疑者の仲間が、Cさんたちに『店に入られへんのやったら、ヨソ行ったらええやん』といったニュアンスのことを言ったようです。親切にも、わざわざCさんたちを数百メートル離れたB店まで案内した。『ここで歌っときいや』と声を掛けてA店に戻り、それぞれA店、B店という別々のカラオケボックスで歌うことになった。しばらくして前阪容疑者のグループはお開きになり、前阪容疑者ら4人がCさんたちがカラオケをしていた部屋になだれ込んだのです」(捜査事情通)

    そこで「悲劇」が起こる。

     「前阪容疑者がCさんの前で局部をあらわにし、強制的に口淫をさせようとした。一緒にいた前阪容疑者の連れが『やめとけや』と制止したため、Cさんは難を逃れた。しかし、懲りない前阪容疑者は別の男性にも同じ行為を繰り返したのです。怖くなったCさんの友人が店内から110番通報。駆け付けた警察官に事実を認めたため、午前0時25分ごろ、現行犯逮捕した。前阪容疑者は酒に酔っていて、動機については今後の捜査で明らかにしていくそうです。前阪容疑者はすでに釈放されています」(前出の捜査事情通)

     同病院のホームページ(すでに削除)などによれば、前阪容疑者は橿原市の出身。

     県下有数の進学高から奈良県立医科大に進み、2015年卒業。今年1月から、現在の病院に勤務している。

     「学生時代はラグビー部に所属。部員数は二十数人と多くはなかったのですが、4年時には主将として活躍し、表彰を受けたこともあります。身長は180センチぐらいで、筋肉モリモリのガッチリ体形です。ポジションはプロップでした。前立腺を専攻していて、男性生殖器に関する論文を書いていました」(知人)

     勤務先に問い合わせると、「勤務態度には問題はなく、特にトラブルも聞いていません。本人から事情を聴く予定ですが、まだできていません。自らの意思で欠勤していて、しばらく出勤しないと思います」との答えだった。

     HP内の医師の紹介欄には、「心の通った医療を第一に日々臨床に取り組んでいます。泌尿器科、透析関連でお困りの際は是非相談下さい」とある。

     どんなに困っても絶対、相談したくない。

    2018年3月7日
    日刊ゲンダイ


    関連スレ
    【奈良】カラオケ店で18歳の男性の口元に下半身を近づけ脅した医師(27)逮捕
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520072142/

    【 「くわえろ、しゃぶれ!」元ラガーマンの泌尿器科医、公衆の面前で18歳男性に口淫強要 強要未遂 】の続きを読む

    このページのトップヘ