天皇

    a264fa1fed2522c1c1152c5d5b9e3768_400x400
    1: どてらを着た名無し 2016/12/23(金) 05:36:55.88 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000004-mai-soci

    天皇陛下は23日、83歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち
    皇居・宮殿で記者会見し、8月8日に公表した退位の意向がにじむ
    おことばに関して「内閣とも相談しながら表明」したと述べたうえで、
    「多くの人々が耳を傾け、親身に考えてくれていることに、深く感謝
    しています」と語った。陛下がおことばについて公の場で言及する
    のは公表後、初めて。

    陛下は会見で、おことばについて「天皇としての自らの歩みを振り返り、
    この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも
    相談しながら表明しました」と述べた。

    憲法は、天皇は国政に関する権能を有しないと規定している。一方、
    現行制度は退位を想定しておらず、実現には法的措置が必要となる。
    陛下はおことばの中で憲法を尊重する姿勢を示し、制度変更を促す
    表現は避けた。今回の会見でも、内閣と相談したことに言及し、
    憲法尊重の立場を改めて示した。

    そのうえで陛下は、「多くの人々が耳を傾け、各々(おのおの)の立場で
    親身に考えてくれていることに、深く感謝しています」と述べた。

    8月の陛下のおことばは、用意した原稿を読み上げる姿を収録した
    ビデオメッセージの形で公表された。高齢になるのに伴い、象徴として
    取り組んできた公務を「全身全霊」で果たすことが難しくなるとの懸念を
    示すなど、退位の意向がにじむ内容。各メディアで報じられ、世論調査
    では退位に賛成する意見が高い割合を占めた。政府は安倍晋三首相の
    私的諮問機関として有識者会議を設置。専門家のヒアリングを経て
    論点整理をするなど退位の実現に向けた議論を進めている。

    会見での「深く感謝しています」との発言は、こうしたことへの思いを
    表したものとみられる。

    【天皇陛下、83歳の誕生日。「親身に考えてくれ、深く感謝」とおことばに言及】の続きを読む

    xBaKF3aN
    1: どてらを着た名無し 2016/09/25(日) 18:41:28.19 ID:CAP_USER9
    官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満

     宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。
    天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。
     宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
     陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。
    そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評

    以下ソース
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500057&g=pol

    【首相官邸 天皇陛下のお気持ち表面で不満「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」 人事で宮内庁にてこ入れ図る】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2016/09/06(火) 01:56:52.77 ID:CAP_USER9
    2016.9.5 05:00

    年内の有識者会議設置は見送り

     政府が、天皇陛下の「生前退位」について、特別措置法制定で可能にする検討に入ったことが4日、分かった。
    ただ、憲法は皇位継承について「皇室典範の定めるところによる」と規定していることから、皇室典範の付則に「特別の場合」に限定して特措法で対応できる旨を追加する。複数の政府関係者が明らかにした。
    また、皇室に関する問題は慎重な上にも慎重な協議を必要とすることから、年内に有識者会議を設けることは見送る。

     政府は当面、内閣官房の皇室典範改正準備室を中心に、識者などから幅広い意見を聴取し、特措法案の内容を詰める。提出は年明け以降になる見通しだ。

     今回、特措法を制定するのは、陛下のご意向について国内の各種世論が高い割合で理解を示していることから、政府としてはあまり時間をかけずに対応する必要があるためだ。また、皇位継承のあり方への影響を最低限に抑える狙いもあるとみられる。

     政府は当初、特措法単体の制定による対応も検討したが、憲法は「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」(2条)と定めていることから、単独では憲法違反になると判断した。

     そのため、皇室典範の付則を追加する方法での調整を進めている。この場合、皇室典範の本則部分の改正に当たらないことから、典範改正に慎重な世論にも配慮できるとみている。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/160905/plt1609050001-n1.html

    【「生前退位」実現に特別措置法 政府検討、皇室典範の付則に「特別の場合に限る」と明記へ】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2016/08/11(木) 08:32:01.82 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160811-00000014-mai-pol

    政府は、天皇陛下が生前退位の意向がにじむお気持ちを表明されたことを受け、
    現在の陛下に限る特例として退位できる特別法の制定を軸に検討を始めた。
    皇室典範改正で永続的な制度とした場合、皇太子さまも含めた将来の天皇にも
    退位を認めることにつながり、象徴天皇の地位が不安定になるとの見方も
    出ているためだ。世論の動向や近く設置する有識者会議などを参考にしながら、
    調整を進める。

    安倍晋三首相は周辺に「現在の陛下に限った制度を考えている」との趣旨を
    漏らしているという。

    憲法2条は皇位について「皇室典範の定めるところにより」継承すると定めている。
    現在の典範には退位規定がないため、生前退位を実現するには「天皇が崩じたときは、
    皇嗣(継承順位1位の皇族)が、直ちに即位する」と定める典範4条の改正が必要になる。
    または1代限りの退位をできるようにする特別法でも可能で、政府関係者は「特別法も
    事実上、典範の一部だとみなせば、憲法2条と矛盾しない」と話す。

    法整備では退位の条件をどう明確に規定するかが課題だ。陛下は8日に公表された
    ビデオメッセージで、高齢に伴い「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、
    難しくなる」と述べた。典範改正でこうした条件を明文化すると、将来の天皇も縛られ、
    強制的な退位につながりかねない。首相を支える保守系の自民党議員らは、退位の
    制度化に慎重で、必要最小限の法的措置にとどめたい考えが強い。「あらかじめ制度化
    するより特別立法とする方が、恣意(しい)的な退位や強制退位の弊害が比較的小さい」
    (園部逸夫・元最高裁判事)とする学説もある。

    憲法1条は天皇の地位を「主権の存する日本国民の総意に基づく」と定めているため、
    政府関係者は「安全保障関連法の強行採決のような事態は避けなければならない」として、
    与野党の幅広い賛成が必要との見方を示す。与野党の議論も政府の対応に影響を与える
    可能性がある。

    【日本政府 「生前退位」は現在の陛下に限るとする特別法の制定を軸に検討の方針】の続きを読む

    imgrc0064081221
    1: どてらを着た名無し 2016/08/09(火) 07:37:00.13 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    安倍晋三首相は8日、天皇陛下のお気持ちの表明を受け、
    「国民に向けてご発言されたということを重く受け止めている」と述べ、
    政府として対応を検討していく考えを表明した。政府は、広く国民の代表から
    意見を聞く有識者会議を設置し、議論を踏まえて法整備を検討する。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20160809/k00/00m/010/101000c 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【天皇陛下お気持ち表明受け政府が有識者会議設置へ】の続きを読む

    このページのトップヘ