天皇

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2017/01/26(木) 19:37:20.91 ID:CAP_USER9
    首相、旧宮家の皇籍復帰も選択肢
    画像
    http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170126&t=2&i=1170241395&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2017012601001481.-.-.CI0003
    ロイター 2017年 1月 26日 7:08 PM JST
    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJP2017012601001311

     安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、
    皇位を安定的に継承する方策として、
    戦後に皇籍を離れた「旧宮家(旧皇族)」の復帰が
    選択肢になり得るとの認識を表明した。
    「これも含めて今後議論してもらえれば、
     また検討していきたい」と述べた。
    天皇陛下の退位を巡る論議とは切り離す考えも示した。
    民進党の細野豪志氏に対する答弁。

    IDを表示し、強制コテハンを表示。
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【【皇室】首相、旧宮家の皇籍復帰も選択肢】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2017/01/01(日) 01:53:27.78 ID:CAP_USER9
    IDを表示し、強制コテハンを表示

    「今上天皇固有の事情」明記へ 退位特例法の先例化回避
    朝日 2017年1月1日00時00分
    http://www.asahi.com/articles/ASJD05G3XJD0UTFK004.html?iref=comtop_8_01

     天皇陛下の退位を可能とする特例法について、政府は、今回の退位が将来の先例とならないよう、前文か1条に「今上天皇固有の事情」を書き込む方向で検討に入った。天皇陛下が重視してきた公的行為が、高齢などで困難になった一連の経緯を明記。ほかの天皇に当てはまりにくい個別の事情を記すことで将来の天皇の退位とは切り離し、皇位継承の安定性を維持する狙いがある。

     複数の政府関係者が明らかにした。政府は、特例法の目的を示す前文か1条に、陛下が退位する理由を時系列で記すことを検討。具体的には、被災地訪問などの公的行為を大切にしてきた陛下が、高齢や健康状態によりお務めが困難になってきた現状に心を痛めており、国民の多くが退位に共感している――といった経緯を盛り込む方向だ。

     政府は当初から、将来の天皇も…

    残り:384文字/全文:712文字
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【「今上天皇固有の事情」明記へ 退位特例法の先例化回避 政府、今回の退位が将来の先例とならないよう】の続きを読む

    a264fa1fed2522c1c1152c5d5b9e3768_400x400
    1: どてらを着た名無し 2016/12/23(金) 05:36:55.88 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000004-mai-soci

    天皇陛下は23日、83歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち
    皇居・宮殿で記者会見し、8月8日に公表した退位の意向がにじむ
    おことばに関して「内閣とも相談しながら表明」したと述べたうえで、
    「多くの人々が耳を傾け、親身に考えてくれていることに、深く感謝
    しています」と語った。陛下がおことばについて公の場で言及する
    のは公表後、初めて。

    陛下は会見で、おことばについて「天皇としての自らの歩みを振り返り、
    この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも
    相談しながら表明しました」と述べた。

    憲法は、天皇は国政に関する権能を有しないと規定している。一方、
    現行制度は退位を想定しておらず、実現には法的措置が必要となる。
    陛下はおことばの中で憲法を尊重する姿勢を示し、制度変更を促す
    表現は避けた。今回の会見でも、内閣と相談したことに言及し、
    憲法尊重の立場を改めて示した。

    そのうえで陛下は、「多くの人々が耳を傾け、各々(おのおの)の立場で
    親身に考えてくれていることに、深く感謝しています」と述べた。

    8月の陛下のおことばは、用意した原稿を読み上げる姿を収録した
    ビデオメッセージの形で公表された。高齢になるのに伴い、象徴として
    取り組んできた公務を「全身全霊」で果たすことが難しくなるとの懸念を
    示すなど、退位の意向がにじむ内容。各メディアで報じられ、世論調査
    では退位に賛成する意見が高い割合を占めた。政府は安倍晋三首相の
    私的諮問機関として有識者会議を設置。専門家のヒアリングを経て
    論点整理をするなど退位の実現に向けた議論を進めている。

    会見での「深く感謝しています」との発言は、こうしたことへの思いを
    表したものとみられる。

    【天皇陛下、83歳の誕生日。「親身に考えてくれ、深く感謝」とおことばに言及】の続きを読む

    xBaKF3aN
    1: どてらを着た名無し 2016/09/25(日) 18:41:28.19 ID:CAP_USER9
    官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満

     宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。
    天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。
     宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
     陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。
    そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評

    以下ソース
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500057&g=pol

    【首相官邸 天皇陛下のお気持ち表面で不満「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」 人事で宮内庁にてこ入れ図る】の続きを読む

    このページのトップヘ