犯罪

    d13275897ef9a55afdb5fdfcac194568_content
    1: どてらを着た名無し 2016/07/19(火) 20:29:48.59 ID:CAP_USER9
     東京都江東区のマンション(高さ約26メートル)で2013年、小学2年生だった女児(当時8歳)が、上級生の女児の命令で屋上から飛び降りて重傷を負ったとして、被害女児と両親が加害女児の両親に計3000万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、両親が監督義務を怠ったとして、慰謝料など約1025万円の支払いを命じる判決を言い渡した。


     小野瀬厚裁判長は、「上級生の女児には以前から下級生に暴力をふるうなどの問題行動があったのに、両親は専門家に相談するなどの対応を十分に取らなかった」と指摘した。

     判決によると、被害女児は13年1月、2学年上の女児からマンションの屋上に誘い出され、「飛び降りろ」などと脅された。手すりを乗り越えて飛び降り、木の枝に当たってから地面に落下し、肋骨ろっこつ骨折などの重傷を負った。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160719-OYT1T50075.html?from=ytop_ylist

    【【衝撃】脅され飛び降り小2重傷…加害女児親に賠償命令 あまりにも安すぎる賠償金】の続きを読む

    000000b3c50b
    1: どてらを着た名無し 2016/07/19(火) 11:09:52.64 ID:CAP_USER9
     ドローンの無許可飛行に爆破予告-。今春、京都市上京区の京都御所で騒動が相次いだ。ドローン無許可飛行はサクラの撮影目的、爆破予告は虚偽電話で、結果的に被害はなかったが、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を間近に控えていたタイミングだっただけに、テロの警戒を強化していた警察当局の動きはすばやかった。実は御所を含む京都御苑は京都府警の管轄だが、御所の警備を担っているのは「皇宮警察」だ。今回の騒動でも府警の警察官だけでなく、皇宮護衛官も出動、連携して対処にあたった。知られざる皇宮警察の全貌とは。

    中略

    爆破予告「思想的な背景は…」

     「イスラム教徒の者なんですけど…」

     ドローン騒動から1カ月余りが過ぎた5月11日朝、京都府警に1本の110番があった。

     イスラム教徒を名乗る男は続けて「今から御所に爆弾落とすんで。仕掛けたんで」などと告げ、電話を切った。京都御所を狙った爆破予告の電話だった。

     世界各地で凶悪な爆破テロが相次いでおり、事実であれば非常事態だ。ただ、内容的にいたずらの可能性が濃厚だった。

     110番は公衆電話からかけられており、場所はすぐに判明した。近くの交番の警察官が駆けつけたところ、電話ボックスの脇に隠れていた京都市東山区の韓国籍で無職の男を発見。男は約300メートル走って逃げたが、警察官が追いかけて身柄を確保し、偽計業務妨害容疑で逮捕した。

     男は調べに対し「爆弾はない」と供述したが、すでに府警の警察官や皇宮護衛官も出動、御所や周辺の捜索を実施していた。不審物は発見されなかった。

     男について、京都府警幹部は「おそらくイスラム教徒ではない。何か政治的、思想的な背景がある事件でもなかった」と話す。「しっかり反省はしていた」という。

     京都地検は6月2日、男を不起訴処分にした。理由は明らかにしていない。

    http://www.sankei.com/west/news/160719/wst1607190002-n1.html

    【「イスラム教徒なんですけど」韓国籍男いたずら爆破予告…京都御所守る「皇宮警察」の全貌】の続きを読む

    hentai_convert_20130202181705
    1: どてらを着た名無し 2016/07/12(火) 23:53:07.98 ID:CAP_USER9
    12日午後3時半ごろ、東京・足立区竹の塚の路上で、下校途中の小学生の女の子が、
    30~40歳くらいの中年男から、いかがわしい言葉をかけられる事案があった。

     警視庁竹の塚警察署によると、不審な男が目撃されたのは、足立区竹の塚3丁目の
    集合住宅が立ち並ぶ住宅街で、帰宅途中の小学生をジロジロ見ながら
    「大きいね。セックスしようよ」などと言い寄ったという。

     目撃者によると男の年齢は30歳から40歳くらいで、身長は170センチ前後、中肉で髪は短く、
    青い半袖シャツを着て、ジーンズを履いていたという。

     現場は東武スカイツリーライン「竹の塚駅」から600メートルほど離れた住宅街で、
    小中学校の通学路になっていて、公園を利用する子供も多いことから、警察がパトロールを強化している。

    ソース ハザードマップ
     http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/5/15770.html
    画像  自分の娘くらいの小学生に対していかがわしい言葉をかける男(イラストはイメージ)
    http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/5/7/15770/IMG_1912.JPG



     

    【東京都 「大きいね。セ○○○しようよ」 帰宅中の小学女児にいかがわしい言葉をかける不審な中年男 】の続きを読む

    2f2394d7c03d88c6fda2ebc134940e5441da9d75_97_2_2_2
    1: どてらを着た名無し 2016/07/12(火) 21:45:52.58 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160712-00000276-fnn-soci

    フジテレビ系(FNN) 7月12日(火)21時3分配信
    町の職員が、税金を着服して懲戒免職になった。
    腕を組み堂々と話しているのは、滋賀・甲良町の税務課に勤務していた29歳の元職員の男性。
    元職員は「着服しなかったら死んでます。死んでます、余裕で」と話した。
    この男性は、窓口などで受け取った住民税などを、2年間にわたり、あわせて、およそ3,000万円着服。
    きっかけは、2014年1月ごろのささいなミスだった。
    元職員は「(税金を)管理する中で、仕事場から隣の会計室にお金を持って行くのを忘れて、数日たって『ヤバイ、この現金どうしよう』と。取りあえず、自分で管理しようと、それが、たまたま、何も問題にならなかった。誰も何も気づかなかった」と話した。
    着服の手口、それは、税務課の窓口に、住民税などを直接持ってきた高齢者などから現金を受け取り、納付書の控えを渡す。
    本来は、現金と納付書を会計室に持っていくが、元職員は、納付書を自分の机に保管。
    現金を、懐に入れていた。
    税金滞納者からの徴収や、納付データの整理など、一任されていたからできたこの着服。
    しかし、2016年1月、別の職員の指摘で発覚した。
    元職員は「ずっと長いこと、同じ仕事をしていると、ある程度信頼して、納税してくださっている」と話した。
    信頼していた町の人を裏切ったことに、罪の意識はなかったのか。
    元職員は「罪悪感はあったが、しめしめ感というか、『あっ、このお金結構来たな、きょうも』というのが、だんだん気持ちが増えていった。自分の欲を満たしたいという気持ちが、比重として大きくなってきた」と話した。
    町の人は「普通の人に思えたんですけどね。それでも奥にそれ(悪意)が、潜んでいたと思うと、すごく残念」と話した
    2016年3月に懲戒免職となり、着服した3,000万円は、両親に全額返済してもらったという元職員。
    元職員は「(仕事に対して)そこまで、お金をもらってねぇし、全て(職場環境の)責任にしてしまうと、盗っ人たけだけしいと言われるかもしれないが、環境が、環境がつくってしまったと」と話した。
    着服した理由を、まるで周囲に責任転嫁するようなこの発言。
    町は、証拠書類をそろえ、近く、元職員を刑事告訴する方針。

    【【滋賀県】「着服しなかったら死んでます」町の29歳男性職員、税金を着服して懲戒免職】の続きを読む

    20130212213144
    1: どてらを着た名無し 2016/07/12(火) 09:00:26.95 ID:CAP_USER9
    性犯罪繰り返した男に懲役13年

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023747221.html?t=1468281030000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    当時13歳の少女に乱暴しその様子を撮影するなど性犯罪を繰り返した罪に問われた30歳の男に対し、
    岡山地方裁判所は
    「常習性が強く被害者の弱い立場につけこむ卑劣な犯行だ」
    として懲役13年の判決を言い渡しました。

    岡山市の解体作業員阿部功被告(30)は去年9月、当時13歳の少女に
    岡山市内の駐車場で乱暴しその様子を撮影した罪に問われているほか、
    当時9歳の少女の体を触り服を脱がせて撮影したり、当時21歳の女性を
    乱暴しようとしたりした罪に問われています。

    検察側は懲役15年を求刑したのに対し、弁護側は
    「犯行中は記憶があいまいになる心神耗弱の状態だった」
    と主張していました。

    11日の判決で岡山地方裁判所の江見健一裁判長は
    「撮影した写真を使って口止めをするなど発覚を防ごうとしていて責任能力はあった。
    犯行は被告が少年時代に未成年の女性11人に乱暴するなどした罪での服役を終えた
    およそ9か月後に行われ常習性は際だって顕著だ」
    と述べました。
    そのうえで、
    「被害者の弱い立場につけ込んだ卑劣な犯行で少女たちの健全な育成への悪影響も懸念され結果は重大だ」
    として阿部被告に懲役13年を言い渡しました。

    07月11日 20時06分

    【【衝撃】少年時代に未成年の女性11人に乱暴するなどした罪で服役を終えた男再逮捕 下された判決は・・】の続きを読む

    このページのトップヘ